52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

ソフト面の対応については、先ほど答弁申し上げましたとおりでありますが、ハード面については、現在学校等の再編計画が具体的に動いておりますので、これが完結する来年度以降について順次、現在中学校主体的にIC環境を整備しておりますが、小学校については、今の学校等再編計画が完了した段階で順次計画的に進めてまいりたいと、このように思っております。  

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

IC環境の整備につきましては、学習コンピューターやタブレットを各教科の課題解決に活用しているほか、体育での運動分析や屋外活動にも利用しております。また、電子黒板も配置しており、教員がリアリティーのある画像や動画を映し出すデジタル教材を用いることにより多彩な資料の掲示がテンポよく行えることで、生徒の知的好奇心を高め、新たな発見や理解を深めることにつなげております。

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

児童生徒が活用できるI機器の台数は十分に設置されているのか、またALTの派遣回数は十分に行われているのかお伺いいたします。  次に、スポーツ施設の利用促進と整備についてであります。  スキーのまちづくりは、スキー競技の底辺拡大に効果が期待できますが、地域経済への波及効果も期待できるものであります。

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

今後、必要なIC機器の整備と同時に、プログラミン教材の充実を計画的に進めるとともに、機器を活用した職員研修やプログラミング的思考を育成するための授業研究に取り組んでまいります。  次に、学習に必要な電子機器の準備についてであります。  本市では、平成23年度に小学校平成27年度に中学校に、パソコン等電子機器の更新を行っております。

仙北市議会 2017-06-02 平成29年  6月 定例会-06月02日−01号

平成28年7月に立ち上げた本コンソーシアムは、国土交通省秋田県・仙北市・リコーIC研究所で構成され、一般車両に搭載した特殊カメラで道路のひび割れなどの性状を調査する実験をしております。従来、専用機材や多くの人手を要する調査をシステム化することで、測定期間の短縮や低コスト化が図られるとともに、道路整備の優先順位が明確化され、計画的な管理が期待できます。  

由利本荘市議会 2017-02-23 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号

また、9月定例会、先決を要する補正予算として審査され、可決された、ICまち・ひと・しごと創生推進事業のICTを活用した住民参加による広域周遊促進事業では、観光クラウドの成功事例(青森県青森市)を利用して、マイルートガイドを利用した広域ルート案内の支援や飲食店、生産者など住民参加による新鮮な情報発信の促進、着地でのスマートフォンを活用したきめ細やかな情報支援、そして旅行者の線から面への誘導による観光消費

由利本荘市議会 2017-02-22 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月22日−02号

今後は、多くの方々に亀田を楽しんでいただくため、現在整備しているIC事業を活用したスマートフォン向け観光情報システムにおいて、これらの観光資源を生かした聖地巡礼モデルルートを設定し、さらなる誘客を図り観光振興に努めてまいります。  次に、7、学校教育について、8、スポーツに親しむ環境づくりを、9、伝統的建造物の町並み保存については教育長からお答えいたします。  以上でございます。

由利本荘市議会 2016-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号

さらに、今年度整備しているIC事業を活用したスマートフォン向け観光情報システムにおいて、ロケット発射発祥の地を含めた戦国歴史現代歴史を学ぶ歴史探訪ルートなど、市内全域をめぐるモデルルートを設定し、「真田丸」効果を活用した観光振興を図ってまいります。  次に、8、菖蒲公園の整備と管理運営についてにお答えいたします。  

由利本荘市議会 2016-08-29 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月29日−01号

議案第130号一般会計補正予算(第5号)でありますが、商工費において国のICまち・ひと・しごと創生推進事業に採択された地域モバイル連携観光システム構築事業について、その経費を追加しようとするものであります。  財源には国庫支出金及び繰越金を充て、2,161万4,000円を追加し、補正後の予算総額を461億5,903万1,000円にしようとするものであります。  

由利本荘市議会 2015-12-03 由利本荘市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月03日−02号

さて、鳴り物入りで導入したシステムでありますが、開設して10年目を迎えており、またIC技術日進月歩で進展している分野でもあります。全国には、特に合併市町村などにおいては、このイントラネットを活用して距離感の解消、行政事務の効率化、市民サービスの向上に寄与する新しいシステムも多く開発され、稼働していると思われます。  

能代市議会 2015-09-08 平成27年  9月 定例会-09月08日−03号

最初に、1、行政情報、公的統計情報情報通信技術IC)を活用した政策立案でありますが、総務省は4月よりRegional Economy and Society Analyzingから頭文字を取ってRESASと呼ばれています地域経済分析システムを提供しております。つまり、ビックデータをもとにICTを活用した政策立案が必要であるとの認識に対し、国はその体制づくりを支援しております。

由利本荘市議会 2015-03-18 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号

次に、議案第70号診療所運営特別会計予算についてでありますが、歳入においては、診療収入一般会計繰入金及び診療所整備事業債、歳出では、全身用エックス線C装置の購入費及び各診療所運営費が主なものであります。  また、地方債として診療所整備事業の起債限度額等を設定し、予算総額を3億7,739万5,000円とするものであります。