六ヶ所村議会 > 2020-09-11 >
令和2年 第4回定例会(第4号) 本文 2020年09月11日
令和2年 第4回定例会(第4号) 名簿 2020年09月11日

  • "������"(/)
ツイート シェア
  1. 六ヶ所村議会 2020-09-11
    令和2年 第4回定例会(第4号) 本文 2020年09月11日


    取得元: 六ヶ所村議会公式サイト
    最終取得日: 2021-04-28
    ▼最初のヒットへ(全 0 ヒット議長高橋文雄君) おはようございます。  これより本日の会議を開きます。  日程第1、議案審議を行います。  議案第88号を議題といたします。  担当課長説明を求めます。上下水道課長上下水道課長豊作和夫君) それでは、議案第88号債権放棄について、ご説明いたします。  議案書は58ページをお願いいたします。  水道料金に係る債権放棄についてであります。債権放棄について、別冊でお手元に配付しております提出案件参考資料の19ページをお願いいたします。  2の債権の分類について地方公共団体が有する金銭債権記載されておりますが、公債権と私債権に分類され、水道料金に係る債権は私債権であります。  20ページをお願いいたします。  4の私債権について、徴収については強制徴収裁判手続が必要であること、債権放棄債務者援用が必要であり、それ以外は議会議決を要するところであります。消滅時効期間は旧民法規定で2年、改正民法規定で5年とされているところであります。今回の債権放棄案件は、全て旧民法規定が適用される平成29年度以前のものとなります。  19ページに戻っていただきます。  1の私債権について、村の私債権消滅時効期間経過援用の申出がないもののうち、債権者の死亡や住所不明、生活困窮などにより徴収困難なものが見受けられ、滞納額増加傾向にあることから、村の私債権管理のより一層の適正化を図るため、債権放棄するものであります。  議案書の58ページに戻っていただきます。  1の債務者は、59ページ、60ページの別紙記載のとおり13名であります。住所氏名債権発生年月等記載しております。ご参照ください。  2の放棄する額は、総額で34万420円であります。  3の放棄理由については、別紙記載のとおり債務者死亡が5名、債務者所在不明が6名、債務者収監中が1名、債務者職権削除者が1名となっており、いずれも債権回収できる見込みがなく、かつ消滅時効が完成していることによるものであります。  提案理由につきましては、債権放棄について地方自治法第96条第1項第10号の規定により提案するものであります。  以上説明とさせていただきます。よろしくお願いします。 議長高橋文雄君) 説明が終了しました。これより質疑を行います。質疑はありませんか。
                   (なしの声) 議長高橋文雄君) 質疑なしと認め、質疑を終了し、これより討論を行います。討論はありませんか。                (なしの声) 議長高橋文雄君) 討論なしと認め、討論を終わります。  これより議案第88号を採決いたします。  お諮りします。  議案第88号債権放棄について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。                (異議なしの声) 議長高橋文雄君) ご異議なしと認めます。よって、本案原案のとおり可決されました。  次に、議案第89号を議題といたします。  担当課長説明を求めます。農林水産課長農林水産課長赤石良悦君) それでは議案第89号についてご説明いたします。  議案書61ページをお願いいたします。  議案第89号は、公の施設指定管理者指定についてであり、公の施設指定管理者指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会議決を求めるものであります。  1の公の施設名称は六ヶ所村ごぼう貯蔵選別施設、2の指定管理者となる団体名称はゆうき青森農業協同組合、3の指定期間令和2年9月14日から令和6年3月31日までであります。  別冊参考資料の21ページをお願いいたします。  指定管理者候補者選定については、六ヶ所村公施設に係る指定管理者指定手続等に関する条例等に基づき、次のとおり指定管理者候補者選定を行ったところであります。  1の指定管理者制度を導入する基本的な考え方としては、公の施設管理運営民間事業者も含む法人その他の団体の経営の発想ノウハウを有効活用しつつ、住民サービスの向上を図り、併せて管理経費縮減等を図ることを目的に導入することとしております。  2の公の施設管理主体に関する考え方としては、(1)の直営管理とする施設は、村が直接管理しなければならない法的根拠がある施設や、業務の特殊性専門性等を踏まえ、村が直接サービスを提供することが適当な施設としており、(2)の指定管理者による管理が望ましい施設は、民間事業者等ノウハウを活用することにより、利用者サービスの充実やコストの削減ができる施設及び単純な管理業務が主となっている施設としており、当該施設はこの指定管理者による管理が望ましい施設に該当するとしたところであります。  3の公の施設名称及び4の指定期間については、先ほどご説明しましたので割愛させていただきます。  5の公募、非公募の区分でありますが、当該施設は非公募であります。  6の非公募考え方でありますが、当該施設は村の主力品目であるゴボウの貯蔵及び選別を行う施設であり、村の施設を効果的、効率的に実現するために第三セクター等の持つ専門性やネットワークを活用しながら、管理運営を行うことが適当な場合に該当するものとしたものであります。  7の指定管理者候補者選定手順でありますが、公募によらず指定管理者選定する施設にあっては、六ヶ所村指定管理者選定委員会に諮ることなく、施設所管課において審査を行い、村長の決裁をもって候補者としたところであります。  8の指定管理者候補者選定結果でありますが、(1)の指定管理者候補者となる団体名称は、ゆうき青森農業協同組合であります。指定管理料は、なしとなっております。(2)の選定理由についてでありますが、当該団体は地域の農業振興に寄与することを目的として設立された団体であり、類似施設管理運営を長年にわたり適切に行ってきた実績があり、当該団体が持つ専門的知見や技術を活用した効果的、効率的な管理運営が可能であると判断したところであります。  再度、議案書61ページをお願いいたします。  提案理由につきましては、公の施設管理及び運営を効果的かつ効率的に行わせるため、六ヶ所村公施設に係る指定管理者指定手続等に関する条例第5条第1項の規定により、指定管理者指定を提案するものであります。  説明は以上です。よろしくお願いいたします。 議長高橋文雄君) 説明が終了しました。これより質疑を行います。質疑はありませんか。                (なしの声) 議長高橋文雄君) 質疑なしと認め、質疑を終了し、これより討論を行います。討論はありませんか。                (なしの声) 議長高橋文雄君) 討論なしと認め、討論を終わります。  これより議案第89号を採決いたします。  お諮りします。  議案第89号公施設指定管理者指定について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。                (異議なしの声) 議長高橋文雄君) ご異議なしと認めます。よって、本案原案のとおり可決されました。  日程第2、諮問第2号人権擁護委員候補者推薦についてを議題といたします。  提出者説明を求めます。村長村長戸田 衛君) それでは、諮問第2号についてご説明申し上げます。  議案書の78ページをご覧いただきます。  諮問第2号は人権擁護委員候補者推薦についてであります。  下記の者を人権擁護委員として推薦したいので、議会意見を求めるものであります。  住所、六ヶ所村大字泊字焼山520番地2。  氏名本間睦美氏。  生年月日昭和36年1月14日。  提案理由ですが、人権擁護委員候補者として本間睦美氏を法務大臣に対し推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会意見を求めるものであります。  なお、別冊参考資料22ページには、人権擁護委員候補者略歴について掲載しておりますので、ご参照の上、ご審議のほどよろしくお願いいたします。 議長高橋文雄君) 説明が終了しました。これより質疑を行います。質疑はありませんか。                (なしの声) 議長高橋文雄君) 質疑なしと認め、質疑を終了し、これより討論を行います。討論はありませんか。                (なしの声) 議長高橋文雄君) 討論なしと認め、討論を終わります。  これより諮問第2号を採決いたします。  お諮りします。  諮問第2号人権擁護委員候補者推薦について、原案人権擁護委員候補者として適任である旨、答申することにご異議ありませんか。                (異議なしの声) 議長高橋文雄君) ご異議なしと認めます。よって、原案人権擁護委員候補者として適任である旨、答申することに決定しました。  日程第3、議会同意を求める件を議題といたします。同意第15号を議題といたします。  提出者説明を求めます。村長村長戸田 衛君) 議案書の79ページをお願いいたします。  同意第15号は、六ヶ所村教育委員会委員任命についてであります。下記の者を六ヶ所村教育委員会委員任命したいので、議会同意を求めるものであります。  住所、六ヶ所村大字倉内字道ノ上39番地20。  氏名簗田信義氏。  生年月日昭和22年7月3日。  提案理由ですが、六ヶ所村教育委員会委員簗田信義氏を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定により、議会同意を求めるものであります。  なお、別冊参考資料の23ページには簗田氏の略歴を掲載しておりますので、ご参照の上、ご審議のほどよろしくお願いいたします。 議長高橋文雄君) 説明が終了しました。これより質疑を行います。質疑はありませんか。                (なしの声) 議長高橋文雄君) 質疑なしと認め、質疑を終了し、これより討論を行います。討論はありませんか。                (なしの声) 議長高橋文雄君) 討論なしと認め、討論を終わります。  これより同意第15号を採決いたします。  お諮りします。  同意第15号六ヶ所村教育委員会委員任命について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。                (異議なしの声) 議長高橋文雄君) ご異議なしと認めます。よって、本案原案同意することに決しました。  日程第4、六ヶ所村選挙管理委員会委員及び補充員選挙について議題といたします。  お諮りします。  選挙方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。                (異議なしの声) 議長高橋文雄君) ご異議なしと認めます。よって、選挙方法指名推選によることに決しました。  続いてお諮りします。  指名推選方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。                (異議なしの声) 議長高橋文雄君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定いたしました。  選挙管理委員会委員には、辻浦英朗氏、三戸 明氏、佐々木武次郎氏、葛西徹也氏、以上の方を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま議長が指名した方を選挙管理委員会委員当選人と定めることにご異議ありませんか。                (異議なしの声) 議長高橋文雄君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました辻浦英朗氏、三戸 明氏、佐々木武次郎氏、葛西徹也氏、以上の方が選挙管理委員会委員に当選されました。  次に、選挙管理委員会委員補充員には、次の方を指名します。第1順位濱田勉氏、第2順位田中新吾氏、第3順位高橋壽政氏、第4順位阿部 亨氏、以上の方を指名します。  お諮りします。  ただいま議長が指名した方を選挙管理委員会委員補充員当選人と定めることにご異議ありませんか。                (異議なしの声) 議長高橋文雄君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました、第1順位濱田勉氏、第2順位田中新吾氏、第3順位高橋壽政氏、第4順位阿部 亨氏、以上の方が、順序のとおり選挙管理委員会委員補充員に当選されました。  日程第5、議員発議を行います。  発議第1号を議題といたします。  提出者説明を求めます。3番橋本 竜議員。 3番(橋本 竜君) 発議第1号新型コロナウイルス感染症影響に伴う地方財政の急激な悪化に対し地方税財源確保を求める意見書提出について、ご説明いたします。
     本案提出するに当たり、小泉 勉議員寺下和光議員の賛成が得られましたので、会議規則第14条の規定に基づき、提出するものであります。  提出する意見書の内容は、資料の2ページであります。  新型コロナウイルス感染症の拡大は、甚大な経済的・社会的影響をもたらしており、国民生活への不安が続いている中で、地方税地方交付税等一般財源の激減が避けがたくなっています。  地方自治体は、福祉・医療、教育・子育て、防災・減災、地方創生地域経済活性化雇用対策など喫緊の財政需要への対応をはじめ長期化する感染症対策にも迫られ、今後の地方財政は、かつてない厳しい状況になることが予想されます。  このような状況を鑑み、国においては令和3年度地方財政対策及び地方税制改正に向け、下記5つ事項を確実に実現されるよう、地方自治法第99条の規定により、衆参両院議長内閣総理大臣をはじめとする関係大臣に対して、意見書提出を求めるものであります。  以上でございます。 議長高橋文雄君) 説明が終了しました。これより質疑を行います。質疑はありませんか。                (なしの声) 議長高橋文雄君) 質疑なしと認め、質疑を終了し、これより討論を行います。討論はありませんか。                (なしの声) 議長高橋文雄君) 討論なしと認め、討論を終わります。  これより発議第1号を採決いたします。  お諮りいたします。  発議第1号新型コロナウイルス感染症影響に伴う地方財政の急激な悪化に対し地方税財源確保を求める意見書提出について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。                (異議なしの声) 議長高橋文雄君) ご異議なしと認めます。よって、本案原案のとおり可決されました。  日程第6、委員長報告を行います。総務企画常任委員長。5番。 総務企画常任委員長高田博光君) おはようございます。  総務企画常任委員会から報告いたします。  本定例会において、当委員会に付託された審議事項はありませんでしたが、去る8日に委員会を開催し、六ヶ所村新庁舎建設基本構想素案)について、外1件の報告担当課より説明を受け、審議いたしました。  1件目の六ヶ所村新庁舎建設基本構想素案)についてでは、六ヶ所村新庁舎建設庁内検討委員会及び同部会において、新しい庁舎に求められる機能及び規模、建設場所候補地など、基本的な事項検討結果について報告がなされ、今後は六ヶ所村新庁舎建設検討委員会を設置し、外部の有識者などの意見を取り入れ、新庁舎建設基本構想基本計画の策定に向け、検討していく旨の説明がありました。  委員からは、1、本村と同程度の人口規模や環境を有する自治体の庁舎を視察調査すべきである、2、若い世代の発想を取り入れるために、検討委員会のメンバーに若手の職員も入れるべきである、3、近年頻発している自然災害原子力災害を考慮し、住民から批判されないよう場所の選定をするべきである、などの意見が出されました。  2件目の防衛省に対する要望活動についてでは、先般6月に開催した委員会において検討事項としておりました、新型コロナウイルス感染症を踏まえた要望活動の可否について審議し、委員会としては要望活動の実施は東北防衛局にすることや、参加者については議長、正副委員長の3名で村長に同行し、行うことといたしました。  以上で、総務企画常任委員会からの報告といたします。 議長高橋文雄君) 産業建設常任委員長産業建設常任委員長松本光明君) 産業建設常任委員会からご報告を申し上げます。  本定例会において、当委員会に付託された審議事項はありませんでしたが、去る8日に委員会を開催し、新型コロナウイルス感染症の第一次産業への影響について、外1件の報告担当課より説明を受け、審議しました。  1件目の新型コロナウイルス感染症の第一次産業への影響についてでは、農林水産物の本年5月から7月までの期間収量価格等を昨年同期間と比較し、新型コロナウイルス感染症影響の有無を調査した結果、仔牛取引価格及び枝肉卸売価格以外は価格等への影響は見られないものの、消費・需要低下影響が長期化することが想定されることから、今後も市場の価格推移農漁業者経営状況を注視しつつ、国、県、農協・漁協の関係機関情報共有・連携を図りながら適切な対応検討していくとの説明がありました。  委員からは、収量価格だけで新型コロナウイルス感染症との因果関係を判断するのではなく、需要の低下に伴う出荷停止なども考えられるため、様々な情報を下に調査し、因果関係を判断すべきであるなどの意見が出されました。  2件目の六ヶ所村ごぼう貯蔵選別施設についてでは、指定管理者制度の導入の経緯や施設使用料金などを含む施設の概要について説明があり、その後実施した現地調査では、選別所貯蔵庫内の温度管理等の運用について詳細な説明がありました。  以上で産業建設常任委員会からの報告といたします。 議長高橋文雄君) 福祉教育常任委員長。3番。 福祉教育常任委員長橋本 竜君) 福祉教育常任委員会から報告いたします。  本定例会において、当委員会に付託された審議事項はありませんでしたが、去る9日に委員会を開催し、青森県立六ヶ所高等学校への支援事業について、外1件の報告担当課より説明を受け、審議しました。  1件目の青森県立六ヶ所高等学校への支援事業についてでは、六ヶ所高校に在学する生徒の通学手段確保するため実施している、六ヶ所高校通学バス委託事業など計4事業について説明がありました。  委員会からは、1、六ヶ所高校通学バス委託事業については、路程を見直し、運行バスの台数を再検討すべきである、2、六ヶ所高校入学者を増やすために行政と学校が連携し、他の高校にはない魅力の創出に努める必要があるのではないか、などの意見が出されました。  2件目の生活支援給付金給付事業高等学校等就学支援)の支給状況についてでは、新型コロナウイルス感染症影響に対する経済的な支援策として実施している、六ヶ所村高等学校等就学支援給付金給付事業支給状況について、対象高校生等約270名中、支給予定を含む184名に支給していることなど説明がありました。  なお、当委員会では、六ヶ所高等学校が抱える課題等を調査するため、閉会中の継続調査申出書を提出いたしました。  以上で福祉教育常任委員会からの報告といたします。 議長高橋文雄君) 以上で委員長報告を終わります。  日程第7、福祉教育常任委員会閉会中の継続調査についてを議題といたします。  福祉教育常任委員長より会議規則第75条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり閉会中の継続調査の申出がありました。  お諮りします。  委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。                (異議なしの声) 議長高橋文雄君) ご異議なしと認めます。よって、委員長からの申出のとおり閉会中の継続調査に付することに決定しました。  以上で、本定例会日程は全部終了しました。  この際、村長より発言の申出がありますので許可をいたします。村長村長戸田 衛君) 第4回議会定例会閉会に当たりまして、お礼のご挨拶を申し上げます。  本議会定例会提出いたしました議案13件、報告3件、認定9件、諮問1件、同意1件を原案どおり可決賜り、心からお礼申し上げます。  新型コロナウイルスは依然として収束の兆しが見えないのでありますが、幸いにも本村は現在のところ感染者が出ていない状況にあり、これも議員皆様、村民の皆様感染防止に注意を注いでいる結果だと、ご協力に感謝を申し上げるところでございます。村としても引き続き感染防止対策に講じてまいりますので、議員皆様のご指導、ご協力を申し上げ、お礼の挨拶といたします。ありがとうございます。 議長高橋文雄君) 以上をもちまして、令和2年第4回六ヶ所村議会定例会閉会いたします。  大変お疲れさまでした。  議事録の顛末を証するためここに署名する。   令和2年  月  日     六ヶ所村議会議長   高 橋  文 雄     議事録署名者     橋 本  隆 春     議事録署名者     相 内  宏 一 六ヶ所村議会情報 - 六ヶ所村ホームページ Copyright (c) Rokkasho Village Assembly All rights reserved....