39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

八戸市議会 2019-09-09 令和 1年 9月 定例会-09月09日-02号

海洋教育ばかりでなく、キャリア教育という観点からも、現役の研究者や潜水調査船のパイロットから直接お話を伺うことができる出前授業は、子どもたちにとって大変意義深いものであると考えております。  市といたしましては、次世代を担う子どもたちが科学する心を芽生えさせ、育むことができるよう、今後とも海洋教育の推進に取り組んでまいります。

八戸市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日-02号

海洋教育ばかりでなく、キャリア教育という観点からも、現役の研究者や潜水調査船のパイロットから直接お話を伺うことができる出前授業は、大変意義深いものであると考えております。  ここ数年、海洋教育に対する関心は高まっており、平成32年度より全面実施となります新学習指導要領では、社会科において海洋教育の充実が示されております。

八戸市議会 2018-09-13 平成30年 9月 決算特別委員会−09月13日-02号

そういうことを考えますと、原点であるいろいろなキャリア教育も含めて、職場体験。自分が望むもの、望まないものも含めて、働くということはどういうことなのかということを中学校時代に経験させるということは、教育としても非常に価値あるものであると思います。これからも、委員御提案のように充実させてまいりたいと考えております。  以上です。 ◆夏坂 委員 ありがとうございます。

弘前市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第4号 6月21日)

また、保護者地域協力を得ながら、さまざまな体験学習キャリア教育の充実が図られていると認識しております。  当市の高校進学率はほぼ100%であり、子供たちの情報が、就学前の段階も含め小学校中学校、高校で確実に引き継がれるような仕組みづくりが必要ではないかと感じておりました。  次に、(2)教育長が目指す当市の教育についてであります。  

弘前市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(第2号12月 5日)

例えば、学校の図書整理や、社会科や生活科家庭科などさまざまな学習支援で、さらには職場体験などを通したキャリア教育の推進が地域協力を得ながら進められております。  これらの取り組みにおける主な成果ですが、小・中学校の教職員が行き来し情報共有することでお互いを理解するようになり、義務教育9年間を意識した授業が展開されております。

弘前市議会 2017-09-07 平成29年第3回定例会(第4号 9月 7日)

工芸士会の方をお招きしての実際の製作体験学習等も行っておりますので、今後もひろさき卍学を学習のきっかけとしまして、議員御指摘のように将来的な後継者の裾野を広げるという視点、いわゆるキャリア教育の視点からも重要であると考えますので、引き続き子供たちが郷土弘前への愛着と誇りが持てるように取り組んでまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○副議長小山内 司議員) 福田商工振興部長

青森市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第4号) 本文 2017-06-14

現在、本市の中学校2年生では、キャリア教育という職場体験を行っています。キャリア教育目的は、子どもが学校から社会へ移行するときの課題や、個人主体的、自立的に行動する基本となる生きる力を育んでいくために行っていると思います。これまでにも、本市で盛んな米、リンゴ野菜、カシスなどの農業職場体験をしてきているそうですが、生徒の選択肢がふえることを願い、提案します。  

弘前市議会 2016-06-16 平成28年第2回定例会(第4号 6月16日)

名札着用の利点といたしましては、万が一の交通事故等の際も名札から学校の特定が容易にできること、緊急時の連絡に効果を発揮するほか、中学校ではキャリア教育において職場体験等で責任感が生まれやすいことが考えられます。  ただ一方では、名前を特定されることにより、事件に巻き込まれやすくなるのではないかとの声もございます。その時々の状況に応じて名札の着用を判断しているところでございます。  

青森市議会 2016-06-14 平成28年第2回定例会(第5号) 本文 2016-06-14

4つ目は、キャリア教育に関連しての質問です。平成28年5月24日の地元紙に自衛隊参加している南スーダン国連平和維持活動のPKOに、防衛省が11月から陸上自衛隊第5普通科連隊を中心とする部隊を11次隊として派遣する方向で調整していることがわかったと報道されました。日本共産党にも不安の声が多数寄せられています。

青森市議会 2016-03-03 平成28年第1回定例会(第4号) 本文 2016-03-03

また生徒間でも、運動部、文化部、部活に属していない生徒間の民間バスの利用度の違いを公平化するためと、中学生が公共バスを利用して各会場を選手の立場、応援の立場で移動することは、みずからの市営バスを利用するという生徒の考えるキャリア教育にもなり、同時に、学校間の生徒間交流につながると考え、中体連体育会期間中の中学生の市営バスの利用料金を無料もしくは軽減してはいかがと考え、その提案をし、質問させていただきます

六ヶ所村議会 2016-02-29 平成28年 第1回定例会(第1号) 本文 2016年02月29日

学校教育では、郷土に誇りを持ち、多様性を尊重し、創造力豊かで、新しい時代を主体的に切り開く人材育成を目指すという教育施策の方針のもと、授業の充実、道徳教育の充実、特別活動の充実、生徒指導の充実、キャリア教育の推進等、さまざまな視点を持って知・徳・体のバランスのとれた指導を行い、学力向上実践モデル校推進事業環境エネルギー教育推進事業、ICT活用推進事業等を継続・発展的に実施するとともに、新年度は、

青森市議会 2015-09-03 平成27年第3回定例会(第4号) 本文 2015-09-03

そして、現在子どもたちの未来を拓く小・中連携充実事業を推進し、地域の特色を生かしながら、自己を生かし、よりよい生き方を目指すキャリア教育などに取り組んでおります。  私ども教育委員会では、小・中一貫教育については、教育内容指導方法の充実により義務教育の質の向上を図る上では有効な方法であると考えているとともに、課題もあるものと認識しております。

弘前市議会 2015-06-24 平成27年第2回定例会(第3号 6月24日)

2、小・中学校における「キャリア教育」についてであります。  キャリア教育は、一人一人の社会的・職業的自立に向けチャレンジする力や他者とつながる力など基盤となる能力態度を育てることを通して、社会の中で自分の役割を果たしながら自分らしい生き方を実現していく力を育成する教育とされております。  

青森市議会 2014-06-24 平成26年第2回定例会[ 資料 ] 2014-06-24

4 若者が主体的に職業選択、キャリア形成ができるよう、学生段階からのキャリア教育の充実強化を  図ること。 5 ニート等の若者の孤立化を防ぎ、自立に向けた充実した支援を行うことができるよう地域若者サ  ポートステーションの機能の強化を図ること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   

青森市議会 2014-05-27 平成26年第2回定例会 目次 2014-05-27

271    要望・再質問………………………………………………………………………………………… 272     答弁 経済部長…………………………………………………………………………………… 273    意見…………………………………………………………………………………………………… 273   19番(上林英一君・市民クラブ)…………………………………………………………………… 273    1 キャリア

  • 1
  • 2