227件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 2018-12-06

平成30年10月現在、聴覚障害のある方の障害福祉サービスの利用実績としては、施設に入所している障害のある方に対し、主に夜間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、その他の必要な日常生活上の支援を行う施設入所支援の利用者は2名、グループホームに入居している障害のある方に対し、主に夜間において、相談、入浴、排せつ、または食事介護、その他の日常生活上の援助を行う共同生活援助の利用者は1名、常時介護を要する

青森市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04

その内訳としては、1つに、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、いわゆるミニ特養ですが4施設、2つに、認知症対応型共同生活介護、いわゆるグループホームが4施設、3つに、小規模多機能型居宅介護が4事業所、4つに、看護小規模多機能型居宅介護が1事業所、5つに、定期巡回・随時対応型訪問介護看護が1事業所となっており、介護保険基準額の急激な上昇を抑制するため、その整備時期については計画期間内で平準化を

八戸市議会 2018-08-21 平成30年 8月 民生協議会-08月21日-01号

また、パネリストにつきましては、内閣府の意向やそれぞれの活動分野等を考慮し、4名が登壇することとしており、順番に、株式会社池田介護研究所代表取締役の池田右文様、社会福祉法人白銀会グループホーム八戸グリーンハイツ管理者の今野千晴様、公益財団法人八戸市シルバー人材センター理事長の前田洋子様、これに内閣府から当市の行政担当者の登壇要請がありましたので、私が加わります。  

青森市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会[ 資料 ] 2018-03-23

改正内容であるが、1つには、新たな障害福祉サービスとして、利用者が自立した生活を営むことができるよう、就労に向けた支援を受けて通常の事業所に雇用された障害のある方に対し、一定期間にわたって、雇用された事業所での就労の継続を図るために必要な事業所の事業主や障害福祉サービス事業所、あるいは医療機関等との連絡調整を行う就労定着支援、また、障害者支援施設グループホームを退去した利用者が地域において自立した

八戸市議会 2018-02-21 平成30年 2月 民生協議会-02月21日-01号

続いて、イの自立生活援助ですが、入所施設グループホームを利用している障がい者がプライベートを求めてひとり暮らしを希望される場合、本人の理解力や生活力を補うため、定期的に利用者の居宅を訪問して、生活の状況を確認し、各種相談に応じるとともに、必要に応じて医療機関などとの連絡調整を行うサービスとなります。  

八戸市議会 2017-09-19 平成29年 9月 民生常任委員会−09月19日-01号

1項2目障害者福祉費1億652万円の増額は、8節において、手話通訳者及び要約筆記者の派遣に係る謝礼を増額し、13節において、その予算組み替えに係る委託料を減額するほか、19節は、国庫補助金の内示に伴い、グループホーム施設整備に係る補助金を計上し、20節は小児慢性特定疾病医療費給付費を増額し、23節は平成28年度障害者自立支援給付費に係る国庫負担金等の確定に伴う返還金を計上するものです。

八戸市議会 2017-06-12 平成29年 6月 定例会-06月12日-02号

現在、市内では、グループホーム3カ所と小規模多機能ホーム1カ所の計4カ所で実施されており、参加費は無料もしくはお茶菓子代等の100円で、参加しやすい料金設定となっております。開催内容につきましては、毎月または2カ月に1回、2時間程度で開催し、お茶菓子を食べながらのくつろいだ雰囲気の中で、専門職等による介護相談、講話等を実施しております。  

青森市議会 2017-03-06 平成29年第1回定例会(第4号) 本文 2017-03-06

次に、在宅医療についてですけれども、在宅医療とは、わかっていると思いますが、居宅のほか、特養ホーム、養護老人ホーム、有料老人ホーム介護老人保健施設グループホームとなります。あと、病院診療所以外でも療養生活を営む方が対象となりますが、それらを支える側として訪問看護や訪問診療が大きな役割を果たしていきます。

弘前市議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会(第4号 3月 2日)

理解度が低いことによる悲劇として、岩泉町グループホームが被災し、入所者9名全員死亡しました。とても痛ましい結果であると思います。  次に、ワークショップによる住民の意見を反映した避難経路を検討し、速やかな避難を伝える体制をとれているか伺います。  4番目として、指揮命令系統に関して伺います。例えば市役所が被災した場合など、当市のBCP計画はどのようになっているのか伺います。  

八戸市議会 2016-09-15 平成28年 9月 決算特別委員会−09月15日-02号

主なものといたしまして、1項1目居宅介護サービス等給付費は、ホームヘルプやデイサービスなどに係る給付費、1項2目地域密着型介護サービス給付費は、グループホームや小規模多機能型居宅介護等に係る給付費、1項3目施設介護サービス等給付費は、介護老人福祉施設等に係る給付費、1項6目居宅介護サービス計画等給付費は、ケアプランに係る給付費でございます。  

八戸市議会 2016-09-13 平成28年 9月 定例会−09月13日-03号

また、介護保険制度も、グループホーム特別養護老人ホーム避難計画をつくることや避難訓練の実施を義務づけてきました。こうした準備は実際の災害を想定した備えになっているのかが問われます。このたびの岩泉町の事例を通して、いま一度計画の内容や訓練の実施状況の再点検を要望して終わります。  それでは、被災者台帳の点検、確認について再質問をいたします。

八戸市議会 2016-09-12 平成28年 9月 定例会−09月12日-02号

台風第10号の影響による記録的な豪雨で、岩手県北海道では川の氾濫や堤防の決壊が発生し、岩泉町グループホームでは高齢者が犠牲になったのを初め、久慈市中心街一帯が大規模冠水するなど被害は深刻です。現在も被災者の救援と復旧作業が懸命に続けられております。  昨年9月にも台風の影響による集中豪雨茨城県常総市の3分の1が水没するなど、大きな被害を生みました。

青森市議会 2016-09-08 平成28年第3回定例会(第5号) 本文 2016-09-08

残念ながら亡くなられた方、グループホームに入所されている方々には、私も心より哀悼の思いでいっぱいであります。まことに勝手ながらではありますけれども、そうした事態を教訓として、私は市の防災対策に生かしていきたいという思いで聞いていきたいと思います。  この災害についてはさまざまな要因があります。述べていきますけれども、岩泉町にあるグループホームは町内を流れる小本川の近くにあると。

六ヶ所村議会 2016-09-08 平成28年 第4回定例会(第3号) 本文 2016年09月08日

これは、自立支援法が確立されてから、知的障害者が自立して生活していくためにどうしても仕事とかそういうものもさせようというふうなことで、これは村長が非常に理解をいたしまして障害者のためのグループホームとかそういう施設にも村が積極的に事業の資金を出したという経過がございます。そういう人たちが、地域で働く場所を見つけながら働いているわけです。

八戸市議会 2016-04-21 平成28年 4月 民生協議会-04月21日-01号

民営化実施計画の変更内容ですが、組合のうち、三戸郡地域生活支援センターが実施しているグループホーム事業につきまして、民営化の時期を変更するものでございます。  変更前は平成29年4月1日となっておりましたが、変更後は平成32年4月1日までの間で移譲先法人が県の指定を受けたときとされております。