十和田市議会 > 2017-12-13 >
12月13日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号

ツイート シェア
  1. 十和田市議会 2017-12-13
    12月13日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号


    取得元: 十和田市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-09-13
    平成29年 12月定例会(第4回)   平成29年12月13日(水曜日)                                        議事日程第4号 平成29年12月13日(水)午前10時開議 第1  総務文教常任委員会所管事務調査の報告 第2  建設常任委員会所管事務調査の報告 第3  報告第27号 専決処分の報告について      専決第17号 平成29年度十和田市一般会計補正予算(第5号) 第4  報告第28号 専決処分の報告について      専決第18号 自動車事故に係る和解及び損害賠償の額の決定について 第5  議案第42号 十和田市田中孝奨学生教育支援基金条例の制定について 第6  議案第43号 十和田市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の           制定について 第7  議案第44号 十和田市放課後児童健全育成施設条例の一部を改正する条例の制           定について 第8  議案第45号 十和田市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定につい           て 第9  議案第46号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結につ           いて(野辺地町) 第10  議案第47号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結につ           いて(七戸町) 第11  議案第48号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結につ           いて(六戸町) 第12  議案第49号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結につ           いて(横浜町) 第13  議案第50号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結につ           いて(東北町) 第14  議案第51号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結につ           いて(六ヶ所村) 第15  議案第52号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結につ           いて(おいらせ町) 第16  議案第53号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結につ           いて(小坂町) 第17  議案第54号 公の施設(高清水小学校仲よし会)の指定管理者の指定について 第18  議案第55号 公の施設(洞内小学校仲よし会)の指定管理者の指定について 第19  議案第56号 公の施設(四和小学校仲よし会)の指定管理者の指定について 第20  議案第57号 字の区域の変更について 第21  議案第58号 字の区域の変更について 第22  議案第59号 十和田市営土地改良事業(災害復旧)の施行について 第23  議案第60号 平成29年度十和田市一般会計補正予算(第6号) 第24  議案第61号 平成29年度十和田市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) 第25  議案第62号 平成29年度十和田市病院事業会計補正予算(第1号) 第26  同意第28号 人権擁護委員の候補者の推薦について 第27  同意第29号 人権擁護委員の候補者の推薦について 第28  同意第30号 人権擁護委員の候補者の推薦について 第29  同意第31号 人権擁護委員の候補者の推薦について 第30  同意第32号 人権擁護委員の候補者の推薦について 第31  同意第33号 人権擁護委員の候補者の推薦について 第32  請願第29―1号 農業者戸別所得補償制度の復活をもとめる請願の継続審査 第33  請願第29―3号 収入保険ではなく戸別所得補償の復活を求め、果樹共済の「特             定危険方式」を廃止しないことを求める請願の継続審査 第34  請願第29―5号 慎重な憲法論議を求める請願の継続審査 第35  請願第29―7号 政治分野への男女共同参画を推進するための法整備を求める             請願の継続審査 第36  請願第29―8号 市道古安鹿・清瀬線の舗装整備に関する請願の継続審査 第37  請願第29―9号 治安維持法犠牲者国家賠償法の制定を求める国への意見書             提出についての請願の委員会付託及び継続審査 第38  陳情第29―2号 若い人も高齢者も安心できる年金を求める意見書採択の陳情             の委員会付託及び継続審査 第39  発議第5号 西十和田トンネル建設促進に関する意見書 第40  発議第6号 道路整備予算の拡充及び道路整備に係る補助率等のかさ上げ措置           の継続を求める意見書 第41  議員派遣の件 第42  議案第63号 十和田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定に           ついて 第43  議案第64号 十和田市議会議員の議員報酬及び費用弁償条例の一部を改正する           条例の制定について 第44  議案第65号 十和田市特別職の職員の給与に関する条例及び十和田市病院事業           管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について 第45  議案第66号 平成29年度十和田市一般会計補正予算(第7号) 第46  議案第67号 平成29年度十和田市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号) 第47  議案第68号 平成29年度十和田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号) 第48  議案第69号 平成29年度十和田市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)                                        本日の会議に付した事件 議事日程に同じ                                        出席議員(19名)    1番  櫻 田 百合子 君    2番  山 端   博 君    3番  氣 田 量 子 君    4番  斉 藤 重 美 君    5番  久 慈 年 和 君    6番  江 渡 信 貴 君    7番  小 村 初 彦 君    8番  舛 甚 英 文 君    9番  堰野端 展 雄 君   10番  田 中 重 光 君   12番  石 橋 義 雄 君   13番  小 川 洋 平 君   14番  赤 石 継 美 君   15番  豊 川 泰 市 君   16番  畑 山 親 弘 君   17番  織 川 貴 司 君   18番  沢 目 正 俊 君   20番  竹 島 勝 昭 君   22番  工 藤 正 廣 君                                        欠席議員(3名)   11番  今 泉 勝 博 君   19番  戸 来   伝 君   21番  野 月 忠 見 君                                        説明のため出席した者   市     長  小山田   久 君   副  市  長  西 村 雅 博 君   総 務 部 長  漆 舘   仁 君   企 画 財政部長  中 野 孝 則 君   民 生 部 長  高 屋 昌 幸 君   健 康 福祉部長  北 舘 祐 子 君   農 林 部 長  野 田 健 治 君   観 光 商工部長  本 宿 貴 一 君   建 設 部 長  白 山 亨 三 君   上 下 水道部長  甲 田 信 二 君   会 計 管 理 者  佐々木 優美子 君   総 務 課 長  田 村 和 久 君   人 事 課 長  宮 崎 久仁彦 君   政 策 財政課長  漆 舘 典 子 君   こ ど も子育て  平 舘 雅 子 君   支 援 課 長   農 林 畜産課長  小笠原 明 彦 君   土 木 課 長  杉 沢 健 一 君   病院事業管理者  松 野 正 紀 君   病 院 事務局長  接 待 隆 敏 君   教  育  長  丸 井 英 子 君   教 育 部 長  内 山 幸 治 君   教 育 総務課長  三 上 和 一 君   ス ポ ー ツ ・  小山田 亮 二 君   生 涯 学習課長   選挙管理委員会  古 舘   實 君   委  員  長   選挙管理委員会  竹ケ原 松 生 君   事 務 局 長   監 査 委 員  髙 岡 和 人 君   監 査 委 員  高 坂 れい子 君   事 務 局 長   農業委員会会長  力 石 堅太郎 君   農 業 委 員 会  佐々木 勇 悦 君   事 務 局 長                                        職務のため出席した事務局職員   事 務 局 長  佐々木   誠   次     長  齋 藤 文 子   議 会 係 長  木 村 美穂子   主 任 主 査  村 舘   聡                           午前10時00分 開議 ○議長(工藤正廣君) 出席議員は定足数に達していますので、会議は成立しました。  これより本日の会議を開きます。  本日の議事は、議事日程第4号をもって進めます。 △日程第1 総務文教常任委員会所管事務調査の報告 ○議長(工藤正廣君) 日程第1、総務文教常任委員会所管事務調査の報告を議題とします。  総務文教常任委員長から所管事務調査の報告の申し出がありますので、発言を許します。  総務文教常任委員長 8番 舛甚英文君 △総務文教常任委員長報告        (8番 舛甚英文君 登壇) ◆8番(舛甚英文君) それでは、報告します。  平成29年10月24日及び11月30日の総務文教常任委員会において調査した休屋地区への窓口業務拡充についての調査の経過と結果についてご報告申し上げます。  本件は、市議会・市民との意見交換会で出された要望であり、当委員会では理事者側の出席を求め、説明及び質疑応答により調査いたしました。  理事者側からは、休屋地区における証明書発行サービスについて3つの方法の調査検討を行った結果の説明を受けました。1つ目は、休屋地区と支所等を結ぶバスを運行する方法で、現在はJRバスや過疎地有償運送が行われているが、バスを借り上げると週3回で年間約1,400万円かかる。2つ目は、ぷらっとで申請、交付する方法だが、冬期間は閉館すること、また正職員がいないため管理体制等の課題が大きい。3つ目は、休屋地区にある事業者に委託する方法で、郵便局に委託可能だが、専用機器を導入し、維持運営した場合、証明書交付1枚当たりにかかる経費が約7,600円と試算される。以上のことから、現時点ではいずれの方法も費用対効果等の観点から直ちに実施することは難しく、当面はこれまでと同様、郵便請求、または既存のバスを利用していただきたいこと。ただし、今後廉価な方法が提供されるなども含め、状況に変化があった場合は速やかに検討するなどの説明がありました。  委員からは、コストを考えるのは当然だが、なるべく早く何らかの対応はしてほしい。郵便請求の方法がわかりにくいので、絵を使ったわかりやすい説明や、町内会を通し周知することも効果的だと思う。今年度策定予定の地域公共交通網形成計画に期待しているなどの意見が出されました。  当委員会といたしましては、郵便請求の方法をよりわかりやすく周知すること及び窓口業務拡充の方法について、引き続き調査研究することを強く要望すると意見集約しました。  以上、当委員会での所管事務調査の経過と結果についてご報告申し上げます。 ○議長(工藤正廣君) ただいまの委員長報告に対して質疑を許します。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  以上で総務文教常任委員会所管事務調査の報告を終わります。 △日程第2 建設常任委員会所管事務調査の報告 ○議長(工藤正廣君) 日程第2、建設常任委員会所管事務調査の報告を議題とします。  建設常任委員長から所管事務調査の報告の申し出がありますので、発言を許します。  建設常任委員長 14番 赤石継美君 △建設常任委員長報告        (14番 赤石継美君 登壇) ◆14番(赤石継美君) 平成29年11月9日及び12月4日の建設常任委員会において調査をした高清水地区における災害復旧対応及び高清水駅前地区の道路整備について、調査の経過と結果をご報告申し上げます。  今回の調査は、5月に開催された市議会・市民との意見交換会において、高清水小学校地区の道路から雨水が農業用排水に流入し、田に冠水被害があること。傾斜地崩落危険地の防災工事をしてほしい。高清水駅前地区の通学、生活路の簡易舗装、水路のふたを設置してほしいとの要望等が出されたことを踏まえ、調査を行ったものです。  当委員会では、本件に関し理事者側の出席を求め、説明を受けるとともに、要望として挙げられた箇所の現地視察を行いました。  理事者からの説明では、雨水の流入による田への冠水被害については、稲生川の幹線水路に新たに排水路を接続することができないことから面的な測量設計が必要であり、本年度以降の整備に向けて進めていること。共同墓地付近の急傾斜崩壊地については、下に民家等がないことから防災工事の優先度は低く、整備は難しいこと。通学路、生活路の簡易舗装、水路のふたの設置を要望している箇所は幅員が3メートルしかなく、緊急車両の通行も困難なことから拡幅も必要と思われるが、土地所有者が多数いる共有地であり、相続等も発生していることから買収は困難である。しかし、現道のまま舗装することは可能と思われるなどの説明がありました。  当委員会としては、通学路、生活路として使用している道路の舗装等に関して地元住民と協議し、現道のまま整備することに理解が得られたなら整備を進めてほしいと意見集約いたしました。  以上、当委員会での所管事務調査の経過と結果についてご報告申し上げます。 ○議長(工藤正廣君) ただいまの委員長報告に対して質疑を許します。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  以上で建設常任委員会所管事務調査の報告を終わります。 △日程第3 報告第27号 専決処分の報告について ○議長(工藤正廣君) 日程第3、報告第27号 専決処分の報告についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。  5番 ◆5番(久慈年和君) 私からは、ポスター掲示場の設置と撤去についてお聞きしたいと思います。  昨年夏のポスターの設置、撤去、経費が507万円ぐらいかかっていました。今回575万円程度かかっていますので、その理由を教えていただきたいと思います。 ○議長(工藤正廣君) 選挙管理委員会事務局長選挙管理委員会事務局長(竹ケ原松生君) お答えいたします。  参議院議員選挙衆議院議員選挙の違いにおきましては、衆議院議員選挙の場合は最高裁判所裁判官の国民審査がございます。そして、その国民審査の審査される方々の氏名の掲示板という立て札みたいなものですが、それが各投票所338カ所に設置されますので、その分が上乗せとなっております。  以上です。 ○議長(工藤正廣君) ほかに質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり)
    ○議長(工藤正廣君) これにて質疑を終了します。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、報告第27号は承認することに決定しました。 △日程第4 報告第28号 専決処分の報告について ○議長(工藤正廣君) 日程第4、報告第28号 専決処分の報告についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  以上で報告第28号は報告済みとします。 △日程第5 議案第42号 十和田市田中孝奨学生教育支援基金条例の制定について ○議長(工藤正廣君) 日程第5、議案第42号 十和田市田中孝奨学生教育支援基金条例の制定についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。  20番 ◆20番(竹島勝昭君) 個人からの寄附金を財源とした基金条例の制定は初めてのことだと思いますので、二、三確認のためお伺いします。  まず、1つ目は、他の制度による奨学金との重複支給はあるのかどうか。  2つ目は、生活困窮者が対象となっていますが、市民税の所得割課税が要件となっているが、なぜか。  3つ目は、申請要件である所得状況がもし在学中に変更した場合はどうなるのか、その3点についてお伺いします。 ○議長(工藤正廣君) 教育部長 ◎教育部長(内山幸治君) お答えいたします。  実は、経済的に困窮している家庭への支援策として、県のほうで同じような給付型の奨学金制度を実施してございます。そちらとは重複しないということになっております。  その給付に関して、先ほどご質問の市民税の課税に関する要件がございましたけれども、その点につきまして今申し上げた県の制度においては、いわゆる生活保護世帯及び非課税世帯に対して申請があれば、すべからく給付されるということになっております。そこで、そちらと重複しないようにするために、本市のこの条例に基づく基金の場合は、いわゆる準要保護世帯の中の課税世帯ということで、県が実施している対象者に準じて困窮度のある家庭への支援策ということで実施しているところでございます。  また、在学中に状況が大きく変化した場合には当然そこで変更になることになります。  以上でございます。 ○議長(工藤正廣君) 20番 ◆20番(竹島勝昭君) 奨学生が定員の20名あった場合として、年間の支払額はどのぐらい見込んでいるのか教えてください。 ○議長(工藤正廣君) 教育部長 ◎教育部長(内山幸治君) お答えいたします。  今回の教育支援制度におきましては、1家庭に対しまして入学準備金を5万円、そして以降は月額5,000円の給付としていますので、3年間合計しますと23万円の給付ということになりますので、その20人分ということで考えていただければと思います。  以上でございます。       (「議長、暫時休憩してください」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) 暫時休憩します。                           午前10時15分 休憩                                                                   午前10時17分 開議 ○議長(工藤正廣君) 休憩を解いて会議を開きます。  20番 ◆20番(竹島勝昭君) 私の計算だと1年目は220万円、2年目は340万円、3年目は460万円になるのではないかなと。だとすれば、1年間で約500万円ぐらい原資を使うわけですから、まず原資が十二、三年しかもたないのかなと。このとおり利子の低い時代ですから、ないような時代ですから、この原資の5,000万円というのは十二、三年でなくなるのかなと。もしなくなった場合はどうするのですか。市で補填する考えもあるのですかということを聞きたい。 ○議長(工藤正廣君) 教育部長 ◎教育部長(内山幸治君) お答えいたします。  今回のこの奨学金に関しましては、寄附者の希望もございまして、当初から10年ぐらいは継続できるシステムにしてほしいということもございまして、そういったことから逆算して1人当たりの支給額を設定したところでございますけれども、あくまで今回の寄附に基づく制度でございますので、基金が尽きたときには終了ということで考えてございます。  以上でございます。 ○議長(工藤正廣君) 5番 ◆5番(久慈年和君) 十和田市奨学金貸与条例、それからその中に奨学生選考委員会というのが第4条にありますけれども、私がちょっと聞きたいのは、例えば今回の条例には第11条で、3月に準備金として給付するのだというふうにありますけれども、その決定については奨学金貸与条例にも、それから施行規則にも書いていませんけれども、決定の期間がいつなのか、そこをちょっと。  それともう一点は、3月に給付するのですけれども、その給付する時期が3月上旬なのか、下旬なのか、それによって相当支給される方の準備として違ってくると思いますので、そこをちょっと教えてください。 ○議長(工藤正廣君) 答弁。教育部長 ◎教育部長(内山幸治君) お答えいたします。  選考委員会の決定のめどとしては、2月下旬を想定してございます。そして、3月下旬に準備金を支給する予定でございます。  以上でございます。 ○議長(工藤正廣君) 5番 ◆5番(久慈年和君) 2月下旬に決定の通知があるということですね。それちょっと遅くないかなと私は考えるのですけれども、それは毎年2月下旬になるという、これまでもさまざまな奨学金貸与条例等でありますけれども、それも3月下旬に給付しているという内容であるのですか。であれば、同じであればいいのかなというふうに思うのですけれども、そこをちょっと答弁お願いします。 ○議長(工藤正廣君) 教育部長 ◎教育部長(内山幸治君) お答えいたします。  これは、高校に入学する生徒に支給するものでございますので、高校入試等の結果等を踏まえ、本人の進学の意思が決定した段階での支給となってございますので、この時期となっております。  以上でございます。 ○議長(工藤正廣君) ほかに質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) これにて質疑を終了します。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第42号は原案のとおり可決されました。 △日程第6 議案第43号 十和田市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について ○議長(工藤正廣君) 日程第6、議案第43号 十和田市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第43号は原案のとおり可決されました。 △日程第7 議案第44号 十和田市放課後児童健全育成施設条例の一部を改正する条例の制定について ○議長(工藤正廣君) 日程第7、議案第44号 十和田市放課後児童健全育成施設条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第44号は原案のとおり可決されました。 △日程第8 議案第45号 十和田市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について ○議長(工藤正廣君) 日程第8、議案第45号 十和田市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。  9番 ◆9番(堰野端展雄君) 今回道路法施行令の一部改正によっての改正なのですけれども、この条例改正の新旧対照表を見ても、ほとんどの部分で今回占用料が下がっております。上がっているのは、十和田市に余り関係ないトンネルだとか、高速道路ですか、そういった部分は若干上がっていますけれども、ほぼ下がっている状況になっていますけれども、これ金額としては全体的にどのぐらい下がるものでしょうか。 ○議長(工藤正廣君) 建設部長 ◎建設部長(白山亨三君) 堰野端議員のご質問にお答えいたします。  平成29年度当初の金額でございますが、1,215万4,628円がこの単価改正によりまして1,170万2,664円、45万1,964円の減となります。  以上です。 ○議長(工藤正廣君) 9番 ◆9番(堰野端展雄君) わかりました。意外とそれほどでもない金額かなとはちょっと今感じたのですけれども、これ実際今回は下がっているのですが、恐らく地価の関係で、地価が上がれば当然上がるとは、上がってほしいのですが、その辺はどういうふうになっていますでしょうか。 ○議長(工藤正廣君) 建設部長 ◎建設部長(白山亨三君) ご質問にお答えします。  これの額につきましては、平成27年度の固定資産税評価がえに伴いまして、地価に対する賃料の水準の変動等で下がったものでございます。これに伴いまして、国でも当初は3段階でございましたが、これが5段階になりまして、十和田市は一番安い5段階に下がっております。これについて単価のほうが上がるかどうかということは、なかなか厳しいものと考えております。  以上です。 ○議長(工藤正廣君) ほかに質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) これにて質疑を終了します。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第45号は原案のとおり可決されました。 △日程第9 議案第46号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(野辺地町) ○議長(工藤正廣君) 日程第9、議案第46号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(野辺地町)を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第46号は原案のとおり可決されました。 △日程第10 議案第47号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(七戸町) ○議長(工藤正廣君) 日程第10、議案第47号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(七戸町)を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第47号は原案のとおり可決されました。 △日程第11 議案第48号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(六戸町) ○議長(工藤正廣君) 日程第11、議案第48号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(六戸町)を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第48号は原案のとおり可決されました。 △日程第12 議案第49号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(横浜町) ○議長(工藤正廣君) 日程第12、議案第49号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(横浜町)を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第49号は原案のとおり可決されました。 △日程第13 議案第50号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(東北町) ○議長(工藤正廣君) 日程第13、議案第50号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(東北町)を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第50号は原案のとおり可決されました。 △日程第14 議案第51号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(六ヶ所村) ○議長(工藤正廣君) 日程第14、議案第51号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(六ヶ所村)を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第51号は原案のとおり可決されました。 △日程第15 議案第52号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(おいらせ町) ○議長(工藤正廣君) 日程第15、議案第52号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(おいらせ町)を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第52号は原案のとおり可決されました。 △日程第16 議案第53号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(小坂町) ○議長(工藤正廣君) 日程第16、議案第53号 定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について(小坂町)を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第53号は原案のとおり可決されました。 △日程第17 議案第54号 公の施設(高清水小学校仲よし会)の指定管理者の指定について ○議長(工藤正廣君) 日程第17、議案第54号 公の施設(高清水小学校仲よし会)の指定管理者の指定についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第54号は原案のとおり可決されました。
    △日程第18 議案第55号 公の施設(洞内小学校仲よし会)の指定管理者の指定について ○議長(工藤正廣君) 日程第18、議案第55号 公の施設(洞内小学校仲よし会)の指定管理者の指定についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第55号は原案のとおり可決されました。 △日程第19 議案第56号 公の施設(四和小学校仲よし会)の指定管理者の指定について ○議長(工藤正廣君) 日程第19、議案第56号 公の施設(四和小学校仲よし会)の指定管理者の指定についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第56号は原案のとおり可決されました。 △日程第20 議案第57号 字の区域の変更について ○議長(工藤正廣君) 日程第20、議案第57号 字の区域の変更についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。 △日程第21 議案第58号 字の区域の変更について ○議長(工藤正廣君) 日程第21、議案第58号 字の区域の変更についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第58号は原案のとおり可決されました。 △日程第22 議案第59号 十和田市営土地改良事業(災害復旧)の施行について ○議長(工藤正廣君) 日程第22、議案第59号 十和田市営土地改良事業(災害復旧)の施行についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。 △日程第23 議案第60号 平成29年度十和田市一般会計補正予算(第6号) ○議長(工藤正廣君) 日程第23、議案第60号 平成29年度十和田市一般会計補正予算第6号を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。 △日程第24 議案第61号 平成29年度十和田市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) ○議長(工藤正廣君) 日程第24、議案第61号 平成29年度十和田市介護保険事業特別会計補正予算第2号を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。 △日程第25 議案第62号 平成29年度十和田市病院事業会計補正予算(第1号) ○議長(工藤正廣君) 日程第25、議案第62号 平成29年度十和田市病院事業会計補正予算第1号を議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第62号は原案のとおり可決されました。 △日程第26 同意第28号 人権擁護委員の候補者の推薦について ○議長(工藤正廣君) 日程第26、同意第28号 人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本件はこれを適任とすることにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、同意第28号は適任とすることに決定しました。 △日程第27 同意第29号 人権擁護委員の候補者の推薦について ○議長(工藤正廣君) 日程第27、同意第29号 人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本件はこれを適任とすることにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、同意第29号は適任とすることに決定しました。 △日程第28 同意第30号 人権擁護委員の候補者の推薦について ○議長(工藤正廣君) 日程第28、同意第30号 人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本件はこれを適任とすることにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、同意第30号は適任とすることに決定しました。 △日程第29 同意第31号 人権擁護委員の候補者の推薦について ○議長(工藤正廣君) 日程第29、同意第31号 人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本件はこれを適任とすることにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、同意第31号は適任とすることに決定しました。 △日程第30 同意第32号 人権擁護委員の候補者の推薦について ○議長(工藤正廣君) 日程第30、同意第32号 人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本件はこれを適任とすることにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、同意第32号は適任とすることに決定しました。 △日程第31 同意第33号 人権擁護委員の候補者の推薦について ○議長(工藤正廣君) 日程第31、同意第33号 人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題とします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本件はこれを適任とすることにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、同意第33号は適任とすることに決定しました。 △日程第32 請願第29―1号 農業者戸別所得補償制度の復活をもとめる請願の継続審査~日程第36 請願第29―8号 市道古安鹿・清瀬線の舗装整備に関する請願の継続審査 ○議長(工藤正廣君) 日程第32、請願第29―1号 農業者戸別所得補償制度の復活をもとめる請願の継続審査から日程第36、請願第29―8号 市道古安鹿・清瀬線の舗装整備に関する請願の継続審査までの請願5件を一括議題とします。  総務文教常任委員長観光経済常任委員長建設常任委員長から、現在委員会において審査中の請願について、会議規則第111条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。  お諮りします。各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、請願第29―1号から請願第29―8号までの請願5件は、総務文教常任委員長観光経済常任委員長建設常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定しました。 △日程第37 請願第29―9号 治安維持法犠牲者国家賠償法の制定を求める国への意見書提出についての請願の委員会付託及び継続審査及び日程第38 陳情第29―2号 若い人も高齢者も安心できる年金を求める意見書採択の陳情の委員会付託及び継続審査 ○議長(工藤正廣君) 日程第37、請願第29―9号 治安維持法犠牲者国家賠償法の制定を求める国への意見書提出についての請願の委員会付託及び継続審査及び日程第38、陳情第29―2号 若い人も高齢者も安心できる年金を求める意見書採択の陳情の委員会付託及び継続審査までの請願1件、陳情1件を一括議題とします。  お諮りします。請願第29―9号及び陳情第29―2号は、お手元に配付しました請願文書表のとおり、総務文教常任委員会及び民生福祉常任委員会に付託の上、閉会中の継続審査とすることにしたいと思います。これにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、請願第29―9号及び陳情第29―2号の請願1件、陳情1件は、総務文教常任委員会及び民生福祉常任委員会に付託の上、閉会中の継続審査とすることに決定しました。 △日程第39 発議第5号 西十和田トンネル建設促進に関する意見書 ○議長(工藤正廣君) 日程第39、発議第5号 西十和田トンネル建設促進に関する意見書を議題とします。  お諮りします。本案については、会議規則第37条第3項の規定により提案理由の説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、発議第5号については、提案理由の説明を省略することに決定しました。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、発議第5号は原案のとおり可決されました。 △日程第40 発議第6号 道路整備予算の拡充及び道路整備に係る補助率等のかさ上げ措置の継続を求める意見書 ○議長(工藤正廣君) 日程第40、発議第6号 道路整備予算の拡充及び道路整備に係る補助率等のかさ上げ措置の継続を求める意見書を議題とします。  お諮りします。本案については、会議規則第37条第3項の規定により提案理由の説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、発議第6号については、提案理由の説明を省略することに決定しました。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、発議第6号は原案のとおり可決されました。 △日程第41 議員派遣の件 ○議長(工藤正廣君) 日程第41、議員派遣の件を議題とします。  お諮りします。議員派遣については、お手元に配付しました議員派遣の件のとおり決定したいと思います。これにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議員派遣の件については、お手元に配付しました議員派遣の件のとおり決定しました。 △日程第42 議案第63号 十和田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について~日程第48 議案第69号 平成29年度十和田市介護保険事業特別会計補正予算(第3号) ○議長(工藤正廣君) 日程第42、議案第63号 十和田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから日程第48、議案第69号 平成29年度十和田市介護保険事業特別会計補正予算第3号までの議案7件を一括上程します。  この際、理事者から提案理由の説明を求めます。  市長       (市長 小山田 久君 登壇) ◎市長(小山田久君) これより本議会に追加提案いたしました議案について、その概要をご説明申し上げます。  議案第63号の十和田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定については、青森県人事委員会勧告の内容に準じ、職員の給料月額、初任給調整手当の額及び勤勉手当の支給割合を改定するためのものであります。  議案第64号の十和田市議会議員の議員報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例の制定については、議会議員の期末手当の支給割合を改定するためのものであります。  議案第65号の十和田市特別職の職員の給与に関する条例及び十和田市病院事業管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定については、市長、副市長、教育長及び病院事業管理者の期末手当の支給割合を改定するためのものであります。  議案第66号の平成29年度十和田市一般会計補正予算第7号について申し上げます。今回の補正は、歳入歳出それぞれ8,763万7,000円を減額いたしました。この結果、歳入歳出予算それぞれの総額は306億3,226万8,000円となりました。  歳出については、給与改定等に伴う人件費及び特別会計への繰出金を補正いたしました。  歳入については、基金からの繰入金8,763万7,000円の減額であります。  議案第67号から議案第69号までの平成29年度各特別会計補正予算については、一般会計補正予算と同様に給与改定等に伴う人件費を補正いたしました。  これにより、議案第67号の平成29年度十和田市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号については、歳入歳出それぞれ377万1,000円を減額し、歳入歳出予算それぞれの総額は85億3,218万1,000円となりました。  議案第68号の平成29年度十和田市後期高齢者医療特別会計補正予算第2号については、歳入歳出それぞれ16万8,000円を追加し、歳入歳出予算それぞれの総額は5億9,812万4,000円となりました。  議案第69号の平成29年度十和田市介護保険事業特別会計補正予算第3号については、歳入歳出それぞれ542万5,000円を減額し、歳入歳出予算それぞれの総額は69億9,013万円となりました。  以上、本議会に追加提案いたしました議案の概要について申し述べましたが、詳細につきましてはその都度ご説明申し上げますので、ご審議の上、ご賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。 △日程第42 議案第63号 十和田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について ○議長(工藤正廣君) 最初に、日程第42、議案第63号 十和田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についての質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第63号は原案のとおり可決されました。 △日程第43 議案第64号 十和田市議会議員の議員報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例の制定について ○議長(工藤正廣君) 次に、日程第43、議案第64号 十和田市議会議員の議員報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例の制定についての質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第64号は原案のとおり可決されました。 △日程第44 議案第65号 十和田市特別職の職員の給与に関する条例及び十和田市病院事業管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について ○議長(工藤正廣君) 日程第44、議案第65号 十和田市特別職の職員の給与に関する条例及び十和田市病院事業管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についての質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり)
    ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第65号は原案のとおり可決されました。 △日程第45 議案第66号 平成29年度十和田市一般会計補正予算(第7号) ○議長(工藤正廣君) 日程第45、議案第66号 平成29年度十和田市一般会計補正予算第7号についての質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第66号は原案のとおり可決されました。 △日程第46 議案第67号 平成29年度十和田市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号) ○議長(工藤正廣君) 日程第46、議案第67号 平成29年度十和田市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号についての質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第67号は原案のとおり可決されました。 △日程第47 議案第68号 平成29年度十和田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号) ○議長(工藤正廣君) 日程第47、議案第68号 平成29年度十和田市後期高齢者医療特別会計補正予算第2号についての質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第68号は原案のとおり可決されました。 △日程第48 議案第69号 平成29年度十和田市介護保険事業特別会計補正予算(第3号) ○議長(工藤正廣君) 日程第48、議案第69号 平成29年度十和田市介護保険事業特別会計補正予算第3号についての質疑に入ります。質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) なしと認めます。  これより採決を行います。  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。       (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第69号は原案のとおり可決されました。 △閉会 ○議長(工藤正廣君) 以上で今定例会に付議されました事件の議事は全て終了いたしました。  以上をもちまして平成29年第4回十和田市議会定例会を閉会します。  まことにご苦労さまでした。                           午前10時56分 閉会...