230件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2021-03-04 令和 3年第1回定例会(第3号 3月 4日)

健康こども部長三浦直美) 子供の均等割軽減につきましては、国のほうで公開している情報によりますと、現在、低所得者に対する7割、5割、2割の法定軽減制度を拡充して、令和4年度からは新たに国民健康保険の被保険者のうち未就学児均等割額半額軽減するとして、その軽減した保険料を公費で、国2分の1、県4分の1、市4分の1の割合で負担するという内容でございます。  以上であります。

六ヶ所村議会 2020-11-30 令和2年 第5回定例会(第2号) 本文 2020年11月30日

だから、一つは退職報奨金という性格そのものではなく、何と言ったらいいか、慰労金ですか、私は慰労金としての考え方であればこれもこれまでの、先ほどご提言のとおり、半額負担、そして村もそれに対しての慰労という考え方での負担をしてあげるということは、これはやぶさかではないと、このようには思っております。

六ヶ所村議会 2020-09-07 令和2年 第4回定例会(第2号) 本文 2020年09月07日

先般、七戸町では新型コロナウイルス抗原検査を受ける際の費用の半額助成する方針を明らかにし、八戸市では妊婦さんのPCR検査に対する助成を行うとの報道もされておりますことから、本村においてもこれらに対する助成を行う考えはないか。  以上、5件について村長の答弁を求めます。 議長高橋文雄君) 村長

青森市議会 2020-09-07 令和2年第3回定例会(第5号) 本文 2020-09-07

4階には親子で遊べるキッズプラザがあって、その下の3階には大人も子どもも楽しめる「はこだてみらい館」という科学館があるのですが、その利用料金は、オープンして1年ちょっとで見直して、半額に設定を変えました。職員の方に聞きましたら、やはり、1年、すぐに改定、それも大幅に、半額にという金額の改定はかなり厳しいものもあったが、頑張りましたということでした。こちらも委託、指定管理者でやっていたかと思います。

弘前市議会 2020-06-17 令和 2年第2回定例会(第3号 6月17日)

そこで、私は、固定資産税分相当額補助金を紹介したわけですけれども、そうすると、固定資産税は店舗と住宅を含めて4万円ということでしたので、その半額ということですから2万円ということなのですが、また1キロ歩いて、様々な書類も持って、コピーを取って手続をすることが大変困難だということでした。  

青森市議会 2020-06-11 令和2年第2回定例会(第3号) 本文 2020-06-11

この事業は、仕事が休みで自宅待機などを余儀なくされた市民らを農業生産現場で受け入れた際、雇用主に対し1日当たり3000円を上限に賃金実支出額半額を市が補助し、休職者とリンゴの安定性を支援するものとなっています。弘前市内で影響を受けた職種は、飲食、旅館、運転代行業などの従事者であり、5月末まで190人の休職者臨時作業員として雇用されており、双方から歓迎の声が上がっているということです。

弘前市議会 2020-05-22 令和 2年第1回臨時会(第1号 5月22日)

今年2月から10月までの間において、売上げが一定程度減少した場合に、来年度の固定資産税半額または全額減免するという制度でございます。それで、今年度についてはその制度は適用されないものであります。  以上であります。 ○議長清野一榮議員) 秋元商工部長。 ○商工部長秋元 哲) 固定資産税の猶予や軽減を受けている方々も対象にはなります。

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会[ 資料 ] 2020-03-23

請願第1号については、合葬墓関連条例可決施行後は、合葬墓使用料の引き下げを検討していただきたいこと、請願第2号については、合葬墓関連条例可決施行後は、施設が満杯になり次第、10年単位で増設する計画を立てていただきたいこと、請願第3号については、合葬墓関連条例可決施行後は、生活保護受給額よりも低い年金で生活している人も半額対象にしていただきたいことという内容である。  

青森市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-04

半額の4億6336万3000円が国の補助金である国庫支出金であり、残り半額が市の持ち出しである一般財源で、その大方は借金である市債が充当されます。将来を担う子どもたち施策でありますので、公平負担の原則からも市債充当は当然と考えます。何よりも将来世代子どもたちは、いずれは納税者となり、社会を背負っていきます。その子どもたちのためにはどんどん先行投資をすべきと私は思います。

青森市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 2020-03-02

また、その上乗せで年収710万円未満の世帯でも──全てじゃないです、授業料半額程度になるということで、新たな恩恵を受けるのが78.67%ということで、今議会の県議会の議決も楽しみにしているところでございます。  こうして、全世代型社会保障教育負担軽減ということで、今後とも一層我が公明党も力を入れていきたいと思います。  最後に、この学校教育ICT化について再質問させていただきます。  

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 2019-12-24

東青地域内でも今年度から今別町が無料化を実現し、外ヶ浜町では半額、平内町・蓬田村でも一部補助を実施している。青森市と同じ中核市の兵庫県明石市でも、来年4月から中学校給食無料化が実施される。  また、子育て世代の「理想の子どもの数」より「実際生み育てる子どもの数」が少ないことの最も大きな理由として、子育て経済的負担の大きさがある。

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会(第8号) 本文 2019-12-24

その2は、県に対して、半額補助を要請することを求めているものです。仮に青森市単独で無償化を実現しようとした場合、約9億3000万円の恒常的な財源が必要となります。中学校だけなら約4.5億円、小学校だけなら約4.8億円かかることになります。市の一般会計約1300億円のうち約0.7%の予算規模です。

弘前市議会 2019-12-13 令和元年第3回定例会(第5号12月13日)

当市におきましては、全額免除の場合の判定基準は国と同様としておりますが、半額免除の場合は申請世帯平均収入月額を国の基準より拡大し、利用しやすくしております。  平成30年度からの国民健康保険財政運営単位化に伴い、この制度につきましては、県内で統一した減免基準に基づき、減免制度を実施するための協議を進めておりますので、それまでは現状を維持しながら適切に運用してまいりたいと考えております。  

弘前市議会 2019-09-11 令和元年第2回定例会(第4号 9月11日)

最近、高校授業料無償化などが叫ばれている中、駐輪料金も、義務教育中学生以下は無料にするとか、高校生であっても学生証を提示することにより無料もしくは半額とか、さらに放置自転車の撤去に係る人員を時間帯によっては駐輪場へ誘導するところに配置していただくような選択肢があるのではないかと思われます。  

十和田市議会 2019-09-03 09月03日-一般質問-02号

1回の運賃は、中学生以上が300円、小学生が半額就学児童無料となっています。  このように、高齢社会を迎える今、マイカーなしで暮らせる環境づくり高齢者免許自主返納を後押しできるような施策を講ずるべきと考えますが、市の考えをお伺いします。 ○議長竹島勝昭) 健康福祉部長健康福祉部長北舘祐子) 高齢者障害者移動支援についてお答えいたします。  

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

さらにそれ以外には、多子家族で小・中学生が3人以上いる一定の所得以下の保護者に対しまして3人目以降の学校給食費半額助成も行っております。そういうことでございますので、これ以上全ての保護者対象とした学校給食費一般財源からの補填を行うことについて現在は考えてはございません。  以上であります。 ○議長清野一榮議員) 千葉議員