100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2018-03-16 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号

私は、一つとして、市民の担税力と痛みを考え、財政調整基金と今年度予想される剰余金、一般会計からの繰り入れ等で、これ以上の負担はやるべきでないものと考えます。  二つとして、生活困窮者への減免の条項を新たにつくることが必要であります。「保険料あって介護なし」ではなく、安心して暮らせる介護保険の利用ができるようするべきであります。  

男鹿市議会 2016-12-08 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月08日−04号

今年度は5月25日に、なまはげ健康ウオーキング、ひざや腰の痛みを和らげる運動教室、買物ウオーキングなどに1万5千21人が参加しております。  また、毎月最終水曜日に実施しているミニチャレンジデーについては、平成27年度は12回で延べ1万3千762人が参加しております。  

由利本荘市議会 2016-12-07 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−03号

朝日新聞の朝日川柳に「カジノ法まともに稼げぬ国となり」「戦争もバクチも痛みも着々と」。解説が、「一句、禁断の果実に伸びる手。二句、アベ政治。」とありました。  カジノ法は、国でギャンブル、ばくちを解禁するというのであります。年金カットなど次々と改悪、庶民の痛みは確実に増していきます。TPP、年金、カジノと強行採決の繰り返しです。  

由利本荘市議会 2016-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月31日−03号

足に水膨れができたみたいで痛く、熊出没の看板をにらみながら、万が一にも襲われたら、一番先においしそうな私が食べられるかもしれないなんて話しながら、痛みに耐え続け、歩き続けました。  戻りのバスには、三、四人しか乗っておらず、思わず手を挙げて乗せてと言いたくなりましたが、我慢して駐車場に到着しました。

男鹿市議会 2016-06-20 男鹿市議会 会議録 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号

痛みはなく、検査は数分で終わります。生後3日以内に行う初回検査と、その際に要精密検査とされた赤ちゃんを対象に、生後1週間以内に実施する確認検査があります。これらの検査に係る自己負担額は、医療機関によって異なりますが、1回当たり5千円程度、費用面が壁になって検査を受けないと判断する母親も少なくないと言います。  

能代市議会 2016-06-14 平成28年  6月 定例会-06月14日−03号

私ごとで大変恐縮ですが、父を亡くしたときに、私たち家族は、もう高齢でしたので90歳を超えておりましたので、痛みがなくそうした最期を送りたいと思っていますという家族の意向を十分に伝えたものでありましたけれども、直前そうした医療ではなかったというふうに私たちは思いまして、私は早速家族に、「お母さんが亡くなったときは、そうしたものは要らないから」と子供たちに伝えたところ、書いておいてと家族から言われまして

由利本荘市議会 2016-06-09 由利本荘市議会 会議録 平成28年  6月 定例会-06月09日−02号

米国に物を言えず、沖縄の怒りも痛みもわからない安倍政権には、主権国家の代表者たる資格がありません。安倍政権のこのような動きに抗して、戦後かつてない新しい市民運動が豊かに発展しています。憲法の平和主義、立憲主義、民主主義を貫く新しい政治が胎動することでありましょう。  質問です。  1、国保会計について。  (1)平成27年度、28年度の国保会計の見通しについて。  

男鹿市議会 2016-03-01 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月01日−02号

本年度は、男鹿みなと市民病院の理学療法士による膝や腰の痛みを和らげる運動教室も実施しております。  チャレンジデーでは、参加率50パーセントを目標としており、平成24年度は40.2パーセント、平成25年度は40.6パーセント、平成26年度は47.3パーセント、本年度は52.5パーセントでありました。  さらに平成26年度からは、「ミニチャレンジデー」を毎月1回開催しております。

男鹿市議会 2015-03-18 男鹿市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号

市民への痛みや影響、担税力については、意識的に触れない、答弁しない対応をとるという、極めて誠意のない、高齢者に冷たい答弁に終始しました。誠に残念であり、市民の理解は到底得られません。  男鹿市は、高齢化率40パーセント台に入り、負担軽減対策は急務であります。私たちは今後とも、老後を安心して暮らせるよう、一層全力を尽くす覚悟であります。  次に、敬老祝金の引き下げ及び廃止についてであります。  

男鹿市議会 2015-03-04 男鹿市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月04日−03号

特に戦争をしやすい、するような国づくりにするようなそんな動き、そしてまた、命の大切さを奪うようなこの原発の再稼働の問題、さらには庶民の痛みもさっぱりわかってくれないと言われていますこの消費税の執行、そして、引き続いてこの税の不公平、格差社会を拡大すると言われる税の不公平の問題、そして沖縄の民意に背く自然破壊や強行の執行でありますけれども、そして農業問題で言えばTPPが風雲急を告げると言われています。

由利本荘市議会 2014-12-16 由利本荘市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月16日−04号

戦争の痛みを知らない首相ほど危険な首相はいないと私は思います。  安倍首相は当たりさわりが非常にいいのです。「ほほ笑みのファシズム」「背広を着た軍国主義者」こういう安倍首相の考え方がまだ今の日本の市民社会の中に入り込む余地がある、日本民主主義の社会の中にこういう危険な思想が入り込むことがあるということを私は大変恐ろしく思います。

能代市議会 2014-09-30 平成26年  9月 定例会-09月30日−05号

今後の農業振興を図る上で避けて通れないものと認識しているが、急激な改革は農家の痛みを伴い、また大きな混乱と疲弊を招くおそれもあることから、農家所得の減少を考慮しながら段階的な施策の進め方を望むところである。以上のことから、農業の構造改革は必要であることから不採択とすべきである、との意見があったのであります。  

由利本荘市議会 2014-03-06 由利本荘市議会 会議録 平成26年  3月 定例会-03月06日−03号

子宮頸がんワクチンの接種後に原因不明の継続的な痛みや脱力感などがあって、重篤な症状が複数報告されているということであります。横浜市会の意見書は、副反応の因果関係が明確になるまでの間、ワクチンの定期接種の積極的な勧奨は行わないように要望し、副反応に対する治療法の確立と治療体制の充実を早期に進めるとともに、必要な予算措置を講ずるよう求めています。  

男鹿市議会 2013-12-10 男鹿市議会 会議録 平成25年 12月 定例会-12月10日−03号

また、ご年配は公民館に集まる機会が多く、ひざや腰に痛みを感じる方がふえ、和式のトイレだと不便というよりは使用できない状況にあるようです。  そこでご質問いたします。  一つは、各施設、特に公民館のトイレの現状と使用する方の状況を把握されているのか、もう一つは、昇降階段についてどう感じていらっしゃるのか、お伺いいたします。  質問の第3は、情報通信技術(ICT)研修会の開催についてであります。  

由利本荘市議会 2013-09-05 由利本荘市議会 会議録 平成25年  9月 定例会-09月05日−02号

それから間もなく、祖母の35日の法要の花を買いに駅前の朝市に行ったときに、母が頭を石で殴られたような痛みを訴え、すぐに由利組合総合病院に向かいました。すぐにCTを撮り、くも膜下出血と診断されました。ただ、出血場所がよくなく、開頭手術が難しく、血管内手術を行いたいとの医師のお話でした。それが血管連続撮影装置を使っての血管内治療でした。

男鹿市議会 2013-06-27 男鹿市議会 会議録 平成25年  6月 定例会-06月27日−05号

職員の痛みについて当然視する対応は、まことに残念であります。  市職員労働組合は、きょう29分のストライキを決行しました。職員の給与だけでなく、退職金、管理職手当、時間外手当の規制等、給与の引き下げが続き、生活への影響と仕事への意欲の減退が心配されるものであります。さらに、市と職員労働組合との交渉も進展せず、合意ができておりません。

男鹿市議会 2012-12-06 男鹿市議会 会議録 平成24年 12月 定例会-12月06日−01号

12月4日午前11時30分ころ、リサイクル施設の缶選別ラインで、作業員が飲料缶以外の缶を取り除いていたところ、異臭が発生し、作業員が目やのどの痛みを訴えたため、5人を救急車で病院へ搬送いたしました。  搬送された5人のうち2人は点滴を受け、3人は経過観察しておりましたが、当日午後4時ころに帰宅いたしました。  原因は、現在、警察で調査中であります。  

由利本荘市議会 2012-09-05 由利本荘市議会 会議録 平成24年  9月 定例会-09月05日−03号

合併時に、財政的な問題から大内の総合体育館を市の総合体育館として認め合い、総合発展計画を変更しながら公債費負担適正化計画を軌道に乗せた痛みを、私たちは喉元も過ぎないうちに忘れるわけにはいかないのではないかと考えています。  検討委員会での体育館建設の議論は、当局案の規模を縮小した修正案で進めるよう提案したいと思います。

男鹿市議会 2012-06-18 男鹿市議会 会議録 平成24年  6月 定例会-06月18日−02号

消費税は、所得の少ない人ほど痛みが大きく、特に障害者などには最もふさわしくない税金であります。いわゆる弱者いじめの悪税であると思いますし、大企業などは消費税を転嫁できても、中小業者は簡単に転嫁もできなくて、自腹を切ってまでも、今までも納めている状況であります。そして何よりも、農業者を含め、経営が赤字になっても納めなくてはならない、矛盾のある税金であります。