58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2019-09-04 09月04日-一般質問-03号

財産区の事務作業が適正に行われているかどうか疑問に思うところがありましたので、立木の売り払いに関して役所内での起案文書に誤りがあったことや、奉仕作業報償費の支払いについて本人ではない人がを押したり、実在しない人の名前を書いたりした例を示し、6つの問題点を取り上げました。  立木の管理には、長い年数と多くの人手が要ります。

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

どういう内容を学んできたのか、どこの委員会が行ったのかなど、最低限の情報市議会ホームページに掲載することは当然のことであるので、まずはそれを掲載することを決定すればよい 1 委員会視察の概要を市議会ホームページで公開することについては持ち帰り協議としたいところであるが、日程や視察内容程度は公開すると各会派の意思を統一するということであれば賛同する 1 委員会視察報告書については、各議員報告書

青森市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-13

172 ◯4番(中田靖人君) この市民雪寄せ場制度、市内の各町会が、その町会内の町民から要望があったら、町会を押してそれを承認すると、周辺の住民が、そこの場所に雪を捨ててもいいという制度なんですけれども、この市民雪寄せ場で仮に事故があった場合、子どもが遊んだりして事故があった場合に、その責任は誰にいくのかということを確認していくと、市民雪寄せ場として

十和田市議会 2018-11-20 11月20日-一般質問-03号

いざ予算を使う段階では、部や課の担当者支出決裁をもらいに行くのですが、予算に盛られているからといってすんなりが押されるわけではなく、もっと費用対効果が上がる方法はないのか問われ、しどろもどろしていると追い返されるそうです。これは、職員をいじめているのではなく、いつも市民のことを考えなさい、無駄なお金を使ってはだめだよという、そういう教育なのです。これがはっきりするのが年度末です。

十和田市議会 2018-09-05 09月05日-一般質問-03号

深持の場合は、13の町内会長があり、作業した人を代表して領収印を押すのですが、その町内会長が自分で押すのではなく、誰かが13人分の認め印を持っていて、かわりに押しているのではないかというのです。それがため、ここは仮名にしますが、本当はフジサワハナコなのに、書類にはフジムラハナコと印刷してありました。では、フジサワが押されたのでしょうか。実は、印刷のとおりフジムラが押されていたのです。

弘前市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第5号 3月 2日)

○15番(一戸兼一議員) 会計検査院は、これでよろしいですと絶対言うわけないわけで、こちらが問題なしと、市長が問題ないとを押したと、市長が全ての責任をとりますと言ったら、会計検査院はそうですかと言うだけであって、会計検査院が、はい、これでよろしいですねと言うわけがないですよね。そうではないですか。 ○議長下山文雄議員) 熊谷財務部長

弘前市議会 2017-09-06 平成29年第3回定例会(第3号 9月 6日)

それで、書類間での整合性はその中で、時間的には1時間弱をかけての監査ということで、資料間の整合性は図られていたということで承認のを押した、印鑑を押したというふうな話でございます。  ただ、先ほどの話に戻りますとおり、組織内の情報化が図られていない不透明な運営体制の中にあって、監事そのものも全体像がつかめていなかった状況というのは推測ができるという部分でございます。

弘前市議会 2017-03-01 平成29年第1回定例会(第3号 3月 1日)

○13番(石岡千鶴子議員) を押したようなお答えでありますが、他市町村では一般会計からの法定外繰り入れをして収支のバランスをとってきております。弘前市は他の健康保険との公平性を欠くというその一点で頑張って拒否してきた経緯があるのですが、こういう状態が続けば制度上赤字になるということはわかり切っていて、他の自治体は一生懸命法定外繰り入れをして支えていたのに、弘前は不公平だといってしてこなかった。

弘前市議会 2016-12-09 平成28年第4回定例会(第5号12月 9日)

それで、この地元の下請負孫請負ひ孫請にその設計書を書かせて、まねて書かせて、ここ直してここ直してと直したかもわかりませんけれども、それで前川設計ついて市役所に上げでるわげよ、それでいいでばと。その設計の検証ができる職員もいないと。ですから、こういう形になっているわけですので。  今いろいろなことで、おくれを取り戻すために鋭意頑張っているようですけれども、蛯名副市長の答弁では。

青森市議会 2016-09-08 平成28年第3回定例会(第5号) 本文 2016-09-08

私もチェックしてみましたが、やはり認め印認め印という記載が大変多くて、もしこれらの手続に来られた市民が、を忘れたという理由で再度本庁舎に出直さなければならないということを考えますと、もし省略できるものがあれば本当に市民利便性にとって大変ありがたいものと思います。お願いを申し上げて、この申請の手続の件は終わります。  続きまして、高額療養費制度に移ります。  

青森市議会 2015-12-08 平成27年第4回定例会(第6号) 本文 2015-12-08

県から聞いたときに、すぐ現地に伝えていれば、農家や土地所有者を回って説得したり、をもらうのを先に延ばすことができたと思うんですよ。しかし、知らされていなかったので、理事の皆さんは、8月のねぶたやお盆の忙しい時期に精力的に回って歩いて、あなたのところは来年の春から面工事に着手することになりますなどと説明をしたり、了解を取りつけて歩いていたんですよ。

弘前市議会 2014-09-12 平成26年第3回定例会(第5号 9月12日)

○26番(栗形昭一議員) 市長にお尋ねしますが、今のこの積算ですね、例えば会社のほうから要請もない、そして市のほうでこういう5%という金額を決めてそれにもって行っているということ、これは市長が決定したと思うのですね、市長押したと思うのですよね。  その辺の考えいかがですか、市長。お尋ねいたします、市長。 ○議長(田中 元議員) 市民文化スポーツ部長

弘前市議会 2013-09-13 平成25年第3回定例会(第5号 9月13日)

そしてまた、指摘のあったものの中のが押されてある茶わん2点、これはそのまま飾りました。そして、ポスターに掲載してあった鈍い青白い色のしょうゆつぎ、この1点もそのまま展示を続けるという対応をしたものであります。  それで、市民はこの対応した後もこの期間中に収蔵品展を見に来ておりました。そういう状況であります。  

十和田市議会 2013-09-11 09月11日-一般質問-03号

改めてこれやった理念というのは、理念ですから、特別な差しさわりがない限り、現に行われて隠す必要がないのは、課長判断か、部長判断のところまで、上までつかなくても出してもいいよとか、何か新しい方法できるのかなと私は思った。ただあるのを都合がいいほうばかりいっぱい出して、見てください、こういう理念ではないでしょう。いろいろ持っているもの、市民が欲するものをいかに早く出すかなのですよ。

弘前市議会 2013-06-20 平成25年第2回定例会(第4号 6月20日)

コピー機が全家庭に普及しているわけでもなし、プライバシーの問題もあり、これを医療機関でよしとしたほうがよいのではないかと思うのです。  また、景品についてももう少し気のきいたもの、多くの参加を求めるのであれば車をくれとは言わないまでも、テレビ等の家電や地場の特産品、例えば日本酒、今売り出し中のシードルなどでもいかがかと思う次第です。  (4)生活習慣病及び食生活の向上について。  

青森市議会 2012-12-11 平成24年第4回定例会(第7号) 本文 2012-12-11

それが今の状態だと概算払いじゃなくて通常払いですから、最初の予算編成段階で、市長を押して支出負担行為をしてしまえば、それはもう確定額になってしまいますから、それをそのまま払うという形になるので、それは本来支出しなければならないお金と違って、市が多く払っているというケースが間々あります。