1597件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2019-06-20 令和元年第1回定例会(第4号 6月20日)

大変危ないと中学校の先生からも聞きました。欄干と、一応車道と欄干の間に白線は引かれているのですけれども、数十センチですよ、私や天内部長だったらはみ出ますよ、きっと。そこは、ずっと長年、放置されたままなのです――放置というわけではないけれども。交通量も多い、道路幅員も狭い、まず、それ一つ。  次に、時敏小学校、東城北側の門。

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

また現在、小規模特認校制度を導入している常盤野小・中学校につきましては、当該中学校区にほかの小学校はなく、また最寄りの学校との距離が遠いこと、さらに小学校と中学校が同じ建物の中にあるという環境などにより、豊かな自然を生かした体験重視型教育と子供たち一人一人に応じたきめ細かな指導を掲げまして、昨年度から小規模特認校制度を導入しております。  

八戸市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-06号

山車小屋、まつりんぐ広場の観光活用、物流費、海外販路拡大事業費、第8款土木費及び関連議案では、道路異状通報メール、白山台のシオンの森公園のトイレ設置、道路維持費、港湾整備事業、歩道の街路樹、省エネ住宅エコポイント、道路等包括管理業務等委託料、防犯灯LED化エスコ事業等委託料、第9款消防費では、国土強靱化地域計画、第10款教育費及び関連議案では、体育施設管理費の施設改修等工事費、学校図書館支援事業、中学校体育大会派遣補助金

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

これは障害児のみならず全ての生徒や教師、地域住民などに優しく、生活しやすい学校となるとともに、児童・生徒が障害者に対する理解を深め、近隣小学校、中学校、盲学校や聾学校、養護学校との連携、高齢者との交流活動も円滑に実施できるようになるなど、誰もが安心して暮らせるまちづくりが実現するものと期待されるところである。  

八戸市議会 2019-03-13 平成31年 3月 予算特別委員会−03月13日-03号

付近には三条小学校、そして三条中学校、八戸西高校がありまして、多くの児童または生徒の通学路にもなっております。現在通学路になっている鴨ケ池方面から小学校の東側を通る区画道路で、スピードを出す車があり、危険だといった話や、また、3・4・28号線が整備されることによりまして多くの車の往来が予想され、区画整理道路との交差点が危険だというような話を住民からいただいております。

八戸市議会 2019-03-12 平成31年 3月 予算特別委員会−03月12日-02号

3目学校建設費は、15節の小中野中学校の放送設備改修、第一中学校のキュービクル改修、白銀中学校の調理室改修、市川中学校の進入路拡幅、北稜中学校のトイレ改修の工事費が主なものでございます。  次の134ページに参りまして、4目学校騒音防止対策費は、15節の下長中学校の防音対策の工事費が主なものでございます。  4項1目幼稚園費は、19節の就園奨励費補助金が主なものでございます。  

弘前市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第5号 3月 8日)

現在、市の学校給食センターで調理する学校給食の給食費は、小学校で1食240円、中学校で1食280円としており、これまで献立の創意工夫等により、小学校は平成11年度から、中学校は平成22年度から金額を改定しておりませんでした。  

六ヶ所村議会 2019-03-08 平成31年 第1回定例会(第4号) 本文 2019年03月08日

3件目の六ヶ所村立中学校配置計画の概要及びスケジュールでは、第二中学校と千歳中学校の統合及び泊小・中学校の併置並びに千歳平小学校の建てかえの3件のスケジュールについて説明がありました。  委員からは、将来保護者となる地域住民への説明や特定の地域に限らず村全体の地域住民からさまざまな意見を参考にしながら進めるべきであるとの意見が出されました。  

八戸市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号

イとして、今シーズン、帯広で行われた全国中学校アイスホッケー大会において、当市からは第二中学校と合同チームが出場しました。合同チームは、市内5校から編成されており、青森県中学校体育連盟規定により、各校より顧問の先生の引率が必要となり、5名もの顧問引率で大会に参加しました。

弘前市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3号 3月 6日)

残業が月80時間以上の過労死ラインに達する教員は、小学校で34%、中学校では58%、文科省は看過できない深刻な状況としております。  教員が余裕を持ち子供と授業に向き合える環境を目指し、文科省は小中学校の教員の多忙を緩和するため、対策を取りまとめました。

六ヶ所村議会 2019-03-06 平成31年 第1回定例会(第2号) 本文 2019年03月06日

3点目の、こども園の駐車スペースがなく、路上駐車が多く見受けられ交通事故等の発生が懸念されることから、職員駐車場拡幅し側溝等改良整備して利便性向上を図るべきと考えるがいかがかについてでありますが、おぶちこども園の行事の際には、尾駮小学校、第一中学校、職員駐車場を開放し保護者に駐車していただくようお願いしております。

青森市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 2019-03-05

(「おはようございます」と呼ぶ者あり)  昨日の一般質問におきまして、軽米議員の防災についての再質問の際に、本市における津波または洪水の浸水想定区域に該当する学校について、小学校7校、中学校1校、計8校と申し上げましたが、正しくは小学校が6校、中学校が1校、計7校でありましたので、謹んでおわびし、訂正させていただきます。大変申しわけございませんでした。           

弘前市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2号 3月 5日)

文部科学省の学校安全に関する参考資料を見ますと、児童生徒等の交通事故死者の推移は、平成18年が246名でありましたが、平成27年は114名と減少傾向であるものの、平成27年の児童生徒等の通学・通園時の交通事故死傷者数を幼児から中学校3年生まで年齢別に見ますと、死傷者2,638名中、小学1年生が595名と最も多く、小学1年生から3年生まで足しますと1,339名と全体の50.8%を占めます。

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

現在、市内には小学校が43校、中学校が24校あり、合計で67校ありますが、昭和40年代から昭和50年代にかけての児童生徒の急増期に一斉に整備されたものが多く、築30年以上経過した施設は約7割、築20年以上は約9割と年々老朽化が進行している状況にあります。  

青森市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-04

部活が教員の大きな負担になっていることから、スポーツ庁の有識者会議は昨年3月13日、中学校や高校の運動部の活動時間に上限を設け、休養日を週2日以上とする方針をまとめ、練習のやり過ぎによる生徒のけがのリスク回避に加え、教員の働き方改革にもつながるとしていました。