運営者 Bitlet 姉妹サービス
25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-03-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号 平成28年度の決算によると、バス会社等へ9,551万円の委託料の支出、運賃収入が831万円、利用乗客数は5万776人となっています。委託料を乗客数で割ると、1,881円という、高い1人当たり額となります。また、1日当たり乗客数は、年間250日として1日203人、また、バス1台に4人程度の乗客人数です。バス料金は、収入3万3,240円ということになります。 もっと読む
2017-06-02 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号 市では、空き家の活用施策の一つとして住宅リフォーム資金助成事業を実施しており、昨年度、子育て世代が空き家を購入してリフォームする際の上限額を20万円と手厚くさせていただきました。これまでこのリフォーム助成には12件の活用があり、成果があらわれてきているところでありますので、引き続き助成制度のPRに努めながら支援してまいりたいと考えております。   もっと読む
2016-12-12 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第2号12月12日) 返礼品にかかる経費についてでありますが、返礼品となる商品価格の上限を寄附額の4割と設定しており、送料と合わせて約5割が返礼品にかかる経費となっております。 ○議長(田村富男君) 安保誠一郎君。 ○3番(安保誠一郎君) はい、ありがとうございます。半分が経費で、半分は……。まあ次に行きますか。  ふるさと納税では最後です。 もっと読む
2016-12-12 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第2号12月12日) 返礼品にかかる経費についてでありますが、返礼品となる商品価格の上限を寄附額の4割と設定しており、送料と合わせて約5割が返礼品にかかる経費となっております。 ○議長(田村富男君) 安保誠一郎君。 ○3番(安保誠一郎君) はい、ありがとうございます。半分が経費で、半分は……。まあ次に行きますか。  ふるさと納税では最後です。 もっと読む
2016-08-31 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月31日−03号 市のコミュニティバスの利用料金は半額、鳥海山ろく線の運賃も半額。  また、県内、市内のバスやタクシー料金も割引サービスがあるようです。このようなサービスがありながらも、対象者の方々には、内容をよくわかっておらない方も結構いるようです。 もっと読む
2016-03-08 北秋田市議会 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号 ◆2番(山田博康)   提案理由として、事業、その活用を終了することとありますけれども、この基金条例そのものの積み立てる額等について、第2条でうたっているわけですけれども、これは今まで森吉山の整備等をするお金を使ってこられたと理解しておるわけですけれども、現実にその中身について、例えばゴンドラの運賃等から一部その協力金みたいな形でもらっていると、僕は理解しておるわけですけれども、その間について、ゴンドラ もっと読む
2015-12-08 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月08日−03号 バスからバスへの乗りかえによる運行は、乗客本意ではなく、バス事業者本意の発想で、目的地までの待ち時間の長さ、運賃の高額等、そのために利用客は少なく、がらがらの状態であります。乗りたい人はいるが、今のやり方では乗らない、乗れない実態と考えます。観光客への観光地めぐりの説明や案内看板もない。料金が高すぎるという観光客の苦情もあるとお伺いしております。 もっと読む
2014-12-08 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月08日−02号 平成26年8月1日からバス新運賃制度が導入され、運賃改定が余儀なくされることに伴い、平成27年度の定期観光バスの運行経費が大幅にアップすることにより、運行を休止するとのことですが、このことにより秋田駅から男鹿半島までの主要な人気アクセスが絶たれます。旅行会社で設定される男鹿の旅行商品が、激減すると予想されます。 もっと読む
2014-09-16 鹿角市議会 平成26年第5回定例会(第2号 9月16日) 2つ目は、わかりやすさと利用環境の向上で、運賃制度の検討や情報提供の充実などを図るものであります。   もっと読む
2014-09-16 鹿角市議会 平成26年第5回定例会(第2号 9月16日) 2つ目は、わかりやすさと利用環境の向上で、運賃制度の検討や情報提供の充実などを図るものであります。   もっと読む
2014-02-14 北秋田市議会 平成26年  3月 定例会-02月14日−01号 大館能代空港については、冬期間の運賃助成事業を推進したことにより、平成25年1月から12月までの搭乗者数は11万861人となり、前年同期と比較して7,615人の増加となりました。目標である搭乗者数12万人に向けて、今後も秋田県や大館能代空港利用促進協議会、加盟市町村等との連携を密にしながら利用者拡大に努めてまいります。 もっと読む
2013-02-27 北秋田市議会 平成25年  3月 定例会-02月27日−03号 指導に応じて解体する所有者には50万円を上限に費用の半額を補助するという制度がございます。また、横手市の空き家跡地活用事業というのがありまして、所有者から寄附を受けて自治体が空き家を解体し、跡地を町内会などが有効活用するポケットパークや雪捨て場などに活用している、そういう事業もございます。  なぜこのような例を出したかといいますと、市民の方から、ことしの空き家についての苦情が出ております。 もっと読む
2012-03-22 能代市議会 平成24年  3月 定例会-03月22日−06号 また、大館能代空港運賃負担軽減事業費補助金の内容について質疑があり、当局から、当該補助金は県が23年度限りで、各市町村が行う空港利用促進事業に対して2分の1の補助を行うもので、市へは大館能代空港利用促進協議会を経由して交付されることになる、との答弁があったのでありますが、これに対し、市が実施している運賃助成金の助成実績による同補助金への影響について質疑があり、当局から、あくまで事業実績の2分の1に対 もっと読む
2011-12-08 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月08日−02号 メロンや和梨の輸出については、輸送ルートの確立や運賃吸収力、鮮度の維持などから、現状では厳しいと認識しておりますが、米については転作の実績にもなることから、試行的に輸出を進めてまいりたいと存じます。  次に、船川港築港100周年記念事業についてでありますが、本市の本年の記念行事、イベントには、市内外から多くの方々に訪れていただきました。 もっと読む
2011-03-23 能代市議会 平成23年  3月 定例会-03月23日−06号 また、雇用単価が減額となった理由について質疑があり、当局から、予算では雇用を委託する際の賃金の上限を1日当たり8,000円と設定したが、実際には5,600円から7,000円くらいの単価での雇用であったことから、その差額を減額整理するものである、との答弁があったのであります。   もっと読む
2011-03-03 鹿角市議会 平成23年第2回定例会(第2号 3月 3日) その分を経費から運賃収入を引いて差額が委託料で払われる。要は、計画で見た人数よりも人数が下がったからその分を差額を支払うということでの説明を受けましたけれども、その点についてはよろしいですか。  それで、もしそういう形であるとすると、企業の努力といいますか、そういうものはどういう形で加味されてくるのか。 もっと読む
2011-03-03 鹿角市議会 平成23年第2回定例会(第2号 3月 3日) その分を経費から運賃収入を引いて差額が委託料で払われる。要は、計画で見た人数よりも人数が下がったからその分を差額を支払うということでの説明を受けましたけれども、その点についてはよろしいですか。  それで、もしそういう形であるとすると、企業の努力といいますか、そういうものはどういう形で加味されてくるのか。 もっと読む
2010-02-26 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成22年  3月 定例会-02月26日−02号 内容としては、18歳未満の子供を扶養する世帯が居住する住宅の工事費用が50万円以上のリフォームで、市内業者が施工するものに工事費の3分の1、上限50万円を助成しようという、かなり効率のよい助成制度であります。子育て世帯からは大変喜ばれる事業であります。 もっと読む
2006-03-02 仙北市議会 平成18年  2月 定例会-03月02日−08号 今回、市民バスの条例改正につきましては、現在、田沢湖地区で向生保内線1路線、角館地区に下延八割線と中川線の2路線、市民バスが運行されておりまして、両地区の運賃体系等にこれまで差異があったことから、できるだけ統一を図りたいということと、それから角館地区の市民バスが管理委託によりまして運行されているものですから、指定管理者制度に移行できるように条例改正を行うところでありまして、今回は、先ほど御質問にありました もっと読む
2006-02-24 仙北市議会 平成18年  2月 定例会-02月24日−05号 それから沿線の温泉8カ所と提携しまして、往復運賃が半額。温泉割引もする。泊まるとチェックインが12時、チェックアウトが次の日12時、こういうようないろいろなこともやっていました。それから昔話の語り部。これは今も走っているようでございます。それから津軽三味線と秋田三味線の三味線の演奏とか、いろいろな秋田内陸線、努力をしてございます。 もっと読む
  • 1
  • 2