853件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-06-26 令和2年第2回定例会(第5号) 本文 2020-06-26

事業につきましては、求職者農業者等事業を広く知っていただき、事業を活用していただくことが重要でありますことから、求職者への周知につきましては、市ホームページや「広報あおもり」での周知に加えまして、農協が市内全域求人チラシ新聞折り込みによるPR、それから、商工会議所による求人チラシ配布、そして、市内公共施設や大学、短大等への求人チラシ配布によるPRを行うこととしております。

十和田市議会 2020-06-15 06月15日-一般質問-02号

2つ目としましては、観光客市民の皆様に公共施設を安全、安心に利用していただくため、市内小中学校及び現代美術館市民交流プラザ等公共施設に、離れた位置から素早く体温測定ができる非接触型体温測定機器等導入及び平成28年度経済センサス活動調査結果を参考に、市内の約3,200事業所を対象に非接触型体温測定機器等購入費用の一部助成について、今定例会追加議案として補正予算案の提出を予定しております。  

十和田市議会 2020-03-11 03月11日-一般質問-04号

ラッピング自販機につきましては、市として公共施設ラッピング自動販売機設置するという考えは今ございませんけれども、十和田奥瀬観光機構においてほかの場所設置することですとか、また商店街民間事業者が自主的な取組として設置することについて、今、同機構で開催している座談会におきまして、意見交換会してまいりたいというふうに考えております。  以上です。

十和田市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

十和田市でも今、公共施設の建て替えが進んでいます。3月議会前に渡された資料令和2年度当初予算(案)の概要の最初のページから予算の内容、またそれに対する説明、なかなか読み応えのある資料だと思います。ただ、最後の8ページの基金残高市債残高の棒グラフが小山田市政に替わってからの移り変わりを見やすく表していると言えるでしょう。

弘前市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 4日)

減っていくことは目に見えているわけなのですが、この事業と付随して、たしか石川中学校、武道館とか……剣道場でしたか、そういうふうな施設もあるかと思うのですが、この附帯施設武道場とかを含めた附帯施設とか、それから他の公共施設例えば石川地区児童館が三つほどあると思いますが、これらの児童館などの整備についても、他の施設も含めてここの今の一体型のところにどう考えてマッチングさせていくとお思いですか、考えていますか

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

市営住宅を含む本市の公共建築物については、平成28年2月に策定した青森市ファシリティマネジメント推進基本方針において、人口減少や厳しい財政環境を勘案すると、既存の公共施設等の総量や機能を現状のまま維持し続けることは、非常に厳しい状況となっていることから、必要な行政サービス水準を確保しつつ、公共施設等の総量抑制を図ることとしております。

青森市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 2020-03-02

報告書では、行政職員の不足による自治体間の職員相互派遣や事務の共同処理、ICTや技術職などの専門人材共同活用、官民を含めた異業種交流のほか、インフラや公共施設については、老朽化を含め維持管理連携や集約の必要性と、AIやRPAを含め先端技術広域利用、次世代や産業・地域・公務の担い手の人材育成、そして防災を含め幅広い分野について、地域ごとに異なる変化・課題あらわれ方があるという前提で、さまざまな

青森市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

私は、将来的にはこうした再生可能エネルギー比率も加味した電力調達にシフトしていくことを見据えるべきだと思いますが、そこに行く前提として、公共施設電力利用の際、随意契約ではなく入札による電力調達を行うべきと考えます。  吹田市では、導入初年度平成29年度は約1億7000万円の削減効果があったと報告されています。

十和田市議会 2020-02-26 02月26日-議長選挙・議案説明・質疑-01号

ところが、安倍政権は、地方自治体を支援するどころか、地方財政削減と企業のもうけ先づくりのために行政サービス切捨て公共施設の統廃合を自治体に迫り、地方政治を壊す政策を進めています。日本共産党は、この政治を転換し、憲法がうたう地方政治の本旨に基づく地方自治体自主性市民の暮らしを守り、支援することが私たちの責任ではないかと考えています。  

弘前市議会 2020-02-21 令和 2年第1回定例会(第1号 2月21日)

また、石川小学校石川中学校弘前文化センターなど老朽化が進む施設長寿命化対策を着実に実施し、学校生活市民活動に不具合を生じることのないよう、公共施設適正管理に努めてまいります。  六つ目は、地域で取り組む人材育成の継続であります。  地域の魅力を高める企画を自ら立案し実行できる人材を育成するため、昨年、ひろさき未来創生塾を立ち上げました。

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 2019-12-24

以上が説明概要であるが、審査過程において一部委員から「所属会派としてはこれまで、公共施設を新しく運営する場合でも、なるべく指定管理ではなく市が責任を持ってサービスを維持してほしいという立場をとってきた。また、民間委託する場合でも、なるべく地元の業者、団体が運営するのであれば賛成をする場合もあるという立場をとってきた。

弘前市議会 2019-12-20 令和元年第3回定例会(第6号12月20日)

審査過程で、委員より「指定管理期間を12年とすることについて、弘前公共施設等総合管理計画に基づきどのような検討をしたのか。」との質疑に対し「当該計画に基づき民間譲渡も視野に検討したものの、岩木総合交流ターミナルを建築した際に活用した補助金財産処分制限期間令和13年5月までであることから、当該期間を経過する令和14年3月までを指定管理期間としたものである。」との理事者の答弁でありました。  

弘前市議会 2019-12-13 令和元年第3回定例会(第5号12月13日)

また、整備が進んでいない公共施設、学校等トイレ洋式化、そういう問題もあるかと思います。本件仮設トイレの話でございますので、まずはできるところから工夫をしていきましょうということで、ぜひ来年のさくらまつりのときに間に合うように適正なバランスでの設置を御検討いただきたく、主催関係団体間で今後協議くださいますよう要望いたします。この2件についてはこれで終わります。  

十和田市議会 2019-12-13 12月13日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

総務文教常任委員長 18番 畑山親弘議員総務文教常任委員長報告        (18番 畑山親弘 登壇) ◆18番(畑山親弘) 令和元年10月3日及び12月6日の総務文教常任委員会調査した過疎地域への公共施設建設についての調査の経過と結果をご報告申し上げます。  本件は、7月23日に開催された市議会・市民との意見交換会において、市民から、旧十和田湖町は過疎地域とされている。

弘前市議会 2019-12-11 令和元年第3回定例会(第3号12月11日)

また、市民生活に密着した生活道路に関する町会からの補修要望案件につきましては、市の単独事業として実施しており、限りある予算の中で、老朽度進行状態や路線の重要性などの客観的な優先度のほか、地域バランスにも配慮しながら、着実に補修を進め、市民生活に最も身近な公共施設である道路の安全かつ円滑な通行を確保してまいりたいと考えております。  以上であります。 ○議長(清野一榮議員) 齋藤議員