1472件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2019-06-28 令和元年第1回定例会(第6号 6月28日)

との質疑に対し「市としては、受動喫煙の防止及び喫煙者自身の健康被害も考えて禁煙対策を進めることが重要であると考えており、市が主体となって喫煙場所を設置することは検討していない。」との理事者の答弁でありました。  ここで、委員より「喫煙場所の設置について、国のホームページへの記載内容も十分考慮していただきたい。」との要望意見が出されたところであります。  

弘前市議会 2019-06-21 令和元年第1回定例会(第5号 6月21日)

教育委員会といたしましては、コミュニティ・スクールの導入によって、各校区ごとに豊かな地域資源を生かした教育が展開されることで、子供たちに主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度といった新しい学力観に基づいた力が身につくものと期待しております。また、あわせて、地方創生の観点からも有効な制度であると考えております。  以上でございます。 ○議長(清野一榮議員) 石山議員。

弘前市議会 2019-06-20 令和元年第1回定例会(第4号 6月20日)

○教育部長(鳴海 誠) 学校司書の業務をどのように考えるかということでございますが、学校図書館は、児童生徒の読書活動の拠点となることはもちろん、授業やさまざまな調べ学習における利活用を通じて、児童生徒の言語能力、情報活用能力等の育成を支え、主体的・対話的で深い学びを効果的に進める基盤としての役割も期待されております。  

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

それは、市の総合計画の中でも何と書いてあるかというと、「人口減少や高齢化の進行、2025年の人口構造の大きな変化などさまざまな課題を抱える中、高齢者が年齢にとらわれることなく主体的に活動し、自立した生活をしていくために生きがいづくり活動がますます重要になっています」ということで、年齢にとらわれることなく主体的に自立した生活を営むことが高齢者に求めていると。  

弘前市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会(第2号 6月18日)

施設改修工事の進捗状況につきましては、昨年度に引き続き耐震補強など建物の躯体工事を実施しているほか、屋根の構造主体である小屋組みの補強など屋根工事を進めているところであります。工事の進捗率につきましては、本年5月31日現在、事業費換算で32.5%の出来高となっており、当初の計画に比べ、おくれが生じている状況であります。  

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

第3条は、認定こども園の施設要件を規定しており、第1項では、第1号で、認定の申請主体が幼稚園単独の場合を、第2号で、保育所等の場合を定めるとともに、第3号で、幼稚園及び保育所等に共通する要件として、子育て支援事業を提供できる体制にあることとしている。

八戸市議会 2019-03-13 平成31年 3月 予算特別委員会−03月13日-03号

現在、介護予防事業といたしまして、ヘルパーであったり、デイサービスであったり、資格を持った方々、関係者が支援をしているところでございますけれども、今国が推奨しておりますのは総合事業の中での住民主体であったり、基準緩和であったり、そういう事業の創出に重点を置いております。

弘前市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第5号 3月 8日)

このような協定により、各主体が実施すべき取り組みを明確化し、協力関係を明文化することによって、情報の共有化を図り、知恵を出し合いながら取り組みの輪を広げていくといった市民運動として展開してまいります。  また、3月21日には、この協定を締結した両者と廃棄物減量等推進員の皆様が一堂に会する弘前市ごみ減量運動推進大会を開催いたします。

六ヶ所村議会 2019-03-08 平成31年 第1回定例会(第4号) 本文 2019年03月08日

次に、2の公の施設の管理主体に関する考え方としては、1点目として直営管理とする施設は村が直接管理しなければならない法的根拠がある施設や業務の特殊性、専門性等踏まえ村が直接サービスを提供することが適当な施設としており、2点目の指定管理者による管理が望ましい施設は民間事業者等のノウハウを活用することにより利用者のサービスの充実やコストの削減ができる施設及び単純な管理業務が主となっている施設としております

弘前市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3号 3月 6日)

このタイミングをよい機会として捉え、公益社団法人弘前観光コンベンション協会が主体となって、シードルと市内の飲食店で提供される料理の組み合わせを新たな食の楽しみ方として位置づけ、市民への定着はもとより、近年の旅行トレンドを参考に、旅や食に対する意欲の高い女性やアクティブシニアの方々をターゲットとしてPRを行っているところであります。  

六ヶ所村議会 2019-03-06 平成31年 第1回定例会(第2号) 本文 2019年03月06日

村長(戸田 衛君) このホテルの建設の一つの建設母体については、これはもうもちろんご承知のとおり民間活力、民間の企業の一つの活力を導入する考え方、もう一点は自治体が主体となって建設する、この手法等々があると思いますが、現在のところ、この民間活力の導入という考え方で私みずから東京中央首都圏のほうへ出向いて、そのトップといろんな折衝もしておるのも事実です。

八戸市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号

市教育委員会では、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、少年相談センター、こども支援センターによる相談体制を整備するとともに、いじめの問題に関する教職員研修や小中学生がいじめ問題を主体的に考える対話集会等を開催するなど、各学校を支援するための取り組みを進めております。  

弘前市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2号 3月 5日)

いずれの除雪支援の取り組みも担い手の確保が最大の課題となっていることから、除雪支援事業の実施主体である市社会福祉協議会及び地区社会福祉協議会と連携し、新たな担い手の確保対策について研究してまいりたいと考えております。  

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

これまでの中心市街地活性化の民間による取り組みにつきましては、先ほど近年の取り組みの総括と成果についての中で申し上げたとおりですが、第3期基本計画では、地域経済の活力向上を基本方針の1つに掲げており、その中で株式会社まちづくり八戸が事業主体となり、マチニワや花小路との相乗効果を創出できる地区への商業機能の誘致を目指すこととしております。