802件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

由利本荘市議会 2020-09-02 09月02日-02号

(2)避難所や高齢施設に係る対策はを質問いたします。 本市における指定緊急避難場所については、令和元年には145か所があり、津波指定避難所は56か所であります。 洪水浸水想定区域土砂災害計画区域内に位置している場所避難所となっている建物はあるのでしょうか。また、あるとすれば、どのような対策をとっているのでしょうか。 

由利本荘市議会 2020-08-27 08月27日-01号

推薦につき意見を求めることについて第7.議案第137号 人権擁護委員候補推薦につき意見を求めることについて第8.議案第138号 人権擁護委員候補推薦につき意見を求めることについて第9.議案第139号 人権擁護委員候補推薦につき意見を求めることについて第10.議案第140号 人権擁護委員候補推薦につき意見を求めることについて第11.先決を要する提出議案に対する質疑第12.先決

由利本荘市議会 2020-06-10 06月10日-04号

次に歳出でありますが、各款にわたる職員の定期人事異動に伴う人件費増減額のほか、1款議会費では、新型コロナウイルス感染症対策事業の財源へ充てる費用として、政務活動費及び各委員会行政視察費の計682万3,000円の減額、2款総務費では、歳入20款で触れましたコミュニティ助成事業として、竜巻中央、千刈及び西目田高町内会集会施設エアコン設置に係る助成金措置、9款消防費では、避難行動支援個別計画

由利本荘市議会 2020-05-28 05月28日-02号

3つ目利用になり得る周辺地域への周知は、どのように行われているのでしょうか。主に石脇地区周辺方々避難所として最も使われることと思われます。どんな命令系統体制整備をしているのか伺います。 4つ目、多様な状況避難に主として対応するのは、どの機関なのでしょうか。いろんな避難がいらっしゃいます。どういった感じのグループに分け、そのグループをどの機関がどのように対応していくのかを伺います。 

由利本荘市議会 2020-05-25 05月25日-01号

民生費では施設型給付費等申請クラウドシステム導入に伴う保育所入所措置事業費などを追加衛生費では新型コロナウイルス感染症対策として乳幼児集団健診を個別受診に移行するための経費などを追加農林水産業費ではシイタケ生産拡大支援酪農推進対策に係る事業費森林経営管理事業費などを追加土木費では国の予算内示に伴う道路改良費及び令和年度補正予算により前倒しした羽後本荘駅周辺整備事業費減額消防費では避難行動支援個別計画

能代市議会 2020-03-25 03月25日-06号

審査の過程において、農業年金の当市の受給数と加入数について質疑があり、当局から、平成30年度末で受給数は428名、加入数は11名である、との答弁があったのでありますが、これに対し、加入数を増やすため、積極的に加入を勧める考えはないか、との質疑があり、当局から、広報、農業指導情報での周知のほか、農業委員等による戸別訪問等により加入を推進している、との答弁があったのであります。 

由利本荘市議会 2020-03-04 03月04日-02号

来年度、由利本荘市で実施される秋田総合防災訓練において、避難行動支援支援の方法を確立していただきたく、関係機関及び支援に実際の災害を想定した避難の仕方を検証し、要支援初め、市民に伝えていただきたいと思います。 本当にたくさんの皆さん支援をいただいて、毎年避難訓練を行っております。市民皆さんが本当にたくさん参加してくれました。しかし、本物の災害はもうそこにあるわけです。

能代市議会 2020-03-03 03月03日-01号

その結果、市内の全小・中学校において、本日、3月3日から春休みまでを臨時休業とするとともに、卒業式については、万全の感染防止対策実施の上で、参加を卒業生と教職員等の少人数に絞り、実施することといたしました。なお、閉校予定の小学校については、在校生、保護等の皆様にも出席していただくこととしております。 

男鹿市議会 2020-03-02 03月02日-02号

新規就農数の増加については、地域における担い手の確保、育成を図ることが不可欠であることから、引き続き農業青年グループ学習及び交流の強化新規農業従事支援に取り組んでまいります。 基本目標2「移住定住対策」では、転入数、親元近居同居支援事業などを利用した移住世帯数などが未達成となっており、さらなる制度周知等取組強化が必要であると分析しております。 

北秋田市議会 2020-02-28 02月28日-02号

地方交通対策は様々な懸案事項がありますが、特に最近増えてきております高齢による運転免許証の返上への対策や、移動する手段を持っていない方々などを含め、いわゆる交通弱への対策について質問いたします。 1)地域公共交通再編実施計画の策定により、交通弱への対策は具体的にどのように行われるのか伺います。 最後の質問になります。 3、産業振興策について。 ①林道等路網整備について。 

鹿角市議会 2019-12-10 令和元年第6回定例会(第3号12月10日)

次に、避難判断基準についてでありますが、本市においても洪水ハザードマップ防災マップを作成し、各家庭に配布しておりますが、防災マップ浸水想定区域図については、米代川、福士川、大湯川等の近年の被害状況を参考としたおおむね10年、50年、100年に1回程度起こる大雨を想定して策定され、避難判断水位によって住民の方々避難開始するということになっております。  

能代市議会 2019-12-10 12月10日-03号

災害時は、避難所等トイレも排水が不能であれば使用できなくなります。緊急時移動トイレ車両を活用する自治体もふえているとのことです。当市も準備すべきではないでしょうか。伺います。 次に、8として、災害復旧作業でも有効である軽トラックの導入を検討すべきではであります。道路等が通行不能になれば、小さくて荷物の積みおろしがしやすい車両が活躍します。