447件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 鹿角市議会 平成30年第8回定例会(第3号12月11日) ○7番(児玉悦朗君) 出土文化財管理センター、これを一般公開できないかと、そしてイベントができないかという質問であります。   もっと読む
2018-12-10 鹿角市議会 平成30年第8回定例会(第2号12月10日) 来年度は、特に観光分野のことと思いますけれども、この3つの世界遺産クラスの遺産、また毛馬内盆踊りなど、いろんな世界遺産に匹敵するような文化財や資源が鹿角市内にはたくさんありますので、観光確立ミーティングをやっておりまして、その中でも今後この遺産を生かして、先ほど市長の答弁にもありましたけれども、鹿角市内の世界遺産をめぐるツアーとか、そういった旅行商品が造成できないかなど今検討しているところであります もっと読む
2018-11-30 鹿角市議会 平成30年第8回定例会(第1号11月30日) さきの葛飾区実行委員会において、来年度の出演は可能との回答をいただいており、盆踊りを通じた区民同士の交流や葛飾の魅力発信を目的としたこのイベントには2万1,000人もの参加があることから、PRの場として高い効果が期待されますので、首都圏における本市の国重要無形民俗文化財の魅力発信はもとより、毛馬内盆踊り保存会の活性化にもつながるよう協議を進めてまいります。   もっと読む
2018-09-10 鹿角市議会 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日) さらには、現在、国指定重要無形文化財の毛馬内盆踊りも、全国の類似するものと一括して世界遺産登録を目指そうとする動きもあると伺っております。  こうした自治体が羨望するほどの資源を生かし、ユネスコのまちとして国内外に積極的にアピールし、目に見える媒体を駆使して広く情報を発信していく考えはないのかお伺いいたします。 もっと読む
2018-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号 ガイダンス施設については、文化財保護法により史跡内の設置は困難であることから、設置場所、規模、機能など具体の検討が必要になるとともに、実施時期としましては、現在、史跡内の説明案内板などの整備を進めており、それらの整備の完了後に設置していきたいと考えております。  ご質問の第4点は、スポーツ振興についてであります。  まず、スポーツ振興くじを活用した過去の事例及び今後の見通しについてであります。   もっと読む
2018-08-31 鹿角市議会 平成30年第7回定例会(第1号 8月31日) 毛馬内盆踊りについては、地元中高生や保育園児の参加に加え、ことし新たに本市無形民俗文化財に登録された八幡平水沢盆踊りがゲスト出演するなど、入り込み数は昨年と同様の1万9,000人となりました。   もっと読む
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 五社堂につきましては、石段につきましても999段の鬼伝説というのもございますので、そこら辺も感じていただくためにも、あえて石段を上って重要文化財の五社堂を参拝していただければというふうに思っております。 ○議長(吉田清孝君) 菅原市長      [市長 菅原広二君 登壇] ◎市長(菅原広二君) 補足させていただきます。   もっと読む
2018-06-11 鹿角市議会 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日) 2つ目の都市ブランドの確立につきましては、今後も自治体間競争が加速する中で、産業ブランドを生かしつつ、世界や全国に誇る有形無形文化財の活用やスキーと駅伝のまちづくりなど本市独自の魅力を高めることにより、本市にかかわった多くの人から、また訪れたい、住んでみたいと思っていただけるような取り組みを進めてまいります。   もっと読む
2018-03-23 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日) 次に、10款5項3目文化財保護費の大湯環状列石史跡管理費において、熊対策として史跡の約700メートルの範囲を電気柵で囲うとのことだが、十分見学できる範囲なのか、また、電気柵だけでは安全対策としては不十分と感じるが、緩衝地帯をつくるなどの考えはないかただしております。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 次に、教育方針の文化財の保存・伝承についてでありますが、まず花輪ばやし屋台改修の早期実現についてお伺いいたします。  平成12年12月に花輪祭の屋台行事、腰抜け屋台伝承のための保存修理調査委員会の報告書の中を見ますと、平成28年度から平成34年度までの7年間で屋台10台で9,000万円の修理費の計画が掲載されています。 もっと読む
2018-03-06 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第2号 3月 6日) 実は新年度の予算をずっと見ていまして、花輪ばやしに関することで、もう一つは文化財保護事業するところにもちょっとと、それから今180ページの観光イベントのところで、花輪ばやしの祭典事業費とかユネスコとかとこうあるんですけれども、昨年の一般質問で、観光振興、町なか観光の観点から、花輪ばやしの屋台を町なかに移したらという提案をさせていただきました。 もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 次に、「文化財の保存・伝承」についてでありますが、郷土の歴史民俗の調査研究や、収蔵する古文書等の整理を進めるとともに、新たにオープンした歴史民俗資料館など、資料の展示や学習機会の創出により、地域の貴重な財産である文化財への市民意識の醸成を図ってまいります。   もっと読む
2018-02-27 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-02月27日−01号 現在、文化庁の日本遺産に追加登録を申請している「北前船寄港地・船主集落」をはじめ、地質遺産や自然環境などの魅力あふれる「男鹿半島・大潟ジオパーク」、ユネスコの無形文化遺産登録を目指している「男鹿のナマハゲ」、「続日本100名城」に選定された史跡「脇本城跡」、「東湖八坂神社祭トウニン(統人)行事」など、本市特有の文化資源を活用することで、市民共有の財産である文化財、史跡の保護・継承を促進し、観光文化としての もっと読む
2017-12-11 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第2号12月11日) 本市では、国指定の無形民俗文化財として毛馬内の盆踊りがございますが、花輪ばやしの山・鉾・屋台と同様、盆踊り行事は国内では数多く存在しております。 もっと読む
2017-12-08 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月08日−04号 本議案は、スポーツ及び文化行政について、地域振興等の関連行政とあわせて市長が一元的に所掌することが、より効果的であることから、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第23条第1項の規定に基づき、学校における体育を除くスポーツ及び文化財の保護を除く文化に関する事務を市長が管理し及び執行するため、本条例を制定するものであります。  条例の施行期日は、平成30年4月1日であります。   もっと読む
2017-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号 さらには昨年、国指定文化財である「五社堂八百年祭」が新しい取り組みとして市民、行政が一体となって執り行われ、一連の行事が内外からの高評価を得られたのも記憶に新しいところであります。  そこで私が今思いをいたしている市指定文化財の一つについてであります。  寒風山山頂付近にそびえ立つ「誓いの御柱」であります。  本年も「寒風山まつり」が開催され、多くの人出でにぎわいました。 もっと読む
2017-12-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号 そしてまた、文科省の文化財も、お祭りとかそういう文化財については見せていくんだと、観光していくというそういうスタンスらしいので、今の考えている観光文化スポーツ部というのはよかったなと、そういうことを考えています。どうか皆さんのご理解をお願いします。  以上です。 もっと読む
2017-09-27 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号 14款国庫支出金は1076万1000円の追加で、社会保障・税番号制度システム整備費補助金、国宝重要文化財等保存整備費補助金の追加が主なものであります。  15款県支出金は27万8000円の追加で、地域で学べ!農業技術研修費補助金の追加が主なものであります。  16款財産収入は19万5000円の追加で、能代青果地方卸売市場株配当金であります。   もっと読む
2017-09-11 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日) 花輪ばやしへの今後の支援についてでありますが、花輪ばやしは本市の夏を代表する重要な観光資源であり、市ではこれまでも花輪ばやし祭典委員会に対して運営費の一部を補助し支援を行っており、国の重要無形民俗文化財の指定を受けた平成26年度からは、支援を拡大しております。 もっと読む
2017-06-21 能代市議会 平成29年  6月 定例会-06月21日−05号 文化財や歴史資料の保存・展示施設については総合計画で既存施設の活用を検討することとしており、引き続き次期総合計画に位置づけた上で検討していきたい、との答弁があったのであります。  審査の結果、本案は原案どおり可決すべきものと決定いたしました。   もっと読む