10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-03-14 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日) 例えば、まちづくりを課題として、それをGENKIカレッジの講座にして県外大学等調査と連携して大学生と意見交換や交流をしてもらい、ビジネスコンテストなどに応募してもらい優秀なものをシティープロモーションで実現させるといったぐあいに、連携して道筋をつくることはできないか伺います。 ○議長(宮野和秀君) 教育長。 ○教育長(畠山義孝君) お答えいたします。   もっと読む
2017-12-11 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第2号12月11日) 遺跡を活用したシティープロモーションについて伺います。  1娯楽性を取り入れたアプローチについて。  大湯ストーンサークル館についてですが、遺産としての縄文文化というコアな部分の発信も大事で学習施設という位置づけもわかるのですが、施設としての発信という面と本市のプロモーションという面でもっと娯楽性も取り入れてみてもいいのではと考えるのですが、どうでしょうか。   もっと読む
2017-09-11 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日) シティープロモーションについてお伺いします。  市のPR誘客手段として音楽フェスの誘致に取り組む考えはないか伺います。  ことしの花輪ばやしは、ユネスコ無形文化遺産に登録されて最初の年ということと、曜日にもめぐまれ、両日通して26万人を動員するなど観光には追い風になっていますが、市をPRし観光に結びつけるためには、ここでさらなる幾つかの取り組みが有効と考えます。   もっと読む
2016-09-12 能代市議会 平成28年  9月 定例会-09月12日−02号 本市といたしましては、先進地の導入後の効果等を参考にしながら、シティーセールス等に取り組む際には一つのアイテムとして研究してまいりたいと考えております。  次に、有害鳥獣対策についてのうち、農作物の被害状況と人的被害についてでありますが、8月末現在の農作物被害は、モモやサクランボの果樹約20アールのほか、養蜂箱1箱、養鶏15羽で、被害額19万8000円となっております。 もっと読む
2016-06-22 能代市議会 平成28年  6月 定例会-06月22日−05号 審査の過程において、シティーセールスの取り組みについて質疑があり、当局から、シティーセールスの先進地である相模原市の取り組みを調査し、今後発行を予定しているフリーペーパーの企画等の参考にしたいと考えている。また、宇宙のまち能代についても紹介していきたいと考えていることから、JAXAなどの関係機関に対する調査や取材、インタービュー等も行いたいと考えている、との答弁があったのであります。   もっと読む
2016-06-15 能代市議会 平成28年  6月 定例会-06月15日−04号 ちょっと質問が後先になって申しわけないのですが、商工費新規事業の観光プロモーション推進事業費であります。補正予算の概要の説明書きを拝見しました。予算をつける上で、何にどれだけ使って、どういう効果を生むのかという視点が重要だと思います。 もっと読む
2016-06-14 能代市議会 平成28年  6月 定例会-06月14日−03号 茨城県行方市では、ふるさと納税をシティープロモーションとして捉えています。このシティープロモーションとは、みずからの地域のイメージを高め、経営資源の獲得を目指す活動を意味しております。重要なのは、どれだけ多くの皆さんとかかわりをふやす、高める、深めることができるかといった地域プロモーションの観点であり、能代市の地方版総合戦略も同様です。 もっと読む
2015-12-24 能代市議会 平成27年 12月 定例会-12月24日−05号 また、ふるさと納税における特産品をシティーセールスと捉え、寄附者に対して特産品の返戻率を上げていく考えはあるのか、との質疑があり、当局から、特産品の贈呈はシティーセールスの一環として市をアピールしていくことを目的に今年から実施しているものである。 もっと読む
2015-12-08 鹿角市議会 平成27年第7回定例会(第3号12月 8日) また、移住につなげていくため、都市農村交流や全国規模の大会の開催、合宿の誘致などの地域間交流を進めるとともに、ブランドコンセプトを確立し、地域資源の再認識や磨き上げを図るとともに、鹿角市をPRするためのシティプロモーション認定事業を創設し、ブランド力を高めてまいります。   もっと読む
2007-09-11 鹿角市議会 平成19年第4回定例会(第2号 9月11日) 1点目として、鹿角市の施策に「コンパクトシティー構想」「中心市街地活性化」「市営住宅建てかえ」等多くがあります。  また、鹿角花輪駅前開発や鹿角組合総合病院の跡地利用方法の検討項目もあります。これらの施策は、よりよいまちづくりをするため関連性を持たなければ意味がないように感じます。現状、個々の施策が単独に進められ一貫性を感じませんが、これについて市長の所見を伺います。   もっと読む
  • 1