77件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

○13番(浅石昌敏君) 今の答弁でそんなに混乱は生じなかったということでしたが、実際、作況指数というんですか、96のやや不良ということであった、ことしはそうだったかもしれないですけれども、これが来年度以降100以上になった場合に、そういう混乱はどのようになると感じておりますか。 ○議長(宮野和秀君) 産業部長。

鹿角市議会 2017-11-30 平成29年第7回定例会(第1号11月30日)

北限の桃につきましては、受粉時期の天候不良により、結実数が少なくなったことに加え、7月の大雨の影響等により落下が多く見られるなど、昨年を下回る集荷量となり、販売額は1億553万円余りとなりました。  消費者や市場関係者の認知度と需要は年々高まっておりますので、引き続きこうした需要に応えられるよう関係団体と連携して技術指導や作付面積の拡大を支援し、安定した生産量を確保してまいります。  

鹿角市議会 2017-02-02 平成29年第1回定例会(第1号 2月 2日)

第11条では、受給装置の工事は受給者が施工することとしております。  第12条から第16条では、温泉受給者の責務について定めております。  第17条は、供給装置に対する禁止行為に関する規定でございます。  第18条では、第8条による供給制限により生じた損害に対する市の免責規定を設けております。  第19条では、温泉管理上の市長の指示権限を定めております。  

男鹿市議会 2016-09-06 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月06日−02号

平成20年度から進めてまいりました経営健全化計画は、一般財源から5千万円を繰り入れたことにより、平成27年度末をもって不良債務を解消し、計画を達成しました。  年内には、新たに男鹿みなと市民病院新経営改革プランを策定し、さらなる経営の健全化を目指してまいります。  公約の第2点は、教育と観光であります。  

由利本荘市議会 2016-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月30日−02号

まず第1点、平成24年の5月といいますから、指定管理が始まってすぐなんですが、ぱいんすぱ新山のマイクロバスが整備不良でエンジンの焼きつけ事故を起こしているんですね。その事故を減価償却で処理していたために、それはおかしいということで、損害賠償請求がなされております。  

鹿角市議会 2016-03-08 平成28年第2回定例会(第4号 3月 8日)

これは、体調不良となった場合に、保護者の方が迎えに行けないと、仕事で、その際に病児保育室の看護師なりが保育園に迎えに行って、病院で診てもらって病児保育室で預かるということを想定しているようですが、果たして、そこまで過保護といえば、ちょっと語弊がありますが、やってもいいのかという問題、あるいは実際やるとなった場合、送迎車両を準備したりとか職員の配置といった課題も結構あると現在のところ考えておりますので

由利本荘市議会 2016-03-03 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月03日−02号

現在、災害復旧事業において施工中とのことでありますが、今後の復旧に向けた見通しについてお伺いします。  (3)市道の整備について。  地域における市道の整備については、現在、緊急自動車等がスムーズに交差できないところ、あるいは交差点が窮屈な場所など、地域座談会や市民とのふれあいトーク等でも要望されていると伺っております。  

男鹿市議会 2016-03-02 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月02日−03号

本市の財政状況につきましては、昨日もお答えしておりますが、本年度、国民健康保険特別会計の収支不足や男鹿みなと市民病院の不良債務の解消に備えるため、合わせて3億6千933万円を法定外及び基準外として繰り出ししております。その財源を財政調整基金に求めており、特別交付税及び決算剰余金の確定分を除く平成27年度における財政調整基金の残高見込みは7億1千767万6千円となるなど、厳しい状況にあります。  

能代市議会 2015-12-15 平成27年 12月 定例会-12月15日−03号

その場合、本体の低温時の動作不良を防ぐためには温度管理機能を備えた収納ボックス等の整備費用を要することとなりますので、学校施設の利用状況や立地環境等を勘案しながら調査・研究してまいりたいと考えております。以上であります。 ○副議長(庄司絋八君) 8番渡辺優子さん。 ◆8番(渡辺優子君) 御答弁ありがとうございました。まずは、1番の高齢者肺炎球菌ワクチンについての定期接種の部分でお伺いをいたします。

由利本荘市議会 2015-12-04 由利本荘市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月04日−03号

7、CATVテレビユー山形の画像不良対策についてお伺いをいたします。  ケーブルテレビのテレビ中継放送は、視聴者からのTBS系の放送希望が多かったものの、県内に放送局がなかったことから、テレビユー山形の放送を中継することとなったのであります。しかしながら、視聴中、急にテレビ画面の画像中断があり、連続して発生することもあります。

男鹿市議会 2013-12-09 男鹿市議会 会議録 平成25年 12月 定例会-12月09日−02号

次に、船越第5排水区新地地区における排水不良箇所については、平成23年に前倒しして一部工事を施工しておりますが、車庫1戸の浸水、市道内子線、内子33号線、内子34号線の道路が冠水し、歩行者はもちろん車の通行にも支障を来たす被害が発生しております。被害を見て、どのような対策を考えているのかお伺いいたします。  3点目は、温浴ランド周辺の振興策についてであります。  

男鹿市議会 2013-09-06 男鹿市議会 会議録 平成25年  9月 定例会-09月06日−01号

不良債務については1億3千822万8千911円で、経営健全化計画より4千122万4千89円の減となっている。  また、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき算定される平成24年度決算における資金不足比率は、6.4パーセントとなっているとの概況説明があったのであります。  次に、質疑があった主な点を申し上げます。  

鹿角市議会 2013-05-24 平成25年第4回定例会(第3号 5月24日)

このときは高齢者夫婦に認知症や体調不良が認められ、現在も地域包括支援センターを中心とした見守りを続けているところであります。また、ひとり暮らし高齢者世帯で料金の滞納により、やむを得ずライフラインがとめられたケースでは、事前に事業者から市に連絡をいただいたことで市でも事業者とともにその後の見守りを行うことができており、見守りネットワークが有効に機能しているものと考えております。

男鹿市議会 2012-12-11 男鹿市議会 会議録 平成24年 12月 定例会-12月11日−03号

また、経済効果はどうか、この事業で県や市で利用者と施工業者側の反応や追跡調査等をしているのか、本市では全世帯の1割近くが利用しているのではないかと考えますが、今後の市内経済の活性化のためにも、利用者と施工業者からの意見発表やディスカッションをすることも必要ではないかと思いますが、どうお考えなのかについてもお伺いいたします。  

由利本荘市議会 2012-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成24年 12月 定例会-12月06日−02号

白血病や再生不良貧血などの血液難病に苦しむ患者への有効な治療法の一つが、造血幹細胞移植です。  この移植医療を発展させ、患者によりよい治療を提供するために、さきの通常国会では移植に用いる造血幹細胞の適切な提供を推進する法律が成立しました。  しかし、せっかく骨髄バンクに登録され、移植希望患者のHLA型が適合しても、最終的に骨髄提供までに至らないケースが4割程度あると言われております。  

男鹿市議会 2012-09-06 男鹿市議会 会議録 平成24年  9月 定例会-09月06日−01号

次に、経営状況について、入院・外来収益で前年度より7千980万8千92円、4.3%の増、また、総費用も1億1千106万1千447円、4.7%増となり、結果、単年度収支では前年度より3千968万6千591円の増益となり、不良債務については1億9千427万707円で、経営健全化計画より4千903万6千293円の減となっている。

由利本荘市議会 2012-03-22 由利本荘市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-03月22日−05号

歳出の主な内容といたしましては、民生費ではことしの豪雪に係る災害弔慰金を追加し、衛生費では災害廃棄物処理に係る住民説明会費用を追加し、農林水産業費では国の4次補正に伴い、県営事業として施工する農業水利施設整備事業負担金及び農地区画拡大や暗渠排水整備に対する補助金を追加し、公債費では無利子の秋田県市町村振興資金の追加配分による、市債の借りかえに伴う償還金を追加しようとするものであります。  

男鹿市議会 2012-03-02 男鹿市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-03月02日−03号

新地地区における排水不良箇所については、平成26年度計画でありましたが、平成23年に前倒しして一部工事を施工したものであり、今後とも排水状況を見きわめてまいります。  次に、滝川河川改修事業についてであります。  市では、杉下地区の家屋被害対策を最優先として、杉下橋を含めた下流側の改修と町田頭首工の改良を進めているところであります。