105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 2019-12-10

いわき市のスポーツコミッションのところでは、参加者の声や写真を取り入れており、青森県からも東奥義塾高校であったり、東奥学園高校のサッカー部が参加されておりました。  今年度は、青森市明治大学体育会競走部の合宿誘致に成功し、選手の方からも好意的な反応を得たと聞いております。

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

1 第97回全国高校サッカー選手権において青森山田高校サッカー部が優勝しており、今、ちょうど旬であるため、平成31年5月発行のVol.9の取材先はスポーツとするのがよい 1 ことしワールドカップラグビーが9月に開催されるので、平成31年8月発行のVol.10の特集記事をスポーツとすることも考えられる 1 スポーツについては、サッカー関係のことを取材するのであれば、やはり平成31年5月発行の際が旬であるため

六ヶ所村議会 2017-09-01 平成29年 第4回定例会(第1号) 本文 2017年09月01日

本村は特定非営利活動法人六ヶ所村体育協会を主体とする選手団が各競技において熱戦を繰り広げ、その結果、サッカーは3年ぶりに優勝し、水泳、バレーボール男子、ママさんバレーボールにおいては準優勝を果たしたほか、他の競技でも上位を占めるなど、昨年の成績から順位を上げ、町村の部30町村中、総合第3位という輝かしい成績をおさめることができました。

六ヶ所村議会 2017-03-08 平成29年 第1回定例会(第2号) 本文 2017年03月08日

ただ、同じ国際友好都市国際交流している韓国のあそこは襄陽郡は、子供たちも小学生はサッカー交流とか、あるいは高校生はそのいわゆるホームステイですね、そういうこととか、いろいろなことで私もまだ若いときですけれども、野球の交流をしたりとか、お互いに近いものですから、料金もそんなにかからないということで、今までずっと交流してきているわけですよ。

六ヶ所村議会 2016-12-05 平成28年 第5回定例会(第2号) 本文 2016年12月05日

対象学年を小学校1学年から3学年までとした理由として、小学校4学年からは放課後に野球サッカー等のスポーツ少年団の活動が盛んに行われていることなどから、小学校3学年までとしたものであります。今後は、男女共同参画での会議の意見等を踏まえ、現状の3学年までの対象範囲を6学年までの拡大について検討してまいりたいと考えております。  

青森市議会 2016-03-03 平成28年第1回定例会(第4号) 本文 2016-03-03

競技としては、プールに30メートル掛ける20メートルのラインと、サッカーのようなゴールを浮かばせ、7人対7人で得点を競うゲームで、水深は2メートル以上で、足を床につくことはできず、ゲーム時間は8分掛ける4クオーター、反則や得点、クオータータイムでは時間計測がとまるため、約1時間もの間、選手はプールで浮いた状態となります。

青森市議会 2016-03-02 平成28年第1回定例会(第3号) 本文 2016-03-02

サンドーム主練習場につきましては、地盤対策工事の完了に伴い、昨年12月1日から利用を再開したところであり、多くの皆様から野球サッカーなどに利用されているところでございます。しかしながら、昨年12月中旬、利用者から点灯していない照明があるとの御指摘を受けましたことから、早速、教育委員会として現地調査を行ったところ、点灯していない照明が数多くあることを確認したところでございます。

青森市議会 2015-12-22 平成27年第4回定例会(第8号) 本文 2015-12-22

斉藤選手の志が、本市のスポーツ関係者に受け継がれておりますことは、このたび、水球日本男子チームが来年のリオデジャネイロオリンピックに出場できることになり、そのチームの中に、本市出身の飯田選手と葛原コーチも名を連ね、また、ラグビーの世界最高峰リーグのスーパーラグビーの選手にも、ことしのサッカーワールドカップの代表選手として活躍した三上選手が選ばれ、さらには、サッカー五輪最終予選のアンダー23、この代表選手

青森市議会 2015-09-25 平成27年第3回定例会[ 資料 ] 2015-09-25

められている青森市清掃工場」、「子育て支援、子どもの遊び場として利用されている、アウガ6階の青森市つどいの広場『さんぽぽ』」、「合葬墓の建設が想定されている青森市月見野霊園」、「経営再建が求められている青森駅前再開発ビル株式会社が管理するアウガ」、「改築の際に、地元町会等から市民センターの併設が求められている小柳小学校」、「人工芝の導入が求められているスポーツ施設写真は、青森市スポーツ公園にあるサッカー

六ヶ所村議会 2015-09-07 平成27年 第5回定例会(第2号) 本文 2015年09月07日

次に、その研修の検証効果については、これまで派遣協定などに基づき7名の職員を派遣しておりますが、襄陽郡庁での勤務のほか、双方の高校生ホームステイや少年サッカー交流、関係団体の訪問時の案内や日程調整などの役割を担っており、海外での実地研修は、実際に現地で異なる文化や生活習慣の体験、協働活動など、異文化理解の促進や国際通用性の向上に効果が期待されるものであり、今後とも職員の相互派遣を初め、襄陽郡との友好

六ヶ所村議会 2015-09-04 平成27年 第5回定例会(第1号) 本文 2015年09月04日

また、去る8月8日、9日の2日間を主な大会日程に、上北教育事務所管内で開催されました第70回市町村対抗青森県体育大会において、本村の選手団は、陸上、サッカー水泳、硬式テニス、バトミントンにおいて準優勝を果たしたほか、他の種目でも上位を占めるなど、町村の部で30町村中、昨年同様総合第2位という輝かしい成績をおさめることができました。

青森市議会 2015-09-02 平成27年第3回定例会(第3号) 本文 2015-09-02

現在、英国並びに韓国国際交流員による異文化理解のための地域学校での講座の実施、または諸活動、市内小・中学校児童・生徒による友好交流都市相互訪問、また美術展等への送付など、教育文化の交流、またねぶた派遣をきっかけとした祭り・観光分野の交流、さらにはフェイスブックを活用した情報通信などを行って民間団体と交流しておりまして、サッカーなどのスポーツ交流、また国際ボランティアによるイベント交流の実施、また

青森市議会 2015-06-23 平成27年第2回定例会[ 資料 ] 2015-06-23

1 (参  考)                 請 願 文 書 表  請願第1号           青森市スポーツ施設への人工芝設置に関する請願(採択) (請願の趣旨)  青森市においては、これまでもスポーツ振興のための環境整備が進められ、現在、子どもからシニア世代、さらには女子まで数多くの人がスポーツを楽しむようになったことから、サッカー

青森市議会 2015-03-03 平成27年第1回定例会(第2号) 本文 2015-03-03

比較するに当たり、国際試合及び国民体育大会の試合を行う際の規格でのサッカー場を基準とした経費比較をしたところであり、まず整備費については、人工芝は約2億円、天然芝は約1億円となるものと見込まれます。また、維持管理費につきましては、人工芝が年間約40万円、天然芝が約150万円となり、人工芝が天然芝より約110万円の経費節減が見込まれます。

青森市議会 2014-12-10 平成26年第4回定例会(第5号) 本文 2014-12-10

あわせて、12月1日に青森市サッカーチームラインメール青森の監督たちが市長を表敬訪問したときに、私も立ち会わせていただきました。過去の議会において、スポーツ会館の多目的広場に人工芝の設置などを提案してきましたけれども、青森市を本拠地とするラインメール青森のJリーグ昇格のためにも人工芝化は大事だと思います。子どもたちの夢のためにも、ぜひこのこともあわせてやっていただきたいと思っています。  

青森市議会 2014-12-05 平成26年第4回定例会(第2号) 本文 2014-12-05

人工芝は、サッカーのみならず、ラグビー、野球、グラウンドゴルフなどの多種多様のスポーツに使われ、プレーヤーのパフォーマンスをよりエキサイティングに、より安全に、施設寿命をよりタフに、フィールドをより美しく保つために、いっときも早く県都青森市に、フィールド1面で結構でございます。  そこで質問いたします。早急な人工芝の導入が必要と考えます。

十和田市議会 2014-11-18 11月18日-一般質問-02号

また、野球関係者や多くの球場利用者からは、サッカー場またはフットボール球技場等はきれいに整備しているが、市営野球場整備については手薄であり、なぜもっと重要視して整備してくれないのかと憤慨する気持ちがありますとの手厳しい声をいただいておりました。  そこでお尋ねいたしますが、今後市営野球場整備をしていくお考えはあるのか見解をお聞かせください。  次に、農業行政についてお尋ねいたします。