51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

六ヶ所村議会 2019-12-12 令和元年 第6回定例会(第3号) 本文 2019年12月12日

8番(木村廣正君) 今、財政課長より説明があって、6款の関係についての主な減額補正ということで、酪農の井戸の掘削工事費の減額と。要は、給水施設工事費の減額ということなんですけれども、既定額のもう半分というか、これ、何でこんなに減ったのかどうなのか、その辺の説明をお願いいたします。

六ヶ所村議会 2019-07-23 令和元年 第4回臨時会(第1号) 本文 2019年07月23日

初めに、議案第69号「老人福祉センター温泉井戸掘削工事請負契約締結について」ご説明申し上げます。  現在の老人福祉センターの温泉井戸は、平成10年度に改修整備し、これまで泉質や効能などから評判もよく、地域の憩いの場として多くの村民に親しまれ利用されてきましたが、本年4月上旬から砂等の混入や湯温の低下が確認され、営業が困難となったことから、同月10日より休業いたしました。

六ヶ所村議会 2019-07-23 令和元年 第4回臨時会(第1号) 名簿 2019年07月23日

最初のヒットへ(全 0 ヒット)                    令和元年第4回臨時会                   六ヶ所村議会会議録(第1号)                    令和元年7月23日(火曜日) ◎議事日程第1号  日程第1 会議録署名議員の指名  日程第2 会期の決定  日程第3 議案第69号 老人福祉センター温泉井戸掘削工事請負契約

六ヶ所村議会 2019-06-14 令和元年 第3回定例会(第4号) 本文 2019年06月14日

1件目の「福祉課所管の新規事業では、休業している老人福祉センターの温泉井戸整備事業や尾駮レイクタウン北地区及び村外からの移住者に提供する村営墓地整備事業など、計8つの事業について説明がありました。  委員からは、1)老人福祉センターの温泉掘削は、これまで幾度も行われていることから、人工温泉に切りかえ、経費を削減することも考えるべきではないか。

十和田市議会 2016-03-17 03月17日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号

では、シルバー人材センターへの補助金について、地方創生に関連しての創業支援や就業支援について、第6款農林水産業費では、当市の農林畜産業の今後の方向性について、農政審議会のあり方について、産学官の連携について、十和田湖ひめますについて、森林伐採後の植栽について、第7款商工費では、桜流鏑馬について、十和田八幡平国立公園の指定80周年記念事業について、中心市街地活性化調査業務について、第8款土木費では、井戸団地

青森市議会 2015-09-02 平成27年第3回定例会(第3号) 本文 2015-09-02

当日の現場説明会では、土ぼこりへの対策として、事業者から重機の通行路へスラグを敷設すること、通行速度を抑制すること、2台の散水車で散水すること、近くの井戸を確保して散水頻度をふやすこと、粉じんの測定を行うこと等々の措置を講ずる旨の説明がなされましたが、これに対して市では、散水車の数をさらにふやすなどして、防じん対策を徹底するよう指導いたしたところであります。  

六ヶ所村議会 2015-03-11 平成27年 第1回定例会(第3号) 本文 2015年03月11日

産業建設部門理事(中嶋 勉君) その後の対応という話でございますが、既設の井戸水、農薬の希釈水で井戸がございまして、その井戸につきましては、20ミリグラムパーリットルぐらいのかなり塩分濃度の低い水が得られます。それに臨時的に切りかえして、当面その水を使おうと。そういうふうに考えております。

六ヶ所村議会 2014-03-12 平成26年 第1回定例会(第3号) 本文 2014年03月12日

その水をくんで調べてもらったら、ちょっと鉄分というか何かあるんだけれども、サケの飼育には大丈夫ですという太鼓判をもらって、それで私、尾駮小学校体育館を何とか残してくれませんかと言った記憶があるんですけれども、みんな解体してしまって残らないので残念だなと思っていましたけれども、その辺も含めて、今後いわゆるサケをふ化をする場合にはそこにいい井戸がありますので、これは絶対太鼓判を押された井戸ですので、ひとつその

青森市議会 2013-03-25 平成25年第1回定例会[ 資料 ] 2013-03-25

1 「浪岡地区の流雪溝については、若干水量が不足しているため十分に機能しておらず、井戸の増設  が必要であると考えるが、ことしの反省を踏まえ来年度以降、市ではどのような対応を考えている  か」との質疑に対し、「浪岡地区の流雪溝については、ことしは水量が少ないという内容の苦情を市  民から受けている。

青森市議会 2012-12-12 平成24年第4回定例会(第8号) 本文 2012-12-12

9月26日、廃止に伴う現地詳細調査に係る中間報告を受けましたが、ダイオキシン類等については、国が定める地下水水質の基準を超える内容であったことから、急遽10月に当該処分場周辺約500メートルから1.8キロメートルに位置する11カ所の井戸等の地下水を採取し検査いたしました。その結果、いずれの地点においても、全30項目すべてで環境基準値以内でありました。

青森市議会 2012-12-10 平成24年第4回定例会(第6号) 本文 2012-12-10

ただいま申し上げました事業の具体的な内容も紹介しますが、スピードスプレーヤー購入費と井戸などの防除用水施設の整備費に対しまして、それぞれ3分の1を補助することとして、その補助要件としまして、スピードスプレーヤーの導入に対する補助を活用する団体は果樹共済に全員加入していること、さらには、事業終了後も3年以上継続して加入することを条件としております。  

青森市議会 2012-03-23 平成24年第1回定例会[ 資料 ] 2012-03-23

次に、細野・相沢地区簡易水道事業における水源の増設に伴う条例の改正内容についてであるが、本事業は、昭和52年度、事業創設認可を受け、水源を深井戸として水道供給を開始し、現在は計画給水人口410人、計画1日最大給水量107立方メートル認可により水道事業を運営しており、これまで水源として使用してきた深井戸は、使用開始から34年が経過し、井戸内部の劣化により維持管理に支障を来していることから、安定的な水道

青森市議会 2012-03-02 平成24年第1回定例会(第3号) 本文 2012-03-02

かつてNEDOで同じく酸ヶ湯の近辺で、地熱の活用を目指して1度井戸を掘ったことがございました。これについては余りよろしくないということで、大分前ですけれども、その井戸は埋めてしまったそうです。今回の下湯の件につきましては、下湯温泉にまだ温泉として権利を持っておられる方を前提にして、あくまでも中低温のものを効率的に集めてという視点でございます。

青森市議会 2011-06-08 平成23年第2回定例会(第3号) 本文 2011-06-08

特に天田内配水所におきましては、発電機で取水可能な井戸は一部に限られており、水量不足となることが予想され、配水バルブをコントロールし給水制限を行ったため、翌3月12日午前7時ころから、給水区域の沖館地区から後潟地区までの約8000世帯、2万人が居住する地区の一部で減・断水のおそれが生じました。

青森市議会 2009-10-02 平成21年第3回定例会[ 資料 ] 2009-10-02

1 「天田内川の水源地に植林してほしいとの声があるが、その考えはないか」との質疑に対し、「天  田内水保護区域内の企業部所有地内で、過去に伐採を受け疎林地化しあるいは植物の成長に必要な  表土がはがされ赤土が露出した区域に対し、水道井戸周辺の清潔保持及び水源環境の保全、さらに  は低炭素社会の実現を目指し二酸化炭素の吸収量を増加させるため積極的に植林事業に取り組むこと  としている。