142件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

六ヶ所村議会 2019-07-23 令和元年 第4回臨時会(第1号) 本文 2019年07月23日

初めに、議案第69号「老人福祉センター温泉井戸掘削工事請負契約の締結について」ご説明申し上げます。  現在の老人福祉センターの温泉井戸は、平成10年度に改修整備し、これまで泉質や効能などから評判もよく、地域の憩いの場として多くの村民に親しまれ利用されてきましたが、本年4月上旬から砂等の混入や湯温の低下が確認され、営業が困難となったことから、同月10日より休業いたしました。

六ヶ所村議会 2019-07-23 令和元年 第4回臨時会(第1号) 名簿 2019年07月23日

最初のヒットへ(全 0 ヒット)                    令和元年第4回臨時会                   六ヶ所村議会会議録(第1号)                    令和元年7月23日(火曜日) ◎議事日程第1号  日程第1 会議録署名議員の指名  日程第2 会期の決定  日程第3 議案第69号 老人福祉センター温泉井戸掘削工事請負契約

六ヶ所村議会 2019-06-14 令和元年 第3回定例会(第4号) 本文 2019年06月14日

1件目の「福祉課所管の新規事業では、休業している老人福祉センターの温泉井戸整備事業や尾駮レイクタウン北地区及び村外からの移住者に提供する村営墓地整備事業など、計8つの事業について説明がありました。  委員からは、1)老人福祉センターの温泉掘削は、これまで幾度も行われていることから、人工温泉に切りかえ、経費を削減することも考えるべきではないか。

八戸市議会 2019-05-22 令和 1年 5月 建設協議会-05月22日-01号

この調査方法につきましては、国から調査方法が示されておりまして、概況調査、それから汚染井戸周辺地区調査、それから継続監視調査の3区分によりまして測定を実施しております。  まず、1、概況調査でございますが、八戸市内の全体的な地下水質の概況を把握するために実施する調査でございまして、市内を29のエリアに分割いたしまして、およそ5年で市内を一巡するように調査を実施しております。  

弘前市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4号 3月 7日)

特にスマートシティ構想におきましては、先ほども申し述べたとおり、効率的なエネルギー利用というところをしっかりと捉まえながら、融雪をしっかりと実現するということに重きを置いてございますけれども、先ほど出ました未利用になっている下水熱、またその建物の換気排熱を活用した融雪設備というものを導入したほか、地域が有する熱源を生かして、市民が所有する井戸を活用した生活道路への散水融雪設備、またその地下水熱を活用

八戸市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号

3つ目の活魚に使用する水につきましては、既設の井戸から活魚に適した塩分を含む水を取水し、水産用水基準を満たす浄化処理を施した上で活魚水槽用として使用し、ごみなどを取り除いた後、海へ排水することとしております。  私からは以上でございます。 ○議長(五戸定博 君)高山議員 ◆10番(高山元延 君)市長並びに各理事者の方々には、それぞれ御丁寧なる御答弁、まことにありがとうございました。  

弘前市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3号 9月12日)

内容につきましては、地域の助け合いや地元企業による地域支援を促進する連携の枠組みの一つとして、井戸や空き地などの個人所有資産や空き時間における人手などの資源を提供する支援者とそれを活用する利用者を、市が仲介する場を設けることで地域による共助の活性化と間口除雪の課題解決を効果的に行うための事業モデルについて検討することとしております。

弘前市議会 2018-06-22 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日)

しかしながら、今後本格的に将来にわたって安全安心を守るにはいささか不十分でございますので、現在ほかの81水道に関しては施設――井戸であったり取水、あと増圧ポンプを含むと81ございまして、管路と含めて全更新すれば1500億円かかると推定されております。  

八戸市議会 2018-05-21 平成30年 5月 建設協議会−05月21日-01号

調査方法は、国から示された調査方法によりまして、概況調査、汚染井戸周辺地区調査、継続監視調査の3区分によりまして測定を実施しております。  まず、アの概況調査でございますが、市内の全体的な地下水質の概況を把握するために実施する調査でございまして、およそ5年で市内を一巡するように調査をしております。平成29年度は、市内5地点で全ての環境基準項目について調査を行いました。

弘前市議会 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第6号 3月14日)

との質疑に対し「御所温泉の井戸ポンプは24時間稼働しており、夜間捨てている温泉を熱交換し、水温が上がったものをエコキュートに通してシャワーやカランに使用するものである。」との理事者の答弁でありました。  委員より「設備の耐用年数、経費削減効果はどうか。また、導入の経緯を伺いたい。」

弘前市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第5号 3月 2日)

融雪設備がことしの1月から稼働したということでありますが、この1月ごろから周辺において、同じような深井戸において、深い井戸の水位低下の現象があらわれました。  区画整理事業の井戸の掘削深度は250メーターと聞いておりましたが、確かに掘削は250メーター。しかし、井戸水のくみ上げ深度は150メーター付近。

八戸市議会 2017-09-13 平成29年 9月 決算特別委員会−09月13日-01号

この事務の内容ですが、現場に設置してある井戸3点において地下水を採取し、その中の有害物質、水銀やアルキル水銀、その他1,4-ジオキサンなど8項目をおおむね2カ月に1回の程度で測定し監視するものでございます。結果については市のホームページで公表しておりますが、現段階でこの事案にかかわるような影響は確認されてございません。  以上でございます。 ◆夏坂 委員 わかりました。

十和田市議会 2017-09-05 平成29年  9月定例会(第3回)-09月05日−一般質問−02号

現在井戸頭団地、寺向団地の改修工事が行われ、来年から八甲団地も改修工事にかかるようです。私の調べでは、総戸数が530戸、うち今後取り壊される予定なのが上平団地の30戸、また抜本的な新築を考えているのが金崎A団地で64戸、金崎B団地で76戸で、合わせて合計170戸です。   そこで質問です。現在新たな建設計画を進めているようですが、何戸分の計画をしているのですか。

弘前市議会 2017-06-15 平成29年第2回定例会(第4号 6月15日)

また、民間所有の井戸や建物排熱などの地域に存在する未利用熱資源の活用や、市民協働や公民連携による施設管理体制の強化など市民や民間事業者としっかりと連携を図っていくことで雪対策の効果を底上げし、次世代への波及性と継続性を高める取り組みを進めていきたいというふうに考えております。  以上です。 ○副議長(小山内 司議員) 奈良岡学校教育推進監。

八戸市議会 2017-05-19 平成29年 5月 建設協議会−05月19日-01号

調査方法については、国から示されております概況調査、汚染井戸周辺地区調査、継続監視調査の3区分により測定を実施しております。  まず、ア、概況調査でございますが、八戸市内の全体的な地下水質の概況を把握するために実施する調査で、おおよそ5年で市内を一巡いたします。  平成28年度は、市内5地点で全ての環境基準項目について調査を行いました。

青森市議会 2017-03-03 平成29年第1回定例会(第3号) 本文 2017-03-03

現状の井戸を使い続けるしか選択肢はないのかとのお尋ねでございます。  基本的には、現状の井戸水を継続して御使用いただくこととなりますが、当該井戸水に何らかの支障が生じた際には、私どもといたしましても、代替手段などの可能性について住民の方ともども検討してまいりたいと考えております。