15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

青森市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 2020-03-02

本市では、平成28年2月の国の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」の一部改正以降、市医師会に、より精度の高い胃内視鏡検査導入可能性について働きかけを行ってきており、専門医等読影委員によるダブルチェック体制に必要なマンパワー等について検討いただいてまいりました。

青森市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

本市では、平成28年2月の国の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」の一部改正以降、市医師会に、より精度の高い胃内視鏡検査導入可能性について働きかけを行ってきており、専門医等読影委員によるダブルチェック体制に必要なマンパワー等について御検討いただいてきたところであります。

青森市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-05

平成28年2月に国が定めた「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」が一部改正され、胃がん検診検査項目には、バリウムによるエックス線検査のほかに胃内視鏡検査が加わりました。本市は、国の指針に対してどのように取り組んでいるのか、現在の状況をお示しください。  次に、防災についてお尋ねします。  今年は、台風による甚大な被害が発生した年であります。

青森市議会 2016-09-06 平成28年第3回定例会(第3号) 本文 2016-09-06

市が実施している胃がん検診は、早期発見早期治療により、胃がんによる死亡率減少させることを目的に国が定めるがん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針に基づき、40歳以上の方を対象に、胃部エックス線検査市医師会等指定医療機関で行う個別検診と、青森県総合健診センターで行う集団検診により実施しているところでございます。  

青森市議会 2013-12-04 平成25年第4回定例会(第2号) 本文 2013-12-04

一方、本市がん検診は、本年第2回の市議会定例会で御答弁申し上げておりますが、がん早期発見し、早期治療により、がんで亡くなる方を減少させることを目的として、国が定めておりますがん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針に基づき、がん死亡率減少効果のある胃部エックス線による検診方法実施しているところでございます。  

青森市議会 2013-06-06 平成25年第2回定例会(第3号) 本文 2013-06-06

市が実施しているがん検診は、早期発見により、そのがんで死亡する可能性減少させることを目的としておりますことから、国が定めているがん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針において、胃がん検診方法として効果があるとしている胃部エックス線検査により、これまでどおり実施したいと考えております。

弘前市議会 2009-03-12 平成21年第1回定例会(第4号 3月12日)

子宮がん乳がん検診については、平成20年4月1日から適用された国の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」において、2年に1回行うものとされております。  そのため、機会を逃すことなく受診していただけるよう、該当の皆様には、はがきで通知するなどして受診率の向上に努めております。  

青森市議会 2007-03-06 平成19年第1回定例会(第2号) 本文 2007-03-06

国におきましては、このことを重大な問題としてとらえ、平成10年にはがん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針を定め、がん対策の基本的な方向を示したほか、平成16年にはがん検診に関する検討会が、がん死亡率減少目的乳がん検診実施方法を見直しした結果、その一つとして、40歳以上の方へマンモグラフィーが導入され、現在に至っているところでございます。  

青森市議会 1998-06-15 旧青森市 平成10年第2回定例会(第4号) 本文 1998-06-15

しかし、幾ら告示にかわるがん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針の作成によって、これまでどおりがん検診は推進すると説明はしているものの、それはあくまで参考資料であり、国の事業としての性格は大きく後退するものでしかありません。まして交付税措置するとは言ってもその額は不明であり、結局はがん検診実施は市町村の自主判断となってしまうのです。

  • 1