409件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

1 「虐待や登校を防ぐため、スクールカウンセラーの派遣を週2回程度にするべきと考えるが、市教育委員会の見解を示せ」との質疑に対し、「市教育委員会では、教育相談体制の充実に向け、県教育委員会に対しスクールカウンセラーの派遣回数等の拡充を継続的に求めているほか、独自の取り組みとして、臨床心理士等を各小・中学校の要請に応じて派遣するなどの対応を行っており、これらの取り組みを通じて児童・生徒が不安や悩みを

弘前市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第5号 3月 8日)

ケース検討会議の内容別の件数は、身体的虐待が5件、心理的虐待が7件、ネグレクトが21件、その他に登校、養育困難等が19件で、昨年度の同時期62件と比較して減少しております。  緊急対応したケースについては、近隣住民から泣き声の通報が5件あり、匿名通報のため事実確認ができないものが1件ありましたが、ほか4件は市職員が家庭を訪問し、状況確認と保護者に対する指導を行っております。  

弘前市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3号 3月 6日)

発達障がいは、学習につまずいたり、登校やいじめにつながったりするおそれがあるため、早期の発見と支援が必要と言われております。しかし、これまでは就学時健診と乳幼児健診の連携がなく、発達障がいを見逃す可能性もあると指摘されておりました。  文科省が実施した調査では、公立小中学校の通常学級に在籍する児童生徒の6.5%、31人中2人に発達障がいがあることが判明しました。  

青森市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 2019-03-05

そしてもう1つは、登校やいじめ問題、学校が抱える問題がふえてきたと同時に、国や自治体は全国学力テストや自治体独自のテストをふやし、行政研修、教員免許更新制、人事評価や学校評価など多くの施策を学校に押しつけて、これが積み重なって教員の多忙化に拍車をかけています。

八戸市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号

文部科学省、平成29年度児童生徒の問題行動・登校等生徒指導上の諸課題に関する調査によりますと、当市におけるいじめの認知件数は全国や県と同様に増加傾向にあります。各学校においては、いじめ防止対策推進法が定めるいじめの定義に基づき、積極的にいじめを認知していること、教職員や児童生徒、保護者のいじめに対する危機意識の高まりから認知件数は増加しているものと考えております。  

青森市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-04

また、せんだって渡部議員も話をされておりましたけれども、ひきこもりの当事者の皆様の話を私も一緒に聞かせていただきましたけれども、やっぱり基本にあるのは、そういう人と違うという部分でいじめに遭ってきたことによって、それがきっかけとなって登校になって、ひきこもりになっていくという一連の流れがあるんだなと思うので、その最初の段階をしっかりキャッチして、そういうふうにならない、周りがその子たちのよさをどう

青森市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-02-28

今回御依頼を受けたその御家族、これは非常にデリケートな環境でございまして、まず母子家庭であり、御子息は登校の方でございました。御子息の心のよりどころ、そのお友達、それがそのとき飼っていた手乗りのセキセイインコのペットでございました。いろいろ理由があり、市営住宅に応募したようでございます。

弘前市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第3号12月12日)

(1)いじめ、登校についてお伺いいたします。  去る10月25日、文部科学省より、児童生徒の問題行動・登校等生徒指導上の諸問題に関する調査結果が公表されました。全国的に見てもいじめの認知件数は、前年度に比べて9万人余り増加し、全体の件数も約41万人と過去最多となっており、その中でも小学校においては約8万件の増加と、増加分の約9割を占める状況であります。  

八戸市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日-02号

3点目は、登校の実態と対応についてです。  小中学校における長期欠席者数は、全体で21万7040人です。このうち登校児童生徒数は14万4031人で過去最多となっています。文部科学省の調査では、30日以上欠席した登校の児童生徒は4年連続で増加しており、学年が高くなるほど登校生がふえています。

青森市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 2018-12-07

貧困が原因となる問題を含め、子ども、家庭を取り巻く現状は厳しく、登校やDV、発達障害のほか、さまざまな家族や家庭の問題を抱えている児童・生徒は少なくありません。その中でスクールソーシャルワーカーの役割は、子どもだけではどうしようもない問題について、必要な外部のさまざまな関係機関とつないで、子どもが置かれている環境への支援をするというのが役割であります。

弘前市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日)

ひきこもりの背景としては、人間関係の不調、病気や障がい、登校や高校中退、大学を卒業後就職がうまくいかなかったなど多様と言え、所属しているところがなくなることで相談につながりにくくなるなど、状況によっては誰にでも起こり得ることであると言えます。  御本人たちは、自分の状況について毎日必死に考え、葛藤を繰り返しております。

八戸市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号

さらには、生活リズムの乱れによりまして登校に陥るケースも報告されております。学校では、道徳や総合的な学習の時間を初めとする授業や専門的な知見のある講師を招いての情報モラル教室、児童生徒自身が決めるルールづくりなどを通して、適切なインターネット利用についての指導に努めております。保護者に対しましても、学校だよりや保護者集会等で家庭でのルールづくりを推奨するなどして意識啓発を図っております。  

八戸市議会 2018-09-10 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号

特に先生が発した言葉や侮蔑する態度、理解不足によって、いじめ、登校に逆につながってしまったという事例も挙げられていますので、この研修は本当に大事だと思います。先ほど、来年度は指導的立場にある方への研修もするということで、大事だと思います。

青森市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04

まず最初に、登校の子どもの居場所についてであります。  小・中学校では、夏休みが終わっていつもどおりの学校生活が始まりました。ですが、その学校に足の向かない子どもたちがいます。登校児童・生徒でありますが、少なくない数の子どもたちが現実に学校に行けずにいます。以前、登校は登校拒否などと表現され、一種の病気、心の弱さなどとして問題のある子として見られてきました。

青森市議会 2018-08-29 平成30年第3回定例会 目次 2018-08-29

18  事務局出席職員氏名……………………………………………………………………………………………18  開議………………………………………………………………………………………………………………19  一般質問(日程第1)…………………………………………………………………………………………19   12番(工藤健君・市民クラブ)……………………………………………………………………………19    1 登校対応

弘前市議会 2018-06-22 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日)

記 1.平成30年度会派弘新会行政視察団  (1)派遣目的 那覇市における登校児童に対する自立支援事業の調査並びに石垣市における6次産業化の調査並びに竹富町における農産物集出荷場整備に向けた取り組みの調査  (2)派遣場所 沖縄県那覇市、沖縄県石垣市、沖縄県竹富町  (3)派遣期間 平成30年7月中の4日間  (4)派遣議員 一戸兼一議員、宮本隆志議員、田中元議員、佐藤 哲議員、三上秋雄議員、伏見秀人議員