352件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2020-09-03 09月03日-一般質問-02号

現在、日本主権が大きく揺らいでいると私は思っています。それは、種子法が廃止され、日本主食、米を、水道法改正で大切な水を、森林法の改正で日本の山、森林を、そして漁業法改正で日本の海を海外企業に売り渡そうとしているように私には思われます。そして、農地もです。  日本の農業は、気候や風土を開発し、改良して、世界でも誇れる家族経営農家が支えてきたと思っています。

弘前市議会 2019-09-12 令和元年第2回定例会(第5号 9月12日)

したがって、投票率向上に対するアプローチとしては、政治参加に対する当事者意識主権者であることの自覚を持つ意識の醸成、そして投票行動を阻害しない、いわゆる利便性の向上を図っていくことが重要であると考えます。  それらの前提条件をもとに、今回、四つの質問をしてまいります。  (1)主権教育についてであります。  当事者意識の醸成については、教育段階における主権教育の充実が一つとして挙げられます。

八戸市議会 2019-09-10 令和 1年 9月 定例会−09月10日-03号

日本共産党は、マイナンバー制度の導入時から国民主権の理念に反すること、国民権利制限、監視する業務を自治体労働者が担わされることから、一貫して反対してまいりました。実際に、自治体で働く職員がマイナンバー制度運用に携わる立場から、これまでも内閣府総務省との懇談が重ねられてきています。  

青森市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 2019-09-09

私の財政のモットーは、財政民主主義なくして主権在民はあり得ず、みずからが立つ自立とみずからを律する自律の「自立と自律の財政」であります。我々議員議会行政存在意義はただ一つ、地方自治法第1条の2に定める住民福祉の増進、この一点であります。二元代表制の一方を担う我々議員の仕事は、条例の制定と改廃、予算を定め、決算を認定することの3つであります。

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

1 「18歳選挙権が実現してから約3年が経過したが、本市の小・中学校における主権教育の取り組みについて示せ」との質疑に対し、「本市の小・中学校では、社会科などの各教科特別活動総合的な学習の時間等において主権教育を行っており、小学6学年では市役所や市議会の仕組みなどの学習を通して主権者にとって必要な態度育成を図るとともに、中学3学年では政治の仕組みの学習や模擬投票の実施等により、主権者として

八戸市議会 2019-06-20 令和 1年 6月 定例会−06月20日-03号

主権教育期日前投票所の開設、出前講座、さまざまな広報活動が挙げられます。これらの効果について改めて検証し、さらに改善や回数をふやす取り組みといったものも必要かと考えられます。そして、我々候補者側も、SNSの活用や活動報告書を発行するなど、発信力を高めること、また、議会改革の一環で議会報告会を開催するなどの取り組みをしてきました。

青森市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-19

私は、令和の意味は、主権在民がゆえに、国民国民に対して平和を築こうと言われていると解釈をしています。また、「令」には、よい、美しいという意味もあるので、よい平和、美しい平和とも理解できると思います。さらに掘り下げ、「令」を自分が自分自身に対して命ずると考えるならば、まさに使命感ということになると思います。

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

平成31年3月22日    ────────────────────────────────────────  議員提出議案第4号        治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)の制定を求める意見書(否決)  大正14年に制定された治安維持法により、戦前の軍国主義のもとで主権在民、民主主義戦争反対などを唱えたことを理由に、多くの人たちが弾圧され、犠牲となった。

青森市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 2019-03-05

私の財政のモットーは、財政民主主義なくして主権在民はあり得ず、みずからが立つ自立とみずからを律する自律の「自立と自律の財政」であります。昨年の市議会議員選挙でも強く訴えてまいりました。平成31年度当初予算は、過去2番目に大きな予算規模となっています。操車場跡地の買い取り費用や老朽化の著しい小・中学校の改修・改築など、普通建設事業費の増がその主たる要因であります。

青森市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10

私の議会におけるライフワークは行財政運営であり、私の財政のモットーは財政民主主義なくして主権在民はあり得ず、みずからが立つ自立とみずからを律する自律の「自立と自律の財政」の確立であります。これからも市民目線に立つことを基本に、時には大所高所の視点から、歳入についても質問、提言をする35分の1の議員であり続けたいと思います。  以上を申し上げ、私の一般質問といたします。

青森市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27

よって、国においては、食料主権の観点から、日本の種子を保全するため積極的な施策をするよう、下記事項の実現を強く求める。                       記 1 食料主権食の安全を守り、公共財としての多様な日本の種子を保全するために、主要農作物種子法の復活または同法の趣旨を盛り込んだ新たな立法を行うこと。

青森市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07

私の財政のモットーは財政民主主義なくして主権在民はあり得ず、みずからが立つ自立とみずからを律する自律の「自立と自律の財政」であります。決算議会でもあります今議会では、収納対策債権管理を検証し、決算分析と財政見通しを厳しく行い、持続可能な行財政運営に努めなければならないものと思います。

八戸市議会 2018-06-11 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号

道徳教育は、憲法の理想を実現するために、学校全体で一人一人の尊厳を互いに尊重し合って、人権を尊重し合って、平和の価値を学び主権者としての心構えを身につける市民教育、これが中核に据えられるべきだと考えています。だから、道徳教科化には反対をしてきたわけですけれども、今回、特別な教科として、これまでしてこなかった評価もすると変わってしまいました。

八戸市議会 2018-03-12 平成30年 3月 予算特別委員会−03月12日-01号

◆伊藤 委員 それでは、LGBTへの対応について、ふるさと納税について、主権教育投票率向上対策等について、公共看板、標識等について、ここまで質問いたします。交通安全対策――飲酒運転等対策――というところは、既に第2款で関連で質問いたしておりますので割愛いたします。  

八戸市議会 2018-03-07 平成30年 3月 定例会−03月07日-04号

次に、主権教育の取り組みについて伺います。  公職選挙法が改正され、平成28年6月に施行、同年夏の参議院選挙より18歳選挙が行われました。高校3年生の一部から投票可能となり、学校におきましても模擬投票や出前講座などを活用し、主権教育が行われております。  しかしながら、若年層の投票率向上につながっていないことも課題になっております。

青森市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第6号) 本文 2018-03-06

今後も私のモットーであります財政民主主義なくして主権在民はあり得ず、みずからが立つ自立とみずからを律する自律の「自立と自律の財政」を目指し取り組むことを申し上げ、この項の質問を終わります。  第2の質問は、青森市における終活支援についてであります。この質問は、さきの平成29年第4回定例会奈良議員が一般質問で取り上げられたものであります。  2012年には流行語大賞の一つに選ばれた終活。