955件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2021-12-09 12月09日-一般質問-02号

新たな税金の創設なのですが、最初の印象は、森林の整備に関して目的を持った事業に活用が限られているイメージがありましたが、そうではなく一般財源の中に繰り入れられて、その趣旨に沿った支出であれば幅広く活用できる税のようです。構築物であれば、外側はコンクリート、中に木材使用する、このような形でも可能なようです。  そこで、今現在どのような活用法を考えているのかお聞きします。  

十和田市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

暮らしやすいまちづくりを目指し、十和田市は地域の活動の拠点を小学校単位でイメージし、コミュニティーづくりに取り組んでいます。南小地区、東小地区、三小地区、法奥小地区、こうした地域にはそれなりの拠点がありますが、それ以外の地域はどう考えたらよいのでしょう。  藤坂地区には、かつては中学校がありました。藤坂稲作部では、農作業が伴いましたので、多くの雇用が生まれて、働いていました。

十和田市議会 2020-06-18 06月18日-一般質問-03号

その場合には、上北建設の北側にあります国道102号、そこと同じイメージをしていただければわかりますように、必要ございません。 ○議長竹島勝昭君) 6番 ◆6番(山端博君) ありがとうございます。右折レーンに関しては以上で質問は終わるのですが、早い時期とありましたので、市民感情も考えてなるべく早く、用地取得等もありますけれども、よろしくお願いいたします。  

八戸市議会 2020-03-24 令和 2年 3月 定例会−03月24日-付録

      〃     〃    田端 文明       〃     〃    小屋敷 孝       〃     〃    森園 秀一       〃     〃    冷水  保       〃     〃    伊藤 圓子       〃     〃    立花 敬之   中高年のひきこもりに対する実効性ある支援と対策を求める意見書  従来、ひきこもりは主として若年・青年層の課題としてイメージ

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会[ 資料 ] 2020-03-23

令和2年3月23日    ────────────────────────────────────────  議員提出議案第11号       中高年のひきこもりに対する実効性ある支援と対策を求める意見書(可決)  従来、ひきこもりは主として若年層の課題としてイメージされてきた。しかし最近では、就職氷河世代も含め中高年層に及ぶ大きな社会問題としてクローズアップされてきている。  

弘前市議会 2020-03-19 令和 2年第1回定例会(第6号 3月19日)

それから、1700万円、1400万円、合わせて3100万円の保証料と利子補給、この規模のイメージがちょっと湧かないのですけれども、大体、どの程度の数の市内の業者の皆さんとなるかというのは、ちょっとお答えできますか。できましたら、ちょっと。どの程度の量の業者となるのかというあたり、ちょっと伺っておきたいと思います。  

弘前市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第5号 3月 9日)

○18番(石岡千鶴子議員) なぜ協議会にこだわるかというと、協議会と名のつくものが果たして実効性のあるものなのかということを常に疑問視しておりまして、関係者の方々が集まって新規参入者をどう増やすべきかという、個々の立場からお話を伺うということは大変大事なことなのですが、イメージをしてみると、そこで集まった情報をどう活用して、どう引き水として実効性のあるものにしていくのか、ちょっとイメージが湧かない。

十和田市議会 2020-03-09 03月09日-一般質問-02号

また、日本ではデジタル機器は若者のもの、都会のものというイメージが強い。しかし、本来デジタルが必要なのは、遠いところへ足を運ぶことができない高齢者や、住宅地が点在している地方都市である。選挙にしろ、医療にしろ、モビリティーにしろ、地方のほうがデジタルとつながらないとサービスベルを維持できないとも語っております。  

八戸市議会 2020-03-06 令和 2年 3月 定例会−03月06日-04号

女性活躍推進事業主であることをPRすることで、優秀な人材の確保や企業イメージの向上等につながることが期待できるものです。  そこで(1)に、市としても、このようなえるぼし認定基準のようなものを設けて、積極的に女性管理職をふやす企業を推奨する考えはないか質問します。  次に、(2)に市役所の女性職員の管理職登用について質問します。  

八戸市議会 2020-03-05 令和 2年 3月 定例会-03月05日-03号

私も何がよいかいろいろと調べている中で見つけた曲でありまして、採用されることをイメージしながら、ユーチューブとかで聞きながら質問の原稿をつくらせていただきました。非常に気持ちが高揚するアップテンポな曲であります。御存じない方も多いと思いますので、ぜひユーチューブ等、または試合会場で購入をしていただいて聞いていただければ納得していただけるのではないかと思います。  

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

じゃあ、どういったものをやるのといったときに、なかなかイメージとしては湧きにくいんですよ。なので、まだ時間があるので、事業者とか、市民だとか、いろんな人の意見・アイデアを募って、これを使わない手はないと思いますので、観光の面でも、青森港の振興という観点でも、ぜひとも時間をかけて検討していっていただきたいなと思います。  最後に、あおもり桜マラソンについて。  

青森市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 2020-03-02

その結果、授業時数が増加するということがありますけれども、それに加えて、それまでの1、2年生のときには、例えば算数を例にとると、リンゴを持ち出して、リンゴの数を5個のリンゴと3個のリンゴで8個になるというふうに、実はイメージしやすいようなものとして学習するわけでございますけれども、3、4年生の段階から、例えば算数では分数や小数の計算のようなものが出てきます。

青森市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

名称も「あおもり親子はぐくみプラザ」と温かいイメージを感じさせるものとなりました。振り返れば、私が初めてこのネウボラ制度について質問したのは平成28年第2回定例会でした。4年越しの実現に大変うれしく思います。公明党会派としては、以前から切れ目のない支援を訴えてまいりましたが、行政が考えている切れ目のない支援と、現場であるお母さんにとっての切れ目のない支援には大きな隔たりがありました。

十和田市議会 2020-02-26 02月26日-議長選挙・議案説明・質疑-01号

また、主要4野菜十和田湖ひめますなどのブランドイメージの保全・強化のほか、市内飲食店と連携した地産地消の推進を通して販路拡大を図ってまいります。  畜産の振興については、肉用牛の主産地づくりを強化するため、計画的な県外からの優良雌牛の導入に対し支援を行うとともに、家畜防疫対策の推進に努め、生産基盤の強化を推進してまいります。  

八戸市議会 2020-01-21 令和 2年 1月 経済協議会-01月21日-01号

本事業は、八戸圏域の産品の認知度向上と販路の拡大を図るとともに、継続的に地域を応援してくれる関係人口の形成、増加、さらにはUIJターンによる移住、定住を促進する拠点を都内に設置するもので、このたび、開発事業者より開発エリア全体のイメージや具体の入居テナント等が正式に発表されましたことから、現時点での交流拠点の概要等について御説明申し上げるものでございます。  

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 2019-12-24

とすると、質問・質疑の内容が1つに限定されるようなイメージとなるので、各議員がそれぞれ違うことを聞いていることから、「こんなことを聞きました。」でよい  以上が主なる意見であるが、あおもり市議会だより「ぎかいの森」Vol.11の原稿審査については、議会事務局の説明のとおり決定された。  

八戸市議会 2019-12-13 令和 1年12月 屋内スケート場・スポーツ文化施設建設特別委員会−12月13日-01号

最後に、新美術館イメージパースを掲載してございます。左側はロータリー側から見た新美術館の外観のイメージ、右側は俯瞰して見た新美術館の内部のイメージとなります。  以上で説明を終わります。 ○岡田 委員長 ただいまの説明について御質問ありませんか。 ◆久保〔し〕 委員 前にも議会でもお話しして、高山議員もお話ししたんですけれども、壁の利用です。

八戸市議会 2019-12-13 令和 1年12月 観光振興特別委員会-12月13日-01号

◎安原 観光課長 まだ決定ではないですけれども、今我々のほうで想定している部分でいけば、家賃、賃料の部分に関しては都市圏のほうで負担するようなイメージで、これは他都市アンテナショップとかでも多いケースは、そういった賃料部分は自治体のほうが負担しているというのが多い部分もありましたので、そういった中ではあくまで賃料は基本的には都市圏として負担すると、八戸市が負担するという形の部分で考えておりまして、