運営者 Bitlet 姉妹サービス
14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月06日−03号 報告書では、ピロリの除で胃がんの発生を3から4割減らせるとして、各国の事情に応じて除による胃がん予防対策を検討するよう求めております。  また、全胃がんの78%、特に日本人に多い噴門部、胃と食道のつなぎ目以外の胃がんでは89%がピロリが原因だと推定されるとしております。   もっと読む
2017-03-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月02日−02号 二つ目には、前に他の議員も何年か前ですけども要求質問がありましたけれども、ピロリ検査への費用の援助でございます。この点ではどうなのか、お伺いさせていただきたいと思います。  そしてまた、子どもの予防接種、特におたふく風邪、ロタウイルス、ロタリクス、いわゆるロタ関係のウイルスなどへの補助と、そして水ぼうそうのこの負担が相当大変だそうでございます。 もっと読む
2016-06-13 仙北市議会 平成28年  6月 定例会-06月13日−03号 胃がんの98%は、胃に住み着いている「ピロリ」によって発生することが明らかになっております。国際胃がん研究機関、IARCが1993年の発表でございます。ピロリは、胃がんだけではなく、胃潰瘍、慢性胃炎など、胃に関するほとんどの病気の原因になっていることがわかってまいりました。国内では、3,500万人もの人がピロリに感染していると見られております。 もっと読む
2016-03-09 能代市議会 平成28年  3月 定例会-03月09日−04号 また、ピロリの感染検査もこれ25年度から事業を継続してございます。あと、28年度新たにということでありますが、今まで県、国とかの関係で、補助事業の関係で胃とか大腸がん、5歳刻みとかであった部分につきまして、これは今回対象でなくなりましたので、その分につきましては市単独で引き続きまず無料クーポンを配布したいと考えてございます。   もっと読む
2015-12-16 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月16日−04号 4款衛生費は、1項保健衛生費において、医師確保奨学資金貸付事業費の減額及びピロリ抗体検査委託料の追加であり、2項清掃費では、仁賀保一般廃棄物最終処分場分担金の減額であります。  5款労働費は、矢島勤労青少年ホームにおける上下水道料など管理費の追加であり、7款商工費は、消費者保護対策事業費における社会保険料の減額であります。   もっと読む
2015-03-18 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号 4款衛生費では、中学生ピロリ抗体検査事業に係る経費、由利組合総合病院への医療機器整備費補助金、診療所運営特別会計への繰出金、矢島鳥海サテライトセンター整備に係る経費のほか、各種健診や予防接種に係る経費、塵芥収集費、各ごみ処理施設に係る経費及びし尿処理施設に係る分担金が主なものであります。  5款労働費は、矢島勤労青少年ホームの管理費であります。   もっと読む
2015-03-06 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月06日−04号 また、これらに加え、新年度においては、産後1カ月健診と母乳育児相談に係る費用の助成、フッ化物洗口事業の拡大、中学生ピロリ抗体検査の実施と除費用の助成、新たに岩城地域へ子育て支援センターを設置するなどして、諸事業の拡充を図ってまいります。 もっと読む
2015-02-17 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-02月17日−01号 また、市民の健康維持増進につきましては、誰でも簡単に行えて、体力向上や血圧、血糖、脂質の改善に効果が認められているインターバル速歩の普及に取り組むほか、将来の胃がん予防と検診受診率向上を目指し、中学生を対象にしたピロリ抗体検査事業に取り組み、健康由利本荘21計画を着実に実践してまいります。   もっと読む
2014-12-16 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月16日−04号 最後に、債務負担行為についてでありますが、中学生を対象とした由利本荘・にかほ地域ピロリ抗体検査事業に係る経費を来年度において400万円を限度額として追加しようとするものであります。   もっと読む
2014-12-15 能代市議会 平成26年 12月 定例会-12月15日−02号 費用負担の軽減対策としては、がん検診を無料で受けることができる無料クーポン事業のほか、胃がん検診の受診を動機づけるためのピロリ感染検査助成事業を25年度から実施しております。無料クーポン事業につきましては、国、県の補助対象とならない方についても、市単独事業として対象年齢を拡大しております。 もっと読む
2014-09-09 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成26年  9月 定例会-09月09日−02号 しかし、1982年に胃粘膜からヘリコバクターピロリが発見され、その後の研究で長年にわたるピロリの感染によって胃の粘膜が萎縮し、胃がんが発症することが明らかになってきました。  国際がん研究機関(IARC)が1993年、胃がんの原因の一つはピロリと結論を出しました。胃がん患者の98パーセントは、ピロリに感染しているのです。   もっと読む
2013-09-09 能代市議会 平成25年  9月 定例会-09月09日−02号 さらに、今年度からは、医師会の協力をいただきながら、身近なかかりつけ医で胃がん・大腸がん検診を受診できる医療機関方式の導入や、胃がんの原因とも言われるピロリの検査助成を進めております。   もっと読む
2011-12-07 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月07日−03号 答弁では、「国立国際医療研究センターの後藤田医師が由利組合総合病院に入られ、血液検査の効果を科学的に調査し、今後予想されるピロリ感染率減少時代にも対応できる新しい胃がん検診システムの構築のため調査研究を行う」というものでした。 もっと読む
2011-03-04 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成23年  3月 定例会-03月04日−02号 胃がんの原因とされるヘリコバクター・ピロリ感染と胃の粘膜の萎縮を血液で調べる方法であります。この検査によって、胃がんのリスクをAからDまで分類し、内視鏡による検査が不要から年1回などと判断されます。この検査は5年に1度でよいとされております。足立区と目黒区、埼玉県越谷市などで住民検診として導入し、高崎市と子宮頸がんの助成も早かった栃木県大田原市が11年から導入を予定いたしております。 もっと読む
  • 1