25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

八戸市議会 2019-03-07 平成31年 3月 経済常任委員会−03月07日-01号

2項林業費は28万4000円を減額し、総額を7462万7000円とするもので、1目林業振興費の20万2000円の減額は、13節八戸圏域ウルシ原木調査等委託料において執行残を減額するもの、19節全国森林環境税創設促進連盟負担金は、連盟解散により減額するものございます。  2目市民の森費は、総額に変更はございませんが、ふるさと寄附金7万円の充当による財源の組み替えでございます。  

八戸市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号

私の地元である南郷地域にも漆と思われる原木があり、その原木には、昔、漆を採取するためにつけたかき取り傷が残っていることからも、漆は昔から私たちの生活、文化に深くかかわってきたと認識しております。  実は私、漆には大変な経験をしたことがあります。それは私が小学校5、6年のころだったと思います。

八戸市議会 2018-03-13 平成30年 3月 予算特別委員会-03月13日-02号

2項1目林業振興費は、13節の八戸圏域ウルシ原木調査等委託料、19節の除間伐等実施事業補助金が主なものでございます。  2目市民の森費は、13節の市民の森不習岳の指定管理料、次の99ページに参りまして、15節の歩道等の施設改修等工事費が主なものでございます。  3項1目水産業総務費は、水産事務所の職員の人件費などでございます。  

八戸市議会 2016-09-20 平成28年 9月 経済協議会−09月20日-01号

業務の内容でございますが、河原木工場は、木質バイオマス発電所向けの原木集荷、燃料チップ生産、燃料チップ集荷、PKS――パームヤシがら――の調達、それから燃料チップの品質調整、発電所への燃料投入などを行う予定となっており、南郷工場は、原木集荷、燃料チップ生産を行う予定となっております。  

八戸市議会 2015-03-17 平成27年 3月 港湾振興・震災復興対策特別委員会−03月17日-01号

輸入、移入では、多い順にその他製造工業品は、太陽光パネル、動植物性製造飼肥料家畜飼料等、原木建築資材などであります。  また、国別の輸出先では、中国台湾オランダ輸入先では中国フィリピンアメリカが上位となっております。日本の最大の貿易相手国である中国が八戸港においても最大の相手国となっております。フィリピンが上位に浮上した要因は、資機材の輸入が大幅にふえたためでございます。  

十和田市議会 2014-11-19 11月19日-一般質問-03号

近いところでは、平川市に計画されているもの、また一戸町では既に燃料原木の搬入が始まっております。また、木質ペレットを直接燃料として使うペレットストーブは、五所川原市を中心に随分と普及台数が伸びてきています。  近年、異常気象野生動物の分布域の変化など、地球温暖化の影響と思われるものが随分とふえてきました。

八戸市議会 2014-03-18 平成26年 3月 港湾振興・震災復興対策特別委員会−03月18日-01号

原木、これは建築資材等になります。水産品、これは主なものとして冷凍イカが上位となっております。  また、国別の輸出先では中国台湾オランダ輸入先では中国アメリカ、韓国が上位となっております。日本の最大の貿易相手国である中国が、八戸港においても最大の相手国となっております。  

八戸市議会 2013-06-13 平成25年 6月 港湾振興・震災復興対策特別委員会−06月13日-01号

あれで万が一、原木でも、船舶でも押されて、ひっかかってしまえば、とんでもない被害が拡大するようなニュアンスを持っているんですけれども、そのことをきちんと国交省河川事務所とも協議の上、我々に周知をしていただきたい。周知を受けて、町内の方々にも、津波のときは下げません。

八戸市議会 2012-09-19 平成24年 9月 港湾振興・震災対策特別委員会−09月19日-01号

輸出でございますが、2011年で1883TEU、2010年で3370TEUとなっておりまして、主な品目はフェロニッケル亜鉛インゴット、原木などでございます。輸入取扱量は、2011年で225TEU、2010年で256TEUとなっておりまして、主な品目はガラス、繊維品、日用雑貨などでございます。  以上でございます。  続きまして、八戸セミナー2012について御報告をいたします。  

青森市議会 2011-12-08 平成23年第4回定例会(第5号) 本文 2011-12-08

地区によって、埼玉、栃木、私の大好きな干し芋がことしやばいかなと思っておりまして、十和田原木を買った、福島ですのであれですけれども、気をつけていかなければなりません。無用な被曝を避けるために、できることはすると。そういう意味で、必ずこの1台は確保することをお願いして、私の質問を終わります。

八戸市議会 2010-03-01 平成22年 3月 定例会−03月01日-02号

八戸港には、馬淵川河口に位置する河原木2号埠頭に水深14メートル岸壁があり、幅220メートル航路が整備されておりますが、大型船が安全に行き交うためには、この航路を拡幅することが必要となります。また、タンカーの向きを変える場所である泊地も必要となることから、航路、泊地のしゅんせつ土量は100万立米以上と大規模な事業となります。

八戸市議会 2008-06-17 平成20年 6月 定例会−06月17日-付録

     │ │議案第94号 │                       │6月17日│総   務│原案可決 │  〃  │原案可決 │ │      │の締結について                │     │     │     │    │     │ ├──────┼───────────────────────┼────┼─────┼─────┼────┼─────┤ │      │河原木

八戸市議会 2007-12-10 平成19年12月 定例会−12月10日-02号

次の(2)市道売市田面木線の整備については建設部長から、(3)河原木第2排水ポンプ場の進捗状況について及び4、環境行政については環境部長から後ほどお答え申し上げます。  私からは以上でございます。  〔市長小林眞君降壇〕 ○議長(吉田博司 君)建設部長建設部長(風穴義一 君)次に、市道売市田面木線の整備についてお答え申し上げます。  

青森市議会 2007-06-07 平成19年第2回定例会(第2号) 本文 2007-06-07

なぜかというと、原木輸出していたブラジルとかも角材製品にして日本輸出している。木でさえも今世界ではそういうことを考えている、実際やってきているわけです。それで考えてみますと、やはりナマコもこういうふうに生産、加工、流通、これプラス仕事が生まれるわけです。ということで、これはぜひ本市の柱として進めてやってほしいと、こう思っています。よろしくお願い申し上げます。  

八戸市議会 2007-03-23 平成19年 3月 定例会−03月23日-付録

年度八戸市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算   │  〃  │原案可決  │ ├──────┼───────────────────────────────┼────┼──────┤ │議案第71号 │南郷文化ホール新築空調設備工事請負契約締結について     │  〃  │原案可決  │ ├──────┼───────────────────────────────┼────┼──────┤ │議案第72号 │河原木

八戸市議会 2006-12-11 平成18年12月 定例会−12月11日-02号

次の(2)河原木第2排水ポンプ場整備の今後のスケジュールについては環境部長から、(3)緊急消防援助隊北海道東北ロック合同訓練については防災安全推進室長から、4、農業行政についての(1)品目横断的経営安定対策への取り組みについて及び(2)農業施設被害への対応については産業振興部長から、(3)耕作放棄地解消の取り組みについては農業委員会会長から、5、道路行政については建設部長から、後ほどお答え申し上げます

八戸市議会 2005-09-27 平成17年 9月 定例会−09月27日-付録

           │  〃  │原案可決   │ ├──────┼───────────────────────────────┼────┼───────┤ │議案第266号 │八戸市過疎地域自立促進計画を定めることについて        │  〃  │原案可決   │ ├──────┼───────────────────────────────┼────┼───────┤ │議案第267号 │河原木

八戸市議会 2003-03-03 平成15年 3月 定例会−03月03日-02号

今後とも八戸港内の静穏度向上と船舶航行の安全を図り、北東北国際物流拠点港としての役割を担うため、中央第1・第2防波堤及び河原木1号埠頭第2期計画の整備促進について、国、県に対して強く要望してまいりたいと考えております。  次に、国道45号八戸バイパスについてお答えを申し上げます。  

  • 1
  • 2