運営者 Bitlet 姉妹サービス
690件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号 空き家購入資金に対する低利融資制度や利子補給の制度の創設の考えはないか、お伺いします。  3点目は、介護保険についてであります。  社会保障給付の状況を見ますと、75歳を超えてから医療・介護費用が大きく増加する傾向にあります。全国的には、団塊の世代が75歳に達する2025年にかけて、医療保険と介護保険の給付費が急増していくことが予測されております。 もっと読む
2018-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 で、今回も改めて介護保険事業について質問させていただくわけでありますけれども、この介護保険制度の矛盾と改悪、これはとどまることがないほど続いているわけであります。もう日替わりのようにどんどんどんどん変わってきていますけども、今回もこの介護保険制度のあり方がどうしても議論しなきゃならないと思います。 もっと読む
2018-06-26 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      地方財政の充実・強化を求める意見書  地方自治体は、子育て支援策の充実と保育人材の確保、高齢化が進行する中で社会保障への対応、地域交通の維持など、果たす役割が拡大する中で、人口減少対策を含む地方版総合戦略の実行やマイナンバー制度への対応、大規模災害を想定した防災・減災事業の実施など、新たな政策課題に直面しています もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 阪神淡路大震災の教訓を踏まえて予測可能な被害に対し、正しい知識と適切な判断を兼ね備えた人材を育てようと防災士制度の検討が開始され、防災士資格認定制度は2003年に始まりました。  防災士は、研修講座を受講し、資格試験に合格し、消防署などが実施する救急救命講座を受講して防災士となります。 もっと読む
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 議員おっしゃるとおり内容をお聞きしますと、いわゆる健康の駅、これに医療を加え、しかも社会資源であります温泉等の療養を加えるという、非常に施設的・人的にもハードルが高いという印象はございます。 もっと読む
2018-03-23 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日) 次に、議案第14号一般職の職員の給与に関する条例の一部改正についてでありますが、本案の審査に当たり、委員から、人事評価制度を処遇に反映させることについて、昇給と勤勉手当に対するものであるが、マイナス評価については検討していなかったものかただしております。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) いつかは誰もが通る道である介護を、社会全体で支え合うという介護保険制度の理念はまことにすばらしいことだと思いますし、核家族化の進展や少子化、非婚化の進展により、ひとり暮らしの高齢者が増大するだろうと予測される将来に向け、何としても継続していかなければならない制度であろうと思っております。   もっと読む
2018-02-27 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-02月27日−01号 第4点目として、ふるさと納税制度の促進であります。  本市の魅力を最大限に活用し、一次産業の振興や商工業を育成することで、地場産品を活用した男鹿産特産品の開発や知名度の向上を図り、ふるさと納税の返礼品のさらなる充実により税外収入の確保に努めてまいります。   もっと読む
2017-12-20 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第4号12月20日) まず、歳入についてでありますが、13款2項1目総務費国庫補助金の社会保障・税番号制度システム整備費補助金に関連して、マイナンバーカードの取得状況についてただしております。  これに対し、11月末時点で2,651枚が発行されており、人口から見た交付率は8.37%であるとの答弁がなされております。   もっと読む
2017-12-18 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月18日−05号 本議案は、船川保育園ほか6園の市立保育園の指定管理者として、社会福祉法人男鹿保育会を指定するものであります。  本議案について、当局から、指定管理者の選定は当該施設の運営のために市とともに設立された法人であることから、男鹿市公の施設に係る指定管理者の指定手続きに関する条例第5条の規定に基づき、公募によらず選定したとの説明があったのであります。   もっと読む
2017-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号 平成30年度当初予算の編成作業は、始まったところであり、総額を提示できる段階ではありませんが、歳入では、市税や地方交付税などが減少する見込みであり、歳出では、社会保障経費、施設等の維持管理費、特別会計への繰出金など経常経費の圧縮が困難な状況にあるほか、人口減少対策をはじめ産業の振興、公共交通や地域医療の確保など、山積する課題に対応するため多額の経費を要すると見込んでおります。   もっと読む
2017-12-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号 3項目、社会保障制度における今後の見通しについて。  来年度、国では介護保険法並びに社会福祉法等、改正が予定されておりますが、それらによる社会保障制度の変化について、本市ではどのようにとらえておられるのか、市の見解を伺うものであります。  次に、大要3点目、スポーツ合宿等誘致促進事業についてであります。   もっと読む
2017-11-30 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第1号11月30日) 次に、民生関係についてでありますが、子育て支援につきましては、若い世代が安心して結婚・出産・子育てできるよう「鹿角市結婚・子育て支援特別資金返済支援制度」を創設しておりますが、制度開始から2年目を迎えることし10月、初めて2名の方から申請があり、利子補給費に対する補助金交付を決定しております。 もっと読む
2017-09-27 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号 このような中、今後は労働力の確保は高齢化社会においてさらに困難を極めるものであることから、願意は妥当であり、採択すべきものである、との意見があったのであります。  次に、不採択とすべきであるとの意見として、地方交付税の法定率を引き下げて対応することとあるが、法定率はその都度変更するものではなく、今まで行ってきたものの補填率の中で行うことが適当である。 もっと読む
2017-09-22 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第4号 9月22日) また、45歳から60歳までの世代割合が少ないことから、県としてその年代の新規就農者もふやしていきたい思いもあり、本制度を立ち上げたと伺っているとの答弁がなされております。  さらに、委員からは、本事業の補助条件についてただしております。   もっと読む
2017-09-21 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月21日−05号 本請願は、2018年度の政府予算、地方財政の検討にあたっては、経済再生と財政再建の好循環を実現するために歳入歳出を的確に見積もり、人的サービスとして社会保障予算充実、地方財政の確立を目指すことに関する意見書を政府関係機関に提出していただきたいというものであります。  本請願については、願意妥当と認め、採択するべきものと決した次第であります。  以上で総務委員会の報告を終わります。 もっと読む
2017-09-19 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月19日−04号 歳入についてでありますが、11款分担金及び負担金では、各選挙費負担金の減額、13款国庫支出金では、国民保護訓練費負担金の措置、14款県支出金では、社会保障・税番号制度システム整備費補助金の増額及び県知事選挙費負担金の減額、15款財産収入では、分譲宅地及び分収林立木の売払収入の措置、17款繰入金では、ふるさとさくら基金繰入金の増額、18款繰越金では、前年度繰越金の増額、19款諸収入では、保険収入や施設等破損賠償金 もっと読む
2017-09-15 北秋田市議会 平成29年  9月 定例会-09月15日−03号 ◎教育長(佐藤昭洋)   先ほどの社会教育主事の配置の件のご質問でございましたが、教育委員会の中には社会教育主事が1名となっております。ただし、社会教育を進めるに当たって、それぞれの公民館等に社会教育に精通した大ベテランの方々を非常勤として配置しておりますので、この社会教育主事がコーディネート役をしながら、それぞれの公民館と、それから生涯学習課をつないで進めているといった状況でございます。   もっと読む
2017-09-14 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号 次に、農業における収入保険制度について質問をいたします。3月議会でも一般質問をいたしましたが、収入保険制度を盛り込んだ改正農業災害補償法が6月16日に成立しました。2019年から実施されますが、農業災害補償制度も見直され、農作物共済は当然加入制から任意加入制に移行します。  収入保険は、米、畑作物、野菜、果樹などほとんどの農産物が対象となります。 もっと読む
2017-09-13 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号 私どもとすれば、今回申請の社会実験は、イオン問題とは別に、中心市街地を活性化するための取り組みとして行いたいとの思いがありましたが、商店街組合反対者から、社会実験より、反対運動を強化してイオン阻止の活動に全力を注ぐべきである。 もっと読む