553件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-06-10 令和2年第2回定例会(第2号) 本文 2020-06-10

この鉄道駅の整備について、本年においては、新型コロナウイルス感染拡大に鑑み、令和2年度青森市町村長会議開催が中止され、青森市長会から県知事への提言が書面による要請となったことから、4月15日付で市長会を通じ、県知事に青い森鉄道線における鉄道駅のバリアフリー化の推進新駅設置駅前広場整備など、鉄道利用環境向上について提言したところでございます。  

八戸市議会 2020-03-05 令和 2年 3月 定例会-03月05日-03号

まず、フラットアリーナ利用料金についての御質問ですが、フラットアリーナは、通年氷を張っているアイスリンクで、アリーナ中央整備される4面型センターハングビジョンや、スタンド席上部を一周するLEDリボンビジョン等演出設備バリアフリー設備、そしてアイスリンクの上に断熱床を敷設することでアリーナとしての機能も持ち合わせる多目的施設であります。  

弘前市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 5日)

また、居場所を開設するための経費として、手すりの取付けやバリアフリー化などの工事費用に関しても18万円を上限とする補助金交付も行っており、居場所が開設しやすい環境づくりも支援しております。補助金交付要件に合致していないものの、地域開催されている居場所21か所を含めますと、昨年11月1日現在での当市の居場所登録数は38か所となっております。  

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

また、昨年11月19日に行われた令和年度市町村長会議におきましても、県内10市の市長から県知事に、公共交通ネットワークへの支援として、青い森鉄道線における鉄道駅のバリアフリー化の推進新駅設置による鉄道の充実、駅前広場整備など、鉄道利用環境向上について提言したところでございます。

青森市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

次に、浅虫温泉駅のバリアフリー化について質問いたします。  浅虫温泉駅のバリアフリー化については、昨年度、県と市が連携して浅虫温泉バリアフリー設備設置可能性調査を実施し、今年度は調査結果を踏まえた検討が県と市の間で行われていたものと思いますが、地元地域などからは、早期完成に向けて大きな期待が寄せられています。  

青森市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会 目次 2020-02-21

1)新型コロナウイルス対策について……………………………………………………………17    2 健康寿命の延伸について……………………………………………………………………………17     (1)がん対策について………………………………………………………………………………17    3 交通インフラについて………………………………………………………………………………17     (1)浅虫温泉駅のバリアフリー

青森市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 2020-02-21

また、青森駅においては、東西自由通路令和2年度末の供用開始を目指し整備を進めるほか、浅虫温泉駅においても、バリアフリー設備設置について、県と連携しながら基本調査を実施いたします。  3月23日より市営バス文字の大きい時刻表系統別に色分けされた新たな路線図導入するほか、バス待合所90基、バス停標識848基の新設・改良や、全141両へのドライブレコーダー導入を完了します。  

八戸市議会 2019-12-11 令和 1年12月 定例会-12月11日-04号

市では、避難所となる小中学校や公民館などへの洋式トイレや多目的トイレ設置を初め、バリアフリー化の推進や冷暖房の整備などに取り組んでおります。  また、可搬型発電機無線機等を配備するほか、段ボールベッド等物資調達に関する協定を関係団体と締結するなど、資機材の整備にも取り組んでおります。  

十和田市議会 2019-12-10 12月10日-一般質問-03号

次に、教育行政学校施設バリアフリー化について質問いたします。学校施設は、障害の有無にかかわらず子供たち支障なく学校生活を送ることができるよう配慮することが必要です。また、地域コミュニティー拠点災害時における地域住民避難所等としての役割も果たすことから、バリアフリー化などにより、高齢者障害者等利用配慮することが重要です。  

青森市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-12-09

そんな中、最近は色のバリアフリーを進めている学校が少しずつふえてきています。黒板の文字がはっきり見える色覚チョーク導入や、見えづらい色を使うときはアンダーラインや囲みをつける、掲示物などで混同しやすい色の矢印を使う場合は、一方に斜線を入れるなど工夫をしている学校もあるようです。  名古屋市教育委員会は、2014年、「色のバリアフリーというパンフレットを教員に配付しています。

青森市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-12-06

福祉避難所指定に当たりましては、耐震性など施設安全性が確保されていること、施設内のバリアフリー化が確保されていること、避難者受け入れのためのスペースが確保されていること、介護士など必要となる多様な専門職員が確保されていること、普通食を初め、流動食ミキサー食などを施設内で提供することができること、移送車両が確保されていることなどに留意する必要があり、小・中学校市民センターのような一般指定避難所