64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-09-09 令和 1年 9月 定例会-09月09日-02号

都道府県別で最も高いのは京都の26万9000円、東京都26万7000円、愛知県24万9000円、青森県は21万6000円となっています。  保育施設の運営は、国からの運営費によって賄われますが、それだけでは民間施設給与が低くなり過ぎるため、自治体では独自の財政補助を出して保育士給与引き上げを行い、人材確保に力を入れているのです。  1点目です。

弘前市議会 2019-06-20 令和元年第1回定例会(第4号 6月20日)

平成24年4月23日に、京都亀岡市というのですか、で通学中の子供の列に暴走してきた車が突っ込んで、非常に大きな事故がありました。あのときには、全国的に大きな問題となって緊急安全点検をやりましょうと、総点検をしましょうということになったはずです。  それで、弘前市でもそれを行った。私は、その年の第2回、第3回定例議会で2回続けてこの問題を取り上げました。

八戸市議会 2019-06-19 令和 1年 6月 定例会-06月19日-02号

全国のごみ減量やリサイクル率の向上についての取り組みですけれども、京都亀岡市というところがあります。ここは市と市議会で、2030年までに使い捨てプラスチックごみゼロを目指すとして、かめおかプラスチックごみゼロ宣言を行っております。プラスチック製のレジ袋を禁止する条例の制定を目指しているとのことです。また、富良野市のことですが、14分別のごみ収集でリサイクル率は90%を達成しているとのことです。

弘前市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会(第2号 6月18日)

これが、中核市の中で、八つなのだけれども、京都、京都の、現段階では各市町村にこれがずっと広がり始めてきている。非常に警鐘を乱打しなければならない問題だと私は思っています。  ですから、そういう意味でもこの問題、きょうは取り上げさせていただいたのですが、さて、最後に、三浦部長、今後の市の対応の問題ですよ、今後の市の対応の問題。

八戸市議会 2018-03-07 平成30年 3月 定例会−03月07日-04号

通学路の安全対策については、2012年に京都亀岡市で車が暴走し、児童ら10人が死傷するなど、子どもが巻き込まれる事故が相次いだことで問題化したことから、政府は緊急点検を実施し、当時で対策が必要な箇所――危険箇所として、全国で約7万4000カ所が指摘されました。これを受けて、各地で歩道設置や路肩の拡幅、カラー舗装化、ガードレールの整備、信号機の設置などが前進しました。

八戸市議会 2017-12-12 平成29年12月 定例会−12月12日-03号

現在、一般社団法人京都北部地域連携都市圏振興社として平成28年6月28日に設立されております。京都及び北部の7市町の観光協会が中心になっているところが特徴的でありました。観光地としての京都は有名でありますし、その伝統と文化景観と風情は日本一であろうとも思いますが、この京都北部の丹後半島、宮津、舞鶴の日本海側も大変興味深いところであると認識をしてまいりました。  

八戸市議会 2017-12-11 平成29年12月 定例会-12月11日-02号

神奈川県横浜市福島県会津若松市愛知県豊田市新潟県新潟市大阪府寝屋川市和歌山県和歌山市、滋賀県近江八幡市岐阜県大垣市山口県下関市大分県由布市京都京丹後市など、11市に上る自治体を訪ねました。それぞれの都市には、それぞれの歴史文化があり、それぞれの拠点性や風土を生かした独特のまちづくりがあります。

弘前市議会 2017-12-07 平成29年第4回定例会(第4号12月 7日)

では、この法律禁止されているのに、京都京都市大阪府神戸市高知市などが家賃等にあわせて徴収しているのはどうしてでしょうか。どう理解していますか。 ○議長(下山文雄議員) 熊谷財務部長。 ○財務部長(熊谷幸一) その事例、私は承知してございませんので、後ほど確認したいと思います。  以上です。 ○議長(下山文雄議員) 石岡議員

八戸市議会 2017-06-13 平成29年 6月 定例会-06月13日-03号

京都津市で送付された事業所が開封したところ、全く別の事業所のものが入っており、実際の従業員の分はほかへ届いていたということです。青森県内でも、むつ市で個人情報の誤記載、誤送付があり、つがる市やおいらせ町では誤送付がありました。いずれも原因は配達員の誤りではなく、役所職員データ入力時や封入作業時の誤りでした。作業に当たっては、どこでもチェック体制を整え、細心の注意を払っているわけです。

弘前市議会 2017-03-16 平成29年第1回定例会(第6号 3月16日)

記 1.平成29年度会派弘新会行政視察団  (1)派遣目的 宇治市における宇治市観光振興計画推進事業の調査並びに浜松市におけるフラワーパーク・フルーツパークの調査  (2)派遣場所 京都宇治市、静岡県浜松市  (3)派遣期間 平成29年5月中の3日間  (4)派遣議員 一戸兼一議員、柳田誠逸議員、宮本隆志議員、田中 元議員、佐藤 哲議員、三上秋雄議員、伏見秀人議員、松橋武史議員  (5)その他 ―

青森市議会 2016-09-08 平成28年第3回定例会(第5号) 本文 2016-09-08

文部省通達学校での焼却ができなくなったことが取り組むきっかけになったそうですが、学校給食担当課と市のリサイクル推進課が一緒に、市民・事業者・行政パートナーシップを大切にしながらごみの減量リサイクルに取り組んでいる京都市ごみ減量推進会議に働きかけて、リサイクルシステムの母体になってもらって、推進会議の会員になっている京都牛乳協会や、古紙問屋協同組合衛生紙の卸業者の同業会などに働きかけました

八戸市議会 2015-03-02 平成27年 3月 定例会−03月02日-02号

全国にはモデル指定より一足早くがん教育を導入している学校があり、東京都豊島区では2012年度から小学6年と中学3年を対象に、また京都では、2013年度に小中高校20校でがん治療医やがん経験者らの出前授業を実施しており、授業を受けた子どもたちからは、がんは身近な病気と知った、親に検診を勧めたいという感想が聞かれ、小学生でも効果を実感しているとのことであります。

弘前市議会 2014-12-10 平成26年第4回定例会(第3号12月10日)

高校生を対象とした通学費の助成についてですが、県内では西目屋村、県外では北海道京都などで助成制度を設けております。  当市では、通学費に特化した助成制度はございませんが、高校生及び大学専門学校生を対象とした奨学金制度を設けており、高校生には月額1万3000円、大学専門学校生には月額2万5000円を貸与し、授業料無償化後も奨学金を減額する等の措置はいたしておりません。

弘前市議会 2014-09-11 平成26年第3回定例会(第4号 9月11日)

現在、全国的に見ますと、通院助成は、就学前までが26道県、小学3年までが3県、小学校卒業までが京都など5府県、中学卒業までが東京都群馬県静岡県兵庫県鳥取県の5都県です。新潟県基本2歳までですが、3人以上の子供がいる家庭の場合は全部の子供が通院・入院とも高校卒業まで助成されます。あとは、5歳までが1県、2歳までは大阪府宮城県となっています。