2282件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-09-20 令和 1年 9月 定例会-09月20日-04号

市債は、公共施設の整備に必要な財源ではあるものの、適正な規模に管理することが重要で、注視してまいります。  近年の国際情勢下で今後の世界経済の動向にも不安材料が山積みであります。我が国においては、先進国中最悪の債務を抱えた上、人口減少、少子高齢化による労働人口の減少に伴い、税収環境は決して楽観視できるものではないとの認識が肝要であります。  

八戸市議会 2019-09-10 令和 1年 9月 定例会−09月10日-03号

そのことによって、公共交通機関の需要は高まっていくと考えられますが、一方で、問題となるのが公共交通機関の利便性という点であります。  先日、公共交通空白地区に住む高齢者から路線バスを通してほしいといった声や、住宅密集地に住む高齢者からは、バス停までの距離が遠いため、小型バスを導入してほしいといった声が寄せられました。

八戸市議会 2019-09-03 令和 1年 9月 定例会-09月03日-目次

(障がい者を対象にした市職員採用、幼保無償化実施に伴う給食費等の負担、   難聴に対する支援、公民館の利便性、安全性の向上)……………………………………………………25 休憩・再開(午前11時52分・午後1時00分)……………………………………………………………………32  山名 文世君【一問一答】(交通安全対策福祉政策、EUへの水産物輸出)…………………………33  高山 元延君【一問一答】(公共施設

八戸市議会 2019-07-19 令和 1年 7月 建設協議会−07月19日-01号

次に2、公共水域及び地下水についてでございますが、公共水域の水質5地点、それから底質1地点、地下水1地点において調査いたしております。いずれも環境基準を達成しております。  次に3、土壌についてでございますが、土壌につきまして調査し、これも環境基準を達成しております。  以上が平成30年度ダイオキシン類調査結果でございました。  以上でございます。

八戸市議会 2019-07-19 令和 1年 7月 総務協議会-07月19日-01号

ここでは、第6次にわたる行財政改革により、行政のスリム化や行政資源の最適化を初めとする各種取り組みが実施され、着実に市民サービスの向上が図られてきた一方で、人口減少及び少子高齢化義務的経費の増加や公共施設等の維持管理など、当市を取り巻く環境は依然として厳しい状況にあると整理しております。  

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

また、和解の内容については9項目あり、第1項、相手方は、市に対し、青森市大字三内字沢部446番地青森市特定公共賃貸住宅三内団地5─9号の建物(以下「本件建物」という。)についての賃貸借契約平成29年8月10日相手方の債務不履行による解除使用許可の取り消し)により終了したことを認める。第2項、市は、相手方に対し、本件建物の明け渡しを令和元年7月31日まで猶予する。

八戸市議会 2019-06-26 令和 1年 6月 定例会-06月26日-04号

本案に対し意見を徴したところ、久保しょう委員より、現在のバス運賃は50円単位でわかりやすく、市民にも定着していること、公共交通機関の利用者の多くが高齢者で、20円の増は少額といえども負担増となり、現在でも切り詰めて生活している市民痛みが伴うことをするべきではないことから反対であるとの意見があり、採決に付した結果、賛成多数をもって原案のとおり可決されました。  以上で報告を終わります。  

弘前市議会 2019-06-21 令和元年第1回定例会(第5号 6月21日)

1、当市の場合、公共施設及び公共交通等、目につくところに掲示していない。市役所、市営住宅などエレベーターがあるところ、その付近または中にポスターを掲示していただきたい。  2、市と取引のある全ての企業にも協力していただき、ポスターを掲示していただきたい。  3、全ての小中学校の掲示板にポスターの掲示及び全体集会等で皆さんに説明をしていただきたい。  

八戸市議会 2019-06-21 令和 1年 6月 経済常任委員会-06月21日-01号

公共交通機関を利用する方々の多くが高齢者で、通院や買い物のたびに利用するということで、20円の値上げについては、小額と言えども大きな負担増となると。ですから、今でも生活を切り詰めて、何とか暮らしている市民の方に痛みが伴ってくると市でも自覚をしながら、値上げを行うべきではないと思っております。  そこで私は反対ということで意見をさせていただきたいと思います。  よろしくお願いします。

八戸市議会 2019-06-21 令和 1年 6月 民生協議会−06月21日-01号

◎大坪 市民防災次長市民課長 これは公共工事の運用については、国から我々地方自治体まで同じでございまして、今年度以降に契約して、その完成が6月過ぎますよと、年度末という工事については10%でやるということになっております。これが仮に早く10月1日になる前に完成するんであれば、それは8%に変更契約になるかと思います。  以上です。 ○松橋 委員長 よろしいですか。ほかにありませんか。  

八戸市議会 2019-06-21 令和 1年 6月 民生常任委員会-06月21日-01号

次に、②卒園後の受け皿の設定につきましては、これまで、連携施設に限定されておりましたが、第6条に第4項及び第5項を加えて、連携施設の確保が困難な場合には、入所定員が20人以上である企業主導型保育事業、地方公共団体補助を受けている認可外保育施設からの確保も認めるものでございます。  

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

2項目めは、弘前市公共施設等総合管理計画についてです。  公共施設の老朽化や人口構造の変化等により厳しさが増す財政状況の中、公共施設全体を適切な維持管理のもと、長期的な視点で有効に活用しながら、市民サービスの向上・維持を図るための考え方や方策として弘前市公共施設等総合管理計画を策定したと伺っております。  

八戸市議会 2019-06-19 令和 1年 6月 定例会-06月19日-02号

次に2点目として、各種公共交通機関の利用促進、活用についてお聞きしたいと思います。  八戸市は立地適正化計画の中で、20年後の将来を見据えて、えがおをはぐくむえがおがつながるまちを将来像とする都市計画マスタープランで、コンパクト&ネットワーク都市構造を将来都市構造と位置づけました。  これは公共交通などによるネットワークがあればこそ実現するものと考えます。

弘前市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会(第2号 6月18日)

特定の民間事業者に、公共施設整備や公共事業の企画・立案や資金調達を特定の民間業者に委ねるのが、美術館建設事業などに見られる、いわゆるPFI事業です、制度です。なぜ設置予定の美術館を特定の指定管理者に行わせるのか。どこの指定管理者を指定するつもりか。庁内のどこでこの指定管理指定の議論をするつもりですか。これらの説明をしっかりと市は行うべきです。  そこで、壇上からの質問、2点にわたって行います。