939件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

南黒地方福祉事務組合の解散により、別表第1及び第2から、それぞれ南黒地方福祉事務組合を削除することとなるものであり、地方自治法の規定により、一部事務組合を組織する地方公共団体の加入、脱退による数の増減については、関係地方公共団体の議決を経なければならないこととされていることから、提案するものである。  

八戸市議会 2019-03-12 平成31年 3月 予算特別委員会−03月12日-02号

ただ、今般、町内会の加入者の減少ですとか、高齢化が顕著になっておりまして、いわゆる管理に参加していただく方の人数が少なくなっているということもございまして、地域にとりまして負担がかなり増大してきているといったところがございます。こういったものを地域での管理に対する負担軽減を第一に考えまして、今回の包括管理等委託の導入に入ったものでございます。  以上でございます。

八戸市議会 2019-03-11 平成31年 3月 予算特別委員会−03月11日-01号

それは担当課からの、入居したら家賃をこうやって納めますとかなんとか、説明するんですけれども、そこの場面に私ども職員が出向きまして町内会の大切さを訴えさせていただき、町内会はこういう活動をしておりますのでぜひお入りくださいというふうな、加入促進のところでは毎回御説明をさせていただくことはさせていただいております。  

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

我が党では、国保税を中小企業の労働者が加入する協会けんぽの水準まで引き下げることを提案しています。高過ぎる国保税が市民の暮らしを圧迫し、滞納世帯を生み出し、保険証の取り上げや差し押さえなど、全国で悲惨な事態を引き起こしており、大きな問題となっています。  提案は、医療保険間の負担の公平を図ろうというものです。

青森市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-02-28

さらに、現地調査において鳥獣を目撃した場合には、スターターピストル等による追い払い活動を行っており、被害を受けた農業者が保険制度に加入していない場合には、鳥獣による農作物被害も補償対象となっている収入保険や農業共済等への加入をお勧めしております。  

八戸市議会 2019-02-21 平成31年 2月 民生協議会-02月21日-01号

次のページに参りまして、組合の事務の承継についてでございますが、①予算に属する未収金と未払金、②青森県市町村職員退職手当組合を除く三戸郡福祉事務組合が加入していた団体等の負担金等の清算に伴う納付金または還付金は五戸町、③歳計現金のうち①及び②の規定に相当する額は五戸町で、その残額は組合の市町村となります。  

青森市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26

さらに、国民健康保険の加入者の構成は、約44%が無職、約34%が非正規雇用であり、合わせて約8割が保険料の負担能力が高くない人たちとなっている。この結果、自治体における負担や、加入者の国民健康保険料(税)の負担も大きくなっている。  加入者にこれ以上の保険料(税)負担を求めるのは限界であり、国民健康保険の構造的な危機を打開するためには、国庫負担をふやす以外に道はない。  

青森市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会(第7号) 本文 2018-12-26

滞納世帯は289万世帯、全加入世帯の15%を超えています。そして、無保険になったり、正規の保険証を取り上げられるなど、生活の困窮で医療機関の受診がおくれたために死亡するといった深刻な事態も生まれています。  高過ぎる保険料は、住民の暮らしを苦しめているだけでなく、制度の根幹をも揺るがしています。

弘前市議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第6号12月21日)

審査の過程で、委員より「今回、電算システムの共同利用について平川市が加入するのは、どのような目的によるものか。」との質疑に対し「電算システムの共同利用への加入により、従来システムに比較して費用の削減を図るものである。」との理事者の答弁でありました。  このほか、未加入団体について関連質疑が交わされたところであります。  審査の結果、本案は、原案のとおり可決いたしました。  

弘前市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第4号12月13日)

水稲においては、強制加入から任意加入に変わり、また、果樹においては、特定危険方式は33年度で廃止になります。そんな中、来年1月から新たに収入保険制度が始まります。  そこで、共済制度の変更の概要についてお伺いいたします。  以上で、壇上からの質問を終わります。   〔15番 鳴海 毅議員 降壇〕(拍手) ○議長(下山文雄議員) ただいまの質問に対し、理事者の答弁を求めます。櫻田市長。   

八戸市議会 2018-12-12 平成30年12月 総務常任委員会-12月12日-01号

19節負担金補助及び交付金は、新美術館本棟に係る水道加入負担金で、22節補償補填及び賠償金は、敷地の有効活用のための電柱移設に伴う増額であります。  6項1目保健体育総務費は146万7000円の増額ですが、2節給料から4節共済費まで、人件費の調整でございます。  2目社会体育振興費は財源の内訳を変更するもので、予算額に変更はございません。  

八戸市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日-03号

地元漁業者が全員加入する漁協を地元漁業権の一括した受け手として、漁場の円満な利用を図ってきているのです。今回の改革では、養殖用漁業権を、企業が漁協を通さずに知事から直接免許を受け、今まで地元漁民に優先的に免許された定置漁業権が、行政の裁量で、知事が企業に直接免許することが可能となるものです。地元漁民や漁協に関係なく、企業が自由に海を利用できることになるのです。

青森市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 2018-12-05

使用済み養殖かごの処理につきましては、産業廃棄物処理業者による処分が必要となりますが、市で特定の事業者を紹介することはできないことから、処理業者が加入しております業界団体であります一般社団法人青森県産業廃棄物協会を御紹介しているところでございます。