243件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 2019-12-10

被害への対応状況につきましては、多忙のため、車両の修理費用の見積書がまだ提出されていない1名を除きまして、既に治療費や車両の修理費、窓ガラスの修理といった補償が完了しており、残る1名につきましても、引き続き工事の受注者において対応に当たることとしてございます。  以上でございます。

八戸市議会 2019-09-13 令和 1年 9月 決算特別委員会-09月13日-03号

◎小橋 交通部次長兼運輸管理課長 管理全般の委託というのは、大きいバスプールなんかはそうですけれども、今言った清掃は、社会福祉法人等にお願いしまして、標識の汚れを取ってもらうとか、そうした中で、ガラス天板が壊れていないとかの確認もしていただくほかに、中心街などの利用者が多いところは清掃もしてもらっております。あと除雪もやってもらっているという状況でございます。

八戸市議会 2019-06-19 令和 1年 6月 定例会-06月19日-02号

2点目として、各自治体では、大規模な地震や大型の台風、竜巻による窓ガラスの破損被害の対策として、一般のガラスに比べ3倍から5倍の強度を持つ強化ガラスや飛散防止フィルムを多くの学校で導入しています。これらの対策は確かに効果がありますが、飛散防止フィルムは経年劣化により飛散防止効果が低下するため、定期的に張りかえを必要とします。  

八戸市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-06号

さらに、一昨年10月には委員会の調査視察を実施し、鹿嶋市では、鹿島アントラーズのサッカースタジアム運営について、富山市では、富山市ガラス美術館について美術館のあり方、まちづくりへの役割などを調査してまいりました。  さて、本年夏には、長根屋内スケート場が国内3番目の屋内スケート場として竣工を迎えようとしております。

八戸市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号

先ほど冒頭で述べたはっち8周年式典で市長が熱い思いを語られているとき、私は耳でその思いを聞きながら、目はガラス越しに歩行者のひっきりなしの道路横断が気になってしようがありませんでした。そして、つい出た言葉がこれも相乗効果だよなでありました。昨年、八戸市においては、マチニワオープン直前とオープン後の中心市街地歩行者横断状況等の調査を本格的に行い、詳細なる分析をし、検証されたとのことです。  

八戸市議会 2018-09-10 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号

オープンして最初の冬を迎えるということもございまして、状況にもよりますが、現時点ではおおむね11月下旬から翌年の3月下旬まで、約4カ月間になりますけれども、この冬期間につきましては、正面、それからガーデンテラス側にございます大型スライドガラス戸を閉じさせていただきまして、出入り口は2カ所ある自動ドアを利用していただくことになろうかと思います。

八戸市議会 2018-03-20 平成30年 3月 観光振興特別委員会-03月20日-01号

◎鈴木 観光課長 あそこの場所は御存じかと思いますけれども、上が透明なガラスで、腰までの高さがあるバルコニーみたいな壁になってるんですけれども、そこを使わないのはもったいないということで、そこに貼ろうと思うんですけれども、今ちょっと想定しているのは、よく新聞なんかで行列の横にずらっと並んでいる絵があるんですけれども、三神社の。それをずっと並べたらいいのではないかという構想を持っています。

八戸市議会 2018-03-14 平成30年 3月 予算特別委員会−03月14日-03号

それから次に、まちなか広場について、一番懸念しているのは、この清掃業務等委託料について、多分これは7月以降の今年度の予算だと思うんですけれども、外壁とか天井とか多くのところにガラスを使っている。この清掃が大変ではないかと思うところがあるんです。少し前ですけれども、大分のほうに行ったときに、大分文化会館は、自動でガラス掃除できるような、ゴンドラみたいなのを建物につけてあったんです。

八戸市議会 2018-02-21 平成30年 2月 総務協議会-02月21日-01号

次に、美術館用地を広げることによる具体的な効果ですが、1つ目としまして、美術館に計画している多目的な空間であるジャイアントルームは、銀行側に面しており、その壁面は、内部からは外を眺め、外部からは中の様子がわかるように、ガラス面となりますが、当初の敷地プランでは、銀行社屋との間が狭く、すぐ近くに銀行の壁面が接することとなりますが、今回の用地拡張で一定の敷地幅をとることが可能となることにより、建築の価値

八戸市議会 2017-09-13 平成29年 9月 決算特別委員会−09月13日-01号

その投棄された主なものですが、主に建設業者が建物解体などで請け負った廃棄物を、契約もせず不法に投棄するということから、建物のパーツであるコンクリート殻とか、廃木材ガラスくず、あと金属類、こういったものが主なものでございます。  以上でございます。 ◆夏坂 委員 わかりました。

八戸市議会 2017-03-09 平成29年 3月 予算特別委員会−03月09日-04号

ガラス掃除は年1回になります。機械警備による警備業務は毎日です。電気保安業務が隔月、またエレベーター保守点検についても隔月、ばいじん濃度等の測定については年1回、消防設備保守点検業務については年1回、建物定期の点検業務については年1回、冷暖房機器の保守点検についても随時行っております。  以上のように警備業務を初めとして施設設備保守点検を適切に行っております。  

八戸市議会 2017-03-07 平成29年 3月 予算特別委員会−03月07日-02号

今までいろいろな市場を視察に行って思い浮かぶのは、片側の廊下的に行って、多分高度衛生化ですからガラス越しだと思うのですけれども、歩いて見える観光スペースと、もう1つは、部屋からある程度のスペース、魚市場全体が俯瞰できるような一角を設けて、そこからこう見る側という2つの考え方というか、見学者スペースというのがあるのですけれども、その辺はどういうものなのか、できているのか、まだできていないのか、その辺の

青森市議会 2017-03-07 平成29年第1回定例会(第5号) 本文 2017-03-07

ただ、あそこの場所はごらんのとおりちょっと大きなガラス窓で、スペース的に外から見えるということもありまして、そういう意味では、これまでもほかの会議室等の貸し室の利用状況というのは余り利用数が多くないので、件数としてはそんなに多く望めないのかなと、実績としてはそういうことが考えられました。  

青森市議会 2017-03-06 平成29年第1回定例会(第4号) 本文 2017-03-06

あるいは、火災現場での手袋は、いろんなガラスの破片であったりいろんなものがあって、ある程度強いものでなければならないとか、あと、いろいろ消防していると、水の中をくぐる、火の粉を払うという意味で、消防署員の方はシールドがかかったヘルメットをつけているということで、そういうものがないとか、支給されない、足りない装備は自前で購入したり、あるいはその消防団の中で工面をして団の費用で買うということですので、可能