運営者 Bitlet 姉妹サービス
917件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26 「(1)魅力ある仕事や労働力の不足」という課題に対応し、産業創出と担い手の確保を図り、若者を初めとした多くの市民がこのまちで暮らしていける環境づくりに挑戦する「しごと創り」、「(2)少子化の進展」という課題に対応し、未来を支える人材の育成を図り、将来を担う世代を育むとともに、市民が生涯を通じて学び、地域や社会で活かせる環境づくりに挑戦する「ひと創り」、「(3)多様化する地域課題・地域活力の維持」という もっと読む
2018-12-10 青森市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10 今回、風疹患者の増加は、過去に予防接種を受ける機会がなかった30代から50代の男性が中心に広がっていることからも、国がこの世代の男性への対策を怠ってきたからだと日本医師会は厳しく批判しています。 もっと読む
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 子育て世代に優しい青森市として、駐車料金の免除時間を1時間から2時間に延長できないか、考えを示せ」との質疑に対し、「市では、公共交通機関利用者との公平性を図る必要性、周辺の民間駐車場への配慮の必要性などから、免除時間の延長は現在考えていないが、駅前庁舎は鉄道や市営バス等を利用しやすい環境にあることから、これら公共交通機関を利用いただきたいと考えている」との答弁があった。 もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 民生常任委員会−09月18日-01号 3目母子保健指導費は77万9000円の増額でございますが、1節報酬から9節旅費までは、非常勤職員及び臨時職員の任用に係る経費を調整するもの、また13節は10月1日開設予定の子育て世代包括支援センターにおいて実施する産後ケア事業等委託料を計上するものでございます。 もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 3つ目の移動しやすい、暮らしやすいまちづくりでは、⑥良質な居住空間の整備と居住の誘導、⑦暮らしやすい生活関連サービスの充実、⑧交通の利便性向上と快適な歩行空間の整備を重点施策とし、主要事業として、八日町地区複合ビル整備事業、八戸都市計画道路事業3・5・1沼館三日町線、主要地方道八戸大野線無電柱化事業等を実施し、住みよい住環境の整備と共同住宅の整備促進、子育て世代や高齢者向けのサービスの充実、交通の利便性向上 もっと読む
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 さらに、アートディレクターの森本千絵さんがデザイン監修した水の樹が、中心街の新たな撮影スポットとして、女性を中心にインスタグラムやツイッターなどのSNSに多数投稿されるなど、幅広い世代の方々が関心を寄せるとともに、気軽に利用していただいているものと感じております。  次に、これまでのイベント利用状況と今後の予定についてお答え申し上げます。   もっと読む
2018-09-07 青森市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07 しかしながら、民間事業者における水道技術に関しては、世代交代が進む中、技術者の減少と担い手不足が深刻化しており、中長期的な技術水準の維持向上が課題となっております。 もっと読む
2018-09-06 青森市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06 こうした先送り論の結果、1年先送りするたび6000万円の利息が積み上がり、すなわち一月先送りするたび500万円、1日先送りするたび20万円利息が積み上がり、将来世代へツケ回しされているものであります。   もっと読む
2018-09-05 青森市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05 お尋ねのこれまで有識者会議でいただいた主な御意見といたしましては、誰もが気軽に利用できる機能など、市民のスポーツ機会の拡大により健康づくりに資すること、子どもから高齢者まで多世代が交流できること、災害発生時の防災拠点となることなど、アリーナのコンセプトに関する内容を初め、市民もアスリートもともに利用できること、コートと客席の距離が近く、選手と一体感が感じられること、コンサート等の利用も想定する必要があること もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 地元の若い世代を含め、都市圏の移住を希望する皆さん、広く多世代、多文化にわたる皆さんにも知っていただき、ネットワークづくりや新しいチャレンジ、アイデア創造のスペースになることを願っております。  それでは、通告に従いまして一般質問をいたします。市長初め理事者の皆様、簡潔な御答弁をお願いいたします。  まず最初に、不登校の子どもの居場所についてであります。   もっと読む
2018-08-21 八戸市議会 平成30年 8月 民生協議会-08月21日-01号 初めに、当フォーラムの趣旨についてですが、高齢化が急速に進行している我が国において、高齢者が住みなれた地域で自分らしく暮らしていくために、地域における社会参加、協働、多世代交流等について理解を深める機会として、毎年度内閣府と地方都市の共催により開催しているもので、開催当日は、有識者による基調講演やパネルディスカッションのほか、エイジレスライフ実践事例及び社会参加活動事例の表彰式をあわせて挙行するものであります もっと読む
2018-07-20 八戸市議会 平成30年 7月 民生協議会-07月20日-01号 ───── 開催日時及び場所  平成30年7月20日(金)午前10時00分~午前10時28分 第3委員会室  ────────────────────────────────────── 本日の会議に付した事件  ● 所管事項の報告について   1 市有建築物に附属するブロック塀等の調査結果について   2 八戸市子育てつどいの広場「こどもはっち」床修繕工事に伴う休館について   3 八戸市子育て世代包括支援 もっと読む
2018-06-19 十和田市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月19日−一般質問−03号 当市の人口減少につきましては、死亡数が出生数を上回る自然減、転出数が転入数を上回る社会減が同時に進行し、特に若い世代の長期的な減少が続いている状況にあります。   自然減につきましては、少子化が大きな要因かと思われますが、そのほかにライフスタイルの変化に伴う独身者の未婚化、晩婚化、子供を産み育てる環境の問題、65歳以上人口の増加を一因とする死亡数の増などが影響しているものと考えております。    もっと読む
2018-06-18 十和田市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月18日−一般質問−02号 こうしたひきこもりを抱える親が既に高齢化しており、本来親の世代が年金を受給するなど社会保障の恩恵を受けている世代のはずが、子供が社会復帰できない、また仕事をしない状態が続き、果ては生活困窮に至る世帯となることが予想されます。    もっと読む
2018-06-12 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月12日-03号 一方、青森県においては、漁業後継者の育成研修を行う賓陽塾を開設し、新規就業者の確保、育成を図るとともに、次の世代を担う漁村の青少年を対象とした水産教室や漁業の体験学習を開催しております。  また、一般社団法人全国漁業就業者確保育成センターでは、就業準備講習会や相談会の開催、就業情報の提供のほか、漁業現場での長期研修費の助成などを内容とする新規漁業就業者総合支援事業が実施されております。   もっと読む
2018-06-11 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号 また、20代後半から30代にかけての世代は、当時の制度に基づき1回しか接種を受けておらず、免疫が不十分な人も多い、そういう点も心配です。  そこで、1点目として、当市におけるはしかの予防接種率について目標が達成されているのか、また、接種率の向上に向け、どのような対策をとっているのか質問をします。   もっと読む
2018-04-20 八戸市議会 平成30年 4月 民生協議会−04月20日-01号 内容は、妊娠、出産、子育て期にわたる切れ目のない支援の強化を図るため、子育て世代包括支援センターの設置、運営等に関する業務を担当する子育て世代包括支援グループを新設し、既存の健康推進グループ、母子保健グループ、成人保健グループの3グループ体制を4グループ体制とするものでございます。  以上で説明を終わります。 ○工藤 委員長 ただいまの報告について御質問ありませんか。   もっと読む
2018-04-20 八戸市議会 平成30年 4月 総務協議会-04月20日-01号 人口減少・超高齢社会に突入し、地方と東京圏の経済格差拡大の影響等により、若い世代の地方からの流出と東京圏への一極集中が続き、地方における社会経済の活力低下が危惧されております。  今後も地方を取り巻く環境は一層厳しさを増していくと予想されている中、近年は複数自治体による広域連携の重要性が高まっております。   もっと読む
2018-03-23 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月23日-06号 シティプロモーション推進事業費、地域振興基金、市民活動保険事業、働き方改革、原爆展の開催、小規模修繕契約、地元プロチーム支援事業、大型委託契約事業における地元企業の活用、コンビニ交付運営負担金、LGBTへの対応、指定管理事業者の雇用形態、第3款民生費及び関連議案では、子育てワンストップサービス、障がい者支援事業、八戸市社会福祉事業団、レインボーフラッグ、潜在的待機児童の推移、第4款衛生費及び関連議案では、子育て世代包括支援 もっと読む
2018-03-19 八戸市議会 平成30年 3月 経済常任委員会−03月19日-01号 まず、1、生産性革命と人づくり革命の推進として、賃上げを行う中小企業等の税額を控除する所得拡大促進税制の延長、拡充や、生産性の向上に資する設備投資を行う中小企業の固定資産税を3年間減免できる措置の創設、また、円滑な世代交代を進めるための事業承継税制の拡充などが予定されております。   もっと読む