運営者 Bitlet 姉妹サービス
20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-09-13 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号 もっと言えば、リサイクルポートの指定を受けるときに、県北エコタウン構想もあったのですけれども、もう一つは、同和鉱業の汚染土壌、こういったものも扱うことによって、貨物量をふやすことができるのではないかということも当時議論されました。実際に、試行的に何回か揚げさせていただきました。 もっと読む
2010-09-14 鹿角市議会 平成22年第6回定例会(第2号 9月14日) 「(仮称)学習文化交流施設」を複合施設とした経緯・経過についてでありますが、平成20年度に「まちづくりビジョン」を策定し、その中で、鹿角組合総合病院跡地地区を「文化交流拠点」と位置づけ、「図書館機能」、「文化創造機能」、「活動支援機能」、「交流創出機能」の四つの基本的機能からなる複合施設として利活用する方針を決定しております。   もっと読む
2010-09-14 鹿角市議会 平成22年第6回定例会(第2号 9月14日) 「(仮称)学習文化交流施設」を複合施設とした経緯・経過についてでありますが、平成20年度に「まちづくりビジョン」を策定し、その中で、鹿角組合総合病院跡地地区を「文化交流拠点」と位置づけ、「図書館機能」、「文化創造機能」、「活動支援機能」、「交流創出機能」の四つの基本的機能からなる複合施設として利活用する方針を決定しております。   もっと読む
2010-03-03 能代市議会 平成22年  3月 定例会-03月03日−04号 まず、齊藤市長が地域経済再生の核の一つとしている能代港の利用に係る産業振興についてでありますけれども、昨年、会派の研修で環境産業のトップランナーである同和グループの資源リサイクル技術の現況を視察研修いたしました。鉱山で培った環境技術に資源で勝負している企業には、その資源の絶対量が足りないのではないかと直感してきたのがありました。   もっと読む
2009-12-04 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成21年 12月 定例会-12月04日−02号 次に、払戸地区の地域文化、コミュニティの継承策についてでありますが、払戸地区には、ご指摘の先人たちの足跡や歴史遺産が大切に保存されているほか、小深見神明社の木造彫刻など、市指定文化財も数多く現存しております。 もっと読む
2008-06-10 鹿角市議会 平成20年第4回定例会(第2号 6月10日) これは平成14年3月に策定の「旧中心市街地活性化鹿角市基本計画」に規定されていた、およそ64ヘクタールのエリア、即ち「鹿角観光ふるさと館あんとらあ」から鹿角組合総合病院までの南北ラインと、城跡に建てられた花輪小学校の城下地区からJR鹿角花輪駅までの東西ラインを、既に失効した旧まちづくり三法の趣旨をそのままスライドさせ、にぎわいを見せる十和田毛馬内陣場地区など市内他エリアを全く眼中に置かない、花輪地区 もっと読む
2008-06-10 鹿角市議会 平成20年第4回定例会(第2号 6月10日) これは平成14年3月に策定の「旧中心市街地活性化鹿角市基本計画」に規定されていた、およそ64ヘクタールのエリア、即ち「鹿角観光ふるさと館あんとらあ」から鹿角組合総合病院までの南北ラインと、城跡に建てられた花輪小学校の城下地区からJR鹿角花輪駅までの東西ラインを、既に失効した旧まちづくり三法の趣旨をそのままスライドさせ、にぎわいを見せる十和田毛馬内陣場地区など市内他エリアを全く眼中に置かない、花輪地区 もっと読む
2008-03-04 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成20年  3月 定例会-03月04日−02号 同和鉱業の硫化鉱出荷など、外航ではロシアのナホトカ、ウラジオ、ホルムスク、ハバロフスクなどから北洋材、ジャワ、スマトラからラワン材などの輸入、韓国への米の輸出などもあり、税関所、検疫所などの国の出先機関もありました。港湾も荷役で活気があふれ、商店街も歓楽街も潤いと活気があり、港町船川でありました。 もっと読む
2007-12-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成19年 12月 定例会-12月05日−01号 第6点として、企業誘致対策の実績と具体的対応について質疑があり、市長から、東京、大阪の立地セミナー、ジャパンエナジー本社、同和鉱業本社、プライウッド本社へ出向き、情報交換をしているものであり、このたびのプライウッド工場の増設に結びついたものと考えており、企業誘致については、精力的に各企業を訪問し頑張りたい。 もっと読む
2006-02-28 能代市議会 平成18年  3月 定例会-02月28日−03号 結局は核になる企業があって、初めてその事業が成功すると思うわけでありますが、その中核企業が同和鉱業グループであるということは基本的な認識があります。同和鉱業については私も昨年の十二月定例会の一般質問で御答弁をいただきましたが、市長も積極的に取り組むとおっしゃられてます。 もっと読む
2005-09-14 能代市議会 平成17年  9月 定例会-09月14日−04号 本案は県営ほ場整備事業桧山第一地区区域内の字の区域を別紙のとおり変更するため、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。   もっと読む
2005-09-06 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成17年  9月 定例会(第2回)-09月06日−02号 これからの質問の中に「部落」という言葉が出てまいりますが、この呼び名は同和の方では差別用語ですけれども、この地域では古来から使ってきた呼び名であります。あえて「部落」という呼び名を使わせていただくことをお許しをいただいて質問させてもらいます。  平成15年11月30日開催の第10回合併協議会において議題に出された協議第28号財産及び債務の取扱いについて。継続協議でした。 もっと読む
2003-12-08 能代市議会 平成15年 12月 定例会-12月08日−02号 それで当然検討もというふうな言葉になってらっしゃるんだと思うんですけれども、一点だけちょっとお尋ねしてしておきますけれど、これって能代港をリサイクル港にして北部エコタウンと、要するにリサイクル事業に参加している同和鉱業グループ、それから家電リサイクル事業とかって展開しているその同和鉱業、まあ、大館とか小坂町でもやるわけなんですけれども、これに汚染土壌の洗浄事業をひっくるめてやろうとしているわけでしょうけれど もっと読む
2000-09-04 鹿角市議会 平成12年第5回定例会(第1号 9月 4日) 県営ほ場整備事業花輪地区及び芦名沢地区については、基盤整地を終了し、今年度事業の進捗率は両地区とも65%であります。  林道長嶺・熊沢線については、長嶺側から予定通り工事を進めておりますが、大滝頭の地滑りについては、地山にアンカー工を施工中でありますが、今後の対策については、県林務課と協議しながら進めてまいります。   もっと読む
2000-09-04 鹿角市議会 平成12年第5回定例会(第1号 9月 4日) 県営ほ場整備事業花輪地区及び芦名沢地区については、基盤整地を終了し、今年度事業の進捗率は両地区とも65%であります。  林道長嶺・熊沢線については、長嶺側から予定通り工事を進めておりますが、大滝頭の地滑りについては、地山にアンカー工を施工中でありますが、今後の対策については、県林務課と協議しながら進めてまいります。   もっと読む
1999-12-07 能代市議会 平成11年 12月 定例会-12月07日−03号 しかしながら、向能代地区にございます中堤はこうした環境保全管理や水質管理がなされているのでありましょうか。現在、この堤には数多くの近隣住宅や工場からの生活雑排水や工場排水が、雨水と一緒に流れ込んでおります。堤の底は恐らくヘドロ状態であり、魚の生息すらいかがかと思えるのです。 もっと読む
1998-12-02 鹿角市議会 平成10年第8回定例会(第1号12月 2日) 小豆沢地区の農業集落排水事業につきましては、現在処理場の基本計画に基づく全体計画の策定を進めており、管路工事については、12月中に発注する予定であります。  県営事業として実施している公害防除特別対策事業につきましては、今年度瀬田石地区と西道口地区の2カ所で実施しておりますが、客土の運搬が終了し、現在整地工事を進めており、年度内の完成を目指しております。   もっと読む
1998-12-02 鹿角市議会 平成10年第8回定例会(第1号12月 2日) 小豆沢地区の農業集落排水事業につきましては、現在処理場の基本計画に基づく全体計画の策定を進めており、管路工事については、12月中に発注する予定であります。  県営事業として実施している公害防除特別対策事業につきましては、今年度瀬田石地区と西道口地区の2カ所で実施しておりますが、客土の運搬が終了し、現在整地工事を進めており、年度内の完成を目指しております。   もっと読む
1998-03-02 鹿角市議会 平成10年第2回定例会(第1号 3月 2日) 地域経営公社設立事業については、操業2年目に入る八幡平地域経営公社の経営指導とあわせ、各地区の設立準備委員会や地域経営協議会を中心とした各地域の取り組み状況に応じた公社設立準備活動を支援してまいります。  農業農村整備事業については、下川原地区多目的共同利用施設の建設に着手するほか、継続事業の松館大里線の農道整備事業を中心とした農村総合整備モデル事業を実施してまいります。   もっと読む
1998-03-02 鹿角市議会 平成10年第2回定例会(第1号 3月 2日) 地域経営公社設立事業については、操業2年目に入る八幡平地域経営公社の経営指導とあわせ、各地区の設立準備委員会や地域経営協議会を中心とした各地域の取り組み状況に応じた公社設立準備活動を支援してまいります。  農業農村整備事業については、下川原地区多目的共同利用施設の建設に着手するほか、継続事業の松館大里線の農道整備事業を中心とした農村総合整備モデル事業を実施してまいります。   もっと読む
  • 1