64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 4日)

なお、この地域はほぼ全域が営農地となっておりますが、防風ネットやビニールハウスなど農業用の工作物につきましては、景観法による規制の対象外のため、これまで同様、設置することが可能であります。  また、遺跡から周辺360度の眺めに人工物が見えないようにするため、遺跡周辺の広範囲を眺望景観保全地区として指定いたします。

弘前市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日)

特に弘前市内は、各集落に必ずと言っていいほどの苗代群が存在しておりますが、現在はビニールハウスでの育苗のため、苗代群もまた不作付地となっているところもございます。  そこで、苗代群などの小規模区画を含めた不作付地の近年の状況を踏まえ、その解消に向けた市の取り組み姿勢をお伺いいたします。  二つ目の、経営安定対策でございますが、収入保険について、加入意向の農家の方がまだ少ないように思います。

八戸市議会 2016-09-20 平成28年 9月 経済協議会−09月20日-01号

1、農業関係でございますが、施設被害としては、農協米倉庫屋根トタン剥離1棟、強風によるビニールの裂けやパイプの破損があったビニールハウスでは、南郷地区の葉タバコ乾燥用ハウス334棟など、合計401棟となっております。  農地被害としては、水田、畑ののり面崩落及び土砂流入が32カ所であり、南郷地区の被害が多い状況となってございます。  

八戸市議会 2016-09-13 平成28年 9月 定例会−09月13日-03号

農業分野でも大きな被害があり、市川のイチゴ農家では、11月から出荷する分の植えつけ開始時期の今、ビニールハウスが損壊し、出荷に間に合うか心配している、そのような声も上げられておりました。少しでも早い復旧を願っております。今回人的被害はありませんでしたが、30日午後7時には避難勧告が出されています。市では、今回の対応を検証し、次の対策に生かしていくことが何よりも求められています。  

八戸市議会 2016-09-12 平成28年 9月 定例会−09月12日-02号

市川ではイチゴ用のビニールハウスが倒壊、類家地区では倒木が家屋に倒れかかり、付近は通行どめになり、大館地区では一部が停電、島守地区の停電が復旧したのは31日の15時ごろです。新井田川漁協では本棟1階が床上浸水をしました。やな場は水が引くまで確認できない、数日かかるだろうとのことでした。学校敷地内では倒木が相次いでおります。

十和田市議会 2016-09-07 09月07日-一般質問-02号

また、ビニールハウスとか農業施設に被害はなかったですか。 ○議長(工藤正廣君) 農林部長 ◎農林部長(白山亨三君) 稲の被害状況と農業施設の被害状況についてお答えいたします。  市では、農家からの台風被害報告を受け、現地調査を実施し、またJA十和田おいらせと南部地域農業共済組合と連携し情報の収集を行っております。

八戸市議会 2016-02-29 平成28年 3月 定例会−02月29日-02号

私の町内の水産加工施設も浸水の被害を受けましたし、防波堤漁港漁船などの港湾施設や工場地帯の工場群、また、農地ビニールハウス等の農業施設など、その被害額は1200億円を超えるものとなり、経済的打撃ははかり知れないものがありました。一方、市民生活に目を向けますと、住宅の浸水、全壊や半壊が多数あり、長時間の避難生活を余儀なくされるなど、市民生活にも大きな影響を及ぼしました。  

十和田市議会 2015-06-23 06月23日-一般質問-03号

このことから、市では、営農組織の設立や法人化に向けた取り組み、野菜生産等への転換を促すための農業機械ビニールハウスの導入、新規就農者の確保、6次産業化に向けた取り組みへの支援等を行っております。  企業参入についてですが、確かに企業が参入した場合、懸念される問題もあると思いますが、個々の農家との融和や協調を図るなど、成長産業化への取り組みを考えてまいりたいと存じます。  

十和田市議会 2015-03-06 03月06日-一般質問-03号

なかなか農政を変えるだとか、そういう大それたことはできないわけでございますが、市にできる範囲として、例えばもう稲作単作では恐らくこれからの営農は無理だと、そういった判断をされた方には、では畑作にかえる場合、作目をかえる場合には、そういう場合には助成をしなければ、例えば小型の機械だとか、あるいはまたビニールハウスだとか、そういうできる範囲内のことで助成しておる。

十和田市議会 2014-11-19 11月19日-一般質問-03号

そうしたことから、国の多面的機能支払制度、こういった制度加入して少しでも収入を得ていく方法、そういう制度への加入拡大を図りながら、また市といたしましても比較的規模の小さい農家と申しますか、あるいはまた稲作から他の作目へ転換する、そういう農家を対象に今年度から、例えば小型農業機械だとか、あるいはまたビニールハウスだとか等々、野菜を生産するための支援、そういう支援をさせていただいたところであります。  

十和田市議会 2014-11-18 11月18日-一般質問-02号

農村地域の過疎化の進行に対して、地域農業と集落コミュニティーの維持対策として、今年度から小規模農家の経営改善に向け、稲作から施設園芸等への転換を促すため、農業機械ビニールハウス等の導入に対する支援や付加価値を高めた優良野菜の生産への取り組みに対する支援を市単独事業として行っているところであります。

八戸市議会 2014-09-19 平成26年 9月 定例会−09月19日-04号

人的被害はなかったものの、一部で床上浸水や道路冠水、降ひょうによるビニールハウスの破損などの被害があったところであり、被災された方々には心からお見舞いを申し上げます。  今回は、降雨時間が比較的短かったことから、大規模な土砂災害等にまでは至りませんでしたが、今後とも局地的な豪雨に対しまして、常に警戒を怠ることなく対応してまいりたいと考えております。  

八戸市議会 2014-09-16 平成26年 9月 民生協議会−09月16日-01号

農林水産関係被害につきましては、農業経営振興センターのビニールハウス環境制御盤等が落雷により故障したほか、ひょうにより、市内ビニールハウスが破損しております。詳細については調査中でございます。  ライフラインにつきましては、断線により河原木、八太郎地区、大久保地区で2000件以上の停電が発生いたしましたが、同日17時52分までに全て復旧しております。  

十和田市議会 2014-06-13 06月13日-一般質問-03号

そういうことから、市といたしましても、そういう稲作から他の作目に転換する場合の支援策として、例えばビニールハウス、いわゆるこれは野菜でございますが、ビニールハウスだとか小型農業機械、これは今年度の予算の中で計上させていただいておりますが、こういう制度の中で少しでも支援をしながら、規模はちっちゃくてもやっていく。