68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

なお、当該記事については、各会派から記事の掲載方針について意見をいただいた際に配付した原稿案の段階では、インターネット中継のPRとホームページへのアクセスに関する内容を含めていたが、当該部分については第1回臨時会・第4回定例会において「傍聴者の声」をお寄せいただいたことのお知らせと、ホームページ上の「傍聴者の声」にアクセスできるQRコードを掲載していることを報告する。  

八戸市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号

加えて今年度は、マイブック推進事業に係る保護者アンケートの回答をQRコードにしたところ、学校現場からは、調査用紙の回収、集計等の負担が軽減されたという声が寄せられております。  しかしながら、調査等は教育活動の実態を把握し、各種事業の改善を図るために行われるものであり、国や県による調査も含めますと、調査数は教職員が実感できるほどは減っていないのが現状であると思います。

青森市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-02-28

パンフレットのどこかにインストール用のQRコードをぽんと置いておけば、それで意外とインストールは可能だと思いますので、対応していただきたいと思います。  あと、救急時、現場での外国人対応なんですが、以前、予算特別委員会の中で消防庁が進めている多言語音声翻訳アプリ「救急ボイストラ」というのを紹介いたしました。

弘前市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第3号12月12日)

これ、別にクレジット、キャッシュカードに限ったわけではなくて、今、キャッシュレス決済、いわゆるQRコード決済も含めて、やはりそういった部分の環境づくりというのも必要かなというふうにも思っております。そこに対しての考えというのをお伺いいたします。 ○議長(下山文雄議員) 岩崎観光振興部長。 ○観光振興部長(岩崎 隆) 今、御指摘あったとおり、日銀の分析の中でもそういったことが出てございます。

八戸市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日-03号

それからもう1つは、今、福島県郡山市の中央図書館で、車椅子利用者の方が、QRコードを使って、自分が声を発せずにスタッフの方を呼べるという利便性を高めたサービスを行っています。そういったサービスも当市の図書館で導入できないものかどうか。それについて再質問で伺いたいと思います。 ○議長(五戸定博 君)教育部長 ◎教育部長(吉田幸司 君)それでは、夏坂議員の再質問にお答えします。  

八戸市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日-02号

そのため、今年度の成人式から、先ほど申し上げました地域企業魅力発信事業で取材した誘致企業や地場企業の情報をスマートフォンで閲覧できるQRコードを掲載したチラシを作成し、新成人の皆様に配布することにしております。  今後とも、教育委員会と連携を図りながら、成人式を効果的なPRの場として活用し、若者の地元企業への関心を高め、地元定着の促進に努めてまいります。  以上でございます。

青森市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27

の記事は、QRコードの部分は必要であるが、記事として1段分のスペースが必要なのか疑問であり、工夫をして他の紙面にばらけさせることで、紙面の有効活用を図ってはどうか」との質疑に対し、「市議会だよりをリニューアルした際に大事にした点は、字や情報を詰め込み過ぎないこと、余白をとることであり、このことにより見やすい記事となっているので、スペースが余っている、もったいないという考え方については御一考願いたい」

八戸市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号

千葉市などではQRコードつきシールによる見守りネットワークで、地域を挙げて認知症の方を見守る体制をつくり始めました。高齢者の衣類や靴、持ち物などに張ったシールのQRコードを携帯で読み取り、その家族らに安否情報のメールが届く仕組みです。QRコードは市民にとっても認知症の方と気づきやすく、声をかけるきっかけになり、早期保護につながるという利点があるとして導入されました。

青森市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04

ことしは、ドクターヘリが中学校校庭に着陸をし、ヘリからおりたフライトドクター、フライトナースからの説明もあり、目の前のコードブルーに中学生の憧れの視線が集まりました。ドクターヘリは傷病者を運搬するのが目的と思っておりましたが、必要な場所へ速やかに医療資源、つまりドクターやナースを投入するのが目的と伺いました。

青森市議会 2018-06-29 平成30年第2回定例会[ 資料 ] 2018-06-29

また、3段目右側には、「ネット中継の御案内」として、インターネット中継のPRと、アクセスのためのQRコードを掲載している。最後に、16ページの一番下には、あらかじめ市民クラブ会派の竹山委員が作成した編集後記を掲載している。なお、第1回定例会においては傍聴者の声が1件提出されているが、各会派からの意見を踏まえ、今回は市議会だよりへは掲載していない。  

十和田市議会 2018-06-22 平成30年  6月定例会(第2回)-06月22日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号

国立公園満喫プロジェクト事業として、QRコードをスマートフォンなどで読み取ることで、多言語による説明や画像が表示されるサービスを利用し、十和田湖畔地区の案内標示物の多言語化に取り組んでいること。DMOによる観光地域づくりとして、平成31年4月の業務開始に向け、観光事業者等との目的、意義の共有を図るため、市街地、焼山、休屋を巡回し、座談会を開催していることなどの説明を受けました。   

弘前市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第2号 6月19日)

雨漏りが天井裏からしみ出し、天井からつるしていた電灯のコードを伝い煙が出るというあわや大惨事になりかけたり、湿気がひどく押し入れの布団を汚してしまったり、冬期間は結露で窓枠が常にぬれているといったことが常態化しているのが西茂森団地であります。  

十和田市議会 2018-03-07 平成30年  3月定例会(第1回)-03月07日−一般質問−02号

次に、とわだDE子育て応援ナビは、QRコードを読み取り、お子さんの生年月日を入れると、予防接種の予定日を携帯電話でも、スマートフォンでも、事前にお知らせメールが届く青森県内初の事業が昨年10月より実施されております。まだ5カ月余りの実施ですが、次の2点をお尋ねいたします。   1、アクセス数、登録数。   2、利用者の声や事業の効果、周知の方法をお伺いいたします。   

青森市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 2017-12-06

ただいま仲谷議員から御紹介がございました中国の方が利用されるアリペイなどのQRコードモバイル決済の市内での導入状況でございますが、アリペイについて、ローソン全店舗、また青森空港ビル内の出国時の免税店が導入済みでございます。このほか、アスパム様が11月からアリペイとウィーチャットペイの2つのサービスについて1月末まで試験導入中と伺ってございます。

八戸市議会 2017-09-11 平成29年 9月 定例会−09月11日-02号

また、コード・フォー・ジャパンというアドバイザーの派遣、人材育成のノウハウを持っていますので、そことも共有していってもらいたいと思います。  専門大学の誘致ができればいいのですけれども、今ある大学に新たに学部、学科を設けていったり、その支援に力を入れていってほしい。町なか、中心街にそういうキャンパスがあっても効果的だと思いますので、ぜひ御検討いただきたいと思います。  

十和田市議会 2017-09-05 平成29年  9月定例会(第3回)-09月05日−一般質問−02号

また、まちづくり支援課に登録用のQRコードがカウンターに置いてあるのですけれども、それをもっと大きくお知らせするとか、また登録のお手伝いをしますよと、携帯電話にふなれな方もいらっしゃいますので、そういった言葉を沿えるとか、また市民課前のロビーで順番待ちの方がいらっしゃいます。

弘前市議会 2017-06-16 平成29年第2回定例会(第5号 6月16日)

その手続につきましても、スマートフォンのカメラでQRコードを読み取り、送金する金額を指定し、送金ボタンを押すといった非常に簡単なものとなっております。  海外では公園の維持管理に寄附を充てているといった事例などもあり、日本に比べて一般的に寄附を行う文化が根づいているものと思われます。