八戸市議会 > 2020-03-10 >
令和 2年 3月 定例会-03月10日-05号

ツイート シェア
  1. 八戸市議会 2020-03-10
    令和 2年 3月 定例会-03月10日-05号


    取得元: 八戸市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-28
    令和 2年 3月 定例会-03月10日-05号令和 2年 3月 定例会         令和2年3月八戸市議会定例会会議録(第5号)         ────────────────────── 議事日程第5号  令和2年3月10日(火曜日)午後1時開議 第1 議案第18号 令和元年度八戸市一般会計補正予算    議案第19号 令和元年度八戸市自動車運送事業会計補正予算    議案第20号 令和元年度八戸市立市民病院事業会計補正予算    議案第21号 令和元年度八戸市国民健康保険特別会計補正予算    議案第22号 令和元年度地方卸売市場八戸市魚市場特別会計補正予算    議案第23号 令和元年度八戸市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算    議案第24号 令和元年度八戸市学校給食特別会計補正予算    議案第25号 令和元年度八戸市都市計画下水道事業特別会計補正予算    議案第26号 令和元年度八戸市都市計画駐車場特別会計補正予算    議案第27号 令和元年度八戸市中央卸売市場特別会計補正予算    議案第28号 令和元年度八戸市霊園特別会計補正予算    議案第29号 令和元年度八戸市農業集落排水事業特別会計補正予算    議案第30号 令和元年度八戸市介護保険特別会計補正予算    議案第31号 令和元年度八戸市国民健康保険南郷診療所特別会計補正予算
       議案第32号 令和元年度八戸市後期高齢者医療特別会計補正予算    議案第33号 令和元年度八戸市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算    議案第34号 令和元年度八戸市産業団地造成事業特別会計補正予算    議案第37号 八戸市職員の定年等に関する条例の一部を改正する条例の制定について    議案第38号 八戸市職員の退職年金条例を廃止する条例の制定について    議案第39号 八戸市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について    議案第40号 八戸市手数料条例の一部を改正する条例の制定について    議案第44号 東部終末処理場水処理施設増築建築工事請負契約の締結について    議案第45号 新大橋撤去工事(その1)請負の一部変更契約の締結について    議案第46号 新大橋撤去工事(その5)請負の一部変更契約の締結について    議案第47号 損害賠償の額を定めることについて    議案第73号 令和元年度八戸市一般会計補正予算    議案第74号 令和元年度八戸市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算    議案第75号 事務什器の買入れについて 第2 議会案第1号 新型コロナウイルス関連肺炎の感染拡大の防止等を求める意見書  ────────────────────  本日の会議に付した事件 議事日程に同じ  ──────────────────── 出席議員(32名)        1番     山之内 悠君        2番     間 盛仁 君        3番     高橋正人 君        4番     中村益則 君        5番     吉田洸龍 君        6番     髙橋貴之 君        7番     田名部裕美君        8番     久保しょう君        9番     久保百恵 君        10番     岡田 英 君        11番     日當正男 君        12番     高山元延 君        13番     三浦博司 君        14番     上条幸哉 君        15番     苫米地あつ子君        16番     田端文明 君        17番     夏坂 修 君        18番     工藤悠平 君        19番     藤川優里 君        20番     小屋敷 孝君        21番     森園秀一 君        22番     豊田美好 君        23番     松橋 知 君        24番     壬生八十博君        25番     寺地則行 君        26番     冷水 保 君        27番     伊藤圓子 君        28番     山名文世 君        29番     立花敬之 君        30番     坂本美洋 君        31番     五戸定博 君        32番     吉田淳一 君   -------------------- 欠席議員(なし)   -------------------- 地方自治法第121条による出席者    市長         小林 眞 君    副市長        田名部政一君    副市長        大平 透 君    教育長        伊藤博章 君    総合政策部長     中村行宏 君    まちづくり文化スポーツ部長               原田悦雄 君    総務部長       大坪秀一 君    財政部長       岩田真奈 君    商工労働観光部長   磯嶋美徳 君    農林水産部長     出河守康 君    福祉部長       豊川寛一 君    健康部長       佐々木勝弘君    市民防災部長     秋山直仁 君    環境部長       石田慎一郎君    建設部長       渡辺昇覚 君    都市整備部長     大志民 諭君    教育部長       石亀純悦 君    交通部長       佐藤浩志 君    市民病院事務局長   品田雄智 君    監査委員       早狩博規 君   -------------------- 出席事務局職員    事務局長       阿部寿一    次長兼議事課長    池田和彦    副参事(議事グループリーダー)               山道隆央    主幹         知野大介    主査         見附正祥    主査         安藤俊一  ────────────────────   午後1時00分 開議
    ○議長(壬生八十博 君)これより本日の会議を開きます。  ──────────────────── △日程第1 議案28件 ○議長(壬生八十博 君)日程第1議案第18号令和元年度八戸市一般会計補正予算から議案第34号令和元年度八戸市産業団地造成事業特別会計補正予算まで、議案第37号八戸市職員の定年等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから、議案第40号八戸市手数料条例の一部を改正する条例の制定についてまで、議案第44号東部終末処理場水処理施設増築建築工事請負契約の締結についてから議案第47号損害賠償の額を定めることについてまで及び議案第73号令和元年度八戸市一般会計補正予算から議案第75号事務什器の買入れについてまでを一括議題といたします。  各常任委員長から委員会における審査の経過と結果について、順次報告を求めます。  総務常任委員長の報告を求めます。  高山元延委員長  〔12番高山元延君登壇〕 ◎12番(高山元延 君)総務常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。  議案第18号令和元年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、各款において、事業実績に基づく計数整理をするほか、第2款総務費では、総務管理費において、財政調整基金積立金等を増額するものであります。  第4款衛生費では、保健衛生費において、市民病院事業会計負担金を増額するものであります。  第7款商工費では、商工総務費において、光熱水費を減額するものであります。  第8款土木費では、都市計画費において、駐車場設備設置等業務委託料を減額するものであります。  第10款教育費では、小学校費及び中学校費において、トイレ改修等工事費を増額するものであります。  第13款諸支出金では、公営企業費において、自動車運送事業会計出資金を減額するものであります。  一方、歳入予算の主なる内容は、前年度繰越金及び地方交付税を増額するものであります。  第2条繰越明許費の補正では、第2款総務費において、市のマスコットキャラクター商標登録手続において特許庁の審査に不測の日数を要したことから、翌年度に繰り越すものであります。  第8款土木費において、八日町地区、田向地区及び番町堀端町地区の各優良建築物等整備事業で、埋設物の取り扱いの協議に不測の日数を要したことから、翌年度に繰り越すものであります。  第10款教育費において、小中学校の校舎等トイレ改修事業の調査設計に不測の日数を要したとともに、国の学校施設環境改善交付金を活用する事業の執行に時間を要することから、翌年度に繰り越すものであります。  第3条地方債の補正では、保健衛生事業ほか13件の限度額を変更するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第24号令和元年度八戸市学校給食特別会計補正予算の主なる内容は、歳入において、繰入金を減額するとともに、繰越金及び諸収入をそれぞれ増額するものであります。  第2条繰越明許費の補正では、総務費において、南郷地区給食センターの測量業務に伴う関係者との協議に不測の日数を要したことから、翌年度に繰り越すものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第37号は、保健所長の定年の特例を定めるためのものであります。  議案第38号は、地方公務員等共済組合法施行前の退職年金制度に基づく年金等の支給終了に伴い、当該年金等を廃止するためのものであります。  以上2件の議案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第73号令和元年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、第10款教育費では、教育総務費において、市内小中学校全校に対し校内LAN等を整備するための委託料を、保健体育費において、多賀多目的運動場天然芝球技場のスタジアム照明整備の工事請負費をそれぞれ増額するものであります。  一方、歳入予算の主なる内容は、市債及び国庫支出金を増額するものであります。  第2条繰越明許費の補正では、第10款教育費において、校内通信ネットワーク整備事業及び多賀多目的運動場スタジアム照明整備事業が、事業の執行に時間を要すことから、翌年度に繰り越すものであります。  第3条地方債の補正では、農業整備事業ほか6件の限度額を変更するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  以上で報告を終わります。  〔12番高山元延君降壇〕 ○議長(壬生八十博 君)経済常任委員長の報告を求めます。  森園秀一委員長  〔21番森園秀一君登壇〕 ◎21番(森園秀一 君)経済常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。  議案第18号令和元年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の内容は、各款において事業実績に基づく計数整理をするほか、第2款総務費では、財産管理費において、貿易振興基金積立金を増額するものであります。  第5款労働費では、労働諸費において、移住支援金を減額するものであります。  審査の過程において委員から、移住支援金の内容について質疑があり、理事者から、東京から八戸へ移住してくる単身者へは60万円、世帯へは100万円を支給する事業で、八戸市の実績は単身者への60万円が1件であるとの答弁があったのであります。  第6款農林水産業費では、水産業費において、魚市場特別会計繰出金を減額するものであります。  審査の過程において委員から、農業委員等報酬の減額理由について質疑があり、理事者から、農業委員が1名辞任し、農地利用最適化推進員が1名亡くなったためであるとの答弁があったのであります。  第7款商工費では、商工業振興費において、用地購入費を減額するものであります。  審査の過程において委員から、時間外勤務手当の増額に関し、時間外勤務が特定の職員に集中しているような状況があるか質疑があり、理事者から、特定の職員に集中していることはなく、部署のトータルで必要となったとともに、当初予算では少な目に見積もって予算要求をしているため、今回増額補正を行ったとの答弁があり、さらに、中小企業特別保証制度保証補助金の増額理由について質疑があり、理事者から、消費税増税前の駆け込みで商工業設備投資資金の貸し付けが年度の前半で多かったためであるとの答弁があったのであります。  第2条繰越明許費の補正では、第6款農林水産業費において水産物供給基盤機能保全事業を、第7款商工費において新産業団地整備・開発推進事業を追加するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第19号令和元年度八戸市自動車運送事業会計補正予算の主なる内容は、収益的収入及び支出のうち、収入については、使用済みタイヤなどの売却収益により営業外収益を増額し、支出については、軽油費等の営業費用を減額するものであります。資本的収入及び支出では、乗合バス購入費の額の確定により、収入及び支出をそれぞれ減額するものであります。  審査の過程において委員から、年間営業走行キロメートルがふえている理由について質疑があり、理事者から、路線の微調整をした結果、走行距離がふえたものであるとの答弁があり、さらに、年間輸送人員がふえていて、1日平均輸送人員が減っている理由について質疑があり、理事者から、うるう年の影響によるものであるとの答弁があったのであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第22号令和元年度地方卸売市場八戸市魚市場特別会計補正予算の主なる内容は、歳出ではA棟魚体搬送設備清掃等委託料を、歳入では一般会計繰入金をそれぞれ減額するものであります。  審査の過程において委員から、魚市場下水道への接続状況について質疑があり、理事者から、第一魚市場とA棟は接続しておらず、建てかえ中のD棟は接続する予定であるとの答弁があったのであります。  議案第27号令和元年度八戸市中央卸売市場特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では一般会計繰出金を、歳入では市場使用料をそれぞれ減額するものであります。  第2条繰越明許費の補正では、総務管理費において、昨年度の台風の影響により、交換予定であった蓄電池の需要が全国的に高くなり、予定していた納期に納入することが困難となり年度内の完了が見込めないため、中央卸売市場施設整備事業を設定するものであります。  議案第34号令和元年度八戸市産業団地造成事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では財源の組み替えを行い、歳入では起債借入額の端数調整のため市債を減額するとともに、一般会計繰入金を増額するものであります。  第2条繰越明許費の補正では、産業団地整備事業費において、新産業団地整備・開発推進事業の年度内の完了が見込めないことから設定するものであります。  第3条地方債の補正では、産業団地整備事業の限度額を変更するものであります。  審査の過程において委員から、新産業団地整備・開発推進事業を繰り越す理由について質疑があり、理事者から、購入する土地に生えている木の撤去完了が3月末を過ぎるためであるとの答弁があったのであります。  以上の各特別会計補正予算は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第73号令和元年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の内容は、第6款農林水産業費では、水産業費において、八戸漁港建設事業負担金を増額するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  以上で報告を終わります。  〔21番森園秀一君降壇〕 ○議長(壬生八十博 君)民生常任委員長の報告を求めます。  松橋知委員長  〔23番松橋知君登壇〕 ◎23番(松橋知 君)民生常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。  議案第18号令和元年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、各款において事業実績に基づく計数整理をするほか、第2款総務費では、戸籍住民基本台帳費において、個人番号カード関連事務交付金を増額するものであります。  審査の過程において委員から、個人番号カード関連事務交付金の増額の経緯について質疑があり、理事者から、マイナンバー制度に関する国からの補助金が増額になったためであるとの答弁があったのであります。  第3款民生費では、プレミアム付商品券発行費において、商品券の発行実績が見込みを下回ったことに伴い、使用店舗へ支払うプレミアム付商品券代金引換金を減額するものであります。  審査の過程において委員から、プレミアム付商品券の引きかえ状況について質疑があり、理事者から、申請対象者の約6割に商品券引換券を発行したが、購入上限までプレミアム付商品券を購入する人は少なかったとの答弁があったのであります。  第4款衛生費では、保健衛生総務費において、市民病院の救命救急センター運営費負担金を増額するものであります。  第9款消防費では、災害対策費において、自主防災組織活動支援助成金を減額するものであります。  第10款教育費では、幼稚園費において、就園奨励費補助金を減額するものであります。  第2条繰越明許費の補正では、社会福祉費において、商品券の使用店舗への換金業務の年度内完了が見込めないことから設定するものであります。  本案に対し意見を徴したところ、苫米地委員より、個人番号カード関連事務、プレミアム付商品券発行業務等により財政や職員の負担がふえるのには懸念があり、負担が軽減される働き方を考えるべきと意見を付して賛成するとの発言があったのであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第20号令和元年度八戸市立市民病院事業会計補正予算の主なる内容は、収益的収入及び支出のうち、収入では、地方公営企業法に基づき、病院建設に係る企業債の利子償還金等に対して一般会計からの繰入金を増額し、支出では、消耗備品費などの減により経費を減額するものであります。  また、資本的収入及び支出のうち、収入では、地方公営企業法に基づく企業債元金償還金等に対する一般会計からの繰入金を増額し、支出では、リース債務支払い額を減額するものであります。  審査の過程において委員から、新型コロナウイルス等による緩和ケア病棟整備への影響について質疑があり、理事者から、今のところ影響はないとの答弁があったのであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第21号令和元年度八戸市国民健康保険特別会計補正予算の主なる内容は、歳出ではシステム導入業務等委託料の執行残を、歳入では財政調整基金繰入金をそれぞれ減額するものであります。  審査の過程において委員から、財政調整基金繰入金を繰り入れしなくてもよくなったのか質疑があり、理事者から、当初は繰り入れの見込みであったが、さまざまな事情により必要なくなったとの答弁があったのであります。  議案第28号令和元年度八戸市霊園特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では霊園管理費を、歳入では事業費の確定に伴い霊園整備事業債をそれぞれ減額するものであります。  議案第30号令和元年度八戸市介護保険特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では前年度繰越金を財源に財政調整基金に積み立てるものであり、歳入では前年度繰越金を増額するものであります。  審査の過程において委員から、地域回想法事業開催業務等委託料の減額理由について質疑があり、理事者から、今年度は委託できたのが1法人であったためとの答弁があったのであります。  議案第31号令和元年度八戸市国民健康保険南郷診療所特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では薬剤の使用増加による医薬材料費を、歳入では前年度繰越金をそれぞれ増額するものであります。  議案第32号令和元年度八戸市後期高齢者医療特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では後期高齢者医療広域連合への保険料等負担金を、歳入では前年度からの繰越金をそれぞれ増額するものであります。  議案第33号令和元年度八戸市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では母子父子寡婦福祉資金貸付金を、歳入では前年度からの繰越金をそれぞれ増額するものであります。  以上の各特別会計補正予算は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第39号は、特定教育保育施設及び特定地域保育事業並びに特定子ども・子育て支援施設等の運営に関する基準の一部改正に伴い、副食費の実費負担について所要の改正をするとともに、その他規定の整備をするためのものであります。  審査の過程において委員から、徴収対象者の負担の違いについて保護者施設を運営している者から意見等はあるのか質疑があり、理事者から、特に意見等は出ていないとの答弁があったのであります。  議案第47号は、平成30年9月27日に市民病院で行った脳動脈瘤コイル塞栓術に係る医療事故について、損害賠償の額を定めるためのものであります。  議案第75号は、総合保健センターで使用する事務什器を買い入れるためのものであります。  審査の過程において委員から、キッズコーナーセットは庁舎内に設置されているものと同じかとの質疑があり、理事者から、同じものを想定しているとの答弁があったのであります。  以上3件の議案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  以上で報告を終わります。  〔23番松橋知君降壇〕
    ○議長(壬生八十博 君)建設常任委員長の報告を求めます。  中村益則副委員長  〔4番中村益則君登壇〕 ◎4番(中村益則 君)建設常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。  議案第18号令和元年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、各款において事業実績に基づく計数整理をするほか、第2款総務費では、総務管理費において、八戸圏域地域公共交通活性化協議会負担金を増額するものであります。  第4款衛生費では、保健衛生費において、合併処理浄化槽の設置実績に伴い、合併処理浄化槽設置整備費補助金を減額するものであります。  第6款農林水産業費では、農業費において、農業集落排水事業特別会計繰出金を減額するものであります。  第8款土木費では、道路橋りょう費において、国の交付金配分額決定に伴い、道路新設改良工事費を減額するものであります。  第2条繰越明許費の補正では、関係機関との協議等に不測の日数を要したため、年度内執行が困難なことから、第6款農林水産業費では、農業費において農業施設防災減災事業及び農業用施設整備事業を、第8款土木費では、道路橋りょう費において道路維持補修事業ほか9事業を、都市計画費において公園施設長寿命化事業及び仮称・八戸駅西中央公園整備事業を、住宅費において被災者住宅再建等支援事業及び市営住宅等長寿命化事業を、河川費において河川整備事業及び排水路整備事業を、第11款災害復旧費では、河川災害復旧事業及び公園災害復旧事業をそれぞれ設定するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第23号令和元年度八戸市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では財源の組み替えを行い、歳入では、八戸駅西土地区画整理保留地処分金を増額するとともに、一般会計繰入金を減額するものであります。  第2条繰越明許費では、他事業との調整、関係権利者との交渉に不測の日数を要したため、八戸駅西土地区画整理事業費において八戸駅西土地区画整理事業を設定するものであります。  第3条地方債の補正では、起債の限度額を変更するものであります。  議案第25号令和元年度八戸市都市計画下水道事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では管きょ整備等工事費を、歳入では社会資本整備総合交付金及び下水道事業債をそれぞれ減額するものであります。  第2条繰越明許費の補正では、他事業との工程調整等に不測の日数を要したため、年度内執行が困難なことから、総務費において管きょ布設替等事業を設定するほか、建設費において公共下水道管きょ等築造事業を増額するものであります。  第3条地方債の補正では、起債の限度額を変更するものであります。  議案第26号令和元年度八戸市都市計画駐車場特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では一般会計繰出金を、歳入では消費税還付金をそれぞれ増額するものであります。  議案第29号令和元年度八戸市農業集落排水事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では最適整備構想策定業務等委託料を、歳入では一般会計繰入金をそれぞれ減額するものであります。  第2条地方債の補正では、起債の限度額を変更するものであります。  以上の各特別会計補正予算は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第40号は、共同住宅等における共用部分エネルギー消費量を算定しない場合の建築物エネルギー消費性能向上計画認定手数料等を定め、その他所要の改正をするためのものであります。  議案第44号は、東部終末処理場水処理施設増築建築工事の請負契約締結するためのものであります。  議案第45号は、さきに請負契約締結した新大橋撤去工事――その1――について、設計変更により契約額を変更するためのものであります。  議案第46号は、さきに請負契約締結した新大橋撤去工事――その5――について、設計変更により契約額を変更するためのものであります。  以上、4件の議案は全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第73号令和元年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、第6款農林水産業費では、農業費において、農道保全対策事業負担金を増額するものであります。  第8款土木費では、道路橋りょう費において、主要幹線舗装補修事業に係る道路新設改良工事費をそれぞれ増額するものであります。  第2条繰越明許費の補正では国の補正予算を活用した事業の進捗を図るため、第8款土木費では、道路橋りょう費において新大橋整備事業を設定するほか、同じく道路橋りょう費において、道路維持補修事業ほか4事業を増額するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第74号令和元年度八戸市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では建物移転等補償費を、歳入では社会資本整備総合交付金及び土地区画整理事業債をそれぞれ増額するものであります。  第2条繰越明許費の補正では、八戸駅西土地区画整理事業費において、八戸駅西土地区画整理事業を増額するものであります。  第3条地方債の補正では、起債の限度額を変更するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  以上で報告を終わります。  〔4番中村益則君降壇〕 ○議長(壬生八十博 君)以上をもって各常任委員長の報告は終わりました。  ただいまの委員長報告に対し、御質疑ありませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(壬生八十博 君)御質疑なしと認めます。  これより討論を行います。  討論はありませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(壬生八十博 君)討論なしと認めます。  議案第18号から議案第34号まで、議案第37号から議案第40号まで、議案第44号から議案第47号まで及び議案第73号から議案第75号までの議案28件を一括で採決いたします。  以上の議案は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(壬生八十博 君)御異議なしと認めます。  よって、以上の議案は委員長報告のとおり可決されました。  ──────────────────── △日程第2 議会案第1号上程 ○議長(壬生八十博 君)日程第2議会案第1号新型コロナウイルス関連肺炎の感染拡大の防止等を求める意見書を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  19番藤川優里議員  〔19番藤川優里君登壇〕 ◎19番(藤川優里 君)議会案第1号新型コロナウイルス関連肺炎の感染拡大の防止等を求める意見書は、中国武漢市で発生した新型コロナウイルス関連肺炎の感染が広がり、我が国でも罹患された方やお亡くなりになられた方がいる状況であることから、感染防止に向けた万全の対策を国に対し強く求めるものであります。  なお、案文につきましては、お手元に配付のとおりであります。  〔19番藤川優里君降壇〕 ○議長(壬生八十博 君)お諮りいたします。  ただいま議題となっております議会案については、委員会の付託、質疑及び討論は省略し、直ちに採決いたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(壬生八十博 君)御異議なしと認めます。  よって、委員会の付託、質疑及び討論は省略することに決しました。  これより議会案第1号を採決いたします。  本議会案は、原案のとおり決することに賛成の方々の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○議長(壬生八十博 君)御着席願います。  起立総員であります。  よって、本議会案は原案のとおり可決されました。  以上で本日の日程は全部終了いたしました。  ────────────────────   休会の件 ○議長(壬生八十博 君)この際、お諮りいたします。  委員会開催等のため、11日から13日まで、16日から19日まで及び23日の8日間は休会いたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(壬生八十博 君)御異議なしと認めます。  よって、8日間は休会することに決しました。  次回本会議は、3月24日午前10時に開きます。  ────────────────────   散 会 ○議長(壬生八十博 君)本日はこれにて散会いたします。   午後1時35分 散会...