46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

また、鹿角らしい魅力を持った統合校を実現することで、地域の生徒も進学しやすく、地元への愛着や地域貢献といった意識醸成にもつながることが期待されるほか、さらにはグローバル化ICTの進展などにも対応した、新しい時代が求める高校の姿を追求していくことも必要であろうと考えております。  

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

また、小中学校教育用パソコンの配置によってICTを活用した教育の推進を図り、中学校では電子黒板を活用した授業改善を推進し、生徒の学習意欲の向上を図るとしていますが、どのような内容で取り組みをしているのか伺います。 ○議長(宮野和秀君) 教育長。 ○教育長(畠山義孝君) 田中孝一議員のご質問にお答えをいたします。  

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

ICTを活用し、児童生徒が興味関心を抱く魅力ある授業づくりによって学習意欲の向上を図るほか、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会やインバウンド、外国人労働者の受け入れなど、国際交流における大きな社会変化にも対応できる高いコミュニケーション能力と広い視野で異文化に対する柔軟な姿勢を育むため、各校へのALT派遣や授業以外での体験型講座の開設など、体制づくりを進めていくとの教育執行方針が示されました

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

また、ICTを活用し、児童生徒が興味関心を抱く、魅力ある授業づくりによって、学習意欲の向上を図るほか、2020東京オリンピック・パラリンピックやインバウンド、外国人労働者の受け入れなど、国際交流における大きな社会変化にも対応できる高いコミュニケーション能力と広い視野で異文化に対する柔軟な姿勢を育むため、各校へのALT派遣や授業以外での体験型講座の開設など、体制づくりを進めてまいります。  

男鹿市議会 2018-09-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

ICT活用による港湾のスマート化」という課題は、客船や貨物船が利用する港湾にとどまらず、漁港にとっても重要であり、男鹿市が取り組む場合は、港湾及び漁港ICT化に対応する上で、ネットワーク接続端末導入、関係職員の増員・教育など、男鹿市自体への新たなICT投資が必要になることにより、市内の若者の雇用機会が拡大していく可能性も考えられると思います。  

鹿角市議会 2018-08-31 平成30年第7回定例会(第1号 8月31日)

ICTを活用した在宅就業の啓発と実際に収入に結びつく仕組みを提案しながら、より多くの女性の活躍につながるように支援してまいります。  今年度から新たに取り組みを進めている地域商社確立事業につきましては、現在商社運営の基盤となる商材を充実させるため、市内食品製造業者等からのヒアリングを行い、マーケティングを進めております。

男鹿市議会 2018-06-14 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

(3)電子文書化、クラウド化、ICT化について。  紙文書は複写コストや保管容積、経年劣化等の点で電子文書に大きく劣ると考えます。電子文書をクラウド上に保管すれば、市庁舎内に保管容積不要となり、火災自然災害やハードディスク故障等で文書棄損するリスクを最小化できる。これらメリットを最大化する目的でモバイル端末をインターフェースとするICT導入の検討をお願いします。  5、文化教育について。  

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

○13番(浅石昌敏君) これも視察で見てきたものなんですけれども、市民協働型の維持管理についてということで、今度は京都市なんですけれども、ICTを活用した市民協働による維持管理、みっけ隊アプリケーション運用についてお聞きします。  内容は公共土木施設の損傷を写真や位置情報つきで簡単に投稿できるスマホアプリを使用し、管理事務所に連絡するとのことでありました。

男鹿市議会 2017-12-06 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号

教育の観点からは、小・中学校におけるICT教育への活用が考えられます。  いずれにいたしましても公衆無線LANは、各種施策への活用の可能性が考えられますが、導入には初期費用に加え、設置後の維持管理費用を必要とすることから、必要性、費用対効果、民間における導入状況を見きわめながら、活用に向けて研究してまいります。  以上です。

鹿角市議会 2017-09-01 平成29年第6回定例会(第1号 9月 1日)

今後もICTを活用した在宅就業の実践講座や、インターネットによる商品の販売から収入を得るまでのECサイトの講座を実施し、より多くの女性が活躍できるよう支援してまいります。  企業誘致につきましては、株式会社バイテックファーム鹿角の進出が決定し、来年4月の操業開始に向けた準備を進めております。  

由利本荘市議会 2017-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月30日−02号

諮問委員会では、学校地域家庭との役割分担や、部活動指導員や事務職員ソーシャルワーカーといった教員以外の人材との連携促進、ICT情報通信技術を利用した負担軽減策などの検討も求められました。  出席した委員は、まずは教員の仕事の範囲を見直し、業務量を減らすことが大切と述べておられます。

仙北市議会 2017-08-28 平成29年  9月 定例会-08月28日−02号

また、秋田県内では唯一、市内の3小学校、西明寺小学校中川小学校、神代小学校では、ドローンを活用したプログラミン学習が行われていますけれども、近未来技術、IoTであったりICTであったり、にかかわる子供たちの中では、利活用に対するアイデアが多数生まれています。この子供たちは仙北市の宝物だというふうに思っております。

由利本荘市議会 2017-02-23 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号

また、9月定例会、先決を要する補正予算として審査され、可決された、ICTまち・ひと・しごと創生推進事業ICTを活用した住民参加による広域周遊促進事業では、観光クラウドの成功事例(青森県青森市)を利用して、マイルートガイドを利用した広域ルート案内の支援や飲食店、生産者など住民参加による新鮮な情報発信の促進、着地でのスマートフォンを活用したきめ細やかな情報支援、そして旅行者の線から面への誘導による観光消費

由利本荘市議会 2017-02-22 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月22日−02号

ただいま、ゆりべこちゃんにつきましてはマスコットということで回答させていただきましたけれども、いろいろなキャラクターということにつきましては、ごてんまりにつきましては今現在、先ほども市長が答弁しておりますけれども、ICTスマートフォンを使ったルートガイド等のものにも、今ごてんまりをモチーフにいたしましたそういうキャラクターなども用いております。

北秋田市議会 2016-12-06 平成28年 12月 定例会-12月06日−03号

不妊治療や不育治療への助成と妊婦検診と乳幼児健診、保育園の第2子以降の保育料の減免、延長保育、一時預かり保育、病児病後児保育、全小学校児童対象の学童保育、中学生までの医療費自己負担の無料化、高校生に対する内陸線定期券への補助など、このほかにも見えにくい部分ではありますが、小中学校の図書やICT教育教員指導分野への予算配分などは充実しているものと自負しているところであります。  

男鹿市議会 2016-09-07 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月07日−03号

次に、(2)ICT教育についてであります。  昨今のICT、情報通信技術の急速な進展、IOT社会の到来に伴い、学校教育の場においても全国的にICTの活用が進んでおり、国におきましては、2020年代に向けた教育情報化に関し、地方公共団体の規模や整備段階等に応じたICT導入のガイドラインの作成など、地方公共団体におけるICT環境整備計画の策定支援と促進加速化を図ることが示されております。