運営者 Bitlet 姉妹サービス
1338件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-21 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月21日−06号 第1点として、男鹿駅周辺土地利用基本計画の策定にあたって、委託業者と市民の意見を調整し、いかにして取りまとめるのかなど、土地利用に係る市長の考え及び具体的手法について。  第2点として、旧桜島苑の除却に関し、アスベスト処理対応のため、追加補正を行ったことに係る当初予算編成時の現地確認等のあり方について。   もっと読む
2018-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号 広報やホームページで、安全対策としてブロック塀の診断カルテを実施していただいておりますが、利用状況や利用された方々を掌握できるものか伺います。  一部の自治体で、民間の建物に設置されているブロック塀の撤去・改修に係る費用を助成しています。地震に遭った関西地域では、多くの自治体が7月から補助制度をスタートさせました。 もっと読む
2018-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 冬期間の利用客数がオガーレの経営にとっても重要と考えますので、市長にお伺いするものであります。  2点目は、地域活性化と男鹿駅周辺土地利用基本計画についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-09-03 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−01号 市で現在策定を進めている男鹿駅周辺土地利用計画に市民のアイデアを生かすことを目的として、先月21日にハートピアにおいて、第1回目の意見交換会を約80人の出席のもと開催しております。  当日は「新しい公共のつくり方」と題して、南池袋公園ほか各地で公共空間活用やまちづくりを実践している青木純氏の基調講演の後、出席者からご意見を伺っております。   もっと読む
2018-06-26 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号 本案について、委員より、利用乳幼児への食事を提供するときは、事業所内で調理することが原則であるが、外部搬入を可能とした場合の市が適当と認める事業所の判断基準について質疑があり、当局より、現在男鹿市では本改正条例に対応する搬入施設はないが、仮にこういった施設ができた場合には、保健所等からの指導・助言をいただき、市として判断するものであるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 この施設の利用者に対して、何らかの形で援助やら、もしくは減免などできないのでしょうかと。介護保険、今、男鹿市の場合は減免制度適用しないわけですけれど、何らかの手だてを講じてでも・・・減免と違う、利用料への援助です。減免もないし、利用料の援助も男鹿市では、なかなか思うに任せないと。 もっと読む
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 さらに、今後の財政状況の中での財政調整基金の見通しをお伺いします。  2点目は、新男鹿駅前広場についてであります。  移転新築されるJR男鹿駅が7月1日から営業を始めます。JR東日本秋田支社は、新駅舎と複合観光施設「オガーレ」の間のJR所有地をにぎわい駅前広場として活用することで整備を進めています。旧駅前広場には、バス乗り入れ、タクシー乗り場、駅利用者の駐車場、自転車置場が整備されております。 もっと読む
2018-05-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  5月 臨時会-05月02日−01号 7款ゴルフ場利用税交付金1項ゴルフ場利用税交付金は、3万円の減額であります。  8款自動車取得税交付金、次のページをお願いいたします。1項自動車取得税交付金は、749万6,000円の追加であります。  9款国有提供施設等所在市助成交付金1項国有提供施設等所在市助成交付金は、52万8,000円の減額であります。  10款地方特例交付金1項地方特例交付金は、10万5,000円の追加であります。   もっと読む
2018-03-23 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日) 次に、17款2項1目財政調整基金繰入金の財政調整基金繰入金について、繰り入れた資金はどの程度利用し、補填や調整等を行っているものかただしております。  これに対し、平成27年度においては最終的に財政調整基金としての繰り入れはなかったが、平成28年度においては災害があったことから、災害対策等に充てるため繰り入れを行っている。 もっと読む
2018-03-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号 本案について、委員より、施設の廃止について、これまで利用していた団体への説明の状況と、廃止後の建物のあり方について質疑があり、当局より、咋年12月に、主に老人福祉センターを利用していた2団体に対し、施設を廃止する旨を説明し、他の公の施設での利用を促したものであるが、利用者団体からは特に異論はなく、ご理解をいただけたものと認識している。 もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) また、本市の医師修学資金貸与制度を利用している7名については、制度利用者が本市でスムーズに勤務できるよう、岩手医科大学や厚生連等との調整を図り、受け入れ体制を整備していくほか、対象者を市民または本市にゆかりのある方に限定をし、その後3名程度をめどに募集を行ってまいります。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 次に、基本目標1の農業生産の振興についてでありますが、まず、旧来の米の生産調整制度、いわゆる減反政策についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-03-06 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第2号 3月 6日) 鹿角市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正             について      議案第13号 特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の             一部改正について      議案第14号 一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について      議案第15号 鹿角市手数料条例の一部改正について      議案第16号 鹿角市国民健康保険事業財政調整基金条例 もっと読む
2018-03-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月05日−04号 まず、議案第7号男鹿市国民健康保険条例及び男鹿市国民健康保険事業財政調整基金条例の一部を改正する条例についてであります。  今回の条例改正は、新年度より都道府県が市町村とともに国民健康保険事業を行うこととされたことから、所要の条例改正が必要となるものであります。  続きまして、8ページをお願いいたします。  8ページは、改正条例の本文でございます。   もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 鹿角市国民健康保険事業財政調整基金条例の一部改正について。  鹿角市国民健康保険事業財政調整基金条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。  平成30年3月2日提出。鹿角市長。   もっと読む
2018-03-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号 次に、農地利用最適化推進委員としての活動についてであります。  これまでも答弁しておりますが、農地利用最適化推進委員を委嘱しない農業委員会は、農地利用最適化の事務について各農業委員が担当する区域を定めることになっております。しかし、本市では、大区画圃場の整備が進んだ地域がある一方で、土地改良区のない地域や中山間地域などがあり、農地の条件は多様であります。   もっと読む
2018-03-01 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号 平成28年度1年間では、利用者実数が42人、延べの利用日数が94日でございます。本年度につきましては、1月末までの数でございますけども、実利用人数が24人、延べ日数が53日ということでございます。  以上です。 もっと読む
2018-01-11 鹿角市議会 平成30年第1回臨時会(第1号 1月11日) ○産業部長(田口善浩君) 資料にもございますとおりでございますけれども、ノリット・ジャポンさんの内容でございますが、地場産の食材を利用した飲食店の経営、それから、地方特産品や食材の販売プロモーションの企画、デザイン、製作、そして情報発信のほか、地域ブランドや地産商品に関するコンサルティング、それから、マーケティング業務などを行っているベンチャー企業であります。   もっと読む
2017-12-20 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第4号12月20日) これに対し、マイナンバーカードの取得促進については、国でも命題として取り組んでいるところだが、現状ではマイナンバーカードの活用機会が限られているため、市としては、マイナンバーカードを利用した証明書のコンビニ交付を開始するなど、具体的にカードを利用できる環境を整備しながら、さらなる普及に努めたいとの答弁がなされております。   もっと読む
2017-12-18 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月18日−05号 現状でも施設の利用の際、申請等は文化会館と公民館で区別されており、市長部局と教育委員会に所管が分かれても支障はないものと認識しているとの答弁があったのであります。   もっと読む