50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 2018-03-02

業者の品質の確保というのは何かといえば、これは契約条例、これが求められている。青森市契約等の見直しで受託事業者の支払い賃金が改善されているとしますが、契約条例の本来の目的は、市の契約に係る品質の向上と地元企業育成にあります。今後とも地元中小企業のための契約条例の調査研究を進めていただいて、市長が進める「人創り」にも役に立つ条例をつくってほしいと要望しておきます。  

八戸市議会 2017-09-05 平成29年 9月 定例会−09月05日-目次

午後2時50分・午後3時05分)……………………………………………………………………95  日當 正男君【一括】(多様な移住者促進対策、各種審議会等附属機関委員への若者の登用、   館鼻岸壁朝市の交通安全駐車場対策蕪島地区整備方針に関すること、   葦毛崎展望台の観光推進)……………………………………………………………………………………95  田端 文明君【一問一答】(政治姿勢、人口減少対策契約条例

青森市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第4号) 本文 2017-06-14

これまで私は、本市における契約条例の考えについて、継続して質問してきました。契約条例とは、労働者賃金について地方自治体が独自の基準を定めることによって、労働者の生活の安定、適正な競争入札、公契約における質の高いサービスの実現などを目的とする条例です。  平成21年9月に千葉県野田市で全国初の契約条例が制定され、その後、全国的に広がりました。

八戸市議会 2017-02-28 平成29年 3月 定例会−02月28日-03号

どうもこれは市長の契約条例と同じく、国のほうに期待をするという答弁がしばしば見受けられる、聞かれるわけですけれども、やっぱり自治体として積極的にこういうものについては進めていただきたい、あるいはライドシェア的な問題については非常に問題が多いから、やはり阻止してもらいたいということを積極的に発言していただきたいということで、この点について市長のほうから答弁をお願いしたいと思います。  

八戸市議会 2016-12-12 平成28年12月 定例会−12月12日-02号

第2点目は、契約条例について2点伺います。今回は市長の本気度を確認するための質問です。  御承知のように、国内初の契約条例は7年前に野田市で制定され、2015年現在の要綱型は1区3市、理念型で賃金条項がないのは5県2区3市、条例型で賃金条項があるのは3区12市に及んでいます。野田市の根本市長は、2005年に全国市長会を通じて国に法制定を要望したが、対応もなく、経過報告もなかった。

弘前市議会 2016-06-17 平成28年第2回定例会(第5号 6月17日)

第2項目は、契約条例についてであります。  契約条例といえば、平成21年に千葉県野田市において、公契約における適正な労働条件の確保と業務の質の確保及び公契約社会的な価値の向上を図るため、公契約にかかわる業務に従事する労働者に支払うべき賃金の最低基準を受注者に義務づけることなどを盛り込んだ野田市契約条例を全国に先駆けて制定しております。  

八戸市議会 2016-06-14 平成28年 6月 定例会-06月14日-03号

契約条例について、市長は公約に掲げておりましたが、これまでどのような働きかけをしてきたのか、また、市として制定する考えはないのか、質問をいたします。  最後に、地区公民館について質問をいたします。  公民館昭和21年に誕生しました。同年7月5日、当時の文部省から、文部次官通牒、公民館の設置運営事項についてが都道府県知事宛てに通知され、全国に公民館が設置されることになりました。

青森市議会 2016-06-13 平成28年第2回定例会(第4号) 本文 2016-06-13

私は、平成25年第3回、第4回定例会契約条例の制定を求める質問を行ってきました。もともと市では契約条例の制定については消極的な姿勢ではありましたが、平成25年度から公契約において適正に賃金が支払われているかどうか調査する労働者賃金支払い実態調査については、これまで継続して行ってきました。  

青森市議会 2016-03-04 平成28年第1回定例会(第5号) 本文 2016-03-04

1つ目は、契約条例についてです。  契約条例の第1の目的は、国や自治体が発注する公共工事委託事業に従事する労働者賃金の下限額を最低賃金法が定める金額よりも高い水準に設定し、受注者に対し、その金額以上を支払うよう求めることです。そのことによって、賃金の底上げを図り、労働者の生活を守り、公共工事公共サービスなどの質を確保し、市民生活の向上を目指すものであります。

青森市議会 2016-02-24 平成28年第1回定例会 目次 2016-02-24

261    再質問………………………………………………………………………………………………… 262     答弁 市長………………………………………………………………………………………… 262    要望…………………………………………………………………………………………………… 262   11番(天内慎也君・日本共産党)…………………………………………………………………… 262    1 契約条例

八戸市議会 2015-12-07 平成27年12月 定例会−12月07日-02号

6月議会で市独自の契約条例を制定すべきとの質問に、市長も前向きに捉えていました。その趣旨は、公共工事における適正な労働条件を確保することにより、低所得者を解消し、地域経済の健全な発展を図るために必要と考えるからであります。今回、西白山台小学校建設事業費を当初予算内におさめるために設計の見直しなどで対応してきました。

八戸市議会 2015-10-26 平成27年10月 議員全員協議会-10月26日-01号

それで、これまでも議会で、何人かの議員さんが取り上げてきておりますけれども、契約条例などを結ぶと、条例を制定するなどの具体的な、実効力のあることが求められるのではないかと思っていますけれども、いかがでしょうか。 ◎大平 商工労働部長 地域雇用という面について、私のほうからお答えしたいと思います。  

十和田市議会 2015-06-23 平成27年  6月定例会(第2回)-06月23日−一般質問−03号

次に、契約条例の制定について質問いたします。市の人口は、大変残念なことに急激に減少してまいりました。10年前の合併時と比較し、約5,000人余り減少し、今は6万3,000人台となったと言われております。原因は、出生数の減と仕事がないことによる大都市への転出が大きな要因であると言われております。   

八戸市議会 2015-06-19 平成27年 6月 定例会−06月19日-03号

その後、労働団体の連合三八におけるメーデーの祭典での挨拶だったと思いますが、市長は契約条例について国への働きかけを行っているとした前向きな考えを示していました。また、本件については、当市の多様な企業集積と雇用の創出の中で、国に対し早期制定を強く働きかけるとしています。  そこで、今後、契約条例についてどのように対応していくつもりか、所見を伺います。  

八戸市議会 2015-06-18 平成27年 6月 定例会−06月18日-02号

1度議会で私は契約条例を取り上げたことがありますが、地域経済にとって、また働いている人たちにとってどうなのか。そういう観点で入札を行っていくということで、今後契約条例の導入についても真剣に検討していただきたいということを要望申し上げます。  臨時・非常勤職員の待遇についてですけれども、壇上でも取り上げたとおり、1000人を超える非常勤の職員が働いており、恒常的な業務を担っております。

八戸市議会 2015-06-12 平成27年 6月 定例会−06月12日-目次

……………………………………………………………64 休憩・再開(午前11時46分・午後1時00分)……………………………………………………………………72  中村 益則君【一括】(まちづくり、屋内スケート場、環境行政公共交通防災行政、   教育行政)………………………………………………………………………………………………………72  山名 文世君【一括】(政治姿勢、介護保険制度水産業の振興、契約条例

八戸市議会 2014-09-19 平成26年 9月 定例会−09月19日-04号

今後は契約条例を制定するなど、働く人たちの生計費を賄える賃金が確保されているのか、また、事業の透明性についても市が責任を持って指導していくことを求めます。  雇用については、地場産業である農林水産業、地元経済の主力となっている自営業中小企業の発展育成に努め、若者の地元雇用拡大に全力を尽くすべきです。  

青森市議会 2014-06-05 平成26年第2回定例会(第3号) 本文 2014-06-05

契約条例とは、公契約に従事する労働者の下限額を定め、その支払いを入札や落札の条件とするものです。本来であれば、国において法整備がなされなければならないものですが、いまだ国において公契約法の制定がなされない中で、全国で独自に契約条例を定める自治体が生まれています。契約条例については、過去2回一般質問の場で取り上げてきました。