70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-10-10 北秋田市議会 平成29年  9月 定例会-10月10日−05号 次に、交通網についての調査では、北秋田市地域公共交通網形成計画をもとに、バス路線やデマンド型乗り合いタクシーの運行状況について説明を受けました。  質疑応答の中で委員からは、市街地循環バスの利用状況はどのくらいか、また乗合タクシーの運行時間の検討は考えているのかとの質疑がありました。  当局からは、市街地循環バスは6月より実証運行しているが、昨年12月に実施したときより利用者が下回っている。 もっと読む
2017-02-23 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号 小さな拠点とは、旧小学校区など複数の集落が散在する地域、集落生活圏において、商店、診療所などの日常生活に不可欠な施設、機能や地域活動を行う場所を集約確保し、周辺集落をコミュニティバス、デマンド交通等ネットワークで結ぶことで、人々が集い、交流する機会が広がっていき、そのことによって集落地域の再生を目指す取り組みであります。定住自立圏ともネットワーク化するということでもあります。   もっと読む
2017-02-22 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月22日−02号 そのためには、どういった交通モードが利便性の向上につながり、多くの方に利用されるのか、交通空白地域の実情やニーズを把握した上で、現状のコミュニティバスによる形態を初め、交通事業者によるデマンドタクシーや乗合タクシーの導入を検討するほか、スクールバスの活用につきましても、その可能性について調査してまいります。   もっと読む
2017-02-14 鹿角市議会 平成29年第1回定例会(第4号 2月14日) さらに、今年度は、高齢者を対象とした福祉タクシー券事業を新設したほか、70歳以上の方や、65歳以上の運転免許証返納者に対し、バスの回数券、定期券の購入額の2割を助成する支援策なども継続しており、今後も地域住民や利用者のニーズに合わせた路線バスやデマンドバス、さらには地域乗合交通の利活用を促進しながら、公共交通の維持確保に努めてまいります。 ○議長(田村富男君) 田口 裕君。 もっと読む
2016-12-12 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第2号12月12日) 次に、バスのデマンド運行の現状について、また、利用者に好評であると聞いております根市戸地区で実施しているデマンドタクシーなどの乗合交通等の取り組み状況は、どのようになっているのか伺います。 ○議長(田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。   もっと読む
2016-03-18 鹿角市議会 平成28年第2回定例会(第6号 3月18日) 次に、歳出についてでありますが、2款1項1目一般管理費の庁舎管理費の光熱水費に関連し、公共施設等の4施設を新電力に移行し、デマンドレスポンスを取り入れたと思うが、どの程度節電となり、今後、どのように展開していくのかただしております。  これに対し、新電力に切りかえて(仮称)鹿角パワーの設立を想定した実証事業を行い、デマンドレスポンスは7回ほど実施した。 もっと読む
2016-03-04 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月04日−03号 どうなるかはっきりしないということでありますが、私はこの路線を廃止することによって、市は新たにコミュニティバスまたはデマンド、いろいろな交通手段をしなければならなくなるというように理解しております。ということは、民間業者が利益を享受しても私たちにとっては非常に不利益ではないのかという思いをしております。その辺のところ、もしおわかりでしたらお知らせいただきたいと思います。 もっと読む
2015-06-08 能代市議会 平成27年  6月 定例会-06月08日−02号 また、公共交通空白地域の解消を図るため、デマンド型乗合タクシーを運行し、地域の皆様の暮らしの利便性向上を図っております。中期目標で掲げた項目につきましては、コミュニティバスや外出支援事業等の制度見直し、バリアフリー対応、交通結節点のあり方、スクールバスの多面的利用や代用の検討等を掲げております。 もっと読む
2015-06-04 北秋田市議会 平成27年  6月 定例会-06月04日−03号 路線の再編なども視野に入れながらデマンド対応型交通の検討とあわせて、地域公共交通会議などでも取り上げていきたいと答弁いたしました。   もっと読む
2015-03-09 鹿角市議会 平成27年第1回定例会(第3号 3月 9日) また、高齢者等の交通手段の確保については、従来のコミュニティーバスやデマンド型乗り合いタクシーに加え、介護施設の送迎バス等を活用した福祉有償運送サービスなどにより、利用者の視点に立った交通支援システムづくりを推進してはどうかと考えますが、いかがでしょうか。  次に、介護についてお伺いいたします。   もっと読む
2015-03-06 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月06日−04号 また、小項目2点目、交通空白地帯の新たな交通サービスの提供とはどのような方式、整備計画で進めるのか、デマンド交通を含めてお伺いいたします。  次に、大項目4、農業・農村への取り組みについてであります。  農業は残るかもしれないが、農村社会、農村集落、地域コミュニティーは崩壊するかもしれない、そうした感情を持たざるを得ない農業、農村を取り巻く現状であります。   もっと読む
2015-03-05 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月05日−03号 由利本荘市で一番空白域が広いと認識しておりますので、これに関して先ほどいろいろ持続可能な委員会からの意見を集約するということでありましたが、例えば法内地区がありますが、そこのデマンドとか、計画はどれぐらいの時期からできるのか、その辺のところイメージとして、もしあったらお聞かせいただきたいと思います。大変な地域の課題でありますのでお願いします。 ○副議長(佐々木慶治君) 長谷部市長。 もっと読む
2015-03-04 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月04日−03号 コミュニティバスとかデマンドタクシーなどが、ぜひ必要と考えますが、計画の中に入っているのかどうか教えていただきたいと思います。  次に、男鹿みなと市民病院への通院の負担軽減についてであります。  現在、病院の外来患者は一日300人台と低迷しております。以前は500人台が続いておりました。なぜ減少したと思いますか。それは、各診療所のほとんどが無料の送迎車を出しているからであります。 もっと読む
2014-12-09 鹿角市議会 平成26年第6回定例会(第3号12月 9日) 市では、交通弱者対策として、デマンド運行を実施するなどの対策に取り組んでおりますが、国の施策にも地域に合った交通体系に対応できるような動きが見られることから、今後も地域が主体となる新たな運行手段などを提案しながら、市民の利便性向上に向けた取り組みを進めてまいります。  今、1つの例ですが、スキー場のほうにバスを走らせておりますが、私も見ております。ただ、利用者が少ないです。 もっと読む
2014-12-08 仙北市議会 平成26年 12月 定例会-12月08日−02号 小規模需要へ対応するということでデマンド交通を選択し、現在それによって運行をしているけれども、ほかに負担も少なく利便性も高い支援の方法なかったのかという御質問であります。  市のデマンド交通は、平成19年10月に白岩地区の運行から始まっております。 もっと読む
2014-12-08 鹿角市議会 平成26年第6回定例会(第2号12月 8日) これによって、地域電力会社に求められる地域内外の電源をあわせながら、需給バランスを調整して電力供給することや、地域電力会社がサポートを受ける新電力との役割分担及び関係性の確認、またデマンドレスポンスと呼ばれる需要が高い時間帯の電力を極力使用しないよう、需要家側に節電を要請し、需要量を抑える仕組みなどの実証を行う予定であります。   もっと読む
2014-09-16 鹿角市議会 平成26年第5回定例会(第2号 9月16日) ことしデマンド対応するのは4路線だと思いますが、その4路線に関係する人たちに対しての住民説明会についてお聞きしますけれども、その4路線に関係する地区のみの説明会となっているのかをお聞きしたいと思います。 ○議長(田村富男君) 市民部長。 もっと読む
2014-06-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成26年  6月 定例会-06月16日−02号 それから、デマンド方式をやっておりますけれども、この予約のあり方も、どうもわずらわしいという声があります。 もっと読む
2014-03-20 鹿角市議会 平成26年第2回定例会(第6号 3月20日) また、委員からはデマンドバスの運行についてただしております。これに対し、デマンド運行は現行のバス路線をもとに経路や時間をあらかじめ設定し、予約があったときにタクシー車両で運行する形での導入を予定しており、便数の少ない路線を予約型により増便することを基本とするが、現在バス路線のない地域やバス停まで遠い地区等で要望がある場合、その地区に見合ったデマンドの方法を検討し、導入を図っていく。 もっと読む
2014-03-11 鹿角市議会 平成26年第2回定例会(第4号 3月11日) 1つ目の目標は、運行の確保・改善で、具体的にはデマンド運行など地域のニーズに見合った手法の導入や通勤・通学・買い物など利用目的に即した交通再編を行うものであります。  2つ目は、わかりやすさと利用環境の向上で、接続を考慮したダイヤの改善、料金体系の検討、総合時刻表や公共交通ガイドの作成などを行うものであります。   もっと読む