運営者 Bitlet 姉妹サービス
376件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 原因は、過労など特定できる場合もありますが、倒産や失業、多重債務などの経済問題、病気、介護などの健康上の問題、事故や家庭内の問題など、複合的な要因が複雑に絡んでいる場合が多くあります。厚生労働省では、青森、秋田、岩手は自殺死亡率が全国平均よりも高く推移し、県内では八戸地域が高いと言われてきております。   もっと読む
2018-03-07 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月07日-04号 介護報酬は0.54%のプラス改定ですが、前回実質4.48%の大幅引き下げが実施されていて、その影響から老人福祉・介護事業の倒産は2017年には全国で111件と過去最高だったとのことです。今回の改定も事業所の窮状を打開できるものではないと考えます。 もっと読む
2018-03-06 八戸市議会 平成30年 3月 定例会-03月06日-03号 何日か前も、水産業界の倒産の件が新聞にも報道されておりましたけれども、とにかく今大変な時期でありますので、これからできるD棟もあります。市が目指す方向の市場になっていけばいいし、我々もしっかりとこの業界を応援しながらやっていきたいと思いますので、きのう田名部代表の質問に対する市長の思いも聞いておりますので、ぜひとも業界の手助けになれるようにお願いをいたし、私の質問を終わります。 もっと読む
2017-12-18 八戸市議会 平成29年12月 定例会-12月18日-付録 さらに、ウーバーは欧米や中国などを中心に急拡大しているが、サンフランシスコでは地域最大のタクシー会社イエローキャブが倒産に追い込まれている。ライドシェアが日本全国に普及すれば、タクシーの産業基盤が奪われるにとどまらず、路線バスや鉄道を含めた地域公共交通の存在を脅かすこととなっていくのは明白である。   もっと読む
2017-06-30 青森市議会 平成29年第2回定例会[ 資料 ] 2017-06-30 また、ウーバーは、欧米や中国などを中心に急拡大しているが、サンフランシスコでは地域最大のタクシー会社イエローキャブが倒産に追い込まれている。ライドシェアが日本全国に普及すれば、タクシーの産業基盤が奪われるにとどまらず、路線バスや鉄道を含めた地域公共交通の存立を脅かすこととなっていくのは明白である。   もっと読む
2017-03-09 八戸市議会 平成29年 3月 予算特別委員会−03月09日-04号 ◆田端 委員 ということで、減免には一定の基準が設けられていて、自治体によってどのようにするかでこのような差があるかとは思っていますが、市内で過去に商売に行き詰まり、または廃業、倒産、失業ということで、もうどうにもならなくて申請減免の相談に来たと。しかし、余りにも審査が厳しくて、申請をやめたという人から話を聞いたことがあります。この点については、私は審査が厳し過ぎるのではないかと。 もっと読む
2017-02-28 八戸市議会 平成29年 3月 定例会−02月28日-03号 帝国データバンクが1月13日に発表した2016年の全国企業倒産の集計結果では、民事再生法を申請した企業再生の中で70.9%が消滅しているとされます。どのような職種の再生が厳しいかは定かではありませんが、いずれにしても、民事再生法による経営の立て直しは困難が伴うという現実が待ち受けています。とりわけ南部バスの経営に負担をかけてきた一端は、高齢者等バス特別乗車証の負担金です。 もっと読む
2016-12-13 八戸市議会 平成28年12月 定例会−12月13日-03号 普通の企業で言えば、氷の施設だって、売り上げ目標を1000万円に設定しました、ゼロでした、倒産です。  そういうことを考えれば、市長にもちょっと注文をつけたいんですけれども、ああいう電子入札の分は確かに1300万円のうちの440万円ぐらいの返還で済んだ。 もっと読む
2016-09-26 八戸市議会 平成28年 9月 定例会-09月26日-04号 さて、日本経済は着実に回復に向かっており、完全失業率、有効求人倍率、企業倒産件数など成果としてはあらわれておりますが、まだ道半ばであり、ようやく見え始めた希望を、地方や中小企業、小規模事業者、個人、家計へと確実に広げなければなりません。 もっと読む
2016-09-09 弘前市議会 平成28年第3回定例会(第5号 9月 9日) せば柴田部長、この物品納入業者で経営危機に陥って倒産、要するにその営業をやめた会社、ここ5年で何社あると思いますか。 ○副議長(小山内 司議員) 柴田経営戦略部長。 ○経営戦略部長(柴田幸博) 今資料を持ち合わせておりませんので御答弁できません。 ○副議長(小山内 司議員) 工藤議員。 ○21番(工藤光志議員) 多分ねえびょん、多分ないと思います。   もっと読む
2016-09-09 弘前市議会 平成28年第3回定例会(第5号 9月 9日) せば柴田部長、この物品納入業者で経営危機に陥って倒産、要するにその営業をやめた会社、ここ5年で何社あると思いますか。 ○副議長(小山内 司議員) 柴田経営戦略部長。 ○経営戦略部長(柴田幸博) 今資料を持ち合わせておりませんので御答弁できません。 ○副議長(小山内 司議員) 工藤議員。 ○21番(工藤光志議員) 多分ねえびょん、多分ないと思います。   もっと読む
2016-06-14 八戸市議会 平成28年 6月 定例会-06月14日-03号 3年間で以前より中小企業、小規模企業の倒産件数は3割減っているとのことですが、倒産の特徴的なのは、販売不振や不良債権増加などによる不況型の倒産が全倒産件数の83.9%に上り、2年連続で前年に比べ増加し、安倍政権下で不況による倒産がふえているのが実態です。   もっと読む
2016-03-23 青森市議会 平成28年第1回定例会(第8号) 本文 2016-03-23 また、市長が筆頭株主として青森市民にとって一番負担の少ない対応をするために必要な現実的な青森駅前再開発ビル株式会社の倒産という手法を議会や市民に示すことが大事になります。そして、このことが、市長が、みずからが決断した2億円の融資に対して全額回収できない場合、どのような責任のとり方をするのかを市民や議会に示すための十分条件です。 もっと読む
2016-03-10 八戸市議会 平成28年 3月 予算特別委員会−03月10日-04号 かえって、倒産や廃業、失業で苦しむ人たちから医療まで取り上げるということは、ここ30年間、ずっとつくり出してきたと思っています。  私は、特に業者の方からも聞いてきたんですけれども、とても払えなくて、以前は短期保険証も交付になかなか手間取って大変な思いをしましたと。しかし、今は短期保険証はすぐに交付されるようになって、これだけでも助かったという話を聞いています。 もっと読む
2016-03-07 青森市議会 平成28年第1回定例会(第6号) 本文 2016-03-07 42 ◯市長(鹿内博君) こういう議場の場で倒産という話を、私自身としては余り使いたくない言葉ではありますが、大変恐縮ではございますが、議員は倒産させるべきだというお考えで今御質問になっているんでしょうか。 もっと読む
2016-02-29 八戸市議会 平成28年 3月 定例会−02月29日-02号 休廃業する企業の数は2万9000件となり、倒産件数の3倍以上となりました。  昨年11月25日の内閣府の会見では、景気は今のところ、一部に弱さが見られるが、緩やかな回復基調が続いているとのことです。しかし、何を根拠に回復に向かっているというのでしょうか。 もっと読む
2015-09-11 弘前市議会 平成27年第3回定例会(第5号 9月11日) それとまた、東京のほうの現状を調べてみますと、東京のほうの有料老人ホームがどんどんこれから倒産とか廃止という方向に進むと。なぜかと言いますと、オリンピックで宿泊施設やアパートみたいなものが不足すると。下手に高齢者を入れて、介護人も集まらなくて大変な、そういう事業を運営するよりもアパートにしたほうがはるかにいいと。 もっと読む
2015-09-10 弘前市議会 平成27年第3回定例会(第4号 9月10日) だが、行政というのは利益を賄うというか生むところではないので、そこのところは社会的、会社であれば社会的影響も受けるわけですが、行政というのは利益を生まなく行政サービスをするところでございますので、なかなか倒産というところはないわけでございますが、でもやっぱり公平さと、それから地域住民の福祉の増進を図るためにはこのコンプライアンス、政策をするにもしっかりとした根拠法をもって、そしてやっていかなければならないと もっと読む
2015-06-24 弘前市議会 平成27年第2回定例会(第3号 6月24日) また、企業の倒産やリストラなどによる経済状況、米価暴落などの農家収入の減少と暮らしが厳しくなる中で、憲法第26条を保障することを目的とした制度である就学援助制度の果たす役割はますます重要になっております。  そこで、質問します。  弘前市内の小中学校の就学援助の状況はどうなっているのでしょうか。お答えください。 もっと読む
2015-06-24 弘前市議会 平成27年第2回定例会(第3号 6月24日) また、企業の倒産やリストラなどによる経済状況、米価暴落などの農家収入の減少と暮らしが厳しくなる中で、憲法第26条を保障することを目的とした制度である就学援助制度の果たす役割はますます重要になっております。  そこで、質問します。  弘前市内の小中学校の就学援助の状況はどうなっているのでしょうか。お答えください。 もっと読む