449件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

本制度は、モデル事業の実施と国への政策提言に向けた動きの中にあり、またこのような区域外就学制度は、各学校の教育課程における学習進度の調整や専門の学習支援員の配置といった受け入れ体制の課題も多くあることから、慎重な検討が必要なものとして情報収集に努めながら国や他自治体の動向を注視している段階にあります。  

鹿角市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第2号 3月 5日)

  黒 澤 香 澄 君  財政政策監    渡 部 裕 之 君    税務課長      相 川   保 君  農林課長      大 森   誠 君    産業活力政策監  黒 沢 書 彦 君  監査委員事務局長  畠 山   修 君    農業委員会事務局長 村 木 正 幸 君  生涯学習課長    花ノ木 正 彦 君    大湯ストーン サークル館長                                   

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

また、市内小学校の校外学習で小学生からも見学していただいているとの答弁がなされております。  委員からはさらに、資料館という性質上、余り賑わいのある施設ではないが、花輪のまち歩きなどにも活用してもいいのではないかと考えられる。

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

現在、修学旅行においては、ほとんどの学校で何らかの参加・体験型学習を実施しており、都市農村交流のノウハウを生かした本市ならではの体験メニューは誘致のための強みになると考えますので、旅行商品として造成するための課題を整理しながら検討してまいりたいと考えております。  

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

ただ、この後ですけれども、建設の方にもこの状況を伝えて、そして対応していくということ。それから、児童・生徒に対しても、緊急時の対処の仕方ということで、ブロック塀の近くでもし万が一地震等が起きた場合は、すぐその場を離れるという、そういう危険から回避する仕方を指導するということにしております。  

鹿角市議会 2018-03-14 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日)

○2番(金澤大輔君) ④生涯学習で、みらい輝く人材育成事業として鹿角GENKIカレッジという事業をやっていますが、内容と参加人数を伺います。 ○議長(宮野和秀君) 教育長。 ○教育長(畠山義孝君) 金澤大輔議員のご質問にお答えいたします。  

男鹿市議会 2018-03-02 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号

     田村 力      税務課長     田口好信  生活環境課長   伊藤文興      健康子育て課長  加藤義一  介護サービス課長 佐藤庄二      福祉事務所長   伊藤 徹  農林水産課長   武田 誠      観光商工課長   清水康成  建設課長     佐藤 透      病院事務局長   山田政信  会計管理者    菅原信一      学校教育課長   鐙 長光  生涯学習課長

男鹿市議会 2018-03-01 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号

     田村 力      税務課長     田口好信  生活環境課長   伊藤文興      健康子育て課長  加藤義一  介護サービス課長 佐藤庄二      福祉事務所長   伊藤 徹  農林水産課長   武田 誠      観光商工課長   清水康成  建設課長     佐藤 透      病院事務局長   山田政信  会計管理者    菅原信一      学校教育課長   鐙 長光  生涯学習課長

男鹿市議会 2018-02-27 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-02月27日−01号

それでは、男鹿市学校教育の重点目標と努力事項及び生涯学習の重点目標と施策の方向を踏まえ、平成30年度の学校教育及び生涯学習の推進について申し述べます。  はじめに、学校教育についてであります。  本市の目指す子ども像は、「ふるさと男鹿を愛し、すぐれた知性、豊かな心、たくましい体をもち、ふるさと男鹿の将来を担う子ども」であります。

男鹿市議会 2017-12-18 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月18日−05号

     田村 力      税務課長     田口好信  生活環境課長   伊藤文興      健康子育て課長  加藤義一  介護サービス課長 佐藤庄二      福祉事務所長   伊藤 徹  農林水産課長   武田 誠      観光商工課長   清水康成  建設課長     佐藤 透      病院事務局長   山田政信  会計管理者    菅原信一      学校教育課長   鐙 長光  生涯学習課長

男鹿市議会 2017-12-08 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月08日−04号

     田村 力      税務課長     田口好信  生活環境課長   伊藤文興      健康子育て課長  加藤義一  介護サービス課長 佐藤庄二      福祉事務所長   伊藤 徹  農林水産課長   武田 誠      観光商工課長   清水康成  建設課長     佐藤 透      病院事務局長   山田政信  会計管理者    菅原信一      学校教育課長   鐙 長光  生涯学習課長

男鹿市議会 2017-12-07 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号

     田村 力  税務課長     田口好信      生活環境課長   伊藤文興  健康子育て課長  加藤義一      介護サービス課長 佐藤庄二  福祉事務所長   伊藤 徹      農林水産課長   武田 誠  観光商工課長   清水康成      建設課長     佐藤 透  病院事務局長   山田政信      会計管理者    菅原信一  学校教育課長   鐙 長光      生涯学習課長

男鹿市議会 2017-12-06 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号

     田村 力      税務課長     田口好信  生活環境課長   伊藤文興      健康子育て課長  加藤義一  介護サービス課長 佐藤庄二      福祉事務所長   伊藤 徹  農林水産課長   武田 誠      観光商工課長   清水康成  建設課長     佐藤 透      病院事務局長   山田政信  会計管理者    菅原信一      学校教育課長   鐙 長光  生涯学習課長

男鹿市議会 2017-12-04 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月04日−01号

     田村 力      税務課長     田口好信  生活環境課長   伊藤文興      健康子育て課長  加藤義一  介護サービス課長 佐藤庄二      福祉事務所長   伊藤 徹  農林水産課長   武田 誠      観光商工課長   清水康成  建設課長     佐藤 透      病院事務局長   山田政信  会計管理者    菅原信一      学校教育課長   鐙 長光  生涯学習課長

男鹿市議会 2017-09-21 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月21日−05号

     田村 力  税務課長     田口好信      生活環境課長   伊藤文興  健康子育て課長  加藤義一      介護サービス課長 佐藤庄二  福祉事務所長  (市民福祉部長兼任) 農林水産課長   武田 誠  観光商工課長   清水康成      建設課長     佐藤 透  病院事務局長   山田政信      会計管理者    菅原信一  学校教育課長   鐙 長光      生涯学習課長

北秋田市議会 2017-09-15 平成29年  9月 定例会-09月15日−03号

社会教育は、学校教育以外の一般人に対する組織的活動を行うということでありますが、かつて青年学級や婦人学級といった学習形態がありましたが、今は地域にはそうした団体がなくなり、趣味の会や同好会的など、広範囲集団に変わってきております。地域学習はなくなり、拠点学習に変わってきたのではないでしょうか。

北秋田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号

大きな項目の3、学芸員配置についての①北秋田市の文化施設についてのご質問でありますが、現在、生涯学習文化係には2名の学芸員がおり、浜辺の歌音楽館と伊勢堂岱縄文館をそれぞれが担当しております。  博物館法で定められた市内の施設は、登録博物館である浜辺の歌音楽館のみとなります。現在、浜辺の歌音楽館は、学芸員資格を持った職員が担当し非常勤職員1名を配置しております。

鹿角市議会 2017-09-12 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日)

○7番(成田哲男君) 次に、地域コミュニティーにおけるみらい輝く人材育成事業についてでございますが、生涯学習の推進にも同じように人材育成事業がございます。地域協議会の体制強化支援における地域コミュニティーの人材育成事業の内容について伺わせていただきます。 ○議長(宮野和秀君) 教育長。 ○教育長(畠山義孝君) 成田哲男議員のご質問にお答えをいたします。