運営者 Bitlet 姉妹サービス
991件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 青森市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10 就学援助は、学校教育法第19条の規定により、経済的理由により就学困難な児童・生徒の保護への援助で、適切に実施されなければならないとされています。第2回定例会で、私は、就学援助の対象世帯収入の目安をホームページやお知らせチラシに載せるべきとの質問を行いました。 もっと読む
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 1 「保護がいない等、社会的養護が必要な児童を支援すべきと思うが、市の考えを示せ」との質疑に対し、「国では、社会的養護が必要な要保護児童数の増加を背景に、社会的養育の充実等を掲げ、平成29年にはその具現化のための『新しい社会的養育ビジョン』を示したところである。 もっと読む
2018-09-12 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号 熱中症予防に特に必要とされる者と、今回の支給要件には条件がついておりますけれども、この者については、体温の調整機能への配慮が必要となる者として、高齢者とか障がい者とか小児、難病患者とか、あとは被保護の健康状態や住環境等を総合的に勘案の上、保護の実施機関で必要と認めた者となっております。  以上です。 ◆苫米地 委員 わかりました。 もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 保護に対しましても、学校だよりや保護集会等で家庭でのルールづくりを推奨するなどして意識啓発を図っております。  市教育委員会では、学校訪問や生徒指導研究協議会を通して、インターネットトラブルの現状や重点指導事項等について周知しますとともに、指導、助言をしております。   もっと読む
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 全国では、保護の約7割が冷房設備の設置を望んでいるというアンケート結果もあるとのことです。  そこで、当市の小学校における冷房設備の整備の現状と、見通しについて伺います。  次に2、障がい者の雇用について伺います。   もっと読む
2018-09-07 青森市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07 また、福祉部においては、教育・保育施設や療育機関等の紹介や各種サービス等を受けるための手続等についてお知らせする利用者支援事業のほか、指定障害児通所支援事業所の職員が在宅障害児の家庭を訪問し、保護に対する療育等の相談・指導をする障害児等療育支援事業を行っており、さらに、福祉部と保健部が連携し、保護の悩みや不安を解消するため、保育士と保健師が家庭を訪問し、相談を受ける育児支援家庭訪問などの支援も行 もっと読む
2018-09-06 青森市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06 質問は、浪岡北小学校と浪岡南小学校の屋根さびの改修について、地域住民や保護から改善を求める声が寄せられているが、市の考えをお示しください。  以上で壇上からの質問を終わります。御清聴ありがとうございました。 もっと読む
2018-09-05 青森市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05 場合によっては会計管理とか保護への連絡ということも発生してくるわけですけれども、やはり、必要性ということだけを考えれば、今現在、大会等には顧問は必ず行かなければいけないと。 もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 各小・中学校では、不登校となっている児童・生徒及び保護に対して、校長のリーダーシップのもと、当該児童・生徒の実態に応じた支援体制を整え、組織的な対応を行っております。  具体的には、1つに、不登校の初期段階から継続的に家庭訪問や電話訪問を行い、当該児童・生徒及び保護との信頼関係を構築しつつ、必要な情報提供や支援に努めること。 もっと読む
2018-07-20 八戸市議会 平成30年 7月 建設協議会-07月20日-01号 ◎玉井 建築指導課長 現在のところ市民に直接という部分では、多賀小学校の周りがございますので、ここの部分に関しましては学校側のほうでも十分注意を払ってということでお子さんたちにも周知をし、保護の皆様にも周知をした上で表示もして、立ち入ってはいけない部分などには入らないようにというような対処をされていると思います。   もっと読む
2018-07-20 八戸市議会 平成30年 7月 民生協議会-07月20日-01号 次に3、対象者でございますが、市内に住所を有する妊産婦並びに乳幼児及び保護、その他支援が適当と認めた方でございます。  4、事業内容としまして5つの内容を記載してございます。  まず、(1)妊産婦及び乳幼児の実情の把握。保健師、非常勤助産師等の専門職により全ての妊婦、乳幼児の保護の面接を実施し、支援に必要となる実情を継続的に把握いたします。   もっと読む
2018-06-18 十和田市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月18日−一般質問−02号 市の孫育て支援の現状につきましては、乳幼児健診に同行した祖父母や保護に対して、保健師や助産師等が乳幼児期の子供の成長発達や育児方法等について講話をしたり、個別の相談に対応しております。   また、乳児家庭訪問においては、父母と祖父母が一緒にいるときに、祖父母が父母の子育てを適切に応援できるように、その家庭の状況に応じて育児等に関する情報提供をしております。    もっと読む
2018-06-14 八戸市議会 平成30年 6月 屋内スケート場・スポーツ文化施設建設特別委員会−06月14日-01号 ◎河原木 まちづくり文化スポーツ部次長兼屋内スケート場建設推進室長兼国体室長 関係者は200名ぐらいになるんですが、18歳以下ということで、応援団としてその保護等が来日するかと思いますので、1000人には届かないとは思いますが、結構七、八百人ぐらいの規模にはなるかと期待しております。  以上です。 もっと読む
2018-06-13 八戸市議会 平成30年 6月 民生常任委員会-06月13日-01号 現状では、ゼロ歳から小学校就学までの乳幼児は、一定の所得以内の保護の世帯であれば、入院及び外来に際しての医療費、いわゆる医療機関窓口での自己負担分は無料となっておりますが、条例改正後はこの対象を小学生と中学生に拡大するものでございます。  ただし、高校生に相当する年齢にある方の場合は、これまでどおり一定の所得以内の世帯であれば、入院費のみ医療費が無料で、変更はございません。   もっと読む
2018-06-12 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月12日-03号 学校給食に要する経費の負担については、学校給食法等により、学校給食の施設設備費及び運営費は学校の設置者の負担、それ以外の経費として食材料費は保護の負担とされておりますが、要保護・準要保護世帯については、保護の収入や世帯の状況に応じて無償化することができるとされており、当市においてもそれに基づいた運用が行われております。   もっと読む
2018-06-11 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号 道徳教育についてですけれども、教育書の採択に当たっては、展示会などで実物を見た上で、各学校、市内の全校から報告書が上がってきて、専門委員会には、以前伺ったときには、PTAから保護の代表ということで、専門委員会の委員として入っていくということだそうですので、学校現場あるいは先生方、あるいは保護の意見もある程度は採択に当たって反映されていくのかと思いました。 もっと読む
2018-06-08 十和田市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月08日−議案説明−01号 議案第36号の十和田市子ども医療費給付条例の一部を改正する条例の制定については、子ども医療費の受給資格の認定における乳幼児の保護に係る所得制限を今年度改正された青森県の制度と同様に緩和するためのものであります。    もっと読む
2018-05-21 八戸市議会 平成30年 5月 民生協議会-05月21日-01号 現状は、ゼロ歳から小学校就学前までの乳幼児は、一定の所得以内の保護の世帯であれば、入院及び外来に際しての医療費、いわゆる医療機関窓口での自己負担分は無料となっておりますが、条例改正後は、この子どもの区分の対象を小学生と中学生に拡大するものでございます。  なお、高校生に相当する年齢にある方の場合は、これまでどおり一定の所得以内の世帯であれば、入院の医療費が無料となることで変更はございません。   もっと読む
2018-03-15 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号 そこで、次の質問に入りますけれども、防災ノートには、開くと、見開きの1ページ目には保護の皆様へという一つのメッセージが書かれてあります。そういうことから、子どもたちから、家族というか、保護、大人たちへの教育という側面もあることが防災ノートを見て少しうかがい知ることがあります。 もっと読む
2018-03-14 弘前市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月14日) さらに、保護や地元住民は賛成しているのか。」との質疑に対し「今回の廃止は、民間移譲を進めるためである。また、土地建物は有償で譲渡し、引き続き相馬地区で保育所を運営していただくものである。さらに、保護や地域住民から説明会やアンケートにおいて反対意見はなく、理解いただいている。」との理事者の答弁でありました。  委員より「なぜ今、民営化する時期として適当なのか。また、何のために廃止するのか。」 もっと読む