運営者 Bitlet 姉妹サービス
88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号 統合後の校舎や屋内運動場、グラウンドの利用につきましては、学校統合を進める際の地域説明会において地域の方々からご意見を伺ったところでありますが、学校教育・社会教育的な利用の提案はなく、現在は屋内運動場を児童クラブ施設や社会体育施設として利用していただいているところであります。   もっと読む
2017-09-14 北秋田市議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号 認知症で日常生活に支障を来すような症状が頻繁に見られる方、それから2つ目、知的障害や精神障害等を伴いまして日常生活に支障を来すような症状が頻繁に見られる方、3つ目が、深刻な虐待が疑われることによって安全の確保のために入所させるものが必要だと認められる方、それから4つ目、単身世帯等の家族で支援ができず介護サービスの供給が不十分であって保護的に入所させる必要がある方等でございます。 もっと読む
2017-09-12 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日) では、次に児童虐待についてお伺いいたします。  2016年度の全国の児童相談所が対応した児童虐待の件数が、前年度比1万9,292件増の12万2,578件に上ったことが厚生労働省のまとめでわかりました。39都道府県で増加し、統計の残る1990年度から26年連続で最多を更新しております。  それでは伺います。当市における現状はどのようになっておりますでしょうか。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 もっと読む
2017-09-01 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第1号 9月 1日) 8月20日から23日までの4日間、葛飾区との交流をきっかけにFCバルセロナスクール葛飾校のサマースクール会場に本市の総合運動公園が選ばれ、所属する児童やコーチ等約100人が夏合宿を行いました。 もっと読む
2017-08-31 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号 高齢者や障害者らの支援、子供たちへの虐待など、協力を求められる分野は広がり、負担の重さから全国的になり手不足も深刻なようであります。3年に1度の改選が昨年12月にあり、本市は定数を維持しているものの、県内の充足率は95.96%にとどまり、全国的には96.3%で徐々に低下しており、人材の確保が大きな課題になってきています。 もっと読む
2017-02-24 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月24日−04号 社会問題化している介護放棄や介護虐待は、このような身体的、精神的ダメージが積もり、ついには最悪の結果を迎えてしまうことがあるとも言われております。  介護の形態は、昔とは随分と変化しています。介護者の3人に2人は高齢者とも言われております。配偶者同士の老々介護は当たり前になり、介護する子供でさえ若くはなく、50代、60代から70歳代の中高齢の方が介護者になっています。 もっと読む
2017-02-22 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月22日−02号 背景には特別な支援が求められる生徒の増加や不登校やいじめ、虐待への対応、そしてSNSなどネットに関する課題対応や調査報告などが上げられておりますが、授業以外の項目がずらりと並び、業務が多様化していることをうかがい知ることができます。   もっと読む
2016-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−03号 過去にこれも質問した経緯があるわけでありますけれども、いまだにまだ各集落の中で子どもの遊び場、児童公園のない箇所があるわけでありますけれども、なぜ児童公園が平等に、どこでもいつでも遊べる場所がないところと、あるところがあるのか、この不公平感を、どう対応しようとしているのか伺わせていただきたいと思います。   もっと読む
2016-12-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号 まず、虐待、育児放棄、暴力のある家庭への支援についてであります。  市では、児童虐待等を早期に発見し、対処するため、福祉事務所内に設置している家庭児童相談室の相談員が日常の相談支援を行っているほか、適宜、小・中学校を訪問し、不登校やネグレクト等が懸念される児童について、学校、教育委員会等と情報を共有し、支援しているものであります。   もっと読む
2016-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月07日−03号 そしてまた、総合計画に総体的にこの少子化対策の取り組みとして環境整備の問題がありますけれども、多分、児童健全育成の視点からのことだと思いますけれども、こうした問題として、いわゆる虐待防止、そして貧困対策と一貫としての取り組み方については、どう現在進められておられるのか、お伺いさせていただきたいと思います。  次に、3番目ですけれども、農業対策についてであります。   もっと読む
2016-08-31 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月31日−03号 残された未整備改良区間は、千刈のグランマートから薬師堂間約800メートルとなりましたが、この区間は、通勤車両、高校に生徒を送迎する車両、子吉小学校、東中学校、南中学校の児童生徒の通学、薬師堂駅を登下校利用する各高校の生徒、日常生活に利用する市民など交通量も非常に多く狭隘で、幅員と歩道がなく、危険箇所であります。   もっと読む
2016-06-13 能代市議会 平成28年  6月 定例会-06月13日−02号 そもそも、児童によって体質や消化能力の違いから、摂食量と摂食ペースに差があるのが至極当然であり、強制的に完食させるというのはもはや暴力に値します。 もっと読む
2016-03-02 仙北市議会 平成28年  3月 定例会-03月02日−02号 また、案件の一つといたしまして、児童生徒数の今後の推移についてを取り上げました。それで、平成28年度から平成33年度までの児童生徒数の推移を協議資料といたしまして、さまざまな観点から自由にといいましょうか、忌憚のない協議を、御意見をいただいたというところでございます。   もっと読む
2016-03-01 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月01日−02号 スクールソーシャルワーカーは、ソーシャルワークの観点から、子どもを取り巻く環境等への働きかけを行い、子どもと学校、家庭、地域との関係の調整や再構築を図り、子どもの健全育成とQOL(生活の質向上)を図ることを目的とし、児童や生徒本人が抱える問題だけでなく、教師との連携や親への支援を行うなど、学校と家庭や地域との橋渡しを行う社会福祉分野の専門性を生かした観点から、今後の活動が期待されているものであります もっと読む
2015-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月07日−02号 なお、地域包括支援センターでは、介護予防教室の開催、高齢者総合相談、介護予防ケアプランの作成、高齢者虐待への対応、ケアマネージャーへの支援などの業務を行っております。さらに、本年10月からは認知症初期集中支援チームを設置し、増加すると予想される認知症高齢者への支援体制を整備しております。  今後も現在の体制でこれらの業務を行い、地域におけるケア体制の構築に努めてまいります。 もっと読む
2015-09-16 能代市議会 平成27年  9月 定例会-09月16日−05号 DV、ストーカー行為、児童虐待などの被害者で、身柄を隠している方については、担当の部局において情報の把握を行っている、との答弁があったのであります。   もっと読む
2015-09-15 鹿角市議会 平成27年第6回定例会(第2号 9月15日) 次に、児童クラブについて伺います。  放課後児童クラブは、平成19年に運営に必要な基本的事項、放課後児童クラブガイドラインというものが策定され、各市町村はそれにより質の向上を図るための取り組みを進めてまいりました。 もっと読む
2015-09-15 鹿角市議会 平成27年第6回定例会(第2号 9月15日) 次に、児童クラブについて伺います。  放課後児童クラブは、平成19年に運営に必要な基本的事項、放課後児童クラブガイドラインというものが策定され、各市町村はそれにより質の向上を図るための取り組みを進めてまいりました。 もっと読む
2015-09-04 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月04日−03号 また、先ほど、居所情報登録が必要な方に関しては、市では把握できないということでありましたけれども、まず東日本大震災の被災者で避難されている方であったりとか、DV、ストーカー行為、児童虐待の方等という記載があるわけですけれども、ひとり暮らしで長期間医療機関等に入院されている方という部分があるわけですけれども、まずいずれも本人からの申請が必要っていうことになりますので、9月25日までの申請になるんですけれども もっと読む
2015-06-19 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月19日−03号 孤立しがちな母親が育児不安から産後うつに陥ったり、児童虐待を引き起こすケースも少なくありません。出産直後の母親と新生児の心身をサポートする、産後ケア対策の体制づくりを早急に確立する必要があります。母親と新生児の心身の健康を守るためにも、きめ細やかな施策が大切で、寄り添う形の支援の必要性を痛感します。   もっと読む