139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2020-03-06 令和 2年 3月 定例会−03月06日-04号

次に、学校給食の食材に関することですが、一般社団法人農民連食品分析センターの検査では、輸入小麦を使用した市販のパンやパスタ、さらには一部の学校給食パンからもグリホサートが検出されました。けれども、国産小麦が原料の製品からは検出されなかったとの結果が出ています。  パンや麺の主原料は小麦ですが、日本はその8割をアメリカカナダなどから輸入しています。

青森市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-04

昨年、捨てるのはもったいないと、余ったパンと牛乳を持ち帰った堺市の高校教諭が減給処分を受け、その後、依願退職しました。文部科学省は「学校給食衛生管理の基準」で、衛生上の見地から持ち帰り禁止が望ましいとしています。一方で、食品ロスを考慮して、当日中に食べることを条件に持ち帰りを認めている自治体もあります。

弘前市議会 2019-12-11 令和元年第3回定例会(第3号12月11日)

まるであんパンを張りつけたような補修箇所や、何度も舗装をかぶせた補修箇所に段差が生じており、収穫したりんごを運ぶ際に大きな振動を起こし、荷崩れを起こし、さらには荷痛みを引き起こす要因となっております。とりわけ、大型観光バスや大型工事車両等、幹線道路でもあるアップルロードからの流入が多いため、集荷場への道路やJAへ向かう道路などは特に道路の傷みが激しいように思います。  

八戸市議会 2019-09-18 令和 1年 9月 観光振興特別委員会−09月18日-01号

毎月のセレクトフェアでは、6月から9月は、うにまつりから始まり、さくらんぼ、冷たいスイーツ、黒にんにくのフェアを開催し、10月はパンまつりを開催する予定としております。  この事業では、1年を通じた出展ブース設置と新商品PR等のプラットフォームを構築して、圏域事業者を支援していくこととしております。  以上でVISITはちのへについての説明を終わります。

弘前市議会 2019-06-21 令和元年第1回定例会(第5号 6月21日)

市内の就労継続支援事業所で実施する主な職種としては、市役所で実施しているhug work(ハグ ワーク)でおなじみのパンの製作・販売、野菜栽培、木工などの物品販売系と、清掃業務やパソコン業務などの役務系が主な職種となっております。  以上でございます。 ○議長(清野一榮議員) 奈良学校教育推進監。 ○学校教育推進監(奈良岡 淳) 私からは、質問項目2、教育行政について。

青森市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-02-28

これを解消するため、週3日の午後だけ店を開き、基本的には4種類のパンのみ売っている捨てないパン屋が広島県にあります。このパン屋では、5年後に流行が終わるパンではなく、これまで長年残ってきたパンを受け継いでいきたいという考えのもと、日持ちのしない具材をなくし、国産小麦を使用したシンプルなパンを販売することで食品ロスを解消し、従業員の労働時間も減らすことに成功しています。

八戸市議会 2019-02-21 平成31年 2月 建設協議会-02月21日-01号

事故の発生状況でございますけれども、真ん中の断面図を見ていただきまして、マンホールが8センチぐらい道路よりも高くなっておりまして、道路が沈下したと思われますけれども、そこをマンホールをまたいで車が走行して、衝撃を感じて、勤務先に戻って下を見たらオイルが漏れておりまして、レッカーで運んで、修理工場でオイルパンという部品が損傷しているのを確認したということでございます。  

弘前市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第5号12月14日)

○18番(石田 久議員) 保育料無償化に伴う給食費の扱いということで、今までは、地元の保育園に入っていればここの副食が、例えば内閣府によると、主食――御飯とかパンは大体月3,000円と、それから副食、おかずですね、月4,000円というような形で内閣府では出ていますけれども、この4,000円が今度、負担が、払わなければならないというような状況になると思うのですけれども、これでいきますと、先ほどの、例えば

青森市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06

それと、青森の給食センターより、麺とパンよりも御飯を多く使うようにしているということです。それと、地元の食材としてバサラコーンを使用するということもおっしゃっていました。それと、青森の給食センターはどうなのか、私は調べていませんが、食器は仕切り皿を使わないと。なぜなら、仕切り皿にすれば、傾いたりしたときに、ほかの素材の汁がまざるということで、そこまで配慮しているということがわかりました。

八戸市議会 2018-02-21 平成30年 2月 総務協議会-02月21日-01号

続いて、2番の主食提供内容の変更についてですが、一野辺製パン株式会社の事業停止によりまして、主食であるパンの購入が困難な状況となり、昨年の11月分から全市においてパンの日を隔週としておりました。その後、調整を続けてまいりましたが、現時点におきましても委託できる業者の調整が難しい状況であることから、平成30年度の4月以降につきましても継続することといたしました。  

青森市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 2017-12-06

平成29年度第3回定例会決算予算特別委員会で取り上げられましたが、国、市の補助事業で取得した什器備品を国、市の許可もなく処分したという内容ですが、私は、なぜ、あの重いオーブンとホイロという什器が誰も知らない間に持ち出せたのか、そして、現在、アウガ地下でりんご箱を経営しているオーナーのパン屋に移動していたのか、質疑を聞いていて不思議でなりませんでした。

八戸市議会 2017-10-20 平成29年10月 総務協議会-10月20日-01号

概要についてでございますが、既に新聞報道等で御承知のとおり、一野辺製パン株式会社が、平成29年9月27日から事業停止したことによりまして、給食用パンの購入が困難な状況となったため、11月献立分から資料のとおり、パンの日を隔週で実施することといたしました。  具体的には、これまで週1回であったパンの日を2週間に1回の隔週とするものでございます。  

弘前市議会 2017-06-16 平成29年第2回定例会(第5号 6月16日)

そうした中でこれまで中国産、例えばりんごジュースとかですけれども、中国産であったものが国産に置きかえられる動きというのが、りんごジュースに限らず例えばパンであるとかお菓子の原料としてのりんごの半加工品みたいなもの、そういったものもこれまでは大量に中国から輸入されていたものについて、事業者のほうで国産原料で何とか置きかえられないかという動きが出てございます。

青森市議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第3号) 本文 2017-06-13

パンの試作品をつくっていて、パンの試食も食べたことがあると。ということは、交付申請7月24日より先に工事が着工されていたのではないでしょうか。スイーツコーナーの元オーナーもこのようにお話をしております。当然のように、オープン2週間以上前から事前の工事打ち合わせ、どういった什器の配置をすればいいのか、夜間の工事ですので、夜間、建築業者と打ち合わせをしたというお話をいただいております。

八戸市議会 2017-03-09 平成29年 3月 予算特別委員会−03月09日-04号

また、パンについては、今年度からですが、県産小麦ゆきちからを100%、麺については県産小麦ネバリゴシを30%使用と。  その他、牛肉豚肉、卵等については県産を指定、あと生鮮野菜果物類についても、可能であれば市内産、県産を優先して納品するように業者に要請してきているところであります。  以上でございます。

弘前市議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会(第4号 3月 2日)

1月11日付日本農業新聞に、農林水産省が2017年度から米粉の用途別販売を始める記事が掲載され、菓子や麺、パンなど用途別に新たな基準をつくり、米粉をアミロースや水分の含有率、粒の細かさなどの成分に応じて用途を三つに分類し、菓子・料理用を1番(小麦粉で薄力に相当)、パン用を2番(強力に相当)、麺用を3番(中力に相当)とし、新基準の導入で品質を均一化でき、消費者の使い勝手がよくなれば利用拡大になることや

青森市議会 2017-01-16 平成28年第4回定例会(第7号) 本文 2017-01-16

国の米政策人口増加のときから、また、急速に迎えた少子・高齢化社会人口減少社会、そして消費者パン、麺類などの多様な消費行動も相まって米政策の揺れ幅は大きく、米農家は振り回されてきました。農業廃れば国滅ぶ。農業は私どもの命を継ぐ大事な食糧の生産を担っています。その農業を持続可能な産業に資する営みをとめることはできません。