494件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-09-10 令和 1年 9月 定例会−09月10日-03号

2点目に投票所の環境整備について、高齢者に配慮してバリアフリー化や土足を可とすることはできないか。3点目に今後の啓発活動について、それぞれ伺います。  以上をもちまして壇上からの質問を終わります。  〔1番山之内悠君降壇〕(拍手) ○副議長(夏坂修 君)教育長教育長(伊藤博章 君)山之内議員にお答え申し上げます。  

八戸市議会 2019-09-09 令和 1年 9月 定例会-09月09日-02号

これまで多くの議員の皆様から、高齢者や障がい者の皆様の視点に立って、バリアフリー化の推進や心のバリアフリーについて御提言をいただきながら、八戸市としても取り組みを進めてきたと思います。その中でも、平成30年6月定例会でのヘルプマークのさらなる普及推進を求める意見書の可決は記憶に新しいのではないかと考えております。  

青森市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 2019-09-09

浅虫温泉駅のバリアフリー化については、現在、県及び関係者で連携して検討しているものと思われますので、その経過を見守りたいと思いますが、最近、浅虫温泉駅のトイレについて、市民の方からたびたび話を受けております。  そこで、2点について質問します。1)浅虫温泉駅のトイレの現状についてお示しください。  2)銅像茶屋前にある公衆トイレを閉鎖し、仮設トイレを設置した経緯をお示しください。  

青森市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 2019-09-06

さきの参議院選挙で重度障害や難病を持つ国会議員が誕生し、国会バリアフリーなどの対応が報道され、注目されました。同時に、重度訪問介護の国の制度が、通勤や通学、就労時が対象外であることで、当面参議院が負担するということになりました。大きく話題となったことを契機に、ある自治体首長国会の対応を待たずに、通勤や通学、就労時も対象とする独自の支援制度の創設を検討すると発言しています。

青森市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-05

昨年9月に青森県バリアフリーを進める会が外側トイレをなくさないでほしいという要望書、その内容は設計の見直しを至急JR東日本に申し入れされて、将来に禍根を残さないようお願いするというものを青森市長宛てに提出しております。障害者にとって、外出するとき最初にチェックするのはトイレの場所であり、非常に大事な問題であります。

青森市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-04

また、建物内の配置に当たっては、バリアフリー及び災害時の緊急避難対策として、診療・病棟・管理部門を1階に集約配置することで、上下移動のない水平避難を可能とし、安全避難及び避難時間を短縮すること、病棟内のスタッフステーションを取り囲むように病室を配置し、入院患者の見守り体制を強化するとともに、看護師動線を短縮することなどを計画しているものであります。  

青森市議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 2019-08-29

また、障害者高齢者などのバスの乗降に不安を抱える方々が安全・快適にバスを利用できるよう、老朽化したバス車両の更新に合わせ、バリアフリー対応の大型ノンステップバス8両を購入したほか、バス利用者を雨風や雪から守るため、バスまち空間向上事業として、待合所の整備・改修や外国人観光客受け入れ強化のための多言語バス標識の整備を行いました。

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

平成16年3月に文部科学省は「学校施設バリアフリー化推進指針」を出している。それには、障害のある児童・生徒が安全かつ円滑に学校生活が送ることができるように配慮することを定め、校内を円滑に移動するためのスロープやエレベーターなどの設置が重要であると述べている。この指針にのっとり西中学校改築の際、エレベーターを設置していただくことを望む。  

八戸市議会 2019-06-26 令和 1年 6月 民生常任委員会−06月26日-01号

◆苫米地 委員 先日の協議会で改修について、建てられてから二十数年経過していることもあって、今回セラミック炉に変更する工事をすると聞いたと思いますが、今改修をすれば、今後どのくらいでまた改修が必要になってくるのかというのがもしわかれば1点教えていただきたいのと、今回炉の改修と合わせて告別室であるとか、トイレとか、出入口とかも改修工事をする、バリアフリー化も含めてということであったかと思いますけれども

八戸市議会 2019-06-21 令和 1年 6月 民生協議会−06月21日-01号

トイレは洋式化及びバリアフリー化を行うものでございます。  また、出入口改修工事は、階段となっているエントランスにスロープを設置し、車から台車への棺の移動をスムーズに行えるようにするものでございまして、以上、ユニバーサルデザインの考えも取り入れた利用者の利便性向上を図る工事でございます。  

弘前市議会 2019-06-20 令和元年第1回定例会(第4号 6月20日)

それで、私が立ち会いをした投票所は完全バリアフリーなのです。2階ですけれども、エレベーターもあるし、エレベーターおりればすぐですし、駐車場からも歩かなくてもいいし、それでも投票率というのは大したことないですね。  だから、もう、だからそもそも投票所だけの問題ではないのではないかと。

八戸市議会 2019-06-20 令和 1年 6月 定例会−06月20日-03号

そのほかにも、肢体不自由児は校舎の新築に合わせてバリアフリー化することで、その学び保障し、周りの子どもたちも思いやりの心、仲間意識を持って接していたというお話も伺っています。  ただ、その一方で、保護者の方からは、子どもの教育、障がい、治療人間関係の構築など、さまざまな心配をし、将来に不安を抱えているという声も聞かれます。  

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

次に、具体的に質問はなかったのですけれども、通告がありましたので、投票所内でのバリアフリー化等についてお話ししたいと思います。  各種選挙投票率は年々低下しており、全国的にも軒並み投票率が過去最低を更新する状況にある中、投票しやすい環境づくりを行っていくことは、投票率向上を図る上で重要であると考えております。  

八戸市議会 2019-06-19 令和 1年 6月 定例会-06月19日-02号

議長(壬生八十博 君)教育部長 ◎教育部長(石亀純悦 君)私からは3、公民館施設バリアフリー化についてお答え申し上げます。  まず、2階に大ホールがある公民館施設の現状についてですが、現在、地区公民館は市内に24館あり、そのうち、2階に大ホールを有する公民館は19館となっております。

青森市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-19

最後の質問は、浅虫温泉駅のバリアフリー化についてであります。  昨年度、浅虫温泉バリアフリー設備設置可能性調査が行われました。現在の跨線橋へのエレベーター設置可能性や、跨線橋そのものをかけかえる場合も含めた実際の施工に支障となる課題の有無などについて調査が行われたものと思います。  そこで質問します。浅虫温泉バリアフリー化の進捗状況についてお知らせください。  

八戸市議会 2019-06-13 令和 1年 6月 定例会−06月13日-目次

動物愛護センター、環境行政)……26  高橋 正人君【一問一答】(福祉介護人材確保対策高齢者施策、通学路の安全対策強化、   防災減災対策)………………………………………………………………………………………………34 休憩・再開(午後2時46分・午後3時00分)……………………………………………………………………41  日當 正男君【一括】(蕪島地区物産販売施設、空き家対策の推進、公民館施設バリアフリー

青森市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-13

札幌市の市長は、ことし4月に2期目の当選をいたしまして、市長の公約に心のバリアフリーを掲げて2期目に挑戦されたそうです。そして、「札幌市 ヘルプマーク」と検索しますと、そのホームページの一番最初に市長みずからが動画に出てまいりまして、ヘルプマークのコマーシャルをされております。

青森市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会 目次 2019-06-07

竹山美虎君・市民クラブ)……………………………………………………………………… 207    1 環境保全と防災対策について…………………………………………………………………… 208    2 依存症対策について……………………………………………………………………………… 209    3 鳥獣被害対策について…………………………………………………………………………… 209    4 浅虫温泉バリアフリー

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

平成16年3月に文部科学省は「学校施設バリアフリー化推進指針」を出している。それには、障害のある児童・生徒が安全かつ円滑に学校生活が送ることができるように配慮することを定め、校内を円滑に移動するためのスロープやエレベーターなどの設置が重要であると述べている。この指針にのっとり西中学校改築の際、エレベーターを設置していただくことを望む。  

八戸市議会 2019-03-12 平成31年 3月 予算特別委員会−03月12日-02号

内容としては、サッシやドアの開口部の断熱の改修と、外壁、屋根天井の断熱、あとは手すりや段差解消、バリアフリーの改修などが主なこととなっていますけれども、最大で30万円補助をすると、また耐震改修では最大45万円を補助しますということですけれども、それで、業者の皆さんからは、八戸は県内でも一番寒いところです、しかし、国の断熱基準と照らしてみれば、満たしているのは1%ぐらいでしかないということが言われております