8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

八戸市議会 2018-09-10 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号

埼玉県以外でも、不妊に関する経済的な支援等については、東京都が高度不妊治療費に対する助成に加え、新たに不妊検査及び薬物療法、人工授精などの一般不妊治療についても、費用の一部を助成対象とすることとした不妊検査等助成事業が開始され、さらに2018年4月1日からは、不妊治療を行う事実の御夫婦も助成の対象者とする条件緩和が行われるなど、国の施策にプラスした不妊に関する取り組みが積極的に行われている都県がございました

八戸市議会 2017-03-06 平成29年 3月 予算特別委員会−03月06日-01号

ただ、来る方全部偽装だろうという形にはなっておりませんで、申請、毎年の現況届等々あるんですが、初めての申請と毎年1回の現況届というのをやってございますけれども、その中で、元配偶者、別れた旦那さん、奥さんが近くに住んでいらっしゃるとか、または匿名でよくあるんですが、事実状態のパートナーがいるという情報提供があった場合、そういう場合に本人に事実確認をして、場合によってはその地域地域の民生委員に事実確認

青森市議会 2016-06-10 平成28年第2回定例会(第3号) 本文 2016-06-10

そんなフィンランドもひとり親、再婚、事実など家庭の形が変わっていることや、高齢化が進んでいるところは日本と変わらないようですが、合計特殊出生率は日本とは違い、約1.8の水準を保っています。その理由の一つが、このネウボラという子育て支援です。ネウボラとはフィンランド語でアドバイスをする場所という意味で、妊娠期から就学前まで、おおむね同じ人がかかわっていきます。

弘前市議会 2014-09-26 平成26年第3回定例会(第6号 9月26日)

との質疑に対し「特定配偶者は中国残留邦人等と中国等で結婚して一緒に帰国した方で配偶者支援金の支給対象となっており、特定配偶者以外の者とは事実状態の方などであり、これらについても例外的な措置として当該支援金の給付対象とするものである。」との理事者の答弁でありました。  このほか、当該法改正の趣旨等について関連質疑が交わされたところであります。  

弘前市議会 2014-06-19 平成26年第2回定例会(第4号 6月19日)

大きな理由として、フランスの場合は事実が認められているとありました。事実は日本国内では大きな反発があります。  しかし、少子化対策委員会での報告の中で、夫は欲しくないが子供は欲しいという女性も結構多いという報告もあります。日本においては本当に難しい問題でありますが、少子化をとめるためには現実社会を敏感に捉えながら大胆な政策も将来的には必要ではないのかなと思います。  

青森市議会 2013-03-25 平成25年第1回定例会[ 資料 ] 2013-03-25

次に、改正前の第2条第2項の事実を婚姻と同様に扱うことを、改正後の第3条第2項第2号において規定をしたところである。  次に、改正前条例第2条第3項「保護者」の定義をより明確にするため「、本市に住所を有し」を加え、改正後の第2条第2項とするものである。  

八戸市議会 2009-06-09 平成21年 6月 定例会−06月09日-03号

それによると、事実を含めて、過去に夫から身体的暴力や精神的攻撃を受けたと33.2%の女性が答えております。これは実に妻の3人に1人DV被害者がいるということであり、このうち命の危険を感じたと答えたのは13.3%にも達しており、事の重大さ、深刻さが浮き彫りになっております。本県におけるDVの現状は、配偶者暴力相談支援センターによる相談受け付けの件数、内容から推察することができます。

  • 1