十和田市議会 > 2020-11-29 >
11月29日-議案説明-01号

ツイート シェア
  1. 十和田市議会 2020-11-29
    11月29日-議案説明-01号


    取得元: 十和田市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-21
    令和 元年  12月定例会(第4回)   令和元年11月29日(金曜日)                                        議事日程第1号 令和元年11月29日(金)午前10時開議 第1  会議録署名議員の指名 第2  会期の決定 第3  諸般の報告 第4  請願第31―1号 最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める請願の委員長             報告 第5  請願第1―7号 十和田市道見世糠森線(路線番号1098)拡張及び舗装工事に             関する請願委員会付託 第6  請願第1―8号 免税軽油制度の継続に関する請願委員会付託 第7  観光建設常任委員会所管事務調査の報告 第8  議案第66号 十和田市手話言語条例の制定について 第9  議案第67号 十和田職員の分限に関する条例等の一部を改正する条例の制定           について 第10  議案第68号 十和田災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例           の制定について 第11  議案第69号 十和田市民の家条例の一部を改正する条例の制定について 第12  議案第70号 十和田市勤労青少年ホーム条例を廃止する条例の制定について 第13  議案第71号 公の施設(松陽小学校仲よし会)の指定管理者の指定について 第14  議案第72号 公の施設(十和田市営大平放牧場ほか4施設)の指定管理者の指           定について 第15  議案第73号 公の施設(十和田産業振興施設)の指定管理者の指定について 第16  議案第74号 公の施設(十和田市営宇樽部キャンプ場)の指定管理者の指定に           ついて 第17  議案第75号 公の施設(十和田現代美術館及び十和田市西二番町駐車場)の           指定管理者の指定について 第18  議案第76号 十和田地区環境整備事務組合規約の変更について 第19  議案第77号 青森県市町村職員退職手当組合組織する地方公共団体の数の減           少及び青森県市町村職員退職手当組合規約の変更について 第20  議案第78号 令和元年度十和田一般会計補正予算(第5号) 第21  議案第79号 令和元年度十和田水道事業会計補正予算(第1号) 第22  議案第80号 令和元年度十和田病院事業会計補正予算(第1号) 第23  同意第6号 人権擁護委員の候補者の推薦について                                        本日の会議に付した事件 議事日程に同じ ただし、議案第78号を先議                                        出席議員(22名)    1番  山 田 洋 子    2番  今 泉 信 明    3番  中 嶋 秀 一    4番  中 尾 利 香    5番  小笠原 良 子    6番  山 端   博    7番  櫻 田 百合子    8番  氣 田 量 子    9番  斉 藤 重 美   10番  久 慈 年 和   11番  江 渡 信 貴   12番  堰野端 展 雄   13番  工 藤 正 廣   14番  石 橋 義 雄   15番  小 川 洋 平   16番  赤 石 継 美   17番  豊 川 泰 市   18番  畑 山 親 弘   19番  織 川 貴 司   20番  野 月 一 博   21番  戸 来   伝   22番  竹 島 勝 昭                                        欠席議員(なし)                                        説明のため出席した者   市     長  小山田   久   副  市  長  西 村 雅 博   総 務 部 長  漆 舘   仁   企 画 財政部長  中 野 孝 則   民 生 部 長  福 島   均   健 康 福祉部長  北 舘 祐 子   農 林 商工部長  本 宿 貴 一   建 設 部 長  甲 田 信 二   上 下 水道部長  森   忠 久   会 計 管 理 者  山 田 広 美   総 務 課 長  田 村 和 久   政 策 財政課長  漆 舘 典 子   病院事業管理者  松 野 正 紀   病 院 事務局長  接 待 隆 敏   教  育  長  丸 井 英 子   教 育 部 長  江 渡 準 悦   選挙管理委員会  古 舘   實   委  員  長   選挙管理委員会  小笠原   大   事 務 局 長   代 表 監査委員  髙 岡 和 人   監 査 委 員  高 坂 れい子   事 務 局 長   農業委員会会長  力 石 堅太郎   農 業 委 員 会  今 泉 卓 也   事 務 局 長                                        職務のため出席した事務局職員   事 務 局 長  佐々木   誠   次     長  齋 藤 文 子   議 会 係 長  木 村 美穂子   主     査  岩 城 圭 祐                           午前10時00分 開会 ○議長竹島勝昭) 出席議員定足数に達していますので、定例会成立しました。  ただいまから令和元年11月22日告示招集されました令和元年第4回十和田議会定例会を開会いたします。 ○議長竹島勝昭) これより本日の会議を開きます。  本日の議事は、議事日程第1号をもって進めます。 △日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長竹島勝昭) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、11番江渡信貴議員、12番堰野端展雄議員を指名します。 △日程第2 会期の決定 ○議長竹島勝昭) 日程第2、会期の決定を議題とします。  お諮りします。今定例会会期は、本日から12月13日までの15日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) ご異議なしと認めます。  よって、会期は15日間と決定しました。 △日程第3 諸般の報告 ○議長竹島勝昭) 日程第3、諸般の報告を行います。  議長の処理事項及び議員派遣の報告については、お手元に配付してあります報告書のとおりですので、ご了承願います。 △日程第4 請願第31―1号 最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める請願の委員長報告 ○議長竹島勝昭) 日程第4、請願第31―1号 最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める請願の委員長報告を議題とします。  本請願に関し、委員長の報告を求めます。  観光建設常任委員長 14番 石橋義雄議員観光建設常任委員長報告        (14番 石橋義雄 登壇) ◆14番(石橋義雄) 平成31年3月19日の本会議において当委員会に付託されました請願第31―1号 最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める請願について、審査の経過と結果をご報告申し上げます。  本請願の趣旨は、最低賃金を大幅に引き上げること、全国一律最低賃金制度の確立など、地域格差を縮小させるための施策を進めること、中小企業への支援策を拡充すること、中小企業憲章を踏まえ、中小企業基本法などを法改正すること、雇用の創出と安定に資する政策を実施すること、以上の内容の意見書を政府関係機関に提出していただきたいというものであります。  当委員会では、5回にわたり委員会を開催し、理事者側の説明を受けるなど、慎重に審査を進めてまいりました。  理事者側の説明では、青森県最低賃金青森地方最低賃金審議会が審議をして改正されるもので、金額を決める際には中央最低賃金審議会から示された金額を参考にしながら審議されていること。2018年の改定による青森県最低賃金は、時間額762円で、最も高い東京都とは223円の乖離が見られること。国では、最低賃金引き上げに向けた中小企業、小規模事業者への支援紹介マニュアルを作成し、支援体制の整備を図っていること。また、雇用情勢が特に悪い地域への支援や、地方での就職や農林漁業での就職に関する支援なども行っていることなどの説明を受けました。  当委員会で協議をした結果、最低賃金を引き上げる方向性には賛同するが、地方経済が停滞している現状において、上げ幅は企業の経営状況に応じたものである必要があり、急な賃金の引き上げは、かえって経営を圧迫するのではないか。地域差も考慮すべきであるため、全国一律とするのは難しいのではないか。国や県などの中小企業、小規模事業者に対する支援も行われているなどの意見が出され、採決の結果、全員異議なく不採択とすべきものと決定をいたしました。  以上、当委員会に付託となりました請願の審査の経過と結果についてご報告申し上げましたが、当委員会の決定どおり議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、委員長報告といたします。 ○議長竹島勝昭) ただいまの委員長報告に対して質疑を許します。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) なしと認めます。  これより採決を行います。  本請願は起立により採決します。  お諮りします。本請願の委員長報告は不採択とすべきものであります。本請願を採択することに賛成の方の起立を求めます。       (賛成者起立) ○議長竹島勝昭) 起立少数です。  よって、請願第31―1号は不採択とすることに決定しました。 △日程第5 請願第1―7号 十和田市道見世糠森線(路線番号1098)拡張及び舗装工事に関する請願委員会付託及び日程第6 請願第1―8号 免税軽油制度の継続に関する請願委員会付託 ○議長竹島勝昭) 日程第5、請願第1―7号 十和田市道見世糠森線(路線番号1098)拡張及び舗装工事に関する請願委員会付託及び日程第6、請願第1―8号 免税軽油制度の継続に関する請願委員会付託までの請願2件を一括議題とします。  受理した請願は、お手元に配付しました請願文書表のとおり、請願第1―7号は観光建設常任委員会に、請願第1―8号は総務文教常任委員会に付託しますので、報告します。
    △日程第7 観光建設常任委員会所管事務調査の報告 ○議長竹島勝昭) 日程第7、観光建設常任委員会所管事務調査の報告を議題とします。  観光建設常任委員長から所管事務調査の報告の申し出がありますので、発言を許します。  観光建設常任委員長 14番 石橋義雄議員観光建設常任委員長報告        (14番 石橋義雄 登壇) ◆14番(石橋義雄) 令和元年11月13日の観光建設常任委員会において調査をした市道焼山線の整備状況及び桂月橋の災害対策の調査の経過と結果をご報告申し上げます。  初めに、1件目の市道焼山線の整備状況は、7月23日に開催された市議会市民との意見交換会において、市道焼山線の改良をしているが、立石発電所送水管上部の紅葉橋についてどのように進んでいるかとの意見が出されたことを踏まえ、調査を行ったものであります。  理事者側からは、市道焼山線は総延長12.2キロメートル、改良済み区間8.11キロメートル、未改良区間は4.09キロメートルとなっており、立石発電所付近の1.2キロメートルの区間は整備が未計画であること。現在旧笠石家交差点西側から桂月橋交差点東側までの計画済みの区間を平成30年度から10年かけて整備する予定であり、立石発電所付近の区間は、その後に調査研究することなどの説明を受けました。また、当該路線の状況について現地調査を行いました。  当委員会としては、未計画区間の早期計画、整備着工を望むと意見集約をしました。  続いて、2件目の桂月橋の災害対策でありますが、こちらも市議会市民との意見交換会において、桂月橋は川からの高さがないので、大雨のとき災害が発生しないのかとの意見が出されたことを踏まえ、調査を行ったものであります。  理事者側からは、桂月橋は平成30年度に青森県と協議し、補修工事を実施していること。過去の増水時にも橋の被害はなかったことから、安全性に問題はないと考えていることなどの説明を受けました。また、桂月橋の現地調査も行いました。  当委員会としては、桂月橋の安全対策は適切に進められていると意見集約をしました。  以上、当委員会での所管事務調査の経過と結果についてご報告申し上げます。 ○議長竹島勝昭) ただいまの委員長報告に対し、質疑を許します。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) なしと認めます。  以上で観光建設常任委員会所管事務調査の報告を終わります。 △日程第8 議案第66号 十和田市手話言語条例の制定について~日程第23 同意第6号 人権擁護委員の候補者の推薦について ○議長竹島勝昭) 日程第8、議案第66号 十和田市手話言語条例の制定についてから日程第23、同意第6号 人権擁護委員の候補者の推薦についてまでの議案15件、同意1件を一括上程します。  この際、理事者から提案理由の説明を求めます。  市長       (市長 小山田 久 登壇) ◎市長(小山田久) おはようございます。令和元年第4回定例会の開会に当たり、提案いたしました議案について、その概要をご説明申し上げます。  議案第66号の十和田市手話言語条例の制定については、手話が言語であるとの認識に基づき、手話への理解の促進及び手話の普及に関する基本理念を定めるとともに、市の責務並びに市民及び事業者の役割を明らかにするためのものであります。  議案第67号の十和田職員の分限に関する条例等の一部を改正する条例の制定については、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律施行に伴い、関係する条例5件について所要の改正を行うためのものであります。  議案第68号の十和田災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、災害弔慰金の支給等に関する法律及び同法施行令の一部改正に伴い、引用条文の整理をするためのものであります。  議案第69号の十和田市民の家条例の一部を改正する条例の制定については、十和田市民の家に指定管理者制度を導入するためのものであります。  議案第70号の十和田市勤労青少年ホーム条例を廃止する条例の制定については、令和2年3月31日をもって十和田市勤労青少年ホームを廃止するためのものであります。  議案第71号の公の施設(松陽小学校仲よし会)の指定管理者の指定については、当該施設指定管理者として合同会社とわだみらいを指定するためのものであります。  議案第72号の公の施設(十和田市営大平放牧場ほか4施設)の指定管理者の指定については、当該施設指定管理者として田代牧野畜産農業協同組合を引き続き指定するためのものであります。  議案第73号の公の施設(十和田産業振興施設)の指定管理者の指定については、当該施設指定管理者として株式会社パワフルジャパン和田を引き続き指定するためのものであります。  議案第74号の公の施設(十和田市営宇樽部キャンプ場)の指定管理者の指定については、当該施設指定管理者として合同会社十和田湖ガイドハウス櫂を指定するためのものであります。  議案第75号の公の施設(十和田現代美術館及び十和田市西二番町駐車場)の指定管理者の指定については、当該施設指定管理者としてナンジョウアンドアソシエイツグループを引き続き指定するためのものであります。  議案第76号の十和田地区環境整備事務組合規約の変更については、同組合監査委員について同組合議会議員からの選任にかえて識見を有する者から選任することとするため、同組合規約の変更について協議するためのものであります。  議案第77号の青森県市町村職員退職手当組合組織する地方公共団体の数の減少及び青森県市町村職員退職手当組合規約の変更については、構成団体である三戸郡福祉事務組合が令和2年3月31日をもって解散することに伴い、青森県市町村職員退職手当組合組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の変更について協議するためのものであります。  議案第78号の令和元年度十和田一般会計補正予算第5号について申し上げます。今回の補正は、歳入歳出それぞれ9,016万4,000円を追加いたしました。この結果、歳入歳出予算それぞれの総額は361億7,077万8,000円となりました。  歳出の主なものについては、総務費として高齢者運転免許証自主返納支援事業に要する経費並びに寄附による育英基金及び子ども夢チャレンジ基金への積立金、民生費として保育所等整備事業に要する経費、衛生費として水道事業会計への繰出金、農林水産業費としてアフリカ豚コレラ侵入防止対策として実施する防護柵の整備の支援に要する経費、商工費として十和田湖温泉郷の看板改修等に要する経費、災害復旧費として令和元年10月の台風19号により被害を受けた土木災害の復旧に要する経費の追加であります。  次に、歳入の主なものについては、基金繰入金6,201万7,000円及び国庫支出金1,803万6,000円の追加であります。  繰越明許費並びに債務負担行為及び地方債の補正については、見込み額を計上いたしました。  議案第79号の令和元年度十和田水道事業会計補正予算第1号について申し上げます。今回の補正は、上水道事業の固定資産の除却に伴う経費、簡易水道事業における繰り出し基準の改定による一般会計負担金等について補正いたしました。  議案第80号の令和元年度十和田病院事業会計補正予算第1号について申し上げます。今回の補正は、警備業務、院内清掃業務等の委託に係る12件の債務負担行為の見込み額を計上いたしました。  同意第6号の人権擁護委員の候補者の推薦については、令和2年3月31日をもって任期満了となる人権擁護委員、森勝氏を引き続き推薦するためのものであります。  以上、本議会に提案いたしました議案の概要について申し述べましたが、詳細につきましてはその都度ご説明申し上げますので、ご審議の上、ご賛同賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 △日程の変更について ○議長竹島勝昭) 次に、お諮りします。  この際、日程の順序を変更し、日程第20、議案第78号 令和元年度十和田一般会計補正予算第5号を先議したいと思います。これにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) ご異議なしと認めます。  よって、日程の順序を変更し、日程第20、議案第78号を先議することに決定しました。 △日程第20 議案第78号 令和元年度十和田一般会計補正予算(第5号) ○議長竹島勝昭) 日程第20、議案第78号 令和元年度十和田一般会計補正予算第5号を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) ご異議なしと認めます。  よって、議案第78号は原案のとおり可決されました。 △休会の件 ○議長竹島勝昭) 以上で本日の日程は全部終了しました。  お諮りします。明11月30日から12月8日までの9日間は、常任委員会審査及び議案熟考等のため休会したいと思います。これにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) ご異議なしと認めます。  よって、明11月30日から12月8日までの9日間は、休会することに決定しました。 △散会 ○議長竹島勝昭) 来る12月9日は午前10時から本会議を開き、市政に対する一般質問を行います。  本日はこれにて散会します。  大変ご苦労さまでした。                           午前10時23分 散会...