運営者 Bitlet 姉妹サービス
371件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号 どちらかというと、国別に見ると中国であったり、台湾系、アジア系が多いかと思いますが、この受け入れ体制ということがこれから大変重要でございまして、特にインバウンドの受け入れについては、恐らく仮称・はちのへDMO、今、準備委員会のほうで、新聞報道でもさまざまな取り組みをインバウンドの受け入れ体制として取り組みが進められているというふうには伺っております。   もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 このときにOECDでは、アジア通貨危機があったからと指摘をしていますが、国内の問題では、1998年の自殺者数は3万2000人に増加しています。このときの完全失業率は4.6%で、過去最高ということです。失業者は300万人以上となって、このときの特徴は、中高年男性が多くなっております。  2006年に自殺対策基本法が制定され、この効果も一定度あったとは思いますが、2009年から減少していきます。 もっと読む
2018-09-07 青森市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07 議員お尋ねの国際大会等の誘致につきましては、平成15年に青森県が主体となって第5回アジア冬季競技大会が開催されましたように、原則として、都道府県が主体となって誘致、開催すべきものと考えております。その一方で、国内で順次開催される東北大会や全国大会などについては、市町村が担うのが一般的であると認識しております。 もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 認証取得できるGAPの種類としては、国際規格のグローバルGAP、日本がアジア圏内での国際規格化を目指しているアジアGAP、国内規格のJGAPのほか、都道府県等が基準を定めて行う都道府県等GAP、JA等が独自の基準を定めて行う自己点検GAPがございます。 もっと読む
2018-07-20 八戸市議会 平成30年 7月 建設協議会-07月20日-01号 原因といたしましては、主に成層圏のオゾンの沈降による影響のほか、アジア大陸からの越境汚染の影響も原因として考えられております。  次に、(2)有害大気汚染物質モニタリング調査結果についてでございますが、資料の5ページをごらんください。  八戸小学校1地点において毎月1回測定しております。環境基準が定められているベンゼン以下4物質につきましては環境基準を達成しております。 もっと読む
2018-06-12 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月12日-03号 当市は、国内最多となる過去12回を数えるスケート国体や2003冬季アジア大会を初めとする大規模な競技会が多数開催されるなど、スケート競技が盛んな氷都であり、また、オリンピックメダリストを輩出しているレスリングのまちであるといった地域特性を有しております。   もっと読む
2018-06-11 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号 交流人口の拡大においては、アイスホッケーのアジアリーグ所属のチームが両市にある強みを生かした取り組みや、訪日外国人旅行者の受け入れを含めた観光分野における取り組みなどにおいて連携を進めてまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-03-15 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号 クロージングイベントの内容でございますけれども、当リンクで活躍されたアスリートによるデモ滑走、例えばですが、2003年のアジア大会等に来ていただいて、500メートルのリンクレコードを持っている清水選手とか、現在スケート教室で講師として年2回来ていただいている岡崎朋美選手とか、そういう長根のリンクにゆかりのある選手を招聘したいと考えておりまして、そのほか各種有名人によるミニライブ等とか、また、長年リンク もっと読む
2018-02-28 弘前市議会 平成30年第1回定例会(第3号 2月28日) このような取り組みの結果、当市の昨年の外国人宿泊客数は、速報値ではありますが、3万8132人と一昨年の約3倍となり、このうち東アジア圏域の宿泊客数は3万2486人と全体の85.2%を占めていることから、今後も東アジアを初め、アジア圏域に対するアプローチは重要であると考えているところであります。  また、欧米の宿泊客数も昨年は2,727人で、一昨年の1.2倍となったところであります。 もっと読む
2017-12-14 八戸市議会 平成29年12月 観光振興特別委員会−12月14日-01号 ◆伊藤 委員 アジア系の方たちも、こういう自転車を利用して自分のペースで見ていけるという、お天気さえよければ本当に最高だと思うんです。私はこのインバウンドについて、最近は本当にアジア系が多いんですけれども、ヨーロッパ系の方たちというのは非常にこういうのが好きです。しかも日本におられる方々が自転車で各地をロードサイクリングという感じのイベントを自分たちがやる。 もっと読む
2017-09-12 八戸市議会 平成29年 9月 定例会−09月12日-03号 そのうち最も多かったのはアジアからの旅行客で、全体の約8割を占め、中でも中国499万人、韓国400万人、台湾368万人の上位3カ国のシェアは約6割に上るとのことです。一方で、訪日外国人観光客からは、国内の道路や施設の標識等に英語、中国語、韓国語の表示や観光先での情報収集に欠かせないWi−Fiの接続性に多くの不満が聞かれると伺っています。 もっと読む
2017-09-11 八戸市議会 平成29年 9月 定例会−09月11日-02号 当市では、昭和22年の第1回国民体育大会冬季大会を初め、現在までに12回の国民体育大会冬季大会が開催され、平成15年にはアジア冬季大会が開催されるなど、スケート競技において数多くの大会開催実績がございます。 もっと読む
2017-06-15 青森市議会 平成29年第2回定例会(第5号) 本文 2017-06-15 あと、昨年6月のアジアからの観光客の方の青森県内での小売消費を見ますと、全国や北海道というのは、1番に一般デパート、次にファッション、家電と続くんですが、青森県は一般デパートの次がスーパーマーケットなんです。3番目にファッションで、家電の小売というのが5番目ぐらいになっていて、そういうことも調べることができます。   もっと読む
2017-06-13 弘前市議会 平成29年第2回定例会(第2号 6月13日) ただ、議員御指摘のとおり、近年、アジア系の外国人が多く訪れておりまして、今後もふえるという見込みであるというふうに我々も認識しております。   もっと読む
2017-03-14 八戸市議会 平成29年 3月 観光振興特別委員会-03月14日-01号 主にアジアのほうがやはり多いです。これは県内と同じような形です。  どういったところを通じて来ているかといいますと、主に今ですと、正確にはどこから来ているというのは全て把握しているわけではないんですけれども、青森空港からのチャーター便ですとか、それからあとは一部北海道新幹線が開業いたしまして、その流れで八戸にも来ていただいていると、そういったものが多いです。 もっと読む
2017-03-03 弘前市議会 平成29年第1回定例会(第5号 3月 3日) 前々から、私も行政視察で九州なんかを訪れたときに、九州の市長はよくアジアも含めヨーロッパ、オーストラリアなどに訪問なさっているという記事はいろいろ見たことがちょっとあるのですけれども。  それで、今回ちょっと問題にしたのは、夫人の同伴の問題なのです。鹿児島市長のMさんは必ず奥様を、夫人を同伴していくことになっていると。 もっと読む
2017-03-03 弘前市議会 平成29年第1回定例会(第5号 3月 3日) 前々から、私も行政視察で九州なんかを訪れたときに、九州の市長はよくアジアも含めヨーロッパ、オーストラリアなどに訪問なさっているという記事はいろいろ見たことがちょっとあるのですけれども。  それで、今回ちょっと問題にしたのは、夫人の同伴の問題なのです。鹿児島市長のMさんは必ず奥様を、夫人を同伴していくことになっていると。 もっと読む
2017-03-01 八戸市議会 平成29年 3月 定例会−03月01日-04号 アジアの港湾の伸びは著しくて、1990年から大体15年間、日本と諸外国の貿易額、EUなどは1.5倍の伸びですけれども、韓国、中国に当たっては4.3倍ぐらい伸びていると。  それを考えると、やはり太平洋側にて、いかにユーラシアダイナミズムに乗っていくかと。ここはすごく市長のトップセールスにかかってくると思うのです。ぜひコスチュームも考えながら、引き続き頑張っていただきたいと思います。   もっと読む
2017-02-28 八戸市議会 平成29年 3月 定例会−02月28日-03号 彼女は、先週札幌で行われている冬季アジア大会においても見事初優勝を果たし、チームの中心選手として活躍しました。伊調さんのリオデジャネイロオリンピックでのパブリックビューイングを行っていただきましたが、同様にソチオリンピックでは女子アイスホッケー代表の試合もパブリックビューイングしていただきました。平昌オリンピックでもぜひ御企画いただきたいと要望いたします。   もっと読む
2016-12-12 八戸市議会 平成28年12月 定例会−12月12日-02号 これらの輸出先は、アジアが8カ国、アフリカが1カ国で、残念ながらこのときはヨーロッパへの輸出はございませんでした。   もっと読む