109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2020-06-15 06月15日-一般質問-02号

このような中で、国の緊急事態宣言が解除されたところではありますが、観光関連事業の見通しにつきましては、まずは第1段階として地元周辺地域旅行するマイクロツーリズム、次に第2段階として収束状況を見極めながら、徐々に東北、関東、国内全域と拡大し、最後に第3段階としてインバウンドによる旅行といったように、大きく3つ段階を経て回復していくものと考えております。  

青森市議会 2020-06-10 令和2年第2回定例会(第2号) 本文 2020-06-10

しかし、青森事業主といいますか、経営者があそこを引き継いでくれるという話もありましたので、私も大変ありがたいなと思っていますけれども、観光のことで一言だけ触れさせてもらえれば、今、青森だけでないんですけれども、どうしてもインバウンドに頼るといいますか、外国人たち旅行に頼るという傾向があります。ですから、その観光事業をやっている事業主ほど、今回は影響を被っているわけですよ。

十和田市議会 2020-03-11 03月11日-一般質問-04号

十和田奥瀬観光機構は、観光コンテンツ開発インバウンド対応受入環境整備、この3つを軸として活動しております。  1つ目観光コンテンツ開発といたしましては、各エリアで定期的に行っている地域住民関係事業者との座談会において出されたアイデアなどを踏まえ、地域の特色を生かした新規観光コンテンツ開発に取り組んでおります。  

十和田市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

インバウンド対策も少しずつ進み、観光客滞在時間を延ばすような、国内外に魅力を発信できるような取組も一歩一歩進んできています。  奥入瀬渓流十和田湖の入り口としての奥入瀬渓流館駐車場トイレは、車椅子でも入れる洋式化トイレとして新しくなり、石ケ戸休憩所と並び、滞在時間を楽しめる数少ない場所になりました。コケさんぽの拠点としても多くのお客様が寄られています。  

弘前市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 4日)

インバウンドにしても、都市部から地方へ、爆買いから未知なる地方文化体験へと需要が移り変わってきております。  弘前には、そういう意味ではまだまだ広く知られていないもののこういった需要対応できる弘前固有文化・芸術がたくさんありますので、ぜひ今後はこういった文化資源にスポットを当てて、観光振興にも活用していただければと思います。

十和田市議会 2019-12-09 12月09日-一般質問-02号

次に、インバウンド対策について伺います。  国はもとより地方行政は、インバウンドによる観光産業で、まちの活性化を図ろうと懸命であります。我が十和田市も国立公園満喫プロジェクトに選ばれた十和田湖、奥入瀬渓流誘客を図ろうと努力していると思います。その一つがDMOであるが、これは官民一体となって、総力を挙げて成功させなければならないと思っております。  

十和田市議会 2019-09-13 09月13日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

母子保健費協力者謝礼について、自動車騒音常時監視業務について、第6款農林水産業費では、グリーン・ツーリズム推進事業について、十和田ブランド定着事業について、とわ産品情報発信事業について、有害鳥獣対策事業について、林道橋梁定期点検事業について、内水面漁業振興対策事業について、担い手育成基盤整備事業について、第7款商工費では、中心市街地活性化基本計画変更点について、企業誘致支援大使活動状況について、インバウンド

弘前市議会 2019-09-11 令和元年第2回定例会(第4号 9月11日)

この地域における各地役割組織役割としては、まずDMOマーケティングプロモーション商品開発インバウンド対策を行うと。そして行政がインフラや2次交通などの基盤整備商工会議所事業者人材育成を、観光コンベンション協会観光案内所の運営やツアーなどの予約受け付けを分担して実施していると伺っております。  

弘前市議会 2019-09-09 令和元年第2回定例会(第2号 9月 9日)

一方、東南アジアや欧米からの宿泊者数は総じて増加傾向にあることに加え、ことし7月に台北からの定期便が就航したこともあり、台湾人宿泊者数はさらに増加することが期待されていることから、当市では、道南北東北エリアを含めた広域的な連携を図りながら年間を通じた外国人観光客誘客を図るべく、インバウンド対策を展開してまいりたいと考えております。  以上でございます。

十和田市議会 2019-06-18 06月18日-一般質問-03号

当市には、観光資源開発インバウンド対策などを推進するための組織である十和田奥瀬観光機構、いわゆるDMOが設立されたところであり、今年度からのこのDMOにおいて、観光客に提供する観光メニューづくりのため、分野別地域別での部会や座談会等による幅広い関係者を巻き込んだ取り組み推進し、今ある観光資源磨き上げや新たな魅力の掘り起こしを行っていくこととされております。  

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

1 自民・志政会会派からは、漁業者スポーツ関係者中心市街地 1 日本共産党会派からは、漁業者保育士民生委員 1 自由民主党会派からは、商店街(インバウンド対策)と、健康増進運動に取り組む方 1 市民の声あおもり会派からは、スポーツ指導者、働く障害者学生 1 公明党会派からは、学生、教師、防災士 1 橋本委員からは、橋や道路の夜間工事現場にかかわる人、集荷や出荷など24時間休みなく稼働している

十和田市議会 2019-03-19 03月19日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

支援事業について、幼児の発達支援事業について、糖尿病予防対策事業について、第6款農林水産業費では、にんにく防除技術開発支援対策事業について、野菜等産地力強化支援事業について、とわ産品情報発信等事業について、市営共同牧野指定管理について、森林整備事業について、第7款商工費では、(仮称)地域交流センター整備事業について、パワースポットマップ作成等事業について、DMOによる観光地域づくり事業について、インバウンド

十和田市議会 2019-03-08 03月08日-一般質問-02号

例えば市の観光施設へのWi―Fiの整備ですとか、観光情報英語版のホームページの制作、民間事業者が行うインバウンド受け入れ環境整備に対する補助などを行っているほか、特に十和田湖畔においては十和田湖観光交流センター「ぷらっと」への英語対応スタッフの配置や、湖畔にあるさまざまな案内看板のICTを活用した多言語化などを行っております。  

青森市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-02-28

2019年の青森港へのクルーズ船寄港回数は過去最多の27回、5月7日には世界で最も有名な豪華客船クイーンエリザベス号が寄港するなど、インバウンドにより青森市への海外旅行客は増加し続け、陸路、海路、空路を経由しての新幹線、フェリー、空港を組み合わせ、北海道からも観光客を引っ張ってくる立体観光効果を発揮しています。  

青森市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26

1 「インバウンド対策として、外国人観光客利便性向上につながるキャッシュレス決済導入は重要だと思うが、市の考えを示せ」との質疑に対し、「市では、キャッシュレス決済導入インバウンド対策として有効であると考えており、市内観光事業者等が同対策に要する費用の一部を助成する事業の対象に、今年度新たに電子決済端末導入を追加した。

弘前市議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第6号12月21日)

このほか、各施設の収支や利用状況、りんご公園の所管並びにインバウンド対策等について関連質疑が交わされたところであります。  次に、議案第149号から第151号までの審査の過程で、委員より「弘前職業訓練協会はどのような組織か。また、職業能力開発校収入源は何か。」との質疑に対し「当該協会認定職業訓練を実施し、労働者の養成と経済的・社会的地位向上を図る団体である。

青森市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10

3つ目項目、「観光振興誘客推進」においては、クルーズ船寄港数も年々増加し、インバウンドによる観光産業は確実に成長しています。私がお聞きしたいのは、1つ目項目の「産業振興雇用対策推進」の「雇用」の部分です。  質問します。基本構想の中で、施策の方向性に書かれてある若者の地元就職を促進するとありますが、主な取り組みをお示しください。  4つ目は、交通安全についてです。