129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-09-10 令和 1年 9月 定例会−09月10日-03号

もう毎年毎年、災害は常に隣り合わせにあるのではないかという感じさえ覚えてしまうようなことが、日本列島で続いているわけでございます。  ぜひ、組織上の上位の災害警戒本部から災害対策本部への移行訓練を初めとして、さまざまな開設訓練、図上訓練の課題洗い出し、そしてまた、改善にこれからも努めていってもらいたいと思っております。  

八戸市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日-03号

この夏、日本列島災害級と言われるほどの暑さに見舞われ、小学生が亡くなる痛ましい事故も起きました。酷暑が恒常化する中、子どもたちにとって安全学習環境を整えることは喫緊の課題であります。また、学校災害時に避難所として使われることから、高齢者や病弱な人、乳幼児などが身を寄せることを考えても、暑さから身を守るための対策が必要であります。  

青森市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第7号) 本文 2018-09-27

日本列島に引きも切らず災害が押し寄せています。ことし7月の西日本豪雨は、17府県87市町村で約1万7000棟が全半壊し、被害の9割が広島、岡山愛媛の3県に集中、227人が亡くなられました。また、最大震度7が起きた北海道胆振東部地震で、震度7を記録した厚真町では36人の方が死亡されました。そしていまだ不自由な生活が続いています。  

弘前市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3号 9月12日)

新聞記事によると、西日本を中心にした豪雨被害は、台風7号の通過と、その後、列島を横切る梅雨前線の停滞により、これまでの集中豪雨とは違い、近年の雨の降り方が変わり、同様の豪雨災害地域を問わずいつでも起こり得ると認識し、備えを急がなければならず、国を挙げての早期避難の呼びかけが必要であります。被災地の多くは、ハザードマップ危険性が指摘されていた浸水想定区域が実際の浸水区域とほぼ一致していたという。

八戸市議会 2018-09-12 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号

ことしの日本列島は本当に自然の大災害に見舞われまして、本当に御苦労さまでございます。まずもって御礼申し上げます。防災ノートについてですけれども、防災ノートについては、教育委員会のほうでは防災教育の充実を図ることを目的として、小学生版、それから中学生版が配布されております。

青森市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06

大体、日本列島を縦断しているうちに勢力が衰えて温帯低気圧に変わってしまうというのが毎度のパターンで、大きな台風は余り来ないです。北海道で大きな地震がありましたけれども、青森市そのものは大きい地震もそんな多いわけじゃない。たまに来ますけれどもね。そういう点では、市民にとって最も身近な自然災害というのは雪であるかもしれません。

青森市議会 2018-09-05 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05

6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、それに全国的な猛暑等の自然災害が立て続けに日本列島に襲いかかっております。7月の西日本豪雨では200人以上の方が犠牲になり、特別警報が出されても避難に結びつかず被害が拡大したとの報道もありました。雨の降り方が局地的で短時間の豪雨がふえていますが、地球の温暖化の影響があると言われています。

八戸市議会 2017-03-09 平成29年 3月 予算特別委員会−03月09日-04号

11目是川縄文の里事業費は、140ページにわたりますが、是川縄文館の管理運営経費、特別展、常設展の開催経費でございますが、13節の受付案内業務等委託料、会場設営等委託料、整備基本計画策定支援業務等委託料、是川遺跡史跡用地の取得に係る17節の用地購入費、22節の移転等補償費、19節の是川縄文館バス運行事業負担金、特別展に係る、発掘された日本列島2017開催負担金が主なものでございます。  

弘前市議会 2016-09-23 平成28年第3回定例会(第6号 9月23日)

さて、8月には過去最多となる台風日本列島に四度上陸し、岩手県北海道で甚大な被害が発生するなど、改めて自然災害の脅威を思い知らされたところであります。私は、被害を受けた皆様に思いをはせると同時に、市役所の最大の使命である市民の安心安全を守るため、さまざまなことに想像力を働かせながら、関係機関等との連携を密にし、これまで以上に対策に万全を期してまいる所存であります。  

八戸市議会 2016-09-12 平成28年 9月 定例会−09月12日-02号

もともと日本列島は、地理的な位置から夏から秋にかけて、南方で発生する台風の進路に当たるため、毎年のように被害を生んできましたが、近年は今までと異なる様相を見せてきています。ことしは8月中に既に4つの台風日本を直撃しております。うち3つは北海道に上陸し、甚大な被害をもたらしました。統計史上なかった事態となっています。  

八戸市議会 2015-12-08 平成27年12月 定例会-12月08日-03号

ここ数年来、異常気象が続く日本列島の現状を考えると、いつ、どの地域でも豪雨に見舞われるのは不思議ではなく、改めて自治体の対応や住民避難のあり方など、さまざまな角度から検証し、今後の備えにつなげていく必要があると考えます。  全国の自治体では、行政企業、住民が災害の被害を抑えるためにとるべき行動を時間軸に沿って整理したタイムライン、いわゆる事前防災行動計画の策定が進んでいるようです。

青森市議会 2015-12-04 平成27年第4回定例会(第4号) 本文 2015-12-04

がそこにお住まいで、その御縁でそこにお泊まりになって、そこでいろんな作品を旧福光町や中野区と同じように滞在中に作品を描かれて、その作品がそのお宅にあって、その作品は実は今、イオン系の関係者が持っている美術館に展示されているというお話がありまして、非常に棟方志功の御縁というのはいろんな形でつながるし、またねぶたということでも京都造形芸術大学とのかかわりもある面ではできておりますし、もちろん例えば九州の五島列島

八戸市議会 2014-12-09 平成26年12月 定例会-12月09日-03号

さて、災害列島と言われる日本は、本年もまた大きな災害に見舞われました。火山噴火により多数の方々が犠牲になりました。あるいは地震台風による土石流等により、家屋の全半壊等甚大な被害をこうむったところもありました。地球という生きている惑星に暮らす人類を含む全ての生物にとっては、まさしく宿命とも言うべき現象であります。