1347件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2019-12-13 令和元年第3回定例会(第5号12月13日)

なぜなら、保険料は必要な医療加入者に割り振る仕組みになっているからです。加入者の負担能力や生活実態を無視して算定されているからであります。被保険者が保険料を払えるかどうかの視点を持つべきではないでしょうか。重い国保料が生活を圧迫し、もはや負担の限界に来ていることを行政共有し、引き下げに踏み切るべきだと思います。櫻田市長の見解を伺います。  

弘前市議会 2019-12-11 令和元年第3回定例会(第3号12月11日)

子育て対策といたしましては、市単独で実施している小学校から中学校までの通院・入院に係る子供医療や、高校までの入院に係る医療の助成、2歳児までの保育料に係る軽減など子育て世帯に対する支援を継続するほか、子育て世代包括支援センターにおいて、妊娠期から子育て期にわたるまで切れ目のない支援を実施してまいります。  

八戸市議会 2019-12-10 令和 1年12月 定例会-12月10日-03号

さて、八戸市は、ことし1月に中学生までの医療助成が拡充されたものの、所得制限がまだまだ厳しいのが現実であります。9月議会において、子どもの医療拡充を求めたのに対し、市長は、それは国がするべきことだともおっしゃっていました。国がやらないからこそ、自治体首長として市民のためを思い、取り組むべきことなのではないか。この発言は、子を持つ親としても大変残念に思いました。  

八戸市議会 2019-12-09 令和 1年12月 定例会−12月09日-02号

また、子どもの医療助成や国民健康保険料の軽減については、市長は、国の施策として進めるべきこと、医療助成は安易な受診の増加を助長することになり、保険料の軽減についても人気取りの競争で進め、結果、国が面倒を見なくてもよいということになりかねないという姿勢をとっています。  しかし、地元紙の報道からですが、12月3日付では、20年後は暗いが半数という見出しを出しております。

六ヶ所村議会 2019-12-06 令和元年 第6回定例会(第1号) 本文 2019年12月06日

歳出予算の主なものは、青森県人事委員会職員給与等に関する報告及び勧告に鑑み、職員並びに特別職職員等の給与改定に伴う人件費の補正のほか、総務費に、地域情報基盤運営事業に係る工事請負費を追加し、民生費に、障害者に係る自立支援医療の追加及び令和3年4月開園を目指して整備を進めている(仮称)泊こども園の敷地造成に係る工事請負費を計上し、農林水産業費に、酪農振興センター給水施設の計画見直しに伴い、同施設設置工事請負

八戸市議会 2019-11-25 令和 1年11月 議員全員協議会-11月25日-01号

◆久保〔し〕 議員 ということで進めたいということはわかるんですが、ただ中身を見ますと、例えば少子化対策に対する人口増加、それから市民医療とか福祉の問題に関しての考え方、ふやしていくというか、そういうものがこの中身を見ますとないように見えるんです。それから障がい者に対する考え方、高齢者をどうしていくかとか。

青森市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会[ 資料 ] 2019-09-27

身体障害者福祉法第4条に規定する身体障害者である高度・重度難聴の場合は、補装具費支給制度により1割負担、中等度以下の場合は購入後に医療控除を受けられるものの、その対象者はわずかで、約9割は自費で購入していることから、特に低所得高齢者に対する配慮が求められる。  欧米では、補聴器購入に対し公的補助制度があり、日本でも、一部の自治体高齢者補聴器購入に対し補助を行っている。  

八戸市議会 2019-09-20 令和 1年 9月 定例会-09月20日-04号

1つ、子どもの医療給付事業における所得制限の緩和。  1つ、空き家調査と活用の推進。  1つ、プラスチックごみ対策の強化による持続可能な環境に優しい町の推進。  認定第2号において、八戸市自動車運送事業会計について。  事業収益は若干増加したものの、人件費や燃料費上昇等により費用も増加。その結果、久々に赤字に転じたことは残念でした。

八戸市議会 2019-09-17 令和 1年 9月 民生常任委員会−09月17日-01号

1項2目障害者福祉費1億3728万6000円の増額は、4節及び7節において臨時職員の増員に伴う人件費を増額するほか、23節償還金利子及び割引料において平成30年度障害者医療国庫負担金、障害者自立支援給付費国庫負担金、障害児通所支援給付費国庫負担金、小児慢性特定疾病対策国庫負担金及び特別障害者手当等給付費国庫負担金の交付決定に伴う返還金を計上するものです。  

八戸市議会 2019-09-12 令和 1年 9月 決算特別委員会-09月12日-02号

1項国庫負担金の主なものは、1目1節の障害者自立支援給付費負担金、障害者医療負担金、障害児通所支援給付費負担金、2節の子どものための教育保育給付交付金、3節の児童手当負担金、4節の児童扶養手当負担金、5節の生活保護費負担金、6節の国民健康保険基盤安定費負担金でございます。  

弘前市議会 2019-09-11 令和元年第2回定例会(第4号 9月11日)

その対象要件でありますが、児童生徒の保護者等が弘前市に住所を有すること、弘前市子ども医療受給資格証または弘前市ひとり親家庭医療受給資格証を有すること、学校給食費の滞納がないこと、ほかの制度学校給食費に係る給付等を受けていないこと、これらの全ての要件を満たしていることとしております。  

弘前市議会 2019-09-10 令和元年第2回定例会(第3号 9月10日)

健康こども部長(外川吉彦) ただいま、詳しい状況については持ち合わせてございませんのでお話しできないものではございますけれども、市への相談につきましては、離婚後の児童扶養手当であるとか、ひとり親家庭医療の相談とか、そういったものについて御相談があるというふうに報告を受けております。  以上でございます。 ○議長(清野一榮議員) 佐藤議員

八戸市議会 2019-09-10 令和 1年 9月 定例会−09月10日-03号

第1は、子どもの医療の無償化についてであります。  現在、子どもの医療に対し、全ての都道府県市町村で助成が行われています。それも少子化対策の一環として無償化の拡充が進んでいます。しかし、対象年齢や自己負担、所得制限などに地域格差が生じています。  当市においても、導入時より段階的に拡充に努めてきました。

青森市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 2019-09-09

実際に必要に迫られて調べるという場合は、きちんとホームページなどからたどり着くことができるんですけれども、今回、私が質問に取り上げました高額介護サービス費の支給ということにおきましては、まず、高額になった医療介護費の合算の制度に関しましては、「広報あおもり」でも載せられています。

八戸市議会 2019-09-09 令和 1年 9月 定例会-09月09日-02号

子ども医療助成事業は、将来を担う子どもたちの健全な育成子育て世帯経済的負担を軽減するために、医療の自己負担分を自治体が助成する制度です。  八戸市子ども医療助成事業は、入院費は未就学児から高校生まで、通院は、これまで未就学児までだったものを本年1月からは中学生までに拡大して通院医療の助成を行っています。

八戸市議会 2019-09-03 令和 1年 9月 定例会-09月03日-目次

EUへの水産物輸出)…………………………33  高山 元延君【一問一答】(公共施設社会教育行政、斎場行政)………………………………………41 休憩・再開(午後2時55分・午後3時10分)……………………………………………………………………49  中村 益則君【一問一答】(観光行政教育行政、国保事業)……………………………………………49  田端 文明君【一括】(消費税10%増税の影響、子どもの医療