419件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号

また、おのおのの施設が特徴を生かし、アジアリーグの公式戦や、アイスホッケー、ショートトラック、フィギュアスケートの大会や練習の場として利用され、最近では他県の高校や大学の合宿のほか、中国や韓国の少年から大学生のアイスホッケーチームの合宿もふえてきております。

弘前市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3号 3月 6日)

そんな中で、ウインタースポーツというのはこのアジア圏域でいくと、欧米型のちゃんとしたスキーリゾート――スキー場があったりという、ウインタースポーツを楽しめる環境が整っているのが結構日本ぐらいなもので、そういう点でウインタースポーツに関して日本の持つ商品価値というのが大変高まってきて、実際に去年、ことしと、中国人観光客を含めた、いわゆるスキー観光で来る方々が大変多くなっているというところでございます。

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

当市におきましても、八戸観光コンベンション協会の調査による外国人延べ宿泊者数は、平成28年は前年比179.5%の約1万2000人、平成29年は前年比145.6%の約1万8000人、平成30年は前年比133.9%の約2万4000人と年々増加してきており、これは県内他自治体と連携して、アジア圏の海外旅行会社等に向けたプロモーションを継続して行った結果が実を結んだものと考えております。  

青森市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-04

アジアでも感染は拡大傾向にあり、フィリピンではことしに入り1万2000人以上が感染、早くも昨年1年間の約1万6000人に迫る勢いとなっており、死者も200人以上出ています。日本でも感染者が増加傾向にあり、国立感染症研究所の集計では、大阪、三重など、22都道府県で220人以上の感染が報告されています。

青森市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-02-27

現在検討を進めております本市のアリーナと既存公共施設との役割分担として、まず、マエダアリーナにつきましては、スポーツ面では、第5回アジア冬季競技大会が開催されたように国際大会などの大規模な大会が想定され、イベント面では、7000人程度を収容可能であり非常に多くの観客を動員する著名なアーティストによるコンサートでの利用などが想定される施設であるものと認識しております。

八戸市議会 2019-02-26 平成31年 3月 定例会-02月26日-01号

「いだてん」は、日本人初のオリンピック選手となった金栗四三さんと東京オリンピックの招致に尽力した田畑政治さんを主人公に、我が国初の参加となった1912年のストックホルムオリンピックから、アジアで初の開催となった1964年の東京オリンピックまでの52年間にわたり、関東大震災や第2次世界大戦などの苦難に耐えながらも、オリンピックにかけた人々のドラマを描いていくものであります。

八戸市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日-03号

長根リンクは、全国でも有数の歴史ある施設であり、これまで昭和5年の第1回全日本スピードスケート選手権大会を初め、数多くの全国大会が開催され、特に戦後間もない昭和22年は、すさんだ人々の心を奮い立たせるために、総力を挙げて第1回冬季スケート国体を実現させ、以後12回の国体と冬季アジア大会など、数多くの記録や物語の舞台となってまいりました。

八戸市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日-02号

ヨーロッパの国々では消費税を付加価値税と言いますが、ハンガリーが27%で一番高く、スウェーデンの25%、フランス、イギリスなど20%、ドイツで19%と非常に高い一方で、アジアの国々の消費税は、韓国10%、台湾5%となっており、日本の消費税率は、福祉や教育等の内容を抜きに、単純に税率だけでの比較で見ると結構低いことがわかります。

青森市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 2018-12-05

まず最初の1つ目のほうでございますけれども、スポーツツーリズム、壇上でもお話ししましたが、日本国内のみならず、周辺アジア、それから欧米、こういったところでも健康志向の高まりもあって、例えばマラソンにしても、日本の中のフルマラソンに参加したいということで日本を訪れている訪日外国人の方がたくさんいらっしゃいます。  

八戸市議会 2018-09-12 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号

どちらかというと、国別に見ると中国であったり、台湾系、アジア系が多いかと思いますが、この受け入れ体制ということがこれから大変重要でございまして、特にインバウンドの受け入れについては、恐らく仮称・はちのへDMO、今、準備委員会のほうで、新聞報道でもさまざまな取り組みをインバウンドの受け入れ体制として取り組みが進められているというふうには伺っております。  

八戸市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号

このときにOECDでは、アジア通貨危機があったからと指摘をしていますが、国内の問題では、1998年の自殺者数は3万2000人に増加しています。このときの完全失業率は4.6%で、過去最高ということです。失業者は300万人以上となって、このときの特徴は、中高年男性が多くなっております。  2006年に自殺対策基本法が制定され、この効果も一定度あったとは思いますが、2009年から減少していきます。

青森市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07

議員お尋ねの国際大会等の誘致につきましては、平成15年に青森県が主体となって第5回アジア冬季競技大会が開催されましたように、原則として、都道府県が主体となって誘致、開催すべきものと考えております。その一方で、国内で順次開催される東北大会や全国大会などについては、市町村が担うのが一般的であると認識しております。

青森市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04

認証取得できるGAPの種類としては、国際規格のグローバルGAP、日本がアジア圏内での国際規格化を目指しているアジアGAP、国内規格のJGAPのほか、都道府県等が基準を定めて行う都道府県等GAP、JA等が独自の基準を定めて行う自己点検GAPがございます。

八戸市議会 2018-07-20 平成30年 7月 建設協議会-07月20日-01号

原因といたしましては、主に成層圏のオゾンの沈降による影響のほか、アジア大陸からの越境汚染の影響も原因として考えられております。  次に、(2)有害大気汚染物質モニタリング調査結果についてでございますが、資料の5ページをごらんください。  八戸小学校1地点において毎月1回測定しております。環境基準が定められているベンゼン以下4物質につきましては環境基準を達成しております。

弘前市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第2号 6月19日)

その強みがあるのだけれども、やはりそれに反応してくれるお客さん、その強みを魅力として、さあ足を運んでもらおうという、運んでみようと思うお客さんにそれを売り込まなければだめだと思うのですけれども、3月の定例会でもちょっと話をしましたけれども、今、青森県、あるいは日本が重点的にターゲットとしている極東アジア、あるいは東南アジアですけれども、そういったところのお客さんというのは、滞在型よりもお買い物を楽しんだりとか

八戸市議会 2018-06-12 平成30年 6月 定例会−06月12日-03号

当市は、国内最多となる過去12回を数えるスケート国体や2003冬季アジア大会を初めとする大規模な競技会が多数開催されるなど、スケート競技が盛んな氷都であり、また、オリンピックメダリストを輩出しているレスリングのまちであるといった地域特性を有しております。  

八戸市議会 2018-03-15 平成30年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号

クロージングイベントの内容でございますけれども、当リンクで活躍されたアスリートによるデモ滑走、例えばですが、2003年のアジア大会等に来ていただいて、500メートルのリンクレコードを持っている清水選手とか、現在スケート教室で講師として年2回来ていただいている岡崎朋美選手とか、そういう長根のリンクにゆかりのある選手を招聘したいと考えておりまして、そのほか各種有名人によるミニライブ等とか、また、長年リンク

青森市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第6号) 本文 2018-03-06

TPP11、いわゆる米国を除く11カ国の環太平洋連携協定は、アジア太平洋地域との高い水準の経済自由化を目指し、昨年11月に大筋合意がなされた協定であります。また、日欧EPA、いわゆる欧州連合との経済連携協定は、EUとの幅広い経済関係の強化を目指し、昨年12月に妥結された協定であります。  

弘前市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第3号 2月28日)

このような取り組みの結果、当市の昨年の外国人宿泊客数は、速報値ではありますが、3万8132人と一昨年の約3倍となり、このうち東アジア圏域の宿泊客数は3万2486人と全体の85.2%を占めていることから、今後も東アジアを初め、アジア圏域に対するアプローチは重要であると考えているところであります。  また、欧米の宿泊客数も昨年は2,727人で、一昨年の1.2倍となったところであります。